短歌結社 まひる野 ブログ

短歌結社 まひる野   つねに生活実感を尊重し、詩としての豊かな表現力を希求します。このブログでは、短歌結社まひる野会と会員の活動や作品を紹介しています。記事はすべて『まひる野』および他媒体から引用しており、著作権等は引用元の著作者に帰属します。

「まひる野」とは

まひる野会が発行する月刊短歌雑誌です。

誌名は歌人・窪田空穂の第一歌集『まひる野』に由来します。

1946年3月創刊の月刊誌で、会員の短歌作品や評論を掲載しています。

入会希望者には見本誌を送付しています。

見本誌や歌会見学を希望の方は、件名に「見本誌」又は「歌会見学」と記入、本文に氏名・連絡先等を記入の上、mahirunokai2010@gmail.com
までお問合わせください。折り返し連絡いたします。



「まひる野会」とは

1946年、早稲田大学国文科の学生を中心に、主宰窪田空穂主宰、発行編集窪田章一郎によって創設された短歌結社です。現在は代表篠弘、発行編集大下一真によって運営されています。主宰制ではなく、複数の選者による選歌体制になっています。

生活実感に即した、民衆詩としての短歌を大切にします。

論と実作の両立を目指します。


作品欄について

会員は作品I、作品II、作品III、まひる野集、マチエールの5つの選歌欄に分かれ、毎月10首まで投稿することができます。投稿した作品は選者による選歌と添削を受け、短歌雑誌「まひる野」に掲載されます。

作品I、作品II、作品IIIの選者は固定されておらず集団選歌体制をとっています。また、主にまひる野賞受賞者が所属するまひる野集は篠弘、若手歌人が所属するマチエールは島田修三が選歌を行っています。

作品I、作品II、作品IIIは基本的に入会年月日の順に掲載されます。作品II、作品IIIの優秀作品はそれぞれ「人集」「月集」に掲載されます。

新しく入会した会員はまず作品IIIに所属します。所属する選歌欄の昇格や変更は運営委員会において決定されます。


歌会とは

短歌作品を参加者間で相互批評する会です。まひる野会では東京・名古屋をはじめ、各地の支部で定期的に歌会を行っています。見学希望は対応可能です。事前にご連絡ください。


支部とは

支部は、北海道支部、ひろさき金曜会、青森十和田会、岩手支部、仙台支部、気仙沼支部、いわきサークル、群馬支部、千葉支部、習志野支部、さわらび会、長野支部、松本支部、水戸支部、川越支部、鎌倉支部、伊豆支部、木耀会、田無短歌会、あふりの会、相模サークル、富山支部、高岡支部、名古屋支部、近畿支部、萩支部等があります。



会費


会員は会誌代一期(6か月)分を前納します。

新入会員(作品Ⅲ)は一期6000円、

作品Ⅱ9000円

作品Ⅰ12000円です。


テーマ:

 年に数回、文学フリマというイベントが全国であります。主に同人誌の即売会なのですが、まひる野会でも参加者が増えています。

2016年11月23日 文学フリマ東京ではマチエール欄の富田・後藤が他結社も含む同年代の女性たち12人で結成した「ロクロクの会」より冊子『66』を刊行、販売しました(第1刷は完売、増刷は思案中)。

 

 会場ではまひる野紹介用フリーペーパーを配布しました。このフリーペーパーはマチエール欄の北山・山川(北山川)が作成したものです。PDFデータもありますのでぜひ一度お読みくださいね。

上記はサンプル画像。PDFデータは下記のリンクです

https://drive.google.com/file/d/0B1iFz13XS5PbNlYzSUIzNmVlZE0/view

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(3)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

【特集 短歌の「読み」を考える】

 

論考 短歌を「読む」喜び 技術と内容

「技術」を読むということ                    染野太朗

 

 

【作品7首】

「目の中の秋」                         中里茉莉子

 

 

【連載】

歌のある生活⑰                        島田修三

 

【書評】

 

恒成美代子歌集『秋光記』評                富田睦子

 

【コラム 歌人のキャッチフレーズ】

 

〈永井陽子〉                           後藤由紀恵

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【作品連載20首】

 

「黒く大き影」    大下一真

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【連載】

 

花和尚独語⑫    さざんくわ     大下一真

 

【特集 題詠による詩歌句の試み】

 

「まだ生きていたのかい」     島田修三

 

 

【書評】

 

大下一真『鎌倉山中小庵日記』を阿木津英さんにお書きいただきました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【角川短歌賞発表】

 

選考座談会                  島田修三

 

 

【特集 創作における装飾】

 

論考 どこを脚色するか

 

境涯  「自分の眼を開く」           柳宣宏

 

 

【巻頭作品10首】

 

「反射光」                    立花開

 

 

【作品12首】

 

「キヲツケ」                    今井恵子

 

【連載】

 

歌のある生活⑯                 島田修三

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【巻頭作品30首】

 

「深き夢より」                島田修三

 

 

【新進気鋭の歌人たち】

作品10首とエッセイ

 

「浅き水辺に」                田村ふみ乃

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【作品13首】

 

「任終ふる」                 篠弘

 

【特集 わたしの誌面批評】

 

「読者としてのプライド」          染野太朗   

 

 

【書評】

 

藤川弘子歌集『夏の窓』評        田口綾子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【連載】

 

花和尚独語⑪               大下一真

 

 

【特集 飲食と居酒屋】

 

 

作品10首とエッセイ

 

「思ひ出のごとし」            島田修三

 

【書評】

 

今井正和『無明からの礫』評      柴田典昭

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。