2016-05-23 23:05:35

僕が第一クールの清水戦に勝った理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・さて、清水戦と言う事でちょっとだけ「J2」に居るという現実感が抜けて観戦出来ますね。ここまで勝利が遠いんですから、それぐらいの現実逃避もいいじゃないか。ただ、ヴェルディあるあるでこういうチームには勝ったりなんかしちゃうことも多い。でも、相手は小林伸二なんでね、清水も守備的になっちゃってるのかなー。そこだけが不安だ。真っ向からぶつかってきてくれよ。とか言って、こっちは避ける気まんまんだけど。

     -東京ヴェルディのメンバー-

          高木大輔

 安西幸輝  ドグラス  高木善朗  南 秀仁
                  
          中後雅喜

 安在和樹  井林 章  田村直也  高木純平

          鈴木椋大

SUB:柴崎、ウェズレイ、中野、井上、楠美、一樹、杉本


     -清水エスパルスのメンバー-

       北川航也
      (石毛秀樹) 大前元紀

   白崎凌兵          金子翔太
                (村田和哉)
       河井陽介  本田拓也
            (鄭 大世)
 松原 后  角田 誠  ヤコビチ  川口尚紀

          碓井健平
 
SUB:杉山力裕、邊 峻範、福村貴幸、六平光成

 

 





・スカパーにもろ映ってやんの。今回の布陣は4-1-4-1な様です。ただ、正直言って4-1-4-1には見えなかったです。南と善朗のポジション取りがイマイチ。その間にスペースがある訳でも無いのに、どちらも行かないで素通りがありました。更に前半失点に絡んでしまいます。南のパスが中後に渡る前にカット。大前からのスルーパスに白崎が強烈なフィニッシュ。Jデビューとなった鈴木の顔面の横を擦り抜けるスーパーゴールで清水先制。鈴木にとってはJの洗礼ってやつですかね。実は鈴木の獲得に関してはトガちゃんが熱望したそうで、同年代のGKの中では突出してたそうです・・・。開幕からケガで出遅れていたそうで、実際は最初から鈴木にスタメンを任せる気だったのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          高木大輔
          
 南 秀仁  高木善朗  ドグラス  高木純平
                  
          中後雅喜

 安在和樹  井林 章  田村直也  安西幸輝

          鈴木椋大



・事件は現場で起きてるんじゃない、ホワイトボードで起きてんだっ! はい、今回はホワイトボードが大活躍ですね。選手があっちこっちへ行ったり来たり。よし、トガちゃん、一緒にWCCFでもやらないか。あっちこっち行ったり来たり出来るよ。んで、前半だけで白崎がハットトリックを取ってもおかしくない程に決定機の山。右サイドからのクロスに流し込みも外へ。左サイドからパスのフリしてミドルも入ってもおかしくないシュートとでした。さすがにこれで前半から4-2-3-1へと戻す事を決断します。これが大当たり。というか、最初から大外しだったもんですから、反動も大きかったんでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          高木大輔
          
    高木善朗  ドグラス  高木純平
                  
       井上詩音  中後雅喜

 安在和樹  井林 章  田村直也  安西幸輝

          鈴木椋大



・戦術上の交代なのか、南の負傷によるものなのか、失点に絡んだのは南なのだが、実際清水のチャンスの大半は善朗にある。中盤の位置での善朗のボールロストは即カウンターである。ある意味、清水のカウンターの起点になっていたのは善朗の方だった。そこを左右に弾いた事で奪われた後でもボランチが2枚居るカタチになる。これで善朗ものびのびとプレーが出来た。左サイドへの中後のパス、イーブンボールだったが安在が競り勝ち、GKと一対一を浮かせて中へ。ハイボールを上げてるところを見るとドウグラスへのボールだったのだが、決めたのは直前で入り込んだ大輔のヘッドで同点。その後、立て続けに詩音のシュートのこぼれを反応した善朗がGKと一対一でシュート。これを決めて1-2とまさかの逆転。こんなに効果が早く出るもんかい?


・まぐもこのヴェルディの試合前にドイツの国内カップ戦決勝を観てから来たんですわ。まさかの0-0PK戦という、すっきりしないままに来た訳ですが、試合内容は0-0とは思えない程のサッカーでしたよ。ドルトムントの選手が全員足を釣るのは珍しくないが、これを迎え撃つバイエルンですら全員が足を釣る程に戦ってましたよ。まさか、それを移動のバス内で映したりしてないかい?感化されちゃったのか途中出場の井上詩音がスプリントしまくり。ボランチとして、中後がアンカーで詩音がまず第一の矢としてスプリントしてプレス。ここで全力で走ってプレス、次の第二の矢も自分が行くというどこまでも全力。そして、奪った後にもスプリントして前でも貰おうとするのがいいですねー。更にベテランである純平が裏を走ってるんですよ、それでも渡さないっていうのもいいですねー。GKと一対一になれるかもしれない位置に純平がいるんですよ。それでも、自分がミドルを撃つんですよ。これは肝が据わってますなー。この1試合で化けたかもしれませんよー。途中出場ですが、試合終了までやってましたよー。


・選手交代は善朗にかえて杉本、純平にかえて中野・・・善朗は早々と足を釣って交代、純平も下がる際に足を引きずってる様に見える、強行出場だろうし時間で変える気だったのかな。しかし、こっから大輔も足が釣り、中後も足を引きずりながらプレー。もはや、ドウグラスも走らなくなってきた。更に気温も高い中でのプレーなので消耗戦。逆に今回の勝因にこの暑さがあったかもしれないですね。みんな疲弊した事でコーナーフラッグで時間を稼ぐという事で意見が一致しましたね。3点目を取ろうという気持ちも大事ですが、守りたい、時間使いたい、獲りたいが混在したチームは痛い目を見るもんですからね。結局、ここで時間を消費する作戦も成功し、見事清水を相手に2-1で勝利しましたーっ!!



東京ヴェルディ 2-1 清水エスパルス
得点者:高木大輔、高木善朗 / 白崎


MOM:FW高木大輔(3度目/通算12度目)
MOM:MF高木善朗(3度目/通算9度目)
MOM:MF井上詩音(初選出)
MVP:DF安在和樹(2度目/通算10度目)
MVP:GK鈴木椋大(初選出)

MVP:MF白崎凌兵(3回の決定機、全部は無理か)
MVP:FW大前元紀(違いは魅せた)



・高木兄弟が結果を出してくれて久々の勝ち点3。化学変化が起きましたね。清水相手に考えていた4-1-4-1は失敗(?)に終わったのですが、そこで前半から変化に踏み切ったのは大きかった。さて、今後もリセットされずに続けてくれれば、ある程度はどことも対等に戦える自信になるんじゃないでしょーか。ただ、ヴェルディってほんとこういう試合の次でいきなりリセットボタン押しちゃうんだよなー。急に走らなくなっちゃったり。まぁ、世の中、朝起きたらパソコンがWindows10になるんだし、何が起きても不思議じゃないってことで。


・MVPにも入れたのは御祝儀という事で。GK鈴木に関して、じっくりと見てみたんですが、何を言ってるかは分からないけどコーチングはしてますね。コーチングの重要性は過去に本並さん、義成、菅野で勉強しました。正確かどうかも重要ですが、本並さんみたいに「ドスの効いた声」でもいいし、義成みたいに「みんなで幸せになろうよ」でもいいし、菅野みたいに「FWのポジションまで指示する」でもいい。今後は鈴木のコーチングの中身を聞きたいですね。解説で秋田さんも「柴崎は指示をしない」とはっきりおっしゃってるのでこの部分は解消されるかも。キック精度に関しても、ゴールキックは全てドウグラスのポジションに蹴ってますね。パントキックの飛距離も申し分無い。ただ、名鑑にも長所にあるハイボールの処理に関してはやや疑問の残る対応でしたよ。セットプレイの失点を減らす為には、ハイボール処理は必要不可欠。今後とも、ハイボールを注目しておかねば。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■よろしくお願い致します

訪問させてもらいました★な記事でしたのでこめ残していきますね♡とてもお上手ですね☆私もブログ書いているので大変勉強になりました☆これも何かの縁だと思います♡よかったら仲良くしてください☆

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。