2017-06-18 22:22:59

僕が第1クールの愛媛戦に分けた理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・うーん、おかしいなー。この両チームの対戦で3-4-2-1ががっぷりと組む。はずだったんです。なので、0-0みたいなチームになってもおかしくはない。はずだったんです。それが終わってみると3-3と豪華な撃ち合い。いやー、サッカーって面白いっすねー。お互い守備的なサッカーが売りなのに、最後はオープンな展開に自分達で持って行ってるんだしねー。
 

      -東京ヴェルディメンバー-

          ドウグラス
    梶川諒太         ピニェイロ
   (高木善朗)

 安在和樹  内田達也  渡辺皓太  安西幸輝
      (井上潮音)(橋本英郎)
    永田 充  畠中槙之輔 井林 章

          柴崎貴広

SUB:内藤圭佑、田村直也、高木純平、高木大輔


       -愛媛FCメンバー-

          丹羽詩温
    河原和寿 (有田光希) 近藤貴司


 白井康介  小島秀仁  藤田息吹  小池純輝
                  (小暮大器)
    玉林睦実  西岡大輝  林堂 眞
   (田中裕人)
          朴 成洙

SUB:馬渡洋樹、安田晃大、神田夢実、西田 剛

 


・愛媛のサッカーのパターンとして、「トライアングルパスワーク」を使用している。ハイライトなどでのゴールシーンもこれが非常に多く、これをどこまで潰せるかにかかっている。動画で説明してるのですが、Aの選手がパスを出し、Bの選手を頂点とし、角度を付けてCの選手へダイレクトで放るのが特徴。「三角形」はサッカー戦術では基本戦術だそうですが、クサビのプレーがほとんどですよね。この愛媛のはサイドから中央へ出した際にダイレクトでゴール前へ放る。もしくは、中央からサイドへ出した際にダイレクトでクロスを送る。どちらかというと「大三角形」に近く、2本のパスでゴールを脅かす。いやー、これは真似したいですなー。


・ただ、ヴェルディも何か策を講じた様ですね。特にパスの出し手が早い。前半から、永田→ドウグラス→ピニェイロでシュート。ピニェイロ→安西→ドウグラスで先制までしている。この、2番目の選手のパス出しが思いの外早い。愛媛の中盤のプレスをいなす目的なのか、前半はここが非常に早いおかげでラストパス、もしくはフィニッシュで終わるというカタチまで作れた。前半だけを見ると、圧勝しかねないぐらいフィニッシュで終わっている。攻撃のカタチもラストパスまできっちりと繋がってる。ただ、どちらも修正が早いんですよ。守備に力を入れる監督さんはここもしっかりしている。前半からすぐに玉林を変えてますが、どうやらアクシデントの様ですね。そこを執拗に狙うヴェルディもまた策士。ずーっとイヴァンコーチが前に出てたのは、そういう事だったのかもね。


・いやー、何気にこういう選手好きだわ。なんだけど、うちはこういう選手によくやられるんだ。中盤でガツンとぶつかってくる河原。闘える選手ですよね。こういうシーンでたとえ勝てなくてもぶつかる。この心意気ですよ。ぜひ、ドウグラスにもこういう姿勢を闘魂を注入してほしいですよね。ドウグラスは行かないんだもの。やる前から負ける事考えるバカいるかよ!ってな感じで一発きついのをお見舞いしてもらって・・・・なんて、ネタ的な事を考えてると河原にボレー一発。ビンタより重いのをもらってしまった。生で観てるよりもかなり遠いシュートだったのに、よく決めましたね。

 

 

 

 

      -東京ヴェルディメンバー-

          ドウグラス
    高木善朗         ピニェイロ


 安西幸輝  内田達也  橋本英郎  安在和樹

    永田 充  畠中槙之輔 井林 章

          柴崎貴広

 


・橋本投入後の逆足配置。まぁ、ともかくロティーナは何かしら策を講じてくるんですが、徐々に浸透してきたのか逆足配置で大成功ですね。後半17分でやり始めて、後半24分でゴールですからね。いやー、非常に効率的。前の橋本のパスも投入後すぐですしね。逆足配置の安西からのカットインシュート・・・シュートだよね、あれ。正直、誰かにぶつかっただけと思ってましたが、リプレイ見るとちゃんと足をインサイドで当ててるんですね。ドウグラスはこの直後のクロスを空振りしたのは勿体なかったね。あれも足を当てるだけのシュートが出来たらよかったのに。


・この試合を勝ちにするも、負けにするも、分けにするも、すべての鍵を握っていたのが「白井康介」選手でしたね。そもそも、先制点で安西にぶっこ抜かれたのが白井。逆転弾を決めたのも白井、2-3にしたスルーパスも白井。90分であそこで全力で走れるってのも凄い。この試合で大活躍だったのが白井なんですよ。うんうん、名前は覚えて置こう。そして、この白井が足を高くあげたとしてPK・・・うん、もうすべてに絡んでくれました。ただ、あそこは足出しちゃうよ。かと言って、安在が頭で真ん中まで返せたかは微妙ですが、自分とこで見過ごせるボールではないしね。


・んで、最後にハットトリックのかかるドウグラスと善朗の間でPKキッカーで揉める。ただ、これはハットトリックかかってるし蹴りたいよ。しかも、開幕から全然ゴール獲れなかった頃に譲ってあげてるしね。また、譲ってほしかったんでしょうね。ただ、残念ながら、一度は譲りかけた善朗もベンチを見て「俺みたいよ」みたいな感じに。どうやら、イヴァンコーチが善朗と指名。そういえば、前にドウグラスに譲った際にもロティーナが「PKは善朗と決まっている、何でドウグラスが蹴ったか分からん」みたいな発言してるしね。あれだけの長身FWががっくりと肩を落として帰っていく姿ってのも、そんなに見れないわな。んで、これを落ち着いて蹴って3-3。まさか、こんな点数になるとはね。


東京ヴェルディ 3-3 愛媛FC
得点者:ドウグラス2、高木善朗 / 河原、白井、近藤

MOM:MF白井康介(全ての結果に絡んだ)

MOM:MF安在和樹(6度目/通算18度目)
MOM:MF安西幸輝(2度目/通算12度目)
MOM:FWドウグラス(2度目/通算7度目)

MOM:FW河原和寿(闘える男)
MVP:MF近藤貴司(1得点1アシスト、決勝点の予定だった)
MVP:MF小島秀仁(ロングフィード精度良し)

MVP:MF高木善朗(初選出/通算15度目)






・結果的に安在は最後のPK奪取、安西は2アシストって事ですね。ドウグラスも2得点は獲りましたが、自力でハットトリックを取れるチャンスを逃してるんでね。今度こそ決めないとね。ただ、ここ数試合での固め取りはさすが。安定して得点を取れる感じではないしね。獲れる時に獲らないと。さて、今週はこれで水曜日に観れない天皇杯が挟まりますが、ロティーナはどういう監督ですかね。この試合をガチで挑むのか、多少は「遊び」を入れるのか。メンバーなども含めて楽しみですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。