ぎょゆう

ぎょゆうのブログ

 
NEW !
テーマ:
もともヒンドゥー教の盛んであったインドであっても、南インドに広大な領地を持つ王が、仏教を庇護した時代があったようです。しかし、この帝国はいつのまにか潰えたようで、仏教の勢いを抑える様に、やがてまた、ヒンドゥー教が勃興。チベット、ネパール、スリランカには仏教文化が色濃く残ったにも関わらず、インド本土から、仏教は殆ど姿を消してしまった時代がありました。

{7FCF3CBE-A865-44F8-B9BB-C7F719F8E4FF}

アジャンタ第一窟外壁の丁寧な彫り込み。後期アジャンタ窟開窟を援助したのはヴァカタカ王朝(約250-500頃)。特にハリシェナ王(在位475-500)は仏教文化の後援者でした。この時代辺りからヒンドゥー教が再び優勢になりはじめた様です。

Artistically delicate engraving at the outer wall of Ajanta cave 1. Latter half of Ajanta carving was patronized by Vakataka Empire (app. 250 – 500). Especially, Maharaja Harishena who reigned during 475-500 was supporter of Buddhistic culture. However, from around this time, Hinduism regained predominance. 

Die künstlerisch feinfühlige Gravur an der Außenwand von Ajanta-Höhle 1. Die Zweite Hälfte der Ajanta-Gravierungsgeschichte wurde von Vakataka-Reich (ca. 250 – 500) bevormundet sein. Insbesondere war der Maharaja Harishena, der während 475 bis 500 regierte, der Anhänger der buddhistischen Kultur. Doch aus dieser Zeit an erlangte Hinduismus die Vorherrschaft wieder.

Yukihiko YAMADA in Neudelhi alias New Delhi
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
タナ・シャーと呼ばれた南インドに覇を伸ばしたイスラム国ゴールコンダ王国第8代王、本名アブル・ハサン・クトゥブ・シャーは、時の北西の隣国にして宿敵の一大帝国ムガル帝国のアウラングゼーブ皇帝軍と闘い続け、最期に囚われ、このチニ・マハールに幽閉される事12年で没。この建物は当時の人々が想像した「中国風」と言う事と思われますが、どこがどの様に中国的なのか、ちょっと推し量り難いものがあります。タナ・シャーはゴールコンダ王国で善政を施した君主、と言われています。素晴らしい眺望のこの「中国風」小館に幽閉された王の目には、嫌でも眼前に開かれた敵国領地しか見えず、今となっては見えぬ故郷のアーンドラ・プラデーシュ地方に形造られた数々のゴールコンダのイスラム建築を見る事が出来なかった、と言う事も一つの刑罰であったのかも知れません。

{10547D94-5C92-47AD-B0F9-F36D9378643D}

ダウラタバードにあるチニ・マハール(中国風パレス)と呼ばれる高官用収容所。ゴールコンダ王国最後の王タナ・シャー (1600-1699) はムガール帝国第六代皇帝アウラングゼーブ(1618-1707)との戦いに敗れ、この塔に12年間幽閉され没したとの事です。役割を終えた建物を見ていると、歴史上の登場人物の栄枯盛衰を感じます。

Chini Mahal (literally Chinese Palace) at the Daulatabad Fortress was served as the royal prison for the high brasses. The 6th Mughal Emperor Aurangzeb (1618-1707) defeated Tana Shah (1600-1699) of Golconda Sultanate and Tana Shah was confined in this tower for 12 years until his demise. Through the observation of once used building, the repeated prosperity and adversity of the historical players are felt here and there.. 

Chini Mahal (wortgetreu; Chinesisches Palais) am Daulatabad-Festung wurde als die fürstliche Strafanstalt für die hochrangige Titelhältern serviert. Die 6. Moghul-Kaiser Aurangzeb (1618-1707) besiegte Tana Shah (1600-1699) von Golconda-Sultanat und Tana Shah wurde daher in diesem Turm für 12 Jahre bis zu seinem Tod verhaftet. Durch die Beobachtung des einst zur Verfügung gestetellten Gebäudes sind die wiederholte Blütezeite und die Niedergänge der historischen Akteure herum spürbar.

山田幸彦
Yukihiko YAMADA in Neudelhi alias New Delhi
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ムガル帝国第6代皇帝アウラングゼーブ(1618年-1707年)の質素なお墓があり、イスラム・スーフィーたちのお墓が多く立つ、静かにして夢幻に微睡む様なマハーラーシュトラ州、アウランガーバード県の邑(むら)フルダーバード。アウラングゼーブの質素な墓は、綻び始めたムガル帝国の基盤を、一気に崩れないよう贅沢を諫めた範であるかの様にも思われます。権勢誇示はやがて勢いをなくし、また、新たな権勢を追求するものが、古き衣服来た権勢者をうわばみの様に、徐々に飲み込んで行くものの様に感じられます。これが、現代と言う時代への相似形でないことを祈るものです。

{DCDE9CEE-AD62-4C82-A237-88CD61CA3AEE}

クルダバードには大勢のスーフィーとともにアウラングゼーブが眠っています。スーフィーはイスラム神秘主義と言われ、一般民衆に取っては受け入れやすい日常的な宗教形態であった様です。ムガール帝国第六代皇帝アウラングゼーブ (1618-1707)は、穏健なスーフィーを最初は尊重しましたが、段々、厳格化・保守化しイスラム法を順守する立場になったと言う事です。クルダバードはオーランガバードとエローラの間にあります。

Khuldabad is the final resting place for not only many Sufi Saints but also Aurangzeb. Sufism is generally perceived as the mystical philosophy of Islam, and the religious form was said to be more easily acceptable for the general public. The 6th Emperor of Mughal Empire, Aurangzeb (1618-1707), initially esteemed Sufism; however later on it is said that he became more rigorous and more conservative to Islamic Law application. Khuldabad is located between Aurangabad and Ellora.

Khuldabad ist die letzte Ruhestätte für nicht nur viele Sufi-Heilige, sondern auch Aurangzeb. Sufismus wird im allgemeinen als die mystische Philosophie des Islams wahrgenommen, und die religiöse Form wurde gesagt, leichter akzeptabel für die breite Öffentlichkeit sein. Die 6. Kaiser von Mughal-Reich, Aurangzeb (1618-1707), ursprünglich hatte Sufismus wertgeschätzt Aber später wird es gesagt, daß er strenger und konservativer zum islamischem Recht wurde. Khuldabad liegt zwischen Aurangabad und Ellora.

Yukihiko YAMADA in Neudelhi alias New Delhi
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この頃、ムガル朝の拡張主義には、限界が近付いていたと思われます。絢爛豪華な石造見物を次々と造った事による財政的疲弊、ヒンドゥー教側からの巻き返しであるマラーター同盟軍の反乱、そして、来るべくして渡来して来た欧米列強、特に、英国によるインド植民地主義的侵略の浸透。マラータ―の息の根を止め、ムガルを崩壊させたのも植民地主義。ここから欧米圧政による近代インドの新たな生みの苦しみの時代が始まった、と言えるのではないでしょうか。一つの拡張主義の時代が潰え、新らたな拡張主義がその上に覆い被さる歴史の繰り返しの始まりであったのかも知れません。

{635A54A7-63D8-4990-BA84-F94777B5691E}

ダウラタバード城塞上方にある居城は、シャージャハーン(1592-1666) がこの地を訪れるのを記念して造られ、子のアウラングゼーブ(1618-1707)も一時住んだ様です。夏用の居城であった、との事。第五代皇帝シャージャハーンは後にアグラにタージマハールを造らせた人物です。その子第六代皇帝アウラングゼーブは帝国版図を拡張しようとしましたが、逆にムガール帝国外延は少しずつ綻び始めた様です。

This residential palace on the Daulatbad fortress hill was said to be built for commemorating the visit of Shah Jahan (1592-1666). And one of his sons, Aurangzeb (1618-1707) seemed to have had sojourned here too. This architecture was most likely used as a summer palace. The 5th Emperor of Mughal, Shah Jahan later built Taj Mahal in Agra. The 6th Emperor, Aurangzeb tried to expand the territorial domain of the Empire; however the outer boundaries of the Mughal Empire started to become fragile to the enemies. 
Dieses Wohnpalais auf dem Burghügel von Daulatbad wurde so gesagt, daß es für das Gedenken des Besuchs von Shah Jahan (1592-1666) gebaut wurde. Und einer seiner Söhne, Aurangzeb (1618-1707) hätte auch zeitweilig hier gewohnt. Diese Architektur wurde wahrscheinlich als das Sommerpalais benutzt. Die 5. Kaiser des Mogul-Reiches Shah Jahan später hatte das weltberühmte Taj Mahal in Agra gebaut Die 6. Kaiser Aurangzeb versuchte, die territoriale Domäne des Reiches zu erweitern, aber die äußere Grenzen der Moghul-Reiches begann schwächer wegen des Eindringen der Feinde.

Yukihiko YAMADA in Neudelhi alias New Delhi
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この尖塔は、山頂を目指す道の登り始めにあります。トルコ様式の建築との事。一階にはモスク。 1435年当時であれば、かなり辺りを威圧的に睥睨していたのではないか、と思われます。

{C9ADCB67-BD3B-4E0D-A245-A41A1C26DAE4}

丘の中腹から眺めたチャンド・ミナール。デカン高原のダウラタバード要塞内にあるチャンド・ミナールは15世紀半ばに建てられた尖塔です。このイスラム様式の塔(ミナール)は30メートルあり、72.5メートルのデリーのクトゥブ・ミナールに次ぐ、インドで二番目に高い塔と言われています。

View of Chand Minar from the halfway on the hill. Chand Minar was built in the middle of the 15th century. It is located at the foot of Daulatabad Fort in Deccan Plateau. This tower with 30 meter height is second highest in India compared to the tallest tower of 72.5m Qutb Minar in Delhi. Minar is the tower or turret of Islam style.

Aussicht von Chand Minar aus der Hügelmitte. Chand Minar wurde in der Mitte des 15. Jahrhundert erbaut. Es wird in der Festungsbauzone von Daulatabad in Deccan-Plateau. Dieser Turm mit 30 Metern-Höhe ist der zweithöchste in Indien im Verglich zu den 72,5-Meter-Turm von Qutb Minar in Delhi. Minar ist der Drehturm vom Islamischen Stil.

Yukihiko YAMADA in Neudelhi alias New Delhi
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。