2016-04-11 23:43:33

僕が第1クールの長崎戦に引き分けた理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ
・4-4-2ダイヤモンド型でそこそこ復調の兆しを見せたかに見えた岡山戦。結果的には北脇のスペシャル弾で何とかなったものの、試合内容は町田戦に比べればはるかに回復。ただ、やはりまだまだ感は否めない。選手が全員同じ方向を向いてサッカーが出来るぐらいに仕上げるのが当面の目標。結果、ましてや昇格なんてその次の話。


      -東京ヴェルディメンバー-

       高木大輔  ピニェイロ
      (杉本竜士)
          平本一樹
         
    南 秀仁        高木純平
   (北脇健慈) 中後雅喜

 大木 暁  井林 章  田村直也  安西幸輝
(平 智広)
          柴崎貴広

SUB:太田岳志、船山祐二、中野雅臣、楠美圭史


    -V・ファーレン長崎のメンバー-

          永井 龍

       梶川諒太  木村 裕
            (松本大輝)

 朴 亨鎮  前田悠佑  田中裕人  中村慶太
(佐藤洸一)            (田中輝希)
    田上大地  髙杉亮太  村上佑介

          大久保択生

SUB:三浦雄也、岸田翔平、上本大海、小野寺達也



・そういえば、前も同じ事を言った気がするが、ここの駒澤は風向きが前半と後半とで変わるのが特徴。前回もそうだが、今回も相手側がホームサイドを変更してきやがった。これが最後まで影響が出てしまう。前半も向かい風で戦い、何故か後半も向かい風で戦うという状況。なので、柴崎のゴールキックが半分を越えないのは決してミスではないのでご注意を。CB陣のクリアなどが相手へ渡るのもそういう事です。逆に相手のCBのロングパスがサイドバックへ渡りやすいのも風の影響で伸びたりするので効果があったりする。ただ、ピッチサイドでは風が無いのか、解説の高木聖架さんは無風とコメントしております。試合観てて若干肌寒かった。


・さて、前節で味を占めた4-4-2ダイヤモンド vs 3-4-2-1という事で、岡山戦同様にミスマッチ同志の相手となりました。ヴェルディはとかく一対一の対人戦で対面で向かい合えば強いものの、球際でガツガツされるのは嫌う傾向にある。そういう意味で味方と敵との距離感が取れる事でパス回しが出来る様になりましたね。中盤で溜められればサイドバックも出ていけるし人数は増すと。大木から2本クロスが上がったし、一樹のバイタルからの展開で股抜きシュートもあった。これはピニェイロ決めなさい。無人のゴールで高杉のカバーで得点ならず。他にも南のバイタル突破からドリブルで失敗というのもあった。せめて、シュート撃つフリしてドリブルしよーよ。もしくは、ドリブルかパスするフリしてシュートとか。なんも小細工しないで抜けるレベルにはまだ無いな。実際はピニェイロがどフリーだったり。


・前半から何度もあったのが、逆に攻めあぐねて奪われたら中後の脇が空くという点。純平は割と戻りが早いのだが、いかんせん南の位置はなかなかプレスバックがかかりませんね。まぁ、南にそれを求めてはいないのだが、このシステムでそれ出来ないと後ろの負担が凄い。結局、長崎ペースになったのはここで中後の横を自由にしていた梶川の存在。いやー、良い選手ですね。梶川→永井→梶川だけでシュートとか、梶川のロングスルーパスに永井、折り返しを南がオウンゴールみたいなのもあった。


    -後半の東京ヴェルディメンバー-

          高木大輔  
         (杉本竜士)
   ピニェイロ  平本一樹  北脇健慈

       中後雅喜  高木純平

 大木 暁  井林 章  田村直也  安西幸輝
(平 智広)
          柴崎貴広



・前半はお互いに決定機のある展開でヴェルディは中央、バイタルが特に狙えた。逆に長崎は中後の脇から梶川のチャンスメイク。後半もお互いに攻め手がハッキリとしてるので、今回は勝つか負けるか勝負になるんじゃないかと期待したのに・・・。なんと、後半から4-2-3-1に逆戻り。やっぱ、中後の脇が恐くなっちゃったので、元に戻しちゃったんですよ。そら、中後の脇も空かないので長崎も急におとなしくなりますよ。逆にヴェルディも相手との距離感が近くなったせいか、急にボールが溜められなくなりロングボールが多発。風向きも逆なので前へ届かず、北脇と杉本の投入もほとんどボール触れないまま時間が過ぎて0-0・・・後半はお互いに決定機無しで終わるという酷い後半戦になってしまった。



東京ヴェルディ 0-0 V・ファーレン長崎
得点者:なしよ

MOM:DF髙杉亮太(無人のゴールで防いだ・・というより当たった)
MOM:DF村上佑介(一樹のスルーパス、大輔が一対一のシーンを止めた)
MOM:MF梶川諒太(長崎でのチャンスはいつも彼でした)




・淡々と試合をこなしただけの1試合でしたが、今はもう仕方ないですかね。ドウグラスもいないし、プランAからプラン幾つまで下がってる状態なのか。まぁ、この4-4-2も新しくひらめいたという所でしょうけど、キャンプの頃からやってきたものじゃないし、中後の為のシステムなんでね。このまま、徐々にあの5連勝をまた頼りにしないか心配です。杉本、大輔の2トップで前から走れなんてやっちゃいそうで。


・前は鬼門なんて言われた三ッ沢ですが、何故か勝てる様になってきた三ッ沢。さて、今回の横浜FCは開幕3連敗から4試合負け無し。190cmのノルウェー人FWイバが厄介だそうですが、真骨頂は足技で直接FKも決めてますね。うちもドウグラスが出続けたらゴールぐらいは決めたんだろうか。足元は重そうな感じも見えるんで、井林・田村でどう対応するのかも注目です。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まぐろんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。