2016-05-04 21:51:59

僕が第1クールの山形戦に負けた理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ
・いやー、まさか募金箱を掲げている所に2トップが揃ってるとは思わなかった。スーツ着て並んでる時点で試合に出ないって訳だ。よっぽどなんだろうけど、強行出場組すら出場を回避したこの試合。さー、今の内にみんなJデビューを果たそう。願わくば、誰か才能開花なんてしてくれないかなー。


     -東京ヴェルディのメンバー-

       杉本竜士  北脇健慈
      (南 秀仁)
   澤井直人          安西幸輝
  (渡辺皓太)
       井上潮音  楠美圭史
     (ウェズレイ)
 中野雅臣  平 智広  井林 章  大木 暁

          柴崎貴広

SUB:太田岳志、安在和樹、高木純平、平本一樹


     -モンテディオ山形のメンバー-

       林 陵平  ディエゴ
      (松岡亮輔)
   汰木康也          川西翔太
  (栗山直樹)
       伊東 俊  アルセウ
      (永藤 歩)
 高木利弥  田代真一  渡辺広大  宇佐美宏和

          山岸範宏

SUB:中村 隼、瀬川和樹、梅鉢貴秀、ローザ



・それにしてもケガ人続出ですね。強行出場組の田村、中後が離脱。鼻血が止まらん善朗も駄目。ヒザを痛めたピニェイロもアウト。さー、どうしよ。一時期のユナイテッドのそれを上回るレベルじゃないの。まぁ、うちはユナイテッド程の戦力ではないにしても、試合に出た事の無い若手を起用して化けてるんですから。誰がラッシュフォードで、誰がマルシャルになれるか。平、中野、楠美、潮音だけでなく、渡辺まで試合に出場。さぁ、みんな若いんだから、後先考えずに走って走って。


・さ、試合としては比較的シンプルに仕上げないと若手が付いてこれないんじゃないかと放り込みがベースになっております。まず、放り込むポジションを決めておき、そこにみんなで走り込む。アタッキングサードのサイドポケットですね。イーブンボールなら相手はタッチラインに逃げるのが関の山なので、その後もマイボールに出来ると。それにしても、今は我慢しかないな。こんなサッカーでもチャンスは2度も来たりする。杉本のカットインシュート、安西のカットインシュート出来ずの2回。安西は左足だったから撃てなかった。ただ、あれだけのトップスピードに乗ったシュートなら案外枠へ行けば面白かったかも。


・山形もさすがは石崎ノブりん。相手の長所を削る為なら、自分の長所が削られたってかまわない。堅守遅攻でのらりくらり、終わってみれば何故か上位に位置したりするJ2のプロフェッショナル。この日も1試合少なかったとは思えないぐらいの省エネっぷり。いや、さすがだ。ヴェルディが前半からガンガン走ってるのに、山形はサイドからのクロスもそこそこにすぐに後ろへ戻ってしまう。一回の攻撃にかける時間が非常に少ないので、ヴェルディペースと思ってしまうのも嫌な感じですね。前半は0-0で良い感じに思えたけれども、これがノブりんの術中にハマってる訳ですね。・・・・あれ? 監督コメントでは試合の入り方が悪かったと言ってますね。そうか、単純に内容悪かっただけなのに、ノブりんの術中にハマったと思わせるとは。さすが、ノブりんは策士ですな。がっはっはっは。(まぐの目が節穴なだけ)


・ただ、山形にも奇妙な攻撃がありますね。それがセットプレイ。横幅がありそうなのでセットプレイはズドンもありそうなのに、ディエゴがキッカーなんですね。毎回、コーナーキックにディエゴが行くのが妙な感じでした。んで、更に横幅がある割に真骨頂はポストでもストライカーでもなく、「チャンスメイカー」なんですね。前半にも2度、後半にも何度かスルーパスからチャンスを演出。そもそも、GKと一対一という機会を3度も作られてますよ。いずれも柴崎のセーブで難を逃れてる訳ですが、人は見かけによらないですね。あれだけ、横幅があるのに。


・んで、後半のヴェルディはというと、サイドのポケット作戦に関しては後半は山形が慣れちゃいましたね。別に相手にスローイン与えても恐くないし、一度仕切り直せるし、0-0なら大丈夫でしょとばかりに平気でタッチライン越えのクリアを連発。山形もそれほど無理して繋ごうとしなくなりました。うん、完全にミスさえしなければ別に0-0でいいし的な結果を、相手が了承し始めるとゲームは難しくなります。多少は向こうも無理して攻めてくれたり、無理な体制でボールを繋ごうとしてくれないと、そこからのミスで奪って速攻ぐらいしか点獲るカタチは浮かばない。いやー、ここは山形さん、一緒になぁなぁの0-0で終わりますか。


・なーんて、思ってたんですが山形も0-0で終わる気は無いらしく。後半20分過ぎから急にクロスの回数が急上昇。前半は林とディエゴのどちらかは下がって受けたりしていたので、PA内に枚数は足りなかったのですが、後半のクロスはサイドが単体でクロスを上げる事が出来てるんで、真ん中に2枚居る状態でクロスが上がった。ゴールが決まるまでの間に6本上げさせました。こうなると、失点の確率がぐっと上がりますよ。その理由は単純に中盤で山形を捕まえられなくなりました。前半から飛ばしたツケですかね、真ん中でプレスが効かなくなってましたね。すると、群馬戦の同点ゴールとまったく同じ形で左サイドのパスから林が落として、汰木がシュート(群馬戦はここでゴールだった)のこぼれを宇佐美が流し込んで0-1と山形が先制。


     -東京ヴェルディのメンバー-

         ウェズレイ
          渡辺皓太

   北脇健慈          安西幸輝

       南 秀仁  楠美圭史

 中野雅臣  平 智広  井林 章  大木 暁

          柴崎貴広



・確かに空中戦でウェズレイは勝ってたけどさ。それにしても、このパワープレイをやるんだったら、南の投入はどうなの?て感じになっちゃいますね。それとも、南がもっとボランチから飛び出すのをイメージしてたのかな。まんま、中盤にどっしりと構えちゃいましたけど。いやー、前節の借りを返してほしかったので、これならど真ん中のCFに陣取ってほしかったかな。あと、パワープレイは練習してないっぽさが出てましたが、CBやDMFが真ん中から放り込んでもDFは迎え撃つ体制になるので恐くないですよ。パワープレイでもきちんとサイドからのクロスを意識しないと、そうそう点を取るのは難しいって。ただ、それにしてもウェズレイは強かった。



東京ヴェルディ 0-1 モンテディオ山形
得点者:宇佐美

MOM:DF宇佐美宏和(右サイドバックであそこまで入り込んだ)
MOM:FW林 陵平(決めてくれればアシストだったのにね)
MVP:FWディエゴ(本当は太ってると言いたい)
MVP:GK柴崎貴広(初選出/通算3度目)



・ま、少ないですね。相手方もそれほど誉められたものでもないが、こっちは柴崎がGKと一対一をあれだけ止めてくれなければ、水戸0-3を超える程の失点をしてもおかしくなかった。今年、ヴェルディの方にも一対一のシーンはほとんどないので、山形の方がチャンスは作ったという事になる。決めきれないのはウチと同じレベルか。まぁ、ともかく最後は失点しちゃったけど、これだと0-0が妥当かもしれない。


・いやー、ケガ人が多いので試合をこなしたくないのだが、何ともゴールデンウィークなのです。連戦で修正も出来ないまま、チャレンジゲームは続くのです。まだ、ケガ人が戻ってくる可能性もないし、戻っても強行以外の何物でもないので厳しい試合が続きますね。ともかく、今しか試合に出るチャンスは無いので、傷跡を残さなければなりません。今日は真ん中の2枚は途中で何度かビビったかな?というシーンがあり、山形のプレスに奪われる事も多くなりましたかね。井上はコメントでも90分やる難しさと語ってますが、途中で前線の動きが無い為に「どうしよう」と悩んでしまいましたね。頭の整理も疲れのせいで思考停止しちゃう時があり、そこで急に敵が突っ込んできて奪われるも増えてしまいました。こういう時は中後でも奪われる事はあるんで、気にせず生意気にでも「お前ら動け」的なロブを送り込んでもいいですよ。そこはオートマチックにサイドポケット狙いでもいいので。次節も出たらもうちょっとじっくり見てみたいかな。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。