2017-04-29 16:18:18

僕が第1クールの福岡戦で〇〇した理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・はい、今日は家でまったり。ってか、普通の土日なんだけど。まぁいいや。人によってはGWのスタートみたいですね。その初日は福岡でのアウェー戦。福岡だって、普通のヴェルディが相手だったらこんな事してないんじゃないかな。なにか急に3バックにしてきたみたいですよ。3-4-2-1なのでまたミラーゲームになります。ただ、今までと違って要所要所では一対一で福岡が勝るシーンもあるので、内容は互角どころか福岡ペースだったり。それでも、最後の部分でフリーでやらせないというのは出来る様になりましたねー。

 

     -アビスパ福岡のメンバー-

         ウェリントン
    石津大介        Wポッピ
   (坂田大輔)     (ジウシーニョ)

 亀川諒史  三門雄大  山瀬功治  駒野友一
            (末吉隼也)
    冨安健洋  堤 俊輔  實藤友紀

          杉山力裕

SUB:兼田亜季重、濱田水輝、下坂晃城、三島勇太


     -東京ヴェルディのメンバー-

          ドウグラス
    高木善朗         ピニェイロ
   (梶川諒太)        (高木大輔)

 安在和樹  中後雅喜  内田達也  安西幸輝
      (中野雅臣)      
    平 智広  畠中槙之輔 井林 章

          柴崎貴広

SUB:内藤圭佑、田村直也、高木純平、渡辺皓太

 


・やはり、相手が首位となると目の色を変えて襲い掛かってきますよね。だから、今しばらくは隠れていたかった。特にマッチアップが激しかったのが、「ピニェイロ vs 富安(188cm)」「駒野 vs 安在」「亀川 vs 安西」。特に安在はこれからのステップアップを考えたら、ワールドカップ経験者の元日本代表と直接対決して勝てないと、自らの代表という野心は抱けませんからね。そして、もうその時だと思うんでね。


・前半はひっくるめても福岡ペースでしたね。特にシュートの意識がものすごく強かった石津。バイタルへ侵入しての石津のミドル、これが前半に2度ほどあったものの、いずれも強烈なフィニッシュ。1つは枠の外、1つはDFの股抜きであったものの、柴崎の横っ飛びでセーブ。とにかく、トラップすぐシュートを意識してるのか、福岡のフィニッシュはすべて石津。ただ、逆に流れは石津で終わってしまうのもちと勿体なかったり。


・ヴェルディのチャンスは流れの中でまったく無し。それでも、セットプレイでトリッキーなのを魅せたりと、チャンスが無いという感じにはあまり思わなかった。CKを直接井林がヘッドも叩き付けすぎでGK杉山セーブ。ショートコーナーにして安在直接シュート。FKで善朗が狙う素振りからの中央で平のヘッド。これはGK正面だったのがもったいなかった。前半はほとんどが中盤での福岡の奪取にあってしまい、前線の3名へのボールもほとんど通らず。


・前半終了間際になんだか色々ありました。まず、右サイドを突破した山瀬。そういや、居たんだ。良質のクロスを送って中で實藤がヘッド。クロスバーに当たって落ちたボールは微妙な判定もノーゴール。スローでのリプレイでもややカメラがブレてしまって確認出来ず。ただ、まぐが思うに「ゴール」と宣言されても、「ノーゴール」と宣言されても文句は言わない。それぐらい微妙な感じでしたよ。カメラの角度が真ん中からなんでね。真横からじゃないと。んで、更にウェリントンがどーでもいーところで内田を肩で小突いて一触即発。ほんと、余計なシーンでしたね。こっちだって「2枚目の退場」と宣言されても文句は言わない。ただ、もし、ここで退場だったらあの先制点も無かった訳で。審判が優しくて良かったという事になる。


・後半になってヴェルディの方もラストパスまで供給出来る様になる。開始早々の安在のクロス、中でフリーでドウグラスがヘッド。戻りながらなんですが、せめて枠へ飛ぶだけでも入ったかもね。GKの重心が逆に動いてるのでボテボテでもゴールになりそ。逆にさっきはあれだけカットインシュートにこだわってた男が、急にカットインクロス。こうすると、みんなシュートコースを埋めてしまうのでクロスのコースは開けちゃうんですよ。なかなか、分かってますね。これを真ん中でポッピがヘッドでポストへ。


・このままの展開であれば0-0が妥当。しかし、なんとなしにゴールを決めてくるヴェルディは0-0が長ければ何が起こるか分からない。ところが、アビスパが居れたジウシーニョという選手が色を変えてくる。中盤で貰っては、今までと毛色の違うパスを送り、福岡の攻めを活性化させた。駒野が一気に走り込んだ裏へのロブ。ここからのクロスをウェリントンが頭で叩き込んで1-0先制。平も足を出せなかったし、井林も追いつけなかった。全員が一歩づつ遅れてしまう状況を作り出せたジウシーニョのパス。1つ、2つ飛ばせるパスを出せる。そうか、そんな選手が隠れてやがったか・・・ん? 実況が「今日は奥さんとお子さんが観に来てるんですよ」・・・そうだ、外国人助っ人はこれだけで急に化けたりするんだよね。んで、帰国しちゃうといつも通りになるという。



アビスパ福岡 1-0 東京ヴェルディ
得点者:ウェリントン

MOM:FWウェリントン(値千金の先制点)
MOM:FW石津大介(ヴェルディ守備陣を引っ搔き回した)
MOM:DF冨安健洋(ピニェイロにスペースを与えなかった)
MVP:MF駒野友一(やさしいクロス)
MVP:FWジウシーニョ(ボールを触ったら仕事する)

MVP:MF梶川諒太(3度目/通算10度目)



・0-0のまま長い事進んだってところまではヴェルディの思惑通り。ただ、思いの外ボールロストが響きましたね。一人が一人に勝てるとそこそこやれるんですが、一人一人のタレント力は福岡が一枚上手でしたか。それだけじゃなく、石津が今日は激しく行くんだっ!というムードを作ったのも大きいかなと。ヴェルディはセットプレイ以外で決定機をほとんど作ってないので、0-0で終われば良しという感じになってしまった。むしろ、そういう試合は逆に考えて「セットプレイを取りに行く」ぐらいの心構えでもいいかもしんない。さて、また首位は1週間でしたが、まだまだ隠れていこうじゃないか。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。