誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)


テーマ:
裸一貫から商才一つで身を興し、終生のライバル

井上馨・渋沢栄一を相手に丁々発止の戦いを

繰り広げ、「地球横絶」の夢半ばで病魔に倒れ、

この世を去った男、岩崎弥太郎。

「海上王」の称号は伊達じゃないです。






本書を読んでいたのは2010年のこと。福山雅治が


主人公、坂本龍馬を演じたことで話題となったNHK


大河ドラマ『龍馬伝』の影響があったのかもしれません。しかし、


僕は主人公の坂本龍馬よりも香川照之


(少年時代:渡邉甚平)が演じた本書の主人公である


岩崎弥太郎の方が強烈な存在感を残していたことを


この文章を書きながら思い出しております。

10代のころに読んでいた司馬遼太郎の『龍馬がゆく』や


小山ゆう(著) 武田鉄矢原作の『おーい! 竜馬』の


影響がありましたが、 現在の僕は坂本龍馬よりも


むしろ龍馬の「志」を継いで現在に至る三菱財閥の礎を


作り上げた彼の人生のほうが正直魅力を感じております。


本書で描かれている岩崎弥太郎は猛烈なパワーで


事業を推し進めていく一方で、詳細な日記をつけていたり、


どこへ行くでも漢籍古典や詩集を手放さなかった


姿に深い感銘を受けました。

しかし、酒の飲みすぎから胃がんとなって病に倒れ、志


半ばでこの世を去ってしまうという最期にどうしようも


ない切なさを覚えたこともまた事実です。ただ、彼の


激烈な人生と業績があったからこそ、(紆余曲折を経たうえで)


現在の三菱グループがあるとすれば、一代の傑物だったのだと


改めてそう思います。






岩崎弥太郎 海坊主と恐れられた男/河出書房新社
¥1,944
Amazon.co.jp

人気ブログランキング ←1クリックお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

有坂汀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。