最近のイスラエルによるパレスチナへの攻撃のニュースを見るとげんなりする。
人間は根源的に暴力的な生き物なのか?と考えてしまう。
そんなとき10年前に出たソウルフラワーユニオンのこの曲を聴くと勇気づけられる。
政治的なイメージのソウルフラワーだが実は直接的な歌詞の曲は珍しい。

 

 この戦争をやめさせろ  
 あのブッシュ、シャロンみたいな類のゴロツキは
 世界の数多の唄が首根っこを押さえるぜ  
 あの嘘と欺瞞と金にまみれた連中は  
 世界の数多の唄が首根っこを押さえるぜ

  という歌詞に音楽は世界を変えるのでは、と思わされる力がある。
しかし次の歌詞を聴くと10年たっても何も変わらないのかと悲しくもなる。 

 この惑星じゃ今日も子どもらが  虫けらみたいにママーと叫んで殺される

最近のライブでは  

 あの原発をやめさせろ  
 原子力ムラの欺瞞にまみれたゴロツキは  
 世界の数多の唄が首根っこを押さえるぜ

  と歌われてるのだそうです。 世界の数多の唄が首根っこを押さえる、というフレーズが素晴らしい。
AD

コメント(4)