2009-08-07

諸行無常

テーマ:
職場の、隣の席の同僚が。

一昨夜遅く、亡くなったことを昨日、知りました。

まだ、40代。

あまりにも早い、早過ぎる。
突然の別れでした。

いまだ、信じられません。
ので、今はまだ冥福を祈るのは、やめておきます。


神様がもし、いるのならば。



神様。

アンタ、ひどいよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-08-16

敗戦の日

テーマ:
私がまだ高校生の時。
話の経過は忘れたが、級友と8月15日の話題になったことがあった。


私には、東南アジアでの強烈な体験があった。


色々あったが、何より強烈な印象として残っているのは、小学生の少女だった私と妹にむけられた、中国人系の老婆の憎しみの目。


彼女の孫らしき私より年上の少年とその妹が、ともすれば死んでもいいという勢いで投げつけて来た、大人のこぶし大の大きな石。


当時小学生だった私には、これら体験はトラウマになるに十分だった。


中学生になり、日本に帰国した時。
まわりの子供たちがあまりにも60年前の戦争の事を知らないのに驚いた。

もちろん私だってすべて知っているわけではなかった。
けれど、ずっと、ずっと考えていた。

あの戦争はなんだったのか。
私たちにとって、なんだったのか。

その答えは、30歳もとうにすぎた今でもでていないけど。



そうして子供なりに考えていた私には、日本の「終戦記念日」という言葉はとても奇妙だった。

その日は、「敗戦の日」ではないのか。
高校生だった私の言葉に、級友たちは眉をひそめた。
「終戦記念日、のほうが戦争色が薄いからいいんじゃない?」

当時の私にはその違和感を言葉にして説明することができず、結局彼女らには私は「戦争の事を考えている、タカ派」であり、戦争の事はおおっぴらに言葉にしないのがいい、という事になってしまった。


今なら説明できる。
今日、8月15日は日本の敗戦の日。
日本は敗戦国だから。
それを知らないのは日本人だけ。

原爆投下が戦争終結のきっかけになってしまった事が、日本人に戦争の犠牲者という意識を植え付けてしまったのだと私は思う。

しかし、国際社会の歴史的には日本は加害者であり敗戦国なのだ。

いくら日本人がその事に異を唱えても、国際社会は耳をかさないだろう。


我々日本人にとって大事な事は、まずその事実に向き合うこと。
そして、過去を教訓として知り、前を向く事。

戦争をタブーにする限り、日本は、日本人はいつまでも60年前の戦争にしばられたままになってしまうということに、本当はもう遅いけど、気がつかなければ駄目なのだ。


加害者として小さくなっていろ、という事では決してない。


戦争当時、侵略どころか、本気でアジアを欧米から開放するんだと志に燃えていた日本の兵士もいただろう。
ただ、家族に危害を加えられないために意志に反して戦場に行った兵士もいただろう。
そして、大切な人のいる日本という国を守ろうと、戦地に向かった人もいたと思う。
そういう人たちがいた事は、私たち日本人だけが知っていればいいのだ。
そういう日本人たちもいた事を、覚えていてくれるアジアの人たちもいるのだから。


戦争の大義は、その勝敗によって善にも悪にも変わる。


それは歴史の流れの中で、我々のようなちっぽけな一人の人間にはどうしようもない事なのだ。

それを受け止め、考え、前に進むしか、私たち一人一人にできることはないのではないか、というのが今30代の私の思いです。


そして小泉現首相。
あなたの、特攻隊として散った兵士たちへの思いはわかります。

しかし、大切な人のいる日本という国を命をかけて守って散った特攻隊の兵士の皆さんは、今の日本の現状を歓迎するでしょうか?

周りの国の外交戦略に都合のいいようにあつかわれるのがわかっていてもなお、自分たちに手を合わせてほしいと、彼らは言うでしょうか。

彼らが望んだのは、大切な人やその子供、孫たちが幸せに暮らせるようになる事、ではなかったのでしょうか。

靖国神社に参拝する事が、日本国民が幸せに暮らせる国になる事につながるでしょうか?

今の日本の三流外交では、靖国神社参拝を外交カードになどできるはずもないのに。


故人に手を合わせる、という事は、生きている人間の自己満足にすぎません。
もう会えない人を、思い出を、偲んでいるにすぎません。
もちろんそれが無意味などとは思いません。

故人を偲ぶというのはとても大切なことですが、何より大切なのは、今、生きている、より多くの人たちが幸せに暮らせることではないでしょうか?

そして、日本の総理大臣の責務は、「日本国民が幸せに暮らせるような国にすること」ではないのですか?

「個人の思想、プライドを守ること」ではないはず。

靖国神社に参拝をやめれば、大陸や半島の政府が反日活動をやめるとは、私も思いません。
彼らはさらに瑣末な事柄をほじくりだして、反日活動を続けるでしょう。

でも、靖国神社参拝を彼らがこれだけ大きく取り上げた以上、靖国問題以上に他のいちゃもんを大問題とするのは難しくなったはずです。

少なくとも、国際社会には「靖国神社参拝は、アジアの国々の心情を考え、深く反省したからこそやめたのだ。それ以外に何の問題があるというのか?戦争の反省もあってこれまでアジアの発展のために技術・資金協力をしてきた我が国に?」とでも主張できるはず。
他にも色々文句をつけてくるでしょうけど、それにはどうどうと反論すればいい。


中国人・朝鮮人は、日本人に何をしても自分たちは許されるという、許しがたい勘違いをしています。

私は殺されなかったけど、日本で中国人に殺された、何の罪もない子供たちがいる。
韓国人は日本人から金を盗み傷つけもしくは殺し、平気な顔をして国に帰っている。
朝鮮人は、戦争責任などかけらもない日本の一般市民を拉致誘拐し、あるいは殺し、いまだにその大半を返していない。

これ以上、国内外で罪のない日本の人々が被害にあわないよう、日本政府関係者には熟孝していただきたい。

次の総理大臣こそ、くだらないプライドや私的な思想ではなく、新興宗教団体に傾倒することない、国民の生命財産を第一に考えてくれる人であることを切に願う。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-21

・・・・・・

テーマ:
日にちが変わったから、もう昨日のこと。





可愛がっていた犬が死にました。





彼女は、妹が拾って来たため妹の犬、という位置づけになっているので、
最近はあまり顔を見ることがなかったのですが。





一人で暮らすようになる前には、色々事情があって、
何年か、私がずっと世話していました。





朝、散歩にいかなければならないのが時にはうっとうしくなったり。

犬がいることで、なんらかの制約のある生活を余儀なくされたり。




でも今は、楽しかった事しか思い出せません。




彼女がウチに来てくれて、本当に楽しかった。
色んな幸せをくれた。



ありがとう。
どうか、安らかに。









彼女は、ウチに来て、幸せだったろうか。
その事を、確かめられないのが心残りです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-15

にゃあ!

テーマ:
新デジカメがあ!
新デジカメが危篤状態にぃぃ!!(号泣)


レッズの試合の時、(ネタになりそうな)写真撮ろうと思っていたのに!!
(・・・結局それか・・・)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-11-07

本田美奈子さん逝去

テーマ:
昨日の未明に亡くなった、というのはもう皆さんご存知でしょう。

彼女とは年が近いので、とてもショックでした。
デビュー当時は全く興味なかったのですけれど。

でも、ミスサイゴンのヒロインにオーディション受けて抜擢された、というのを聞いた時から、彼女への見方が変わりました。

個人的にミュージカルは感情移入しにくいのであまり自分から観に行くことはしないのですが。
それでも、ミュージカルの舞台に立つ事の難しさ、は大変なものだろうと想像はできる程度には観ています。

彼女の歌唱力でミュージカルの舞台に立てるのか、という穿った見方を打ち崩した素晴らしい歌声に、感動もしました。

38才。
人生経験もそこそこできてきて、体力もまだある、これから、という年齢。
こんな所でリタイアしたくなかったことでしょう。
病魔とは、運命とは、いるとするなら神様とは、なんと残酷なものでしょう。
ご本人、ご家族、そして近しい友人や仕事仲間等々の皆さんの無念はいかばかりかと思います。

本田美奈子さんのご冥福をお祈りいたします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-21

北浦和駅東口で火事!

テーマ:
10月21日、早朝6時頃、北浦和駅東口で火事がありました。

現場検証
駅のメインストリートとは逆の方向から見た図。

娘々 立入禁止
有名なラーメン屋、娘々も被害にあったもよう(13時時点で未確認)
手前の白い車は消防の関係車両のようです。

右の写真は、駅前の交差点からのアングル。
警察官が一杯いて、どうどうと写真とれませんでした・・・。


13時の時点でまだ現場検証中でしたので、また何かわかったら追記します。


子供の頃からお世話になっている本屋、洋々堂さんが焼けてしまった・・・つい最近改修したばかりだったのに・・・(号泣)
廃業なんてことになりませんように・・・近所に本屋がなかったら生きて行けないよう(T□T)
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-10-08

しばらく更新サボってました・・・

テーマ:
忙しかったのもあるのですが、この所の天候不順もあり体調をちょっと崩してしまいました。

年のせいか、ここ2~3年前から偏頭痛が不定期に襲ってくるので、仕事以外でパソコンに向かえない時があります。
痛みの中では頭痛と歯痛が一番やっかいだぜベイベー(号泣)


それから、私は低気圧が近づくと頭痛や倦怠感に襲われます。
倦怠感は肝臓が悪いので(飲み過ぎ)通常も弱冠ありますが、ひどい時は地球の重力に逆らえなくなります。

こんなの私だけ?

まあ、台風が近くを通過するかどうか体内観測装置でなんとなくわかるので、自分的には

別にいいか! (゜△゜)y—~~~

と思っているのですが。(笑)

でも偏頭痛は、薬があんまり効かないようなら医者に行かなくちゃと思う今日この頃でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-07-06

悩み中

テーマ:
現在。
アメブロのメンテナンスによって、色々な問題が生じています。

正直、このままでは使い続けるのはちょっと難しいかなあと思っています。

告知なしのアドレスのドメイン変更、パフォーマンスの極端な低下、Macユーザーへの後後回しの対応。

スタッフの告知ブログに、「無料なんだから、文句言うな」などというユーザーの(?)発言もありました。

しかし。
無料でのサービスということで、ユーザーはある程度の不自由は享受しているはずです。
広告は外せないし、容量にも制限があるし、機能にも限りがある。

必要最低限のサービスを提供する変わりに、ユーザーによって広告収入をある程度でも得ている以上、これは契約です。
その必要最低限のサービスを受けられない、と判断するなら、ユーザーとしては契約を解消するしかありません。

というわけで、引っ越しを考えています。

はっきり決めたら即、告知します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-04-27

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

テーマ:
JR分社後最悪の惨事

自分が犠牲者になることを想像するよりも、遺族の立場になったらと考えると、本当に胸が痛く涙がこみ上げてきます。



乗客の安全より、ダイヤ優先。
乗客の安全より、コスト優先。

公務員あがりが支配する会社の、安易なコスト削減対策で客を客とも思わない経営が行われた結果ではないのか?

これまでの企業の「利益さえ出ればなんでもいい」という考え方による企業倫理の歪みがこうした犠牲を生んだような気がする。

顧客の健康や安全を考えている企業が日本に何社あるというのか。
売れれば、自分の会社だけに利益が出れば、顧客の健康や安全などは優先順位の下位にしているのではないか。

この事故は、JR西日本だけの問題ではなく、日本の企業全体の問題ではないかと思えてならないのは私だけなのか。


事故現場で懸命に救助活動にあたった近所の工場や会社の人たちや消防、レスキューの隊員たちのご尽力には頭が下がりますけれど。
実はこういう、現場で作業する人たちの方がプライドもって仕事しているんじゃないかと私は思っているんですが。
机上の空論とはよく言ったもんだ。


この事故で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。
そして負傷された方々の一日も早いご回復を願っております。

------------------------------------------------------------------------------

追記;
やはり、というか・・・
机上の空論

"デスクワーク"が必要で大事な作業であり仕事だと、思います。

しかしそれが「全て」で「最も尊い」のではないのだという事を、日本の社会が気がつかなければいけない時がきているのではないでしょうか。

「デスク」の人も「現場」の人もお互いに信頼し尊敬しあい、他人の意見を聞く耳を持つことの大切さを常に胸にしながら仕事ができたらと思う私です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。