" I ❤︎ Berry "

Fujita (Kumagai) Maho

愛する家族との毎日、素敵な仲間との時間。

夫、愛犬Berry(American cocker spaniel /black/♀1才半)、私


テーマ:
“ Vanilla Talk ” 


待ちに待った、教材がどっざり届きまして、
合間に早速覗いてみたところ、
かなり、楽しそうです。

知っていることも、再確認できるし
知りたい事を新たに知ることが出来るのは
凄く楽しいものです。

先ずは、どんなアイテムも自分で作れるようになりたいので、
コレを参考にどんどん作りながら、学んで行こうと思います。

かなり久しぶりの、学生気分~
洋服の仕事をしながら学べるので、
1日中、大好きな洋服の事を考えていられるのって
とても幸せです。
改めて、「洋服」が好きであることを実感する毎日です。

ここのところ、本業の方でトラブル続きで余裕がなく、
自分のBLOGを書くことが出来なかったけれど
そんな合間に、教材を読みながらホッと一息いれると
とても落ち着きます。

“ Vanilla Talk ” 


そんななか、
結婚前に一緒に暮らしていたおばあちゃんは、
体調があまり良くならないので、
お年寄り専用のシェアホームに入居がきまり
引っ越しをしました。
おばあちゃんとは、今までより少し離れるので
会える機会が減り寂しくなります。
お裁縫がとても上手で、ずっと一人でブティックをやっていた
私の中では、おしゃれ番長だったおばあちゃん。
おばあちゃんが、もう使わないから、と
沢山の針と50色以上はある糸をくれました。
ビニール袋にバラバラに入っていたパレッドの様に色鮮やかな糸を
1つ1つ巻き直しながら自分の糸用の箱にしまっていたら
なんだか、涙が出てきました。

洋服に囲まれていると幸せというのは、
きっとおばあちゃん譲り。

そう思うと、孫と祖母という距離が
一人の女性として、おばあちゃんをとても近く感じられました。

そう2世代前、おばあちゃん世代より前の日本は
女性も皆当たり前に働いていたわけで、
専業主婦が沢山いた世代は実は母親世代の1世代。
女性の社会進出が急速に進み、共働きが当たり前の今日と
おばあちゃんの若かった時代はだいぶ違うけれど
ずっとお裁縫と洋服屋さんをしていたおばあちゃんとは
なんだか自分につながる部分を感じています。

おばあちゃんに貰った糸を使って、
お裁縫、縫製を学び始める事になりました。
祖母から孫へ受け継いでいけるかな!
お裁縫が温かい気持ちで出来そうです。

これからは、1~2年はお裁縫レポートが増えそうですが
どうぞ宜しくお願いします。
どんな服を作ろうか頭がいっぱいです。



MaHO




PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード