再稼働反対

テーマ:
再稼働反対のシュプレヒコールをサンプリングした
坂本龍一のトラックが発表されました。



YMOチルドレンである高野寛も
ビートルズの「レヴォリューション」を
「あじさいレヴォリューション」として日本語でカバー。

Youtubeにはあがってませんでしたので、
Myspaceのものを。Myspaceって重いですね。

http://www.myspace.com/music/player?sid=88175305&ac=now

リクオやウルフルケイスケのバンド、
MAGICAL CHAIN CLUB BANDも
「アリガトウ サヨナラ 原子力発電所」を発表。



正直、どの曲もぐっとまではきませんでしたが、
でもこういう風に良い悪いにかかわらず
原発について色んな曲が出てくるのは嬉しいものです。

シュプレヒコールをサンプリングにするアイデアは
誰かがやるだろうなと思ってました。早いもの勝ちですね。

高野寛も優等生感がぬぐえないです。
ジョンよりポールの資質の人なので曲があってない気がします。

最後のアリガトウというのも腑に落ちないです。
原子力発電所に何の恩恵も受けてないので。
嫌悪する原発の電気を選択することもできず無理やり使わされてたので。

どこにも表記ないのでわからないのですが、
この曲ってかまやつひろしの「どうにかなるさ」の替え歌ですよね。



しかし40歳以上の人ばかりなのが気になります。
やっぱり若者が発言していかなければ変わらないでしょう。

アジアンカンフージェネレーションの人は
ツイッターでしきりに反原発ツイートをしているそうですが、
音楽には反映しないのかな。

ロックとは自分の思っていることを歌うものだと思ってましたが、
今の若い人たちにとってはそうではないのでしょうか。
AD