短歌結社 まひる野 ブログ

短歌結社 まひる野   つねに生活実感を尊重し、詩としての豊かな表現力を希求します。このブログでは、短歌結社まひる野会と会員の活動や作品を紹介しています。記事はすべて『まひる野』および他媒体から引用しており、著作権等は引用元の著作者に帰属します。

「まひる野」とは

まひる野会が発行する月刊短歌雑誌です。

誌名は歌人・窪田空穂の第一歌集『まひる野』に由来します。

1946年3月創刊の月刊誌で、会員の短歌作品や評論を掲載しています。

入会希望者には見本誌を送付しています。

見本誌や歌会見学を希望の方は、件名に「見本誌」又は「歌会見学」と記入、本文に氏名・連絡先等を記入の上、mahirunokai2010@gmail.com
までお問合わせください。折り返し連絡いたします。



「まひる野会」とは

1946年、早稲田大学国文科の学生を中心に、主宰窪田空穂主宰、発行編集窪田章一郎によって創設された短歌結社です。現在は代表篠弘、発行編集大下一真によって運営されています。主宰制ではなく、複数の選者による選歌体制になっています。

生活実感に即した、民衆詩としての短歌を大切にします。

論と実作の両立を目指します。


作品欄について

会員は作品I、作品II、作品III、まひる野集、マチエールの5つの選歌欄に分かれ、毎月10首まで投稿することができます。投稿した作品は選者による選歌と添削を受け、短歌雑誌「まひる野」に掲載されます。

作品I、作品II、作品IIIの選者は固定されておらず集団選歌体制をとっています。また、主にまひる野賞受賞者が所属するまひる野集は篠弘、若手歌人が所属するマチエールは島田修三が選歌を行っています。

作品I、作品II、作品IIIは基本的に入会年月日の順に掲載されます。作品II、作品IIIの優秀作品はそれぞれ「人集」「月集」に掲載されます。

新しく入会した会員はまず作品IIIに所属します。所属する選歌欄の昇格や変更は運営委員会において決定されます。


歌会とは

短歌作品を参加者間で相互批評する会です。まひる野会では東京・名古屋をはじめ、各地の支部で定期的に歌会を行っています。見学希望は対応可能です。事前にご連絡ください。


支部とは

支部は、北海道支部、ひろさき金曜会、青森十和田会、岩手支部、仙台支部、気仙沼支部、いわきサークル、群馬支部、千葉支部、習志野支部、さわらび会、長野支部、松本支部、水戸支部、川越支部、鎌倉支部、伊豆支部、木耀会、田無短歌会、あふりの会、相模サークル、富山支部、高岡支部、名古屋支部、近畿支部、萩支部等があります。



会費


会員は会誌代一期(6か月)分を前納します。

新入会員(作品Ⅲ)は一期6000円、

作品Ⅱ9000円

作品Ⅰ12000円です。


テーマ:

おめでとうございます。

ありがとうございます。


まひる野は4月で創刊70周年を迎えました。

7月号は記念号になります。






通常おおよそ100ページ、5ミリ程度の「まひる野」誌ですが、記念号は






3倍くらいあります。ほぼ鈍器サイズ。



半年以上前からひそかに原稿依頼が飛び交っておりまして、着々と準備が進められておりました。


目次をお見せします。









記念号は500号600号とか、50周年60周年とかの区切りで作られておりますが、

700号の時には窪田章一郎追悼特別号と60周年記念号と比較的近くに続いて特別号が組まれていたため特別号を組むことはなく、今回は10年ぶりの特別号です。

恒例の「まひる野と私」のⅣは、相対的に若い世代が書きますが、

この時代に短歌などというマイナーで評価の薄い文学に惹かれ、

そんな短歌と自分を憎みつつ、しかしどうしても離れられない若い世代の煩悶する姿に心打たれます。


メインの特集は、まひる野の歌人の歌集の再評価ですが、「まひる野と私Ⅳ」もぜひお目通しください。



あと、口絵に写真がたくさん載っていてとても楽しいです。

とくに窪田家でのスナップ写真で章一郎さんと奥様があとから慌ててひょいっと加わった感じがなんともほのぼのして、ニヤニヤしてしまいます。


既に71年目のまひる野が始まっています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

短歌の全国公募展「第7回中城ふみ子賞」にまひる野所属の田村ふみ乃さんが選ばれました!


田村ふみ乃は筆名で、まひる野誌には別のお名前で出詠されています。


 田村さんの作品「ティーバッグの雨」50首は働く女性の哀歓をうたい、選者からは「女性としての揺らぎを硬軟の表現で書き分ける力がある」などと評価されました。


おめでとうございます!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【巻頭作品31首】

神々の日々                                      島田修三



【大特集  30年目のサラダ記念日】


論考 選考委員として当時と現在

サラダ記念日はどう現れ、どう読まれ、どう評価されたのか          篠弘


【書評】

吉田隼人歌集『忘却のための試論』評                       染野太朗


※広坂早苗歌集『未明の窓』評を鈴木竹志さんにお書きいただいています。



【連載】


歌のある生活⑫                                    島田修三


てのひらの街⑲                                    小島一記



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

花和尚独語⑦

秘めたる奥ゆかしさ     大下一真



【特集  『土と人と星』&『思川の岸辺』】


伊藤と小池の「読み」から考える    染野太朗



【新刊歌集歌書評】


渡辺松男歌集『雨る』評      柳宣宏

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
作品集 2016年6月号 作品Ⅲ・月集


小春日のリビングゆるりと時の過ぐ零歳に五歳泣かされていて   浅井美也子


幾世代継がれ継がれて今に舞う会津の獅子の寂しさがいい   上野昭男


小松菜を蒔き終わるまで病む友は見てゐき塀に両手を乗せて   松山久恵


七人が暮らしていたる隣り家に犬の声なし人声もなし   牧野和枝


語らざる妻に食事を与えつつ月のみているわれのこころ根   仲沢照美


刈り払ひ機キャブのガソリン食ひつくし晩秋のすゑ任を終へたる   久下沼滿男


ちちははと囲みゐたりし大火鉢いまわが庭に金魚がおよぐ   森暁香


みずならの林の木末(こぬれ)目に見えて赤味さしくる昨日より今日   秋元夏子


一日をかけて作りし父の橇みごとに歪みその後を知らず   横山利子


きんかんの甘煮を口にふくみては夕陽に染まる海を思いぬ   杉本聡子


吊るされて腹を割かるるアンコウの巨大な胃よりサバの出でくる   菊池和子


ふるさとに兄を残して義姉逝きぬ笑顔のような桃花さく頃   柴田恵子


この齢になりたるからこそ知りたりと卒寿の祖母がぽつりと呟く   栗原紀子


断崖の下は引き潮あらはなる岩場に散りし無残なるかなや   山尾運歩


騒がしき日本の若者去りしあと海を見つめる老夫婦三組   中澤正夫


店の棚に覚えある名と手に取れば同級生の「秀ちゃん」の本   鈴木智子


何事も今もやれると思ふけどやりたくないのと雪さん九十二歳   滝澤美智子


雨上がり色さわやかな庭木なり空に向かって背伸びしている   土屋立江


背負はれて映るみどり児それだけでドラマの中に存在感あり   今井百合子


雨の中ワサビ借りんと隣家訪ひ留守にて帰りサビ抜きのブリ   鳥飼丈夫


泣いたって気付かれないし泣いてやるビニール傘も見つからない日   広沢流


「ゆっくり老いているね」と子は笑うテレビの音量二つあげれば   諸見武彦





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
作品集 2016年6月号 作品Ⅱ・人集


春風をごおんごおんと掻き分けて追ひ越す軽トラ浪江に向かふ   鈴木美佐子


生き残る松の小枝の折らるるも緑増しゆく三陸浜べ   阿部清


哀しみをつむぐ心を棄てられずきょうも歌詠む人のいる国   伊東恵美子


失敗をちょっと大げさに子に話し返事待つ間の少しの不安   塙紀子


商標に中国とあらば手を引けりさびしくもあるか隣国のひと   庄野史子


町人も武士も訪れにぎはひてゐたりけむここ神田明神   西川直子


ただひとつ父言いたりき野苺をソ連の少女にもらいしことを   佐々木剛輔


地球儀に指でなぞりし回帰線シャワーのあとに素足で渡る   宇佐美玲子


境内の庭におりきて餌拾ふ鳩の足赤しかなしきまでに   稲村光子


物置を片付けをれば猫たちが何だなんだと鼻ひくつかす   相原ひろ子


こなごなにライトの破片散らばれる歩道に鶺鴒せはしくうごく   前田紀子


ぬばたまの夢に爺さま細き脚あらはに踊るどぢやう掬ひを   井上勝朗


三月はあられ菱餅お白酒戦災に失せしわが雛に捧ぐ   西野玲子


「法(ホ)」無くて「華経(ケキョウ)」とのみ啼く鶯は修行未熟の僧のごとしも   奥野耕平


腸内の細菌一千兆個みな「わたし」「わたし」と言ったらどうなる   西一村


江戸川の土手を黄色に染めあげて春春春と菜の花揺れる   齊藤冨美子


昼下がりビスコさくさく食みており強くなれると書いてあるから   河上則子


相席の向いの子供が食む吾れをひたすら見詰める蕎麦湯飲むまで   矢澤保


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
作品集 2016年6月号 マチエール


自転車を漕いでる風で泣けてくる映画一本見てへとへとだ   山川藍


泡だらけの麦酒に口をつけながら私たちって諦め上手   荒川梢


無給出勤厭きて週末丸善に『檸檬』の美しき誤植を探す   伊藤いずみ


太き線細き線にも重さあり少しずらして紙重ねゆく   大谷宥秀


幼子の乳歯を磨くようにして毛蟹に歯ブラシ当てて洗えり   小原和


指に触るる羽二重餅(はぶたえ)の中の黒豆はうさぎの骨のごと悲しきかも   加藤陽平


裸木の森をあゆめば裸木に腹筋みえてああきみは四月   北山あさひ


ストローは必ず噛む子ふわふわと揺れているなり桜に吹かれて   木部海帆


通販で掃除機を買う父の目が東芝製に惹かれていたとは   倉田政美


マンションの廊下わが子の鳴き声の遠ざかりゆく昼酒の酔い   小島一記


原因推量「らむ」の暗さを芦野公園の桜の下に埋めてきて春   小瀬川喜井


陽の当たる場所から咲いて散りてゆくその正しさにさくらよさくら   後藤由紀恵


マグカップ座布団ひざかけストッキングカレンダーお茶を置きし職場よ   佐藤華保理


鳥塚と庖丁塚に立ち止まるああ今これは歌にならない   染野太朗


卒業式の空にピカソのあをがある何も消えねど美しい空   立花開


葉桜に萼は残りて風のたびほのかにあかく四月がくすむ   富田睦子


雨伝う窓にまぶたを押しつけて雨音聴けば雨の中にいる   宮田知子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。