短歌結社 まひる野 ブログ

短歌結社 まひる野   つねに生活実感を尊重し、詩としての豊かな表現力を希求します。このブログでは、短歌結社まひる野会と会員の活動や作品を紹介しています。記事はすべて『まひる野』および他媒体から引用しており、著作権等は引用元の著作者に帰属します。

「まひる野」とは

まひる野会が発行する月刊短歌雑誌です。

誌名は歌人・窪田空穂の第一歌集『まひる野』に由来します。

1946年3月創刊の月刊誌で、会員の短歌作品や評論を掲載しています。

入会希望者には見本誌を送付しています。

見本誌や歌会見学を希望の方は、件名に「見本誌」又は「歌会見学」と記入、本文に氏名・連絡先等を記入の上、mahirunokai2010@gmail.com
までお問合わせください。折り返し連絡いたします。



「まひる野会」とは

1946年、早稲田大学国文科の学生を中心に、主宰窪田空穂主宰、発行編集窪田章一郎によって創設された短歌結社です。現在は代表篠弘、発行編集大下一真によって運営されています。主宰制ではなく、複数の選者による選歌体制になっています。

生活実感に即した、民衆詩としての短歌を大切にします。

論と実作の両立を目指します。


作品欄について

会員は作品I、作品II、作品III、まひる野集、マチエールの5つの選歌欄に分かれ、毎月10首まで投稿することができます。投稿した作品は選者による選歌と添削を受け、短歌雑誌「まひる野」に掲載されます。

作品I、作品II、作品IIIの選者は固定されておらず集団選歌体制をとっています。また、主にまひる野賞受賞者が所属するまひる野集は篠弘、若手歌人が所属するマチエールは島田修三が選歌を行っています。

作品I、作品II、作品IIIは基本的に入会年月日の順に掲載されます。作品II、作品IIIの優秀作品はそれぞれ「人集」「月集」に掲載されます。

新しく入会した会員はまず作品IIIに所属します。所属する選歌欄の昇格や変更は運営委員会において決定されます。


歌会とは

短歌作品を参加者間で相互批評する会です。まひる野会では東京・名古屋をはじめ、各地の支部で定期的に歌会を行っています。見学希望は対応可能です。事前にご連絡ください。


支部とは

支部は、北海道支部、ひろさき金曜会、青森十和田会、岩手支部、仙台支部、気仙沼支部、いわきサークル、群馬支部、千葉支部、習志野支部、さわらび会、長野支部、松本支部、水戸支部、川越支部、鎌倉支部、伊豆支部、木耀会、田無短歌会、あふりの会、相模サークル、富山支部、高岡支部、名古屋支部、近畿支部、萩支部等があります。



会費


会員は会誌代一期(6か月)分を前納します。

新入会員(作品Ⅲ)は一期6000円、

作品Ⅱ9000円

作品Ⅰ12000円です。


テーマ:

 

今日一日何をなししや長きながき手紙を書きぬ他は覚えず   津幡昭康

 

 

奥久慈の奥の奥なる夫の里傾り一面蕎麦の花の白   菊池和子

 

 

廃線の噂たちいる駅に来て待てばどんぐりわが背打つなり   大橋龍有

 

 

病院へ父を送りし車中にて話をしたり軍隊のこと   戸山二三男

 

 

布団から起き上がれない休日は石に変身したことにする   おのめぐみ

 

 

軒下の了ひ忘れし風鈴の音を聞くなり真夜の目覚めに   浜元さざ波

 

 

理髪屋の若きに手話で「アリガトウ」云へば心に触れた気のする   原明男

 

 

何処までもどこまで行ってもインデアンサマー車に傷を付けて戻り来   上野昭男

 

 

言葉にも素振りもだめです秘密ですバレちゃだめです片思いです   松宮正子

 

 

三角のあをき貌ごとふりむける蟲の蒼き目息子思ほゆ   智月テレサ

 

 

炎熱の急に去りたる秋の夜半喪服来て立つふるさとの駅   滝澤美智子

 

 

缶ジュース飲みつつあおぐ目の先に昼の月有りうっすらと見ゆ   秋葉淳子

 

 

茄子胡瓜トマト隠元たかのつめ妻と植ゑたり嗚呼疲れたり   伊佐山啓助

 

 

フェルメールの女性はミルク注(つ)ぎ続き三百年のミルクの光   鈴木京子

 

 

生活の粉にまぶされ転がされこんがり焼けば俺も食えるか   高木啓

 

 

ゴミ袋持つ手に濡れた黒い鼻当てられ「いってらっしゃい」をされる   山田ゆき

 

 

さらさらとポプラ並木の鳴るそばの歯医者の予約を忘れる日々よ   左巻理奈子

 

 

すくすくと空は蒼さを増していま冬の支度をして落とす枝   塚田千束

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

胡麻荏胡麻粟黍蕎麦と江戸初期の里の畑はゆたかなりけむ   久下沼滿男

 

 

井戸の主のイモリもヘドロにまみれ出で人の為すままじつと洗はる   松下久恵

 

 

掃除機のコードを引きて居間に入る独りになれずふたりに倦みて   宇佐美玲子

 

 

スカートをぴんとさせるごと寝押しでもしてみたきかな緩ぶ心を   森暁香

 

 

幼子に空を見せむと下り立てば空が幼子見てゐるやうな   秋元夏子

 

 

雨あがり松の木下に淡紅のいつぽんしめぢ傘かしげをり   門間徹子

 

 

日傘とぢ木陰の階を登り来ぬ会ひたき人の待ちくるる家   鈴木尚美

 

 

衝突がやみてスコール浴びぬ腕時計の針が失せてをりたり   大葉清隆

 

 

乗客のわれ一人となりし夜のバスどこか遠くへ拉致されるごとし   福井詳子

 

 

車椅子に座り押されて動くとき身体の芯から力抜けたり   井上成子

 

 

前の夜の残りご飯を粥にして氷一片入れたる朝餉   住谷節子

 

 

霧吹きの霧を吹きかけ猶増すや秋草のもつ花のさびしさ   知久正子

 

 

残り毛糸のそれぞれの色に魅せられて炬燵カバーが編みたくなりぬ   重本圭子

 

 

白髪の仙人に似て小澤征爾座して指もて音を操る   奥野耕平

 

 

旧姓を呼ばれし人に旧姓聞く夕やけとんぼ肩にとまらせて   大山祐子

 

 

キャッキャッと子らの声する畑中にバーベキューしてるそば打ちしてる   大賀静子

 

 

歌会終え詠草集を読み返す車窓は冷えて闇に濡れおり   矢澤保

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

とりあえずビールの後はコバヤシの悪口で間をひとまず埋める   伊藤いずみ

 

 

ベランダの薔薇は驚くことでしょう春に目覚めてわたししかいない   荒川梢

 

 

九年経ていまだわたしの表情を見わけぬ夫へ感情報告   浅井美也子

 

 

ドライヤーの一番強い風量で飛んでけ今日を終えし体よ   小原和

 

 

このたかが性欲のために死にし人あまたあることを思いて射精す   加藤陽平

 

 

火の猫はこたつに眠る火の猫は消えたくなったりしないんだべか   北山あさひ

 

 

一枚ずつはらりはらりと落ちてゆく山茶花のごと人と別れて   木部海帆

 

 

がしゃがしゃと脚震わせて湯を泳ぐ蛙のおもちゃ性愛のごとし   小島一記

 

 

悲しみのない風の音聞いてみたい  次はなずなに生まれてきたい   小瀬川喜井

 

 

独白と思えば電話をしておりぬバス停前のベンチにひとり   後藤由紀恵

 

 

木曜の昼のひかりにプールの水にこどもらの声に耳をあらえり   佐藤華保理

 

 

疑つて決めつけて終へた恋だつた 大きプードル靴はいてゐる   染野太朗

 

 

雨が止むころにあなたを土に埋め終わりてツバメついと飛び去る   立花開

 

 

ヒゲのなきガラスの猫に沁むひかり夜すがら瑕を浄めんとする   田村ふみ乃

 

 

豆を煮る  毛糸のような夕暮れがおんなの首に巻き付く秋を   富田睦子

 

 

父からの電話静かに鳴り響き一緒に過ごすと決めたる晦日   広沢流

 

 

行き先の定かと思える人々がまっすぐ向かって来る交差点   宮田知子

 

 

その昼はパンと饂飩を食べながら腹八分目あたりで泣いた   山川藍

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

横たはる生春巻きの食感の寸刻のうち晩夏は滅ぶ   加藤孝男

 

 

今ここにいない人ばかり親しくてこの世の椅子に無花果を食む   市川正子

 

 

大鍋に根白の大根湯気たててひとりのたつき冬へとま向かふ   島田裕子

 

 

大股に水溜りまたぐ青年の広き肩巾にもくせい匂う   滝田倫子

 

 

犬吠ゆるを久しく聞かず秋の夜の静けさに両の耳澄ましみる   寺田陽子

 

 

朝明けのそらに群れたつ白鳥を想へり飯の炊きあがりつつ   小野昌子

 

 

ががいもの絮(わた)の旅立ち飛ぶ種も飛ばない種も世界のいちぶ   麻生由美

 

 

白菊に水の上るをたしかめていとしき者への供花となせる   齋川陽子

 

 

万聖節を初めて味わう二人なれ南瓜の底にローソク灯す   齊藤貴美子

 

 

チャンネルを変うれば豪華な犬用のお節料理が映りておりぬ   松浦美智子

 

 

血餅のごとき実をつけハナミズキの枝の揺れたるに秋風通る   高橋啓介

 

 

無心にて腹かかへゐる嬉しさよトムとジェリーとビールの泡と   升田隆雄

 

 

壮年を過ぎゆく者の影長し暗渠をくだる水の音する   久我久美子

 

 

足裏の砂を引きゆく潮の渦崩れむとする身を立てなほす   庄野史子

 

 

競り終り市場の隅にうづたかく積まるる発泡スチロール箱   西川直子

 

 

一匹の犬に吠えられつぎつぎと吠えらるるなか会報配る   中道善幸

 

 

桜葉のその先だけにこころもちくれなゐもゆる寂光院に   柴田仁美

 

 

今誰かわれを思いし人あらんふいに手鏡のぞいてみるも   岡本弘子

 

 

家計簿の食費の欄に猫の餌も妻は一緒に書き込みており   岡部克彦

 

 

寝に落つる間際かすかなる気配して猫の匂いが枕辺にあり   吾孫子隆

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

十一月の過ぎゆき早くあと三月(みつき)超ゆべき冬へ覚悟のうごく   橋本喜典

 

 

てのひらを重ねるごとく朴の葉に味噌を挟みて焼く者となる   篠 弘

 

 

十年はしゅゆの間なりきこの調子これから十年生きられそうな   小林峯夫

 

 

咲き残る秋明菊のほの白く揺りて日暮を見えぬもの行く   大下一真

 

 

誰もかれも正しいことを言ひつのり冬ひんやりと脛にまつはる   島田修三

 

 

うら若きゲリラのをみなの携ふるカラシニコフに秋風ぞ吹く   柳宣弘

 

 

うら若き女性兵士の訓練をテレビに見入りやがて苛立つ   横山三樹

 

 

足の裏二十三・五センチのわれの背のびは七センチほど   井野佐登

 

 

目薬の甘さが違ふ越中の薬屋の出すものはことさら   中根誠

 

 

年齢に合ふ打法へと変へゆきし決断を言へり中日の和田   柴田典昭

 

 

日の暮れをポピー畑に雲雀あがり並び仰ぎぬまだ家族あり   今井恵子

 

 

身を絞り身を捩りつつ小さきへび秋明菊の根方に入りぬ   曽我玲子

 

 

孫五人曾孫三人になりましたあなたの知らないひまごかわいい   北村千代子

 

 

秀の高さ保ちて突風に耐へつづく噴水をみてひとり合点す   大林明彦

 

 

はみ出さむばかりの炎に春を呼ぶすすきが原の野火の絵手紙   井上勝朗

 

 

少しだけ呑みし梅酒にふわふわと手をつきながら階段上る   齊藤愛子

 

 

肩先に疼き覚ゆるこの夕べ萱草いろのストールかくる   前田紀子

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【新春74歌人大競詠】

 

橋本喜典     「われいまいづこ」

 

篠弘        「花のタイル」

 

島田修三     「未明の水」

 

大下一真     「山中歳晩」

 

立花開       「すずらん」

 

 

【カラーグラビア  31文字の扉】        大下一真

 

【連載】

 

歌のある生活                    島田修三

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【特集 歌のあそびごころ】

 

冬のながめ     篠弘

 

 

【新連載】

 

短歌渉猟  和文脈を追いかけて          今井恵子

 

【特集2  現代百人一首】

 

斎藤博  

  観光客駅に出迎えナマハゲの咆哮するは喜びの声

 

島田裕子

  時雨ふる旦過市場の人なかに鯨のベーコン縁(ふち)赤きを選る

 

 

【短歌時評】           

「方代」は「カタヨ」ではない、が             田口綾子

 

 

【作品季評】                        柳宣宏

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【1ページエッセイ】

遠い人、近い人①   戦中派ダール       島田修三

 

花和尚独語⑬  寒椿                大下一真

 

 

【新刊歌集歌書評】

 

温井松代歌集『白礁』評               柴田典昭

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。