2012-03-08 22:52:37

東日本大震災復興支援財団、活動報告会★

テーマ:SMAP

こんばんは~~星空


本日、東日本大震災復興支援財団の活動報告会が、

USTREAMで、生中継されていました。


第一部では。

発起人に名を連ねている、SMAPとして、木村くんも、参加。


第一部。

こちら~~ http://www.ustream.tv/recorded/20958548


木村くんのみのところは、動画サイトでもUPされてるようですね。

復興支援財団で、検索できるかな~。

   


木村くんはもちろんだけど。

財団のお話。

孫さんのお話。


活動報告で、イロイロ見聞きして。


1年は経ったけれど。

イロイロ思い出したり。

あ~今もまだまだだという思いになったり。


もっともっと、力が必要なんだと。

   

胸が苦しくなる思いにもなりました。

ぜひ、全編を、見てほしいなと思います。


吹奏楽でのふるさとの演奏にも、心打たれます。

子どもたちの顔。

みなさんの顔。

被災地の様子。

   

お母さまのお手紙。

四葉のクローバーを探すことを禁じられ、どんぐりを拾っても、宝物にすることもできない子供たち。

外遊びもできない。

地面にあるものを、お家に持って帰ることもできない。

首には、放射線量を測る線量計をぶら下げての生活。

子どもたちは何も悪くないのに。

福島の子たちだけが、放射線に強い体なわけじゃない。

   

同じ子どもを持つ親として。

ホントにつらくなること。


発達障害の子どもたちへの場所。

追いやられる可能性、高い。

そのことへの支援。

     

津波のあとの残る中、生活。

道路歩いてても、なにしてても、すさまじい光景しか目に入らない。

学校に行くにしても、そこを見て歩かないといけない。

子どもたちは、その光景を、毎日目にして。

感覚がマヒする。

そこで、図書館。

   

言われて、そうだと改めて思う。

毎日、当たり前にあった建物、道路も無くなり。

がれきだらけの風景。

その光景を毎日見てる子どもたちの心。

なんとか…

    

家族で暮らしたい。

お父さんと。

当たり前のことなのに…

出来ていない人たち、子どもがいる。

家族がいる。

   

自分だったら、と。

思うだけで、胸が痛い。

当たり前に生活できてる自分…

   

****

木村くん。

ベージュかな、のスーツ。

髪型が変わってた~。

こんなに長かったっけ(笑)


言葉は、聞きながら書いていたので。

聞き取り間違い、などなどあると思いますが。



星3月11日、震災がありまして。

「ホントに自分以外にも、自分にできないことをたくさんの人たちが被災地に入られて、

活動されてるのを、耳にしたり、目にしたりしてきた。

財団の発起人の一人としてSMAPというグループがが存在できること、光栄にに思ってる。」

というような挨拶。


星活動、被災地に行って思ったこと。


「いろんな動きを見せる、やるやらないで言ったら、やったほうがゼッタイ、いいと思う。

でも行動することによって、人それぞれの意見というのがある。

自分たちには強い信念があったとしても、周りの人と信念、志を共有できないと。

陰口が飛んできがちなこともあったりするけど。

昨日、ちょうど福島に番組の収録を兼ねて行かしてもらったけど、

実際の現場を自分の目で見て、目を合わせて感じることはゼッタイにある。

そういう思いをすると、支援をするという行動も大切だけど、

忘れないというか、がんばろうとか言葉を投げかけるだけじゃなく、

ホントに、忘れちゃいけないという部分が大きくある。

宝くじのコマーシャルさせてもらってる。

支援にも充てられるというキーワードでぜひやらせてくれと。

自分にできる形を探しながら、今後も続けていきたい。」


話の途中で、昨日の福島訪問の映像が流れて。

木村くんの言葉が、聞き取りにくかった~(汗)

   

浪江中学。

卒業式に参加したんだね。

旅立ちの日に、を一緒に。

給食を一緒に食べてる。


自然なSMAP。

子どもたちの中に。

あったかな映像。

   

  

思い込みじゃなく、被災地に実際に行って感じることが大事、と孫さん。

   

星中学生と接して、どんな風に感じた?

「校舎自体が被災して無くなってて。

廃校の小学校の建物を借りた状態で、3つの中学校からバスで1時間半くらいかけて、通学。

無条件にみんな前に向かって生きてるので、

笑顔もホントに絶えることないですし、冗談も飛び交う空間だけど、

去年起きてしまった事実があるので、

そこは彼らが、メンタル的にもバランスを保ちながら、前に向かって進んでると感じたけど。

でも、現場に行って、実際に生活している人のリアルな感情と言葉を受けた上で、

今後の動きに結び付けるにあたって、一番重要だと思った。」


***

活動報告で。

学べる基金、支持の輪を広げていきたい。

寄付を集めていきたい。


10人が2000円出せば、ひとりの高校生を学校に1か月通わせることができる。

そんな話も出ていました。


そうだなあと。

小さな力でも、集まれば、高校生を学校に通わせてあげることもできる。

微力ながら、やれることを、と。

さらに、まだまだ、と。

やっぱり、思います。


星木村くん。

「義務教育、高校もいっといたほうがいいかなと通ったけど。

ホントに、当たり前のこと、普通のことがいかに恵まれてるかと思う。

普段はテレビという媒体で活動させてもらう。

ホントに考えなきゃいけない。

あと3日で1年というこの時期に、

テレビ、もっと報じるべきことはあるんじゃないかと。

全く違うことが報じられていたりとか。

でも、見る人との需要と供給なんだろうと。

財団というものが、発信するものを、わかってくれる人だけでいいというものじゃなく。

ホントに、出来ることなら、みなさんに忘れないでほしいなっていう目印として、

この財団が存在すればいいなとものすごく思う。」


被災地へのメッセージ。


ずっと取り組んでいく、と孫さん。

  

星木村くん。

「まだ1年という短い時間しかたってない。

被災地、被災者という言葉がもちいられてしまう。

今後、出来るだけ早く、復興地、復興者のみなんさんというように、

僕ら、財団の方からも、思える、言える、表現できるような状況になっていただきたい。

いろんな、人にはそれぞれ役割がきっとあると思う。

財団としての役割もあるかもしれないが、

ホントにみなさん、ひとりひとり同じ国に居る、自分の役割りを考えて、

これから先も、生活して行ってほしい。

僕もそうしますので。

ぜひよろしくお願いします。」


ホントだね。

ひとりひとり。

同じ国に居る人間。

日本人。

自分の役割を、小さくても考えること。

大事なことだね。

         

がれきの処理についての難しい質問あせる

ひやひやしたワタシ。

でも、なんとか。

なかなか、イロイロ考えると、難しい。

                  

星SMAPさんに質問、と言われて。

SMAPには、”さん”はつけなくて大丈夫です!と木村くん(笑)


活動について。


「もうひとつSMAPとしてなんですが、

時間とともに、テレビの内容が元に戻りつつある。

復興されてきたということかもしれないけど。

それによって、事実、過去の事実が、番組の空気だけで終わってしまうのではなく、

忘れないというモチベーションが保てるのであればと、

スタッフとも話し合って、合意の上で、

僕たちがやらしてもらってる、17年目になるんですけど、

SMAP×SMAPというフジテレビで放送されてる番組の中では、

毎回、義援金の告知というものを、

スマスマの中ではゼッタイに失くさないようにして行こうということで、

継続させてもらってます。

10日、NHKさんの番組、このあと、現場、リハがある。

僕たちの、SMAPとしてのパフォーマンスは、微力だとは思うけど。

僕らがパフォーマンスすることによって、少しでも笑顔になってもらえたりとか、

明日への活力になっていただけるんだったら、という気持ちはどこか持ったうえで、

みんな活動してると思いますし。

めちゃくちゃ司会が上手いやつも、きっと、そういう頭があるうえで、

いろんな番組に携わってると思いますし。

きっと、それぞれ、集っちゃうと、どうしてもなんか、

他人任せになりがちな、うちのチームなんですが、

1人1人になった時の力はものすごくあるので。

先ほどから、孫さん、アイデアというか、有言実行という表現が一番ふさわしい。

生きてる間の環境を考えるんじゃなく、孫さんの言ってることは、

300年後とか、400年後の日本だったり、世界をクリエイトしていく、

そういう力、スタンスを感じるので、

微力ながらも、自分たちも、たまたまソフトバンクさんのキャンペーンをさせていただいてるので、

いろんなこと、ドラマだったり、映画だったり、CMだったりとか、

自分たちの関われることで何かできるのであれば、

どこか、常に、モチベーションの1つとして、維持したまま、今後も続けていければなと。

ドラマの架空の世界、総理大臣になるって話。

太陽光を電力に変えることに着目して有言実行したのは、日本人が作った。

日本人がなんで取り組まなくて、ヨーロッパで国の制作として取り上げて、

民間が生産した電力を国が買い取るってシステムが確立していて、

なんで、日本でやってないんだろうなって。

太陽発電、そのアイデアを有言実行にした日本人として、もっと取り組んでも、と。

スイマセン、話それて。」



忘れない、というモチベーション。

そのため。

スマスマでの義援金の告知。


やはり、SMAPから。

スタッフとも話して、合意の上でうれし泣き


SMAP。

ありがとう~~ドキドキ


誇りに思います。

そして。

ワタシも、と。


で~~。

SMAPのパフォーマンスで笑顔、ゲンキになってもらえれば、と。

そういう気持ちを常に持っていること。

そして。

「司会がめちゃめちゃ上手いヤツ」って~~ラブラブ

中居、とは言わないところが、なんとも、ニクイ(萌)

すっごく嬉しい言葉。

他人任せになりがち~~(笑)

でも、

1人1人の力は、ものすごい、と。

SMAP愛。


彼らは、これからも、そういう思いを胸に。

財団の支援にも尽力し。

義援金の呼びかけも、やめることなく。

そして。

本業である、

歌、ドラマ、映画、CMで。

笑顔と元気を与えてくれるに違いない。


ありがとう。



AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

あめんぼさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

11 ■おはようございます

財団設立会見のときのもUPされていたので両方見ました。
設立時のことばがあのように実践されていることを知ることができてよかったです。

設立会見での中居くんの発言をSMAPは有言実行してきて、昨日の木村くんの発言に繋がったのですね。
自分たちの番組で今でも呼び掛けていることを明らかにしてくれてよかったです。
雑誌・テレビなどでの発言や行動をみても、
SMAP全員が同じ思いで居てぶれないということが本当に素晴らしいです(*^▽^*)。
そして理解し支えてくれるスタッフも・・。

そのチームSMAPをいつまでも見守り支えていきたいです。

10 ■ありがとうございます。

あめんぼさんおはようございます。

朝、読ませてもらいましたが動画の方は夜見ようと思います。

木村さんの言葉、強い気持ちが読んでるだけでも伝わってきました。

スマスマの告知もやっぱりメンバーからだったんですね。
寄り添う。ずっと続けていく事。
SMAPがこうやって呼びかけてくれる事できっとファンの人達もそうでない人達も忘れないで小さくても自分のできる事をみつけてやっていこうって思う人が増えるんじゃないかなって思います。

現地へ行って、と言うのはなかなか難しいですが、私も去年3月からずっと続けている小さな事があるんでそれをやめることなく続けていこうって思います。

9 ■おはようございます

自分の言葉で語ってくれていて、思いや考えが伝わってきました

もっと報じるべきことは…というのは問題定義でもあり皮肉でもあるのかなと

瓦礫処理問題についても日頃からちゃんとニュースや報道を見ている、気にしているのが分かる内容で

義援金の告知はSMAPから…やっぱりそうだったんだなっていうのと、彼らの強い意思を感じます

長いスパンで支援に尽力していくという固い信念

司会がめちゃめちゃ上手いやつ(*´ー`*)
無意識に意識しちゃってるんだなと

8 ■考えさせられる。

こんばんは。
木村さんの会見、動画サイトで観ました!

もうすぐ1年…。
ここに来てたくさんの報道番組とかで取り上げられています。
それまでは、今みたいには多くなかった気がします…。
日々色んな事が起こるので難しいとは思いますが、忘れないためにも少しでもいいから流すことができないのかなぁ~とも思います。

そして、改めてSMAPさんたちには頭が下がりますね…。
かっこいいです!色んな意味で!!

7 ■無題

ありがとうございます。
読んでるだけで木村くんの言葉が伝わってきます…

やっぱりスマスマの毎週呼びかけはSMAPからなんですね~
思った通りでした(*^^*)

読み進めていると司会??まさか?
もう最近木村くん確信犯ですね( ´艸`)

6 ■木村さんのスーツ

たまたま会場まで参加してきたのですが、あのスーツはグレンチェックで会場では遠目にグレーに見えました。
中学生のエッセイではうつむいて真剣に耳を傾けていて、終わった直後のトークでは目がうるんでいました。

5 ■こんばんは☆

私も…
ぜひ、全編を見てほしい!!と思いました。
凄く素晴らしい活動です。
特に福島の現状は、胸が苦しくなるけど沢山の人に知っていてほしい事ですね…
この先、10年、20年、ずっとずっと支援し続けてくれる財団の発起人にSMAPが居てくれること、誇りに思います。

私も、ずっとついて行きます☆

4 ■無題

はじめまして
私は福島県在住の中学三年女子です
いつもブログを読ませていただいていました
今回は会見レポありがとうございます
私の家は特に大きな被害はなかったものの、旅館を経営しているため風評被害にあいました
しかし、毎週欠かさず呼び掛けをしてくれるSMAPやそれを見て東北のことを気にかけてくれているスマファンに力をもらいました
まだまだ復興できたとは言い切れませんが、全国の方々に胸を張って『復興地の復興者』と言えるようになりたいと思います

そして、3月11日という日を忘れないように11日からブログを始めようと思っています

木村くんの言葉を届けてくださり、ありがとうございました

3 ■まだまだ…

素敵な内容をありがとう(*^_^*)

最強グループ「SMAP」にずっと、付いて行くしかないね(*^_^*)

5人の総意で…スマスマでの呼びかけ☆
忘れない事が大事!


「司会のめちゃめちゃうまいやつ」の番組はまもなくですね(*^.^*) みんなが笑顔になれる事でしょう。。

2 ■伝わります

再びこんばんは(^-^)/

あめんぼさんありがとうございます

確かに伝わりました

5人が伝えたいこと・・・

ずっと、ついていきます('-^*)/

1 ■見ました。

ずっとついて行こうと改めて思いました。

最強チームですね。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。