アロハタロット × ボディーワーク Mahana セラピスト マユ(山田麻由)のつぶやき

アロハタロット × ボディーワーク Mahana セラピスト マユ(竹下麻由)のつぶやきです。都内、三鷹・調布・吉祥寺で主に活動しています!

こんにちは!

今年も残り10か月!!・・・と書くと、本当に時の流れが速いですね!

 

最近の私はといえば・・・

先週のオザケン(小沢健二さん)の新譜と村上春樹氏の新作に、時空が歪むような感覚で不思議な時間を過ごしていました。

 

さて、久しぶりのブログでは、久しぶりのアロハタロット練習会のお知らせです。

3月12日(日)13:30~

または、

3月25日(土)13:30~

三鷹駅から徒歩10分くらいの三鷹協働センターにて開催いたします。

参加費は3,780円ですよ。

(4月から一斉値上げ5,400円へ値上げというお達しが本部から届いています。)

 

参加対象の方は、アドバンス講座まで受講された方(どのティーチャーから受講したかは不問です)です。

 

アロハタロットのセッションも、週末と平日昼間の一部で再開しています!

 

すべてのお問い合わせは、

info☆mahana-mahana.jp(☆を@に!)までどうぞ!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
春分の日。
春風に心躍る一日となりそうですね。

実はブログをお引越ししていました。
http://mahana-mahana.jp/blog

この半年、セッションをお休みしているのですが、
そろそろ春なので再開しようかなー、と思っている今日この頃。

試運転代わりにブログをちょくちょくちょこちょこ更新していますよ。
ぜひ、覗いてみてね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こちらのブログはお久しぶりで。
といっても、本体の方のブログも滞り気味。
ですが、ネガティブな要素はほぼゼロな毎日。

どんな形であれ、人のココロに寄り添うことはできるし。
人と笑顔を共有することもできる。
○○として、人と関わる。
その○○にこだわることから離れると、ぐっと心地よい関係が広がってゆきます。

笑顔で日々過ごすことが。
目の前の人と共に笑顔でいることが。
本当にとても大切なことですね。

自分が笑顔でいることを。
自分が心地よい状態でいることを。
それらを、自分自身が誰より信じること、願うこと。
これ以上に大切なことはないのだと。


寒い冬はほっこり冬眠気味で。
自分の暖かさをキープしていきましょうね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今宵の満月のエネルギーのせいもあるのかな。
体の中のバランスを取りづらそうな、自分も家族も周囲の人たち。

先日の新月の日に、アロハタロットを新しくしました。
初めてアロハタロットに出会った時から使っていたものを、あたらしく。
それなりに思い入れもあったのですが、何となく離してもいいかなー、という気持ちにふとなりました。
あたらしいタロットで、いろいろと試し占いをしていますが、カードが変わると何となく気分もフレッシュです。

そんなわけで、満月の今宵。
あたらしいアロハタロットのご挨拶がてら、ちょっとしっかり占いをメールマガジンでお届けします。
星座か、エレメントか、生まれ月か・・・んー。考えまーす。
ぜひ、お楽しみに。
お届けは、満月に近い時刻の21時くらいです。

メールマガジンは、月に1~2回くらいのゆるゆるお届け。 ほーんと、気まぐれなので、ご興味のある方どうぞ。 サイトのトップページ下部からご登録くださいね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

機械学習(いわゆる人工知能)を使って、ネット上に溢れるニュースの中から、注目すべきニュースを提供する会社、Smart Newsという会社が、本棚を紹介するというイベント(アラン・チューリングの銀河系)に参加しました。

たった3人から始まった会社が、今や50人を超える社員を抱え、オフィスも広いところへ移転。
そのタイミングで、会社の元々のマインドやスピリットを継承していくために、それを表すような存在としての本棚。
そしてその象徴としての人が、チューリング。
チューリングは、暗号解読者としても有名な数学者ですが、自ら道を切り拓いていった人として。
本棚は、チューリングを中心に、数学や哲学の歴史に触れ、人工知能や認知に対する研究の未来に向かう本が並んでいました。

本棚をつくろうと考えたスマートニュース社代表鈴木健さん。
本棚を設計したデザイナーの小石祐介さん。
本を選んだ数学の独立研究者 森田真生さん。
それぞれにそれぞれの想いや考えがあって、必ずしも一致していなかったり。
でも本棚には、その差異だけでなく、これから本棚が人に使われて育っていく幅すらも包み込む懐の広さがあり。

懇親会では、本棚をデザインした小石さん、社員の人に話を聞いたりできました。
(本当は森田さんにも聞きたかったけど、タイミング合わず断念!)

そこに本棚がなかった時と、出来上がっている今。
実際そこにある本を読もうが読まなかろうが、「ある」ということだけで、もうすでにパーフェクト。
これから本棚がみんなに使われて、もしかしたらまったく違うラインナップになったとしても、きっとパーフェクトなんだろうなぁ、と。
複雑系で有名な教授の池上高志先生もいらしていて、ダークサイドな感じも欲しい!とコメントされていたけれど、きっとそれもこれからそのエッセンスも増えていく?!?!と期待しつつ。。
また変化した本棚を覗かして頂けるイベントがあったらいいなー。

image
本棚は、一つの部屋にとどまらず、次の部屋へと続く。。

image

懇親会では、チューリングボンベという機械をイメージした軽食が!
もう、かわいい!!

image

本棚づくりのプロジェクトを冊子にしてしまう!
「本棚を作りたいと思った。道草のような本棚を。」という言葉から、代表の想いが感じられる冊子。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。