1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2017-07-31 23:05:54

憧れておりました・・・

テーマ:ブログ

 

・うひょーーーー♪ チョコがとめどなく流れてくるではありませんか。最高っ! という訳で飲みが金曜と月曜でこんなにあるのも珍しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-30 23:53:28

僕が第二クールの水戸に負けた理由(わけ)

テーマ:ヴェルディ

・さて、今回はなかなか勝ちが拾えない両チームの戦い。それにしても、お互いの特徴がハッキリと出た試合でもありますね。まず、ヴェルディ。うちはとにかく3失点と失点が止まらなくなってきました。攻撃にやや比重を置いてみると勝てなくなり、攻撃を減らして守備を堅くしていた時は勝てていた。何とも皮肉なもんです。逆に水戸は終了間際での失点が多く、勝ち試合を落としてしまったり、PKを与える事も多い。うん、それが両方ともよく現れた試合となりました。
 

    -水戸ホーリーホックのメンバー-

       林 陵平  前田大然
      (齋藤恵太)
   湯澤洋介          白井永地
  (外山 凌)
       内田航平  佐藤和弘
            (齊藤隆成)
 佐藤 祥  福井諒司  今瀬淳也  浜崎拓磨

          笠原昂史

SUB:本間幸司、船谷圭祐、山村佑樹、宮本拓弥


     -東京ヴェルディのメンバー-

          カルマル
    高木善朗        ピニェイロ
   (梶川諒太)

 安西幸輝  内田達也  中後雅喜  田村直也
            (ドグラス)(高木大輔)
    平 智広  畠中槙之輔 井林 章

          柴崎貴広

SUB:内藤圭佑、林 昇吾、永田 充、橋本英郎

 


・まず、水戸の中心選手は左MFの湯澤。スピード豊かなドリブルでバイタルへ侵入し、スルーパスを通してくる危険な選手。むしろ、この選手を止められるかどうかで勝敗が決まる。そうなうと、ヴェルディの注目は「田村直也」でしょう。今回、急に抜擢された理由はきっと「湯澤」を止める事。実際、前半は45分間、湯澤をシャットアウト。ただ、林がやたらとサイドに近寄ってくるので、この瞬間の湯澤が空いちゃうのがやや心配でした。


・んで、ヴェルディにしては珍しい。FKからの田村直也がへッドですらして先制点。顔をこするかの様なヘッドは上手でしたね。ただ、これで気をよくしてしまったのか、完全に湯澤を見逃す瞬間を作ってしまいましたね。あそこでの強引な縦へのドリブル。密集した選手の間を通すスルーパス、裏へ飛び込んだ前田のスライディング・・・ばっちりハマってしまった。いやー、決定的な仕事ができるからこそ危険な人物だったのにー。これで1-1と前半は引き分け。


・3バックからのロングボールが無いっすね。もうやめちゃったんでしょうか。風は確かに強かったけど、それでも出すべき出さなくなったのは何か理由があるのかな? その理由の1つかもしれないのがFWカルロス・マルティネス・・・略してカルマル。クリアボールやロングボールに対しての反応を数えてみました。あくまでもイーブンボールのみです。前半は1勝5敗、消極的な態度が3回。後半は3勝5敗、消極2回・・・うん、やっぱ少ないや。これじゃロングボールは無しになっちゃうかな。なにしろ、大黒の様な裏への飛び出しも無いので、当てるボールってのも駄目なんだもんね。さてさて、組み立て方を考え直さないといけないな。


・湯澤のポジションが縦横無尽になってしまった・・・田村直也が嫌で離れたってのなら割といい話だけど、試合中に水戸の選手がこうしたらいいんじゃないか?って創意工夫をしたというなら内容も負けじゃないか。んで、後半はしばらく水戸ペースになってしまったのだが、そういう時に「守る!」と決めてかかっていた序盤戦と違い、どうにかしようとしちゃうのが裏目ってる感じしますね。決定的チャンスなんてゼロでいいんですよ。んで、ここでGKとの接触があったんですが、よーく見ると田村と柴崎で競り合ってる様にも見えますね。こぼれを外山がシュート。田村の股抜きもあっての畠中オウンゴール。

 

 

 

     -東京ヴェルディのメンバー-

          ドグラス
    カルマル        ピニェイロ


 安西幸輝  梶川諒太  内田達也  高木大輔

    平 智広  畠中槙之輔 井林 章

          柴崎貴広

 


・さぁて、ヴェルディが1つにまとまるのか、それともバラバラになるのか・・・いずれ始まると思っていた外人3トップっ! 福西はダメだ、福西を隠せっ! さて、実際この3名を前線に配置してみたら同点にはなってるんですよね。んで、こうなると雑なボールでも何とか出来るし、カルマルにとっては得意な危険なボールを送るチャンスも増えてくる。んで、カルマルの真骨頂も観れましたね。彼の使い方ってのはコレですね。半身で受けてトラップで抜く。なので、欲しそうに見えないけど、実は欲しいんですよ。最終ラインと並んでDFと重なった状態でも縦パスを欲しいんですね。んで、中後が強めに出してみた所、トラップでかわしてGKと一対一になっちゃうもの。これなんですよ。シュートテクニックはありそうなので、そろそろ決めてくれよ。


・んで、PKをゲット出来たってのは水戸のPA内での守備で結構がっつりスライディングしちゃうんですね。今回も確かに縦を抜かれたんですよ。ただ、ドウグラスですよ。あそこで縦に行かれた所で、その後どうという事も無かったはず。でも、水戸は足が出ちゃうの。だから、PKなの。あそこは着いていくだけで良かった。しかし、あそこでも「俺に蹴らせろ」と懇願するドウグラス・・・どうやら、今回はカルマルが蹴る予定だったのかな? ただ、それだけドウグラスはPKキッカーに認定されてないんだね。順番的には何位なんでしょね。んで、ここで2-2にしたってのに、最後にCKから2-3・・・まぁ、こればっかりは不運としか言えないか。ゾーンで対応してる中であそこに落とされたら、かなり厳しいね。


水戸ホーリーホック 3-2 東京ヴェルディ
得点者:前田、OG、齋藤 / 田村、ドウグラス

MOM:MF湯澤洋介(結局、結果を出されたし存在感抜群)
MOM:DF齊藤隆成(値千金の逆転ヘッド)
MOM:FW前田大然(2点目を獲れるチャンスもあった)

MVP:MF中後雅喜(2度目/通算17度目)
MVP:MF田村直也(初選出/通算11度目)
MVP:FWドウグラス(4度目/通算7度目)






・さて、動画は遠征記のみでーす。さて、それにしても、また負けちゃいましたか。よくて同点という事で失点が止まりませんね。ここ最近は勝ちたくてあえてのオープンな展開にしてるという点も考慮しても、先に失点する癖はなんとかせんと。今回も1-1まではしゃあないとして、その後の戦い方ですかね。いかにリスクをかけずに攻めるか。いつの間にか人数をかけちゃってるんですよね。それが自然となっちゃうのがヴェルディらしさでもあるんですが、手数をかけず、人数をかけずでいかないと守備的ではないですからね。もう一度、ロティーナ色を出していきたいですね。よし、次も相手の長所はまず潰していこう。今回の湯澤対策なんかは面白かったし。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-27 22:59:14

イングランド・プレミアリーグ情報 その7

テーマ:アーセナル




・そういや、他のチームを全くやってないよね。なので、今回は他チームでいきますか。まずは一応優勝のチェルシーにも動きがありましたね。それがルカクを奪われた直後にアルバロ・モラタ(24)の獲得を発表。移籍金はちょうど100億円。ただ、ルカクと違って2ケタゴールがこないだのレアルのみ。結果を出せるか若干の心配。更に草刈り場になってるモナコからDMFティエムエ・バカヨコ(22)を50億円、ローマから190cmの大型CBアントニオ・リュディガー(24)を40億で獲得、シティから退団したGKカバジェロをフリーで獲得。・・・と4選手を獲得済。ただ、いずれもルカク、メンディ、ボヌッチでは無い辺り、補強に満足してるとは言えないのかもね。





・シティも大型補強を慣行。またしてもモナコの左SBバンジャマン・メンディ(23)を77億円、右SBはレアル・マドリードから控えに甘んじていたダニーロ(26)を40億円、3人目もSB。スパーズの右SBのカイル・ウォーカー(27)を77億円、ベンフィカからGKエデルソン(23)を50億円、モナコ(何人目?)からWGのベルナルド・シルバを60億円で獲得・・・どうやら、グァルディオラはサイドバックによっぽど不満だったんですかね。SBだけで3人も獲りやがった。んで、CFはジェズスで決まりなんですかね。アグエロどうしちゃうんだろ。





・リバプールは初っ端で躓いてしまった。まずはファン・ダイクの獲得が出来なかった事。ちなみに現在でも移籍をしていないので、ファン・ダイクも義理堅い人間なのか他所には行かない気かもしれないですね。フリーでチェルシーからU-20W杯MVPのソランケ。ローマから55億でWGのモハメド・サラーを獲得。最も懸案事項だった左SBにハルからアンドリュー・ロバートソンを獲得。んで、現在は獲得の話よりかは、コウチーニョを100億円でバルセロナが狙っているという噂。当初はどうせ移籍しないだろーなーって思ってたけど、ここ最近のネイマールの移籍の話で信ぴょう性出てきましたよね。そういえば、ボヌッチの移籍が監督との確執じゃないかと言われてるけど、ネイマールも確か新監督との間に確執があった様な。つまり、今回もそういう移籍になるんかな?





・まさかのまさか、ロメル・ルカクがユナイテッド入り。これは衝撃的でしたね。そもそも、チェルシーからローンに出されてたのがモウリーニョ時代なもんで。100億円の移籍を成功させたのは大きいですね。まず、プレミアで5年連続2ケタ得点。昨年は初のダブルスコア、24得点を記録。完全にプレミアを代表するストライカーへと成長しましたね。そもそも、このルカクがいるからこそジエゴ・コスタを放出してもいいという算段だっただろうに。


・さて、今回の移籍状況はこんな感じ。やっぱ、スパーズの動き無しってのはまずいんじゃないの? 逆にエバートンの補強が凄いので、下手するとスパーズが落ちてエバートンが上がってくる可能性もありそう。んで、アーセナルは中盤でエルネニーが移籍をしてしまいそう。更には放出候補がなかなか売れないのも痛いかもしんない。ドビュッシー、ギブスらをどうするか?

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。