2017-07-10 23:59:59

僕が第2クールの岡山戦に分けた理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・さ、いよいよシーズンも半分を越えましたよ。こっから第二クールの始まりです。岡山にはアウェーで勝利しているものの、前回は相手がケガ人続出だった。なので、このメンバー構成が本物の岡山なのかな。対して、ヴェルディは前節の0-4を受けて、監督からのメッセージは橋本と永田をスタメンにするというもの。若手を抜擢する姿勢もあるし、この様にベテランにも平等にチャンスを与える。さぁ、ものにするにはどっちだ。うんうん、ポジション争いが活発になっていいねー。
 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          ドウグラス
    高木善朗        ピニェイロ
   (中後雅喜)

 安在和樹  内田達也  橋本英郎  安西幸輝
            (梶川諒太)
    平 智広  永田 充  井林 章
         (高木大輔)
          柴崎貴広

SUB:太田岳志、畠中槙之輔、田村直也、渡辺皓太


     -ファジアーノ岡山のメンバー-

          赤嶺真吾
   豊川雄太          石毛秀樹
  (藤本佳希)        (大竹洋平)

 朴 亨鎮  塚川孝輝  関戸健二  澤口雅彦
                  (久木田紳吾)
    喜山康平  篠原弘次郎  片山瑛一

          一森 純

SUB:櫛引政敏、張 碩元、三村 真、武田将平

 


・はい、今回はプチ観戦記でお送りしますよ。まず、ヴェルディはベテラン勢に変えたという部分で前半はロングボールの出すタイミングは抜群であった。やはり、消極的なパス回しなどをしてしまうと、ロティーナのサッカーでは無くなってしまうのでね。今回も永田からの安西へのボールは健在でした。ボールの争いが相手陣地で行われてるので、危険性も少なくたまにキープで勝ったりするとピニェイロのシュートなどで脅かしていた。それにしても、試合全体で4度のバーとポストってのは悔しいね。ホームなのにね。ただ、それだけ相手もコースに体を張る姿勢などもあった訳で。サイドからのボールに関しても最後まで競り合っていたし、中央の厚みは保っていた。


・岡山のやりたいサッカーは終始一貫。最終ラインから最終ラインへという裏を狙ったボール、もしくはサイドを経由し2本のサッカーで裏を狙う。ヴェルディも守備ブロックが形成されてる時は何も怖くなかったけれど、後半にオープンな展開になり4-4-2になった影響もあってか、GKと一対一という状況を2度も作ってしまった。試合全体で岡山守備陣を崩しまくった半面、こちらも崩されてるのでどちらが勝ってもおかしくない試合にしてしまったのは勿体ない。熊本戦同様に大量失点の危険性も秘めた試合であったかもしれない。


・前回と同じだけど、負けてる時にリスクを承知で勝ちに行くという姿勢はあるという事が分かった。今回も4-4-2で負ける危険性もあったが、それでも安西と安在のサイド攻撃の恐ろしさは感じた。サイドでこの2人が持つと「絶対勝負」っていう感覚になりますね。いつの間にか、相手選手もこの両者の持つ「オーラ」に圧倒されて近づかなくなりましたもんね。ある程度の距離感を持たないとやられると思わせたらしめたもんです。後はロナウドでもベイルでも好きな方になりなさいな。


東京ヴェルディ 1-1 ファジアーノ岡山
得点者:平 / 豊川

MOM:ポスト、バー(何だかいつもよりゴールが小さく感じる)
MOM:DF平 智広(初選出)
MOM:MF梶川諒太(初選出/通算6度目)

MOM:DF片山瑛一(CKでニアに居た人)
MVP:MF安西幸輝(3度目/通算19度目)
MVP:MFピニェイロ(7度目/通算19度目)

MVP:GK一森 純(ドウグラスのは意外と難しい)





・まぁ、あれだけポストに当ててるって事はチャンスはあった訳でね。実は途中でこぼれをボレーシュートしてるシーンあるんだけど、それもちゃんと当たればゴール出来るぐらい決定機。ただ、ここではスカっております。うーん、ピニェイロの日では無かった。またサイコロ振って出た目で決まる選手に戻った訳では無いと思う。それにしても、先に失点する傾向にあるのが残念ですね。次は湘南戦、相手は首位なので叩きたい。ヴェルディも現在は5位とはいえ、勝ち点3差に12位までひしめいているのでいつでも「下位争い」へと変貌する可能性がある。いかんいかん、何とか食らいついていかねば。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。