私が世話人の一人として参加している発達障害当事者グループです。



クローバー グループそのまま 
クローバー (HPにリンクしてますラブラブ


発達障害当事者限定のグループワークです。


自分のそのままの心地よさを体感しにいらっしゃいませんか?



  • 23 Mar
    • ゆるめる ゆるす

      おはようございます 「わたし道」の桂まほろです。   最近は、ぼちぼちな感じで、 気持ちのよい流れになかなか乗れなくて、 う~ん、という感じでした。 ま、しゃあない、そんなこともあるわな、と 思いながら過ごしています。   よく生きられるように、何年も いろんな方法を調べたり、人から教えてもらったり してきましたが、 その中で、   「からだをゆるめる」 というのと 「自分や他人をゆるす」 というのとに 出会ってきました。   たまたま語感があっているだけかもしれませんが、 この「ゆる」という感じで 体に対して、心に対して アプローチしていくのが 生きやすさにつながるのかなぁ、と 今、イメージしてます。   さらさらまほろ くるくるめぐる   の次は   ゆるゆる…なんにしよ(笑)

      NEW!

      6
      テーマ:
  • 18 Mar
    • 社会に対する確認行動

      おはようございます 「わたし道」の桂まほろです。   また、一週間、なんだか調子がいまいちでした。 春先なので、体が冬仕様から春仕様に変わろうとしてる ところだったのかしら。 今日は、すぱっと目覚めたので、久々のブログ更新です。   さて、 私には、果たしてこの社会に所属していていいのか、 この人と一緒にいてていいのか、 という不安が結構常にあります。 それを相手のリアクションで確認していて、 笑顔でいててくれたら大丈夫、 ちょっとでも怪訝な顔などされようものなら、 「やっぱり私はダメなんだ~~!」と思って撤退。   それでも周りに恵まれていたのか 幸いに笑顔で接してくれる人が多くて、結構生きてこれたのですが、 必ずしも、そういう環境ではないところも 当然あるわけで、そうなると俄然生きづらくなってしまうのです。   これって、自分主観の他人軸で、 自分が推測している「周り」に左右されてしまってるから 生きづらいのですね。   ただ、相手の反応を見て、それで出方を変えるというのは 決して悪いことばかりではないように思うので、 おそらく偏りすぎているのかもしれません。   そういう意味で、気にしすぎず、 自分が笑顔のレスポンスが欲しいのなら、 笑顔を提供して今日も過ごそうと思います。    

      5
      テーマ:
  • 09 Mar
    • パラレルワールドを選ぶ

      おはようございます 「わたし道」の桂まほろです。   朝、明るくなるのが随分早くなってきましたね。 6時過ぎでもう明るくて、嬉しくなります。   さて、昨日、「振り子の法則 トランサーフィン」という本を 読んでいると申しましたが、そこから。   量子力学をちらりとしか見ていない私が しったかで言いますが、 私たちが観察できていない部分で いろんなパターンの世界が存在していて、 その中で観察者があって、その人が見ることによって はじめてひとつのパターンが選ばれて現実に見える ということらしいです。   これを人生というところに当てはめたのが トランサーフィンです。   重要性とか考えると、自分の意図がはたらいて、 自分の力で流れを変えようとしちゃうけど、 実は、 自分の周りにはいろんなパラレルワールドでの流れが存在してて ただ、これを自分で選んで乗り換えていくだけで、 自分の目的は達成できる、と。   だから、力を抜いて、到達したいイメージを描いて、 そのエネルギー(流れ)に同調するがいいよ~ ということかな、と私は勝手に思っております。   自分がうまくいってるときの感じを思うと なんとなくこの観点が信じられるのだな。   それでは、今日もよい1日を!      

      2
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 「うまくいく」と「失敗する」

      おはようございます 「わたし道」の桂まほろです。   最近は、こんな本を読んでます。   超スピリチュアルな夢実現/幸福獲得法―振り子の法則トランサーフィン (超★スピ)   Amazon 問題解決セラピスト養成講座で、矢野先生が勧めてくださってたので 図書館で予約してて、今順番が回ってきてます。 量子力学と心理学に興味のある方だと、特に ああ~~、て感じで読めるのではないかと。 わかりやすい、というものではなく 結構、呪文のようだけど、そこが私には面白いかな。   さて、 どうせやるなら、うまくいきたいですよね。 失敗するならやりたくないですよね。   でも、「うまくいく」と「失敗する」は、双子ちゃんなのですね。 なにかをやると、うまくいく、か失敗するか、どっちかにはなる。   見通しをきかすのが苦手な、私のような人間は 失敗を減らす段取りができずに失敗が多いです。 人にご迷惑をおかけしてしまうことも多いです。   そうやって、失敗に過度に過敏になってきてしまい、 そうなると失敗したときの心理的ダメージが大きすぎて 失敗をする機会すら奪わざるを得なくなってしまいました。 それは、すなわち、「なにかをやる」という機会。   「なにかをやる」ことをしなければ、当然うまくいくこともありません。   鳥井信治郎さんの「やってみなはれ」ですね。   人に許されなく感じても、自分でそこを許してみようっと。  

      6
      テーマ:
  • 06 Mar
    • 「自分が変わる」という意味

      おはようございます 「わたし道」の桂まほろです。 ウォーキング行って来たら、思ったよりあったかかったので、 ちょっと春っぽい絵を選んでみました。   うまくいっていないときに、愚痴をこぼしたりしていると よく諭されることがありますよね。   「相手を変えようとするんじゃなくて、 自分が変わらなきゃ」   そりゃそうなんだろうけど、 じゃあ、この状況は私が悪いっていうの? 私がよくなるために考えて努力しなきゃいけないの?   ・・・とず~っと思っておりました。   それ、ちょっと違うね。 いや、全然違ったかも。   「悪い」「責任のある」人が動くのではなく、 「この状況が変わってほしい」人が動くのがいいんだ。   だって、その状況があるという「世界」を見ているのは 変わってほしいと思ってる人なのだから。   なんでもいいから、 外の世界へのアクションを変えてみたら、 何かが変わりうる。 同じことを続けていたり、アクションを起こしたりしなければ、 何にも変わらない。   単純にそれだけのことであり、 そこに誰がいいも悪いもなかったんだなぁ。      

      4
      テーマ:
  • 05 Mar
    • ともだち

      こんばんは 「わたし道」の桂まほろです。   金曜日に、整骨院に行ってきました。 マッサージしてもらいながら、先生と話していました。 20代の若いお兄さんなのですが、 親しいお友達は3人で、だいたいローテーションで、 今日はこの人、今度はあの人みたいな感じで遊んでる とのこと。 しかも、このお友達との関係が聞いててほのぼのする感じ。 お互いに迷惑をかけあっても許せあえて、 困ったときに頼りあえる関係。 先生曰く、「全然(相手に対して)怒らないですね~」 夜中に終電がなくなったとなったら、車で迎えに来てくれたり、 逆に、夜中に交通手段がないから迎えに来てくれと言われて 迎えに行ったものの相手の仕事が終わらなくて朝まで待ったり。   こんな「ともだち」が3人もいてたら、生きていくの快適だろうな、と 思います。   それと別の話ですが、 コミュニケーションの取り方で一般的に推奨されているのは あくまでマジョリティ向けにしかすぎません。 たとえば、うちの実家の会話などデッドボールだらけで 一見コミュニケーションが成り立っていないようにすらみえますが、 「わが家」というコミュニティでは成立していて、 このコミュニケーションがあるから私は生きていられました。   このふたつを合わせたときに、見えてくるものがあって、 生きやすくなるために、必ずしも「一般的なコミュニケーション術」を 身につけなければならないというわけではない、ということです。   自分と合うコミュニケーションタイプ(必ずしもおんなじタイプという わけではなく、違っても相性のいいタイプ)の人3人くらいを見つけて 甘えたり、助けたりしあえることができれば 案外、生きやすくなって、 それで力が抜けたら、あらたな世界も見えてくるのではないかな、と。   そういう意味での、ともだちづくり、私はできてないなぁ、と思います。 「みんなとなかよく」 じゃなくて、 「なかよくできる誰かを見つけて、その人を大切に」 を目指してみようと思います。   これも、人間関係の「断捨離」ですなぁ。  

      3
      テーマ:
  • 03 Mar
    • 重心の傾き

      おはようございます。「わたし道」の桂まほろです一週間ほど、ちょっと重心が傾いたまま治らなくて精神エネルギーを浪費しておりました。重心が傾くと、過剰に人目が気になったり、自分のできなさが恥ずかしくなったりするのですよね。そんで、そこを思い悩むことやいろいろ感じたりすることやそれを抑制しようとすることやなんやらかんやらでエネルギーをたくさん消費しちゃう。わたし、お疲れっ!ちょっと、傾きがなおってきた気がしてるので、改めてぼちぼちやっていきますね。今日は朝のウォーキングにも行けました

      6
      テーマ:
  • 22 Feb
    • それでも地球は回っている

      おはようございます!「わたし道」の桂まほろですやっとこの場に帰ってきました。なんか今月は低調で、うまく動けなかったです。精神的エネルギーが足りなかったんでしょうね。これを補う方法を見つけていくのが、今後の私の課題のひとつかな、と思っております。さて、先ほどウォーキングをしておりましたら、東の空の方に暁月(三日月の反対の月)が見えました。あ、知ったかで書いてるけど、「暁月」って今調べたからね!(笑)地球の影になってる部分をぼんやり眺めながら、ふとそれでも地球は回っているという言葉が頭をよぎっていきました。地球が回っているのは確かに真実でした。ただ、その真実を知っていようと、太陽が地球を回っていると思っていようと、粛々と地球は回り、私たちの生活に恩恵をもたらしてくれてるのだな、と。このときに何が真実か何が正しいのかそんなことは関係なく、私たちが知っていようと知っていまいと、その後ろで私たちの営みを粛々と支えてくれているものがあるということが大事なのかも。そういう意味でそれでも地球は回っている

      7
      テーマ:
  • 16 Feb
    • ”価値観が違う人にイライラしないで済む方法。”

      最近、リブログばかりだなぁ。自分の思いも書きたいのだけど、それにはちょっとエネルギーが足りないよう。さて、今日もさわみかさんのリブログ。彼女は、本当にわかりやすく書いてくださるので読んでると、私は自分が進みたい方向がクリアになります。ジャッジ、しないようにと思って過ごしてるけど、でも、やっぱりジャッジしちゃってて、そんなときには、かなり生きづらい方向に傾いちゃいますねぇ。そのことも、いい、悪い、じゃなくて、今の自分が傾いてるよ、ということなのよね、たぶん。中庸を意識して、どれだけ実践に反映できるか、ぼちぼち楽しみます。

      4
      1
      テーマ:
  • 09 Feb
    • ダメなときほど、腕?の見せ所

      おはようございます。「わたし道」の桂まほろですさて、今年になってはじめて、朝動けませんでした。前振りとして、昨日、会社で癇癪起こしちゃったということがあったり、その前段階として、2時間半くらい休憩入れずに動いちゃったということがあったり、その影響か、認知がネガティブ方向にブレている感じがあったり。だから、調子がいいときだったら流せるようなちっちゃいことが、ちょこちょことひっかかって、ストレスになっちゃったんだろうなぁ、しゃあないなー、からだが、休ませてくれと訴えてるんやなぁ、というわけで、その訴えを受け入れ、コンディションを整える日にすることにしました。そこまで決めてしまって、調子の悪い自分を「もうひとりの自分」と切り分けることができると、会社への説明もスムーズにできて、かつ、それを自分で後ろめたいとは思わず、何というかびっくりです。昨日今日のダメな自分を信じられるのも、今年になって、コンディションをそれなりに維持できていたことと、だから、今のあんまりよくない環境でも昨日まで、流してこれたということ。自分が今できることをしてきたことで、自分への信用を培えたのかな、と思っています。今日を乗り越えることができたら、またひとつ自分を信じられるかなぁ。

      5
      テーマ:
  • 07 Feb
  • 05 Feb
    • ”「誰にでも」じゃカウンセリングはダメ”

      今日の矢野先生のブログを拝見して、自分の生きづらさの解決の方向がちょっと見えたような気がしました。誰にでも同じ方法ではダメなように、同じ人でも天使と悪魔が同居していてその場面ごとで出番が違うような場合、バランスをとるには、どっちも必要だったりするわけなのだな、と、妙に腑に落ちました。今まで、どっちの軸もあるけどどうしたらええねん、となんとなく思っていたのですが、なんのことはない、そのとき、その場面によって、同じ人でもぶれる方向は違って、ブレすぎてるから問題になっているのだから、そこを反対にちょっと押してみるとうまくいくのかもしれないですね。

      6
      テーマ:
  • 30 Jan
    • 「守ってもらわねば」という縛り

      おはようございます。「わたし道」の桂まほろですやっと朝更新のペースに戻れましたさて、私は「守ってもらわねばならない」という思い込みが強かったようです。これが「自立しろ」と他者から言われていた所以なのでしょうね。しかしながら、思い込みをもったまま、自立しなくちゃいけない、と思うことは…アクセル踏んで、ブレーキも踏むことじゃん(笑)いや、前に進もうとして、後ろ向いてるというか…そりゃ、動けなくなるわっ。そして、周りの人というのは、これまでの私にとっては「守ってくれる人」だから嫌われてはいけないだから怒ってはいけないそんな感じでした。私を守るのに、他の人を頼みにしなくていいのですね。私のことは私が守ろうとしてもいいのですね。そのために怒ってもいいのですね。たった、それだけのこと。だけど、大事なこと。〜してもよい、という許可は、禁止令を解いてからじゃないと染み入らないわ。んー、禁止令というか、自分の縛りになってる「べき」があって、その反対を目指したいなら、すぐに、目指したいことを「べき」にするのじゃなくて、まず、もともと自分を縛ってる「べき」を外してから「〜してもいいよ」と何度もなんども許可を出し続けるといいのですね。ちゅか、この場合、「べき」を外すことと、反対の許可を出すことは、同じことやなぁ(笑)

      5
      テーマ:
  • 29 Jan
    • 不快な気持ちへの興味 2

      前回から続きますあー、余計なことをいって、相手を不快にさせてしまった…しかしながら、あのまま、ずっとうんうんと聞いているのも私が耐えられないと、いろんな不快さが加速して増えてきて、自分を痛めつけたくなりました。自分を悪者にして、罰することで、けりをつけて私はこの不快から逃れようとしていたのですね。少しだけ殴りかけたのですが、そのときに、体の中のどこかからか、声が聞こえてきました。あえて、ことばにするなら、「無力な私が辛い」…んー、これもちょっと違うかな声にはならず、ただ、呻いて泣きました。終わるまで、そうして、その夜はそのまま終わりました。ただ、気持ちだけは不思議とすとんと落ち着きました。翌日、仕事の帰り道、歩いているときに、不意に自然に「私は何があって、自分がどうにもできないと思う、嫌な状況に対して、あんなに不快感をもつのだろう…」と、自分の感情に興味がわいてきました。今まで、不快だと感じることからは、ひたすら逃げたかったのに。逃げたいのに、そんな自分があかんと思っていたのに。今なら、自分のいやな感情に対してフォーカシングできるんじゃないかと思い、家に帰って、やってみました。そしたら、できるじゃん!いやな感情と一緒にいることができるじゃん!嬉しかったです。何があって「なにかしなくちゃいけない」と思うのでしょうね。これから、気長に聞いていこうと思います。面白く感じたのは、「何があってそう感じるの?」というアプローチは、ずっと前から知っているのに、自分に対して自然に使えたのが、この時が初めてだったことです。知識で知ってることと、体(?、潜在意識、かな?)に落ちるのとはやはり違うし、時間がかかるものですね。

      3
      テーマ:
  • 27 Jan
    • 不快な気持ちへの興味

      おはようございます。「わたし道」の桂まほろですいま、熊谷晋一郎さんと綾屋紗月さんの「つながりの作法」を読んでるところです。彼らや、べてるの家(こちらが本家ですが)が使っている「当事者研究」というのも「わたし道」と共通するところがあるよなと、改めて気づきました。前から興味はあったけれど、またいろいろ学ばせてもらわなきゃなぁ。それはそれとして、私はこつこつと「わたし道」を進むのみ。不快な気持ちとは一緒にいられなくて、パニックを起こし続けていた私。例えば、自分にはどうすることもできないことで、イライラや怒りを向けられる(会社のシステムに不備があることで、窓口の人がネチネチと言われるようなパターン)というようなことが、どうも苦手なようで、おとといの夜、家で、このパターンに陥る出来事がありました。はじめは耐えていたのですが、辛くなってきたように感じて、なんと言葉で「自分の身内のことで責められると自分が責められているように感じて辛い」ということができたのです。相手はそれでやめてはくれたのですが、自分の怒りの矛先を向けるところがなくなり、不満そうでした。つづく

      3
      テーマ:
  • 26 Jan
    • 大きな獲物

      こんにちは。「わたし道」の桂まほろですいやな感情は出てきたときがチャンス。そのときに、自分がどう寄り添ったり、書き換えを試みたりできるか、それが感情において自立する、ということだったのだなぁ、といま、ふわふわした冬の日差しと鳩の羽ばたきの風感を感じながらそんなところから来る気持ちを味わっています。時間がないので、ひとまず、ここまで。

      4
      テーマ:
  • 22 Jan
    • 信じること

      こんにちは「わたし道」の桂まほろです昨日は、京都に行ってきました。マンガミュージアムに「りぼんのふろく展」を見に行って、午後からはグループそのままのワーク。道中、阪急電車ではじめて京とれいんに乗れたりhttp://www.hankyu.co.jp/sp/area_info/arashiyama-navi/kyotrain.html私が乗り込んだのは、3、4号車。和モダンな感じで、テンション上がりました。マンガミュージアムから、ワーク会場に向かう途中でも偶然に手づくり市に出くわして、そこで買ったパンのおいしいこと。昨日は偶然に恵まれてましたまた、ワークも、ここに居させてもらえてよかったー、てワークで。終わってから、ぽろぽろと湧いてきた思いなどを今日は書こうと思います。私は結構、いろんなことを自分でやってみたがる傾向がありまして、また、自分でできることは元よりできないことまで自分でやろうとする傾向も。これは、人のことや、自分のことを信じてないからなんですよね。人を信じてないから任せられないし、自分の思うようにならなかったときにそれを受け入れられる自分がいるとは信じられていないから。しかしながら、この状況だと、自分で行動したり、判断したりしなければならないことがどんどん増えるばかり。また、自分の理解できない以上のことを人に委ねることに凄く不安を覚えてしまう。より、自分が身軽に生きやすくなるには、物事・出来事自体を自分が理解しようとするのではなくて、自分の理解を超えたところでうまく物事がいくこともあると委ねられるようになるのも一つの方法だよな、と。そのときに、何をものさしにするのか、そのひとつが、「この人は信じられるか」ということなのだろう、と思います。例えば、お金を投資するにあたって、投資信託を使うとします。言うても、自分は素人です。その運用会社の運用が、テクニカルに適正なのかどうか、自分には判断する能力はなかなかない。と、するならば、運用を任すことを決めるときに何を指針に判断すればいいのか、となれば、軸になる運用方針と、あとは大切なお金を預けるに足ると信じられるかどうか、となります。もちろん、古くは豊田商事事件とかありましたから、それだけで行くのは危険ではありますが、何をポイントに情報を集めていくかとなれば、「信じられるかどうか」で間違いがないように今、私は思っています。「人を信じる」自分を信じる。ときにリスクも孕むやもしれませんが、そこを覚悟した上で、思い切って、自分の手を離してみると、意外に快適な生活が待っているのではないのかしら。

      5
      テーマ:
  • 19 Jan
    • 禁止令がいっぱい

      おはようございます。「わたし道」の桂まほろですさて、この前の土日は矢野先生の問題解決セラピスト養成講座でした。人には、生きてくる中で培った「〜してはいけない」「〜でなければならない」「〜なんてできっこない」といった禁止令があったりします。それは、必要があって生まれたものであっても、時が経つにつれ、自分には合わないものになり、行動を妨げたり、能力の発揮や、なりたい自分を目指すのにブレーキをかけたりしてしまいます。自分の中にある禁止令を見つけてそれに対して「〜してもいいよ」と許可を出す、というワークをしたのですが、私、禁止令、多すぎ(笑)例を20個ぐらい挙げてくださってて、その中から心に刺さるものを選ぶというやり方でしたが、出てくるもの出てくるものうっ、それは…という思いがわくものでした。漠然と、「べき」や「ねばならない」の多い人だとは思っていましたが、こうやって、更に他の人との数の差も見ると、なんじゃこりゃ…ただ、これらは「思考」だから、根気よく言葉を変えていけば、回路を変えることも可能なのでしょう。と、いうわけで、今後、このあたりを実践して、自分に許可を出しまくってみたらどうなるか、試してみます。

      6
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 自分の思考の癖を知る

      おはようございます。「わたし道」の桂まほろです先日、電車で本を読んでたら、そこに、突然何かが現れました。クリップ…!?そう、それはゼムクリップでした。そのとき私はゼムクリップなど使っておらず、突如として現れたゼムクリップに困惑しました。座っていたので、立っている人のところから落ちてきたのだろうか?何かのはずみで、横から飛んできたのだろうか?わかりませんが、不思議なクリップです。なお、そのクリップは降りるときに、本を閉じる拍子に落としてきました。ま、なんちゅうか、そういう運命なクリップだったんでしょうね。さて、今日は自分の思考の癖を知るのって大事だなってこと。最近、旦那さんの帰宅が毎日遅いです。ほったらかしで大事にされていない感じが日に日に増して来て、そんな状態で、仕事後比較的早い時間の居酒屋レシートとか見つけてしまうと、なに?私はほったらかしなのに、誰と楽しい時間を過ごしてるのよ。とか思えて来て、さらに何か私が愛されていない証拠を探しながら、ますます不安になってきておりました。が、その日、帰ってきた旦那さんに「来週、私の誕生日って覚えてる?おいしい焼肉食べに行かへん?」と聞いてみたところ「いいよ」と。なんと、一緒にご飯に行くことはいいらしい。「でも、来週打ち合わせが入ってるんだよな。火曜も水曜も無理や…ごめん」行こうという意思を見せてくれたこと、行けないことに「ごめん」と謝ってくれたことこれだけで、ちゃんと私のことを尊重してくれてるんだと安心できて、不安はしゅるしゅるーと小さくなりました。不安になり始めると、それがすぐ高まって不安を裏付ける情報を探してしまう。そして、思考で意味付けを始める。それは私の癖。不安を裏付ける情報以外が見えなくなっていて余計に不安になってるんですよね。そんなことが翌朝ウォーキングしながら頭の中にもわわんと浮かんできました。会社で、何人かの人に嫌われてると感じてるのも、そういったところがあるのかなぁ。なにせ、不安が高まりやすいところがあるのだけれど、こういう癖があって余計に不安になってるんだと分かれば、不安も共にいられる、かな?

      5
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 雑談

      こんにちは。「わたし道」の桂まほろですいいお天気ですね!公園でタイヤに腰掛け、青空眺めてるとほっとします。さて、今、読んでる本で今の相手を見て、気がついたことをぽっと言葉にすると雑談をしやすくなる、て読んで、試しにやってみたら、確かに雑談できましたよ。体験のことば〇〇をみて、鳥肌がたっちゃった!とか、こういうのもいいらしい。多分、できてるときには、何気なくやってることなんだろけど、できなくなってきたら、どうしてたのかわからなくなっちゃうんですよね。できるだけ、やさしく答えてくれそうな人を選んでやってみるのもコツかも。ちなみに、今読んでる本については、また、改めてご紹介したいと思っています。それでは、残り半日、今日もよい1日を

      5
      テーマ:

プロフィール

まほろん

性別:
たぶん女
誕生日:
湾岸戦争が始まった日、神戸とロスが揺れた日
血液型:
輸血させるのには困らない血液型
自己紹介:
就職して10年近く勤めてから、アスペルガー症候群の疑いがあることが判明した40代女性です。 父方が...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 61

読者になる

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。