2017-04-10 22:43:32

僕が湘南に負けた理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・5連勝で挑んだ湘南戦。エレベータ化しているものの今年もJ1昇格候補な訳で、どこのチームよりもJ2を熟知していらっしゃる。今回はその昇格争いを制するとはどういう事なのか教えを乞う試合でもあります。さぁ、我々の新しいサッカーはどの程度通用するのかやってみようじゃないかっ!
 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          ピニェイロ
    高木善朗        安西幸輝
   (梶川諒太)

 安在和樹  内田達也  渡辺皓太  高木大輔
            (橋本英郎)(ドウグラス)
    平 智広  畠中槙之輔 井林 章

          柴崎貴広

SUB:太田岳志、田村直也、高木純平、中後雅喜



     -湘南ベルマーレのメンバー-

          ジネイ
    山田直輝 (端戸 仁) 菊地俊介


 石原広教  神谷優太  石川俊輝  奈良輪雄太
(岡﨑亮平)(齊藤未月)
    杉岡大暉  Aバイア  岡本拓也

          秋元陽太

SUB:後藤雅明、秋野央樹、野田隆之介、表原玄太

 


・ダゾーンでは4-1-2-3と書いてあったけど、きっと同じかなと思います。菊地俊介がインタビューで「いつもより前でプレイしたので」と語ってるのでこれであってるかなと。お互い前からプレスが激しいので、序盤は単純に前線へ当てるシーンが多かった。その中でジネイ vs 畠中はほとんどが畠中の勝ち。なんだか、頼もしくなったね。逆にピニェイロへのボールに関しては、バイアが勝つでも負けるでもなく、こぼれをヴェルディに拾われてる事でヴェルディペースへ。ここでさらっと点を取ったので、非常に流れは良かった。安在からピニェイロ、ハイボールになったところを安西がボレーで決めて先制。相手CBのタックルに体勢が崩れなかった辺りは、畠中といい、安西といい、フィジカルでも負けなくなってるんですね。


・対応したのは井林だったので、一対一で負けたのかと思った。ただ、ダゾーンでリプレイを見てみると、こりゃスーパーゴールだわ。菊地俊介のトラップからシュートを巻いて蹴って1-1同点。距離感もそこまで言う程間違いでも無いし、菊地が頭からシュート行くと決め撃ちしてたってのも凄い。更に井林とほとんど重なった状態でのシュートなので、GK柴崎もありゃ見えないわ。そして、GKの前でワンバウンドでしょ。しかも、雨降ってるんだし。


・うーん、気付いた時には「井林」狙いになってた様に見えたんだけど、これが試合前からの作戦なのか、失点に繋がったから狙ったのか。畠中や平の時にはそこまで突っ込んでこないのになぁ。んで、バックパスをトラップした際に山田にかっさらわれて、そのまま畠中と一対一。さっきの菊地と同じでトラップからの半歩ずらしシュート。また、同じ手でシュート撃たれたけど、今度は柴崎も横っ飛びセーブ。ただ、手に当たり過ぎたのか、ジネイの正面へこぼしてしまい1-2と逆転。ちなみに湘南のこの半歩ずらしシュートは後半も菊地が1回、ジネイが1回と何か流行ってるんですかね。崩し切る前にシュートを撃ってしまう。そんな作戦もこないだピニェイロが決めてるしな。真似てみるか。


・CKはゾーンで対応してるので、人と人の間に落とすみたいなのは当然相手もやってくるよね。更にジネイをオトリにすれば多少乱れるし。その裏に入ってた菊地がヘッドで3点目・・・ヘッドじゃなくて肩だったかな。ロティーナも言ってたけど、ここまで点を取られてないだけに、点を取られて多少パニックになったってのもある。ただ、今までのヴェルディだとここで何も出来ずに負けという事も多い。しかし、ここでまだロティーナにはまだ引き出しがある。ロティーナが講じた作戦はこうでした。

 

 

 

 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          ドウグラス
    ピニェイロ       梶川諒太        


 安西幸輝  内田達也  橋本英郎  安在和樹

    平 智広  畠中槙之輔 井林 章

          柴崎貴広

 


・はい、それが安西を左サイドに、安在を右サイドにした事ですね。両サイドを逆足で配置させたんですね。3-4-2-1の布陣は守る時に5バックで対応出来る。その為、サイドを深くえぐる事は難しい。そこでサイドをえぐってセンタリングではなく、切り返してからのアーリークロス。もしくは、サイドからカットインしてシュートも狙える。こうする事でドウグラスを交代で入れた事も効果的になる。まさにこれで決定機となったのが、安在の右からのクロスにファーサイドで安西がダイビングヘッドしたカタチがそれ。他にもドウグラスのヘッド、内田のアウトサイドキックボレー、セットプレイから平のヘッドと決定機を多く作れた。ロスタイムには安在のアウトサイドキックがようやっと決まって2-3。一矢報いたものの、ポストやバーに当たりまくってた安在のロングシュートがよーやっと決まりましたね。飛んだコースは正面ではあったけれども、ワンバウンド目で更に自分んとこに来たみたいだね。


東京ヴェルディ 2-3 湘南ベルマーレ
得点者:安西幸輝、安在和樹菊地俊介2、ジネイ

MOM:MF菊地俊介(先制点は見事。3点目も出鼻をくじかれた)
MOM:FW山田直輝(井林から奪っての2点目、決めたのはジネイ)
MVP:MF神谷優太(2アシスト、元ヴェルディ下部組織出身)

MVP:MF安西幸輝(初選出/通算17度目)
MVP:MF安在和樹(4度目/通算14度目)





・試合は2-3で負けた割に無気力で負けという展開じゃないだけで、こんなにもやれた感って出るもんなんですね。それにしても、崩されてないのにゴールを奪ってくるってのはさすがですね。これが優勝を争うに相応しい強さですよ。さて、今回も大雨にも関わらず動画を撮ってみました。ビニール越しなんで見づらいですけど、あくまでも試合の雰囲気だけでもお伝えしたいものですから。試合がばっちり映らなくてもいいのですよ。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。