1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月25日 23時46分10秒

2016 日本ダービー 旧3強調教データ

テーマ:競馬
皐月賞時と同様の形で、旧3強の調教時における100m毎の完歩ピッチグラフを貼っておきます。前走時より熱のこもった調教の雰囲気が伝わることでしょう。

内容については今週末ツイキャスで話す予定です。







AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月24日 02時40分09秒

2016 皐月賞 回顧

テーマ:競馬
今回は回顧という内容ではなく、バックストレッチでリオンディーズが先頭に出た部分を細かく見ていきましょう。

前半1000m通過が自動計時で58.4。勝ちタイムが1:57.9に対し後半800mが48.0なので、1000~1200m区間のレースラップは計算で弾き出される11.5となりますが、強い向かい風の中、この11.5というラップはかなり速い印象を受けたかと思います。

この自動計測については過去のエントリーで触れたことがありますが、この皐月賞においては100分の1秒単位で考えると、前半1000m通過は58.40~58.49、勝ちタイムは1:57.90~1:57.99だったと思われます。ところが後半800mが48.0というのは、勝ちタイムから前半1200m地点の通過タイムを引いた値が48.00~48.09という意味であり、前半1200m地点の通過タイムは最も速いケースなら1:57.90 - 48.09 = 1:09.81、最も遅いケースなら1:57.99 - 48.00 = 1:09.99。したがって1000~1200m区間のレースラップは最速で1:09.81 - 58.49 = 11.32、最遅なら1:09.99 - 58.40 = 11.59となるんじゃないかと推測されます。間接的な自動計測区間と言えども、結構タイム幅があります。

また、最寄りの船橋観測所のデータで平均風速7.0m/s、最大瞬間風速15.1m/sとはいえ、レース中は風が強くなったり弱くなったりして、場面によって風の影響度は一定ではないでしょう。その一方、昨年の皐月賞はほぼ無風状態の中で行われ、逃げたクラリティスカイの鞍上は、ペース配分に非常に長けた横山典弘騎手。というわけで、2コーナーを回り切る少し手前の前半800m地点から前半1400m地点における、2015年クラリティスカイと今年のリオンディーズの各ハロン棒通過時をタイムコード入りのレース映像のスクリーンショットで確認してみましょう。また、各ハロン棒設置位置が同じ場所であることも、背景から確認してみてください。









30fpsのコマ送りで100分の1秒単位云々を考えるのは意味がありませんが、一応上記画像のタイムコードから計算される200m毎のラップと100m毎の完歩ピッチがこちらとなります。



800~1000m区間は少しコーナーを含んでいますがずっと下り坂。その下り坂は1000mを過ぎて終わります。クラリティスカイの完歩ピッチの推移からすると、1000~1200m区間は800~1000m区間より僅かに短い印象があります。その後の1200~1400m区間はコーナー部分であり、同じスピードを維持するために完歩ピッチを速めたと考えても良いのでしょうが、僅かながらこの1000m地点のハロン棒はゴール寄りにズレているかもしれません。ただ、例えズレていたとしても時計にして0.1秒程度の物でしょうが。それにしても、やはり1000~1200m区間におけるリオンディーズの11.3~11.4というラップは確かに相当速いです。ここで上位3頭のデータも見てみましょう。



注目すべきはマカヒキの同区間のデータ。道中ではラップで11.7~11.8という、ほぼ一定とも言えるスピードを維持しているように見えますが、完歩ピッチはこの問題の区間が最遅。ここで少しタメを作っていたと考えて良いでしょう。つまり、バックストレッチでは強い向かい風がずっと吹いていたのではなく、各馬が1000~1200m区間を走る間、風は弱くなっていたと推測できるかもしれません。200m毎のラップをどう捉えるかは非常に難しいところだと思います。

少なくとも言えることは、南南西の非常に強い風が吹いている以上、中山芝2000mなら追い風区間の方を長く走ったことが確かです。人間の体感的な発想からなのか、向かい風の時の負荷を殊更強調する意見を良く目にしますが、仮に同じ強さの向かい風、追い風で同距離走ったとしたら、プラスマイナスゼロと考えるのが筋だと私は思います。

最後に、この中山競馬場で残り800mから後方勢が追い上げてきた際の恒例行事となりますが、先頭馬のリオンディーズ、ディーマジェスティ、マカヒキが残り3Fのハロン棒を通過した時のスクリーンショットを貼っておきます。



JRA発表の上がり3Fはディーマジェスティが34.0、マカヒキが33.9となっていますが、そんなわけないやろ、というのがわかることでしょう。この時点で後方2番手だったミッキーロケットの位置から上がり3F33.9の脚を使えば、ディーマジェスティと同タイム入線となります。

今回はこのあたりで。
AD
いいね!(26)  |  コメント(60)  |  リブログ(0)
2016年04月15日 20時36分47秒

2016 皐月賞 3強調教データ

テーマ:競馬
皐月賞上位人気3頭の調教時における完歩ピッチの推移をグラフにしてみました。

レース名に*が付いているのは、ゴール板通過後100mのデータが含まれているという意味です。したがって、サトノダイヤモンド、リオンディーズについては、ラスト1Fの調教タイムが該当する区間は残り300~100mとなります。








この後、22:45くらいからツイキャスで皐月賞展望を行う予定です。この調教の様子はツイキャスで触れます。お時間ある方は聴いていただければ幸いです。

http://twitcasting.tv/mahmoud1933/
AD
いいね!(22)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2016年04月11日 00時13分33秒

2016 桜花賞 回顧

テーマ:競馬
桜花賞の1、2着馬に絞って簡単に振り返っておきます。チューリップ賞と今回の桜花賞での個別ラップと完歩ピッチのグラフをご覧ください。

レース名タイム残8F残7F残6F残5F前4F残4F残3F残2F残1F後4F
ジュエラー チューリップ賞1:32.812.9 11.0 11.7 12.2 47.8 12.0 11.2 10.5 11.3 45.0
ジュエラー 桜花賞1:33.413.4 11.2 11.7 12.4 48.7 11.7 11.1 10.6 11.3 44.7
シンハライト チューリップ賞1:32.812.7 11.2 11.7 12.2 47.8 12.0 11.1 10.6 11.3 45.0
シンハライト 桜花賞1:33.412.8 10.9 11.7 12.3 47.7 12.0 11.3 10.9 11.5 45.7




シンハライトは前半2F目のラップタイムでわかるように、残1400~1300m区間で桜花賞の完歩ピッチがやや速くなっています。好位置を取りに行ったというか、馬を抑えず流れに乗せて序盤を走りました。また、中間点辺りでペースが遅くなり少々掛かっていました。前走チューリップ賞に比べて末脚の爆発力が落ちたのはこの二つの要素の影響でしょうが、非常に良いレースをしたと思います。僅か2cmの差に泣いたのはハードラックとしか言いようがないでしょう。

ジュエラーは前走と一転、スタートダッシュを効かせず前半2Fを前走比プラス0.7秒の走り。前走よりさらに後半勝負に徹したわけですが、注目ポイントはラストスパート時の完歩ピッチの推移。通常、位置取りが後ろの馬の方が、前に追い付くためスパートのピーク時は早くなるのですが、一気に吹かせることなくじわじわとピッチを上げ、最速ピッチ区間をラスト300m以降に持って行き、前方のシンハライトよりスパートのピーク時がゴール寄りとなりました。

シンハライト鞍上の池添騎手は、この本番でより積極的でスタンダードな差し勝負で挑み、一方ジュエラー鞍上のミルコ・デムーロ騎手は、伸るか反るかのバクチを打ったとも言えるでしょう。しかし、大胆な作戦とはいえ、針の穴を通すような冷静さも同時に兼ね備えていました。それがゴール板通過時の首の上げ下げに味方したのかもしれません。

今回はこのあたりで。

いいね!(28)  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2016年04月01日 21時42分50秒

2016 ドバイワールドカップデー 回顧資料

テーマ:競馬
今晩22:45辺りからツイキャスで今年のドバイワールドカップデーをサクッと回顧してみます。

http://twitcasting.tv/mahmoud1933

以下に幾つか資料を置いておきます。

【資料1】



【資料2】



【資料3】
レース名タイム残10F残9F残8F残7F残6F残5F残4F残3F残2F残1F前3F後5F後3F
2015皐月賞1:58.412.7 11.2 11.8 12.0 12.1 12.0 12.1 11.7 11.1 11.7 35.758.6 34.5
2016中山記念1:46.0
13.4 11.8 12.0 11.6 11.5 11.5 11.6 11.1 11.5 37.257.2 34.2
2016ドバイターフ リアルスティール1:45.4
13.2 11.2 11.5 11.6 12.0 11.7 11.3 11.1 11.8 35.957.9 34.2
2016ドバイターフ レースラップ1:45.4
13.0 11.2 11.4 11.6 11.8 11.8 11.3 11.5 11.8 35.658.2 34.6



【資料4】



【資料5】

いいね!(12)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。