ロックン仁義

テーマ:
斉藤和義がもっと色んな人が声をあげると思っていた、
と言うように、あれだけの事故があっても原発について歌う人は少ない。

メジャーのレコード会社と契約してる人は
言いたいことも言えないのかもしれないが、
いわゆるライブハウスなどで活動してるミュージシャンでも少ない。

政治的な歌が嫌いな人に、なぜなのかと問うたところ、
音楽を聴いてるときぐらいは現実を忘れたいのだそうです。
音楽は東京ディズニーランドと同じということですね。

まぁ、J-POPならそれもいいでしょうが、
まかりなりにもロックと呼ばれてる音楽もそうならロックの敗北ですね。

現実に対してカウンターを唱えることができないなら
ロックとしては何の意味もないと思うのですが、
そもそもロックという定義が今や違ってるのかもしれません。

演歌やJ-POPばかりで、どうせロックはありゃしないのでしょうか。
こういうことを言うと古い奴だと思われるのでしょうが。



ザ・タイマーズ/THE TIMERS

¥2,000
Amazon.co.jp

復活 ザ・タイマーズ/THE TIMERS

¥2,000
Amazon.co.jp
AD