1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-07-15 22:28:08

あ・らぞん・ぽる・け・えう・すぺれい

テーマ:ブラジルサッカー
・はい、今回は日本語訳すると「僕が勝った理由(わけ)」となります。翻訳サイトなので間違ってたらごめんね。ブラジル国内ではかなり話題となっております。「サンバを忘れたブラジル」などと論調が凄いそうです。でも、日本で言う「歌を忘れたカナリア」の如く残酷な感じに仕上がっていたそうです。童謡の如く、忘れた歌を思い出す事はあるのでしょーか。


     -メネゼスセレソンのメンバー-

          パ  ト
  ネイマール          ガンソ
          ロビーニョ

       ラミレス  ルーカス

Aサントス  Tシウバ  ルッシオ  マイコン

        ジュリオセーザル


-セレソンが勝った理由-


1.オーラが無い、甘く見られたセレソン
2.やっぱ、ラテラウはマイコンだよね
3.サイドはあくまでもオトリなのだよ
4.早野「カイセドのゴールで2点は返せど・・・」


1.うーむ、ブラジルの選手達も甘く見られたもんだね。エクアドルの選手達は異常な程のテンションでブラジルにプレスを仕掛けてます。ここまでの2試合でブラジルの選手達がプレスを「いなす」事が出来てなかったんですね。なので、エクアドルも遠慮無くプレスしまくってました。これでほとんどエクアドルペースで試合が進みましたね。普段なら、みんな恐がって近づけなかったはずの存在。なのに、こんなに遠慮なく突っ込まれちゃって。


2.何気に前回まぐが言ってた右サイドのマイコン案は大成功だったんじゃないでしょーか。ダニーはやっぱ中へカットインしたがるんですよね。そうじゃなくて、マイコンの様にサイドの縦をえぐって欲しいんですよ。この試合では何度も縦を突破して、センタリングをあげまくっていました。正直、FWがパト、二列目がロビーニョ、ネイマールですからね。どんだけセンタリングをあげてもやっぱりヘッドでゴールは厳しいもんですよ。


3.って左のサントスからのクロスでパトヘッド。これであっさりと先制。あんだけ攻め上がったマイコンじゃない逆のサイドからのゴール。このシーンまで、ブラジルはほとんど動き出しの無いチームだったんですが、たった2人が動いただけでゴールとはブラジル恐ろしい。その後、ガンソの縦パスからネイマールが今大会初ゴールをあげると、ネイマールとパトの連携で3ゴール目。やっぱ、ブラジルは中央突破が命ですよ。サイド攻撃はあくまでもオトリ、ゴールできちゃったらラッキーってなもんよ。


4.早野「カイセドのゴールで2点は返せど・・・」 おのれ、早野。まぐはこの手の解説者が嫌いです。解説しろよ。不覚にも笑っちゃったじゃないか。一発を持ってる選手がエクアドルには居ました。カイセド選手です。それにしても、ミドルシュートを持ってる選手は凄いね。まさにワンステップで振りぬいてあの威力ですよ。一点目は確かにジュリオ・セーザルのミスですが、あのタイミングでシュートを撃った事でステップが合わなかったのですよ。二点目もトラップ反転して、ルックアップする時間もしっかり作ってワンステップシュートですよ。いやー、マラニョンにもこれぐらいの余裕を持ってシュートして欲しいですなー。こないだのフレッジのゴールもそうだし、2点目のネイマールも見事ですよ。あの至近距離で半歩ずらしてますからね。




・決勝トーナメントの組み合わせが「コロンビア vs ペルー」「アルゼンチン vs ウルグアイ」「ブラジル vs パラグアイ」「チリ vs ベネズエラ」となりました。コロンビアのラダメル・フォルカオ、レアル行きなのかブラジルのネイマール、バルサが狙っているチリのアレクシス・サンチェス。いずれも50億円の価値と言われる選手ですよ。バルサはサンチェス獲ったらセスクは手を引くらしいし、万事順調な移籍劇となって欲しいですね。更にはワールドカップ得点王MVPのディエゴ・フォルランとアタッカー陣は豪華な決勝トーナメントですね。その割にあんまし爆発してない感じもするけど。みんな、次の新天地が不安で集中してなかったりして。さてさて、どこが優勝するのやら。なでしこも楽しみだけど、セレソンもがんばれー。日本では17日、18日の朝4時、朝10時から試合観れますよー。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2011-07-11 21:49:57

あ・らぞん・ぽる・け・えう・あまれい

テーマ:ブラジルサッカー
・はい、前回のコピペいきまーす。タイトルは日本語訳すると「僕が引き分けた理由(わけ)」になります。翻訳サイトなので間違ってたらごめんね。さ、今回もセレソンを特集しましょーか。え? メッシ?・・・うーん、太ったね♪ぐらいの話題しか出来ない。だって、アルヘンティーナはダイジェストしか見てないもんで。


     -メネゼスセレソンのメンバー-

          パ  ト
  ネイマール          ジャジソン
          ガンソ

       ラミレス  ルーカス

Aサントス  Tシウバ  ルッシオ  ダニーA

        ジュリオセーザル




-セレソンが分けた理由-

1.ハイテンションなパラグアイ
2.ゴールシーンはミスと強引さ
3.欲しいのは「らてらう・でぃれいと」
4.3位でも予選突破とか考えちゃダメ


・むむむむ、また引き分けちゃいましたね。まさか、2引き分けとは。ってか、負けるとこだったし。まず、試合は右アタッカーにロビーニョからジャジソンへと変更。うーん、だからフレッジとパトの2トップにはしないのだろーか。前半から、試合内容はパラグアイ。かなりのハイテンションなサッカーで異常なまでのプレスでブラジルに余裕を与えなかった。こういうサッカーを相手に一人一人の選手が「いなす」プレーを出来ないのも歯がゆいですね。ダイレクト、フェイント、大きなサイドチェンジ・・・手はあるのにねー。猛プレスにも今まではのらりくらりと戦ってきたのに真っ向勝負なんだよねー。


・ジャジソンのミドルは半ば強引に蹴ったもの。まぁ、入ればどーってこっちゃ無いんだけど、ブラジルらしい攻め手だったパトの裏の抜け出しで決まるのが一番勢いに乗るんだけどねー。あーいうダイレクトで裏へ出すのはブラジルらしくて良いんだけど。んで、パラグアイは中盤で奪ってカウンターからゴール。更にはCBのミスに付け込んで、最後はシュートがDFにブロックされるも自分の身体に跳ね返ってゴール。運も無いっすね。最後に終了間際、ガンソからフレッジがダイレクトで決めて2-2。あんな感じのゴールってワシントンが決めるよね。マラニョンも出来ないもんかなー。GKも身構える前に撃たれるからね。あれならシュートに威力無くても入るのよ。


・うーん、やっぱりまぐは右サイドバックにマイコンがいーなー。ダニーはとかく中へ切り込んじゃうんだよね。あれなら右ウィングでいい。ジャジソンのポジションにダニーが入るのが一番しっくり来るわー。サイドがうまく機能してないのと、大好きな中央突破も活きないからね。あくまでもサイドはオトリ。でも、ほったらかしにするとサイドからやられちゃう。そんな感じのサッカーって出来んもんかねー。


・3位でも予選通過できる可能性あるんだよね。アルゼンチンが引き分ければ、下手するとブラジルはまた引き分けでも突破になっちゃうかも・・・なーんて、皮算用してると、ころっと負けちまうぞ。次の相手はエクアドル。最下位ではあるものの、本来はベネズエラが最下位の予定だったのに首位にいる。今回のコパ・アメリカは本当に訳が分からん。




・本当はヴェルディみたいにMOMとか、MVPとかやりたいのにやる気起きないわ。何だか、ドゥンガの方がちょっとはマシだった気さえしてしまう。攻撃的サッカーを取り戻すと銘打ったセレソンにしては物足りない。まぁ、最初からネイマールがどんな選手か目当てだけではあったんだけど、あれだけアルヘンティーナが弱いと優勝狙いたくなるじゃない。今回は獲れるチャンスかもしれんのだから。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-07-05 21:35:54

あ・らぞん・ぽる・け・えう・あまれい

テーマ:ブラジルサッカー
・はい、日本語訳すると「僕が引き分けた理由(わけ)」になります。翻訳サイトなので間違ってたらごめんね。今回はコパ・アメリカのブラジルに注目したいと思います。ドゥンガ政権のセレソンはつまんなかったですね。守備を重視したドゥンガらしいサッカーではありましたが、やはりブラジルはどんなに努力しても、練習しても、辿り着けない境地のサッカーをして欲しいんですね。言うなれば、誰も真似の出来ない生まれ持ったセンスだけでサッカーをして欲しいんですよ。特にアタッカーには「神の領域」クラスが欲しいですね。今回は将来的に「神の領域」クラスになる選手が誕生しそうですからね。期待しましょ。


     -メネゼスセレソンのメンバー-

          パ  ト
  ネイマール          ロビーニョ
          ガンソ

       ラミレス  ルーカス

Aサントス  Tシウバ  ルッシオ  ダニーA

        ジュリオセーザル



-セレソンが分けた理由-

1.緩急を付ける選手になれるかどうか
2.50億円もするブラジルのやんちゃ王子
3.控え目なブラジル人もいたもんだ
4.失点してもいいんじゃない?


1.この若いセレソンにおいて、もう若手ではないロビーニョ。ロビーニョが普段通りのプレイをしてたんですが、もう若く無いんですから「緩急を付ける」引き金にならんといかん。ロビーニョに渡ったら何かが動き出すぐらいのプレイをせんと。最終ラインの裏へ雪崩の様に飛び込む様が見たいんですよ。そこへピンポイントで通す、ロビーニョも引っ張っていかねばならん存在なんです。ロビーニョがボールを持ってみんながじーっとしてる様じゃまだまだ。



まぐまぐまぐろんブログ・・・略して、まぐロ



2.やんちゃそうな顔してますねー。サントスのMFネイマールですよ。レアル・マドリードだかに50億円近い額で移籍するんじゃないかと話題です。この選手がのちのち「神の領域」に育ってくれないとワールドカップで優勝なんて出来ませんよー。確かにテクニックは19歳とは思えませんねー。何かを予感させる選手ではある様です。ただ、ロナウジーニョ、カカも若い頃からブイブイ言わしてました。リバウド、ロナウドらに引っ張られて成長したのです。ロナウジーニョ、カカらが牽引して成長を促したいのですが、彼らが代表から姿を消すとなるとネイマールら若手の成長に影響を及ぼすかも。


3.かなり控え目なんですね。トップ下のガンソです。ミドルシュートを撃てるタイミングでもパスを選択しまくってました。まぁ、あれだけの面子ですからね。色んなところから「パス寄こせ」って声が飛び交ってることでしょー。ただ、ここでアイデアが若干少なかった気がするんですね。個人的には壁パス、ワンツーなどでガンソが裏へ行くぐらいの方が相手にとっては恐いはず。まぁ、パトがキープしたがらないせいもあるかもねー。


4.右がダニエル・アウベス、左がアンドレ・サントス・・・まぁ、素人目に考えても、「右が攻撃的」「左が守備的」なイメージですね。一応はオーバーラップしましたが、左は迫力に欠けました。そもそも、前線の面子の上背が無さ過ぎ。センタリングではゴールは出来ませんよ。なので、両者ともに中へえぐっちゃうんですね。縦へえぐってもクロスは難しいから、自然と中へえぐる「カットインシュート」になっちゃうと。狙いは「カットインシュート」「縦からセンタリング」「サイドでえぐってマイナスパス」など色んな選択肢で揺さぶってフィニッシュが理想。どうせ、ブラジルなんだし攻めまくるぐらいが丁度いい。リスクマネージメントなんて似合わないんだし、失点してもいいから2バック状態でやってみよーよ。ブラジルはやっぱ攻撃的じゃなくちゃ。





・0-0で寝ちゃいそうなぐらいの試合でした。やっぱし、ブラジルでもサイドで「適当にセンタリング」出来ないとこうなるんですね。パワーストライカー + シャドーストライカーで組む4-4-2が観たいんですが、パトは1トップより2トップが良さそうですね。フレッジと組ませるとか。このままだとガンソが外れちゃうかな。でも、パワーストライカーが必要になると、あの我らがフッキが定着しやすくなってくれるんだけど。あんな感じのパワーストライカーいないしね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。