誇りを失った豚は、喰われるしかない。

イエスはこれを聞いて言われた。
「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」
(マルコによる福音書2章17節)


テーマ:
AFP通信東京特派員というジャーナリストにして、

漫画家、じゃんぽ~る西先生の妻である

西村・プぺ・カリンさんが自らの体験を踏まえて記した

日仏子育て比較エッセイです。

彼女の鋭い視点が随所に光っています。





僕は本書を読む前に筆者である西村・プぺ・カリンさんの


夫であり、漫画家のじゃんぽ~る西先生が彼女と


息子との生活について描いたエッセイマンガ


『モンプチ 嫁はフランス人 (フィールコミックス』(祥伝社)を


読んでいたので、既に知っていた話もかなりあった


わけですが、それでも彼女の視点から子育てや夫婦生活


(かなり踏み込んだところまで書いている)を知ることが


できて、まるでジョン・レノン&オノ・ヨーコのアルバム


『ダブル・ファンタジー』を聞くような心地でページを


めくっておりました。

それにしても『モンプチ』でカリンさんが優秀な女性


(「キャリアウーマン」と言われるのは嫌いだとのこと)


説明はされておりましたが、掲載されている彼女の


経歴を見ると


「パリ第8大学卒業後、ラジオ局やテレビ局を経て


1997年に来日。2000年からフリージャーナリストとして


「Journal des Telecoms」「Le Point」などで執筆。


2004年よりAFP通信東京特派員。2008年


「LES JAPONAIS日本人」出版。2009年、同著書が


渋沢・クローデル賞受賞。2010年


「Histoire du Manga日本漫画の歴史」出版。国家功労勲章


シュヴァリエを受章」


とあり、


「ホンモノだ…。」


と思わずうなってしまいました。

最初のほうには自らの生い立ちと来日に至るまでの経緯。


後に夫となるじゃんぽ~る西先生との馴れ初め話が


記されており、マンガと活字。男女間ではまた違った


「認識」があるのだと思ったものです。愛を交わして


彼女の中に新たな命が宿り、出産をするまでが中盤の


パートで日本とフランスを往復しつつ、出産に備えたとの


コトで、日仏の産婦人科の違いや日本の医師があまり


外国人を診たくないという話。さらに出産を経て彼女の


義理の両親にお世話になったことが綴られており、


やはりその辺はジャーナリストの面目躍如と言った


ところです。

彼女は息子を授かって3ヶ月で職場に復帰したそうで、


夫であるじゃんぽ~る西先生が育児に協力してくれる


愛溢れる話や保育園での様子。さらには


「キッチンに汚れた皿があっても、夫や子どもとキスする


時間を惜しまない」


など、「男と女」であることを欠かさない様子にかなり


踏み込んだ記述が見られ、


「「ビズ(挨拶代わりの軽いキス)」やコトあるごとに


自分の行動を褒めるなどにも相当なれるのに時間が


かかったじゃんぽ~る西先生はどう思っているん


だろう…。」


などと大変余計な事ながらそんな事を考えて


いたのもまた、事実です。


後日、僕はツイッターでカリンさんの夫である漫画家の


じゃんぽ~る西先生に


「つかぬ事を伺いますが、先日奥様の「フランス人―」を


拝読させていただきました。その中にかなり「夫婦生活」に


ついて踏み込んだ記述がありましたが、西さんはその辺の


ところは大丈夫だったのでしょうか? 「ビズ」に慣れるのにも


相当時間がかかったと伺っておりますので…。」


と質問を送ると、西先生からは以下の返答が返って


まいりました。


「妻の本は一応全て目を通したはずですが、特に私が気に


なるような箇所はなかったように記憶しています。内容を


うろおぼえですが大丈夫だったのだと思います。」


とのことで僕は


「そうですか。西さんがそうおっしゃるのでしたら私と


致しましては何も言うことはありませぬ。


これからもお幸せに!!」


と返事を送ると、「いいね」をいただきました。

ともあれ、本書は「畳化」した元パリジェンヌによる


比較文化エッセイであることはいうまでもなく、これからも


彼女たちのことを見守っていきたいと思っております。






フランス人ママ記者、東京で子育てする/大和書房
¥1,512
Amazon.co.jp

人気ブログランキング ←1クリックお願いします。
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。