タイトルは某3姉妹パクりましたごめんなさい。

 

さて、ふぇるむは天秤座のAB型です。

ABってだけで「変わり者だよね」と言われがちですが、

てんびん座も加わると、かなりの変人になるらしいです。

「血液型や星座で人の個性が決まってたまるか」

とお考えの方もいらっしゃると思いますが、

月の満ち欠けで潮の量が変わっちゃうぐらいですから、

生まれたときの星座の位置で、ある程度の影響はあると思います。

血液型も成分が違うわけですから、やっぱり何らかの「個性」がその中にあると思います。

 

で、俗称海老天とも呼ばれちゃう天秤座のAB型ですが、

私はこの俗称大嫌いですが(笑)、どの程度当たってるのかここに書いてみようかなと。

ネットから拾った天秤座AB型の特徴を、下段で突っ込み入れつつ書いてみまーす。

 

 

・他人と争いたくない

これはかなりそう思いますね。

他人を陥れたりするお話は苦手です。

でもくじ引きの当たりはずれとかは静かーに気にしてます(笑)

大体1週間ぐらい気にしてます。

 

・努力よりもひらめき

これも当たってる。ふぇるむがダメ人間だからってのはありますが、

どんなに頑張ってもダメなときは本当にダメで、

「あ、今だ」とふと思ったときにやることは大抵成功します。

これが関係あるのかわかりませんが、妙に直感がいいです。

疲れます。

 

 

・自分をほかの人と比べない

これは当たりませんでした。

子供時代に何事も比較されて育ったからかもしれませんが、

劣等感がひどいですね。

 

・上品でスマート

これは違うな。女子高生活でうわべっつらのお上品は手に入れましたが。

気を許した相手との食事はかなりやばい。

めっちゃ食う。

だって仲の良い人と食べるのっておいしいんだもん。

ぎりぎり標準体重です。はい。

友達に言われる言葉の一つとして

「ふぇるむは本当においしそうに食べるね」

があります。

それって褒めてんのかな?

 

 

・実はナイーブ

これは大当たり。かなり人の目気にする。

中学生にして神経性胃炎デビューしただけのことはある。

今はちょっとストレスがかかると、目に見える速さで蕁麻疹ぷつぷつー。

 

・恋愛に関して奥手

そんなことはよくわからんが、

男の人の前で髪の毛直すのも恥ずかしいぐらいの羞恥心はある。

「相手にリードしてもらって」、「リードできる男性を選びましょう」

とか、リードリードうるせえよ。私は犬か。キャィン!

 

こんな感じでしょうか。

ちなみに一番相性がいいのは天秤座B型の男性だそうです。

リラックスして接することができるらしい。ふむ。

 

星座や血液型関係ないと言われたら反論できませんな。

ただ一つ言えることは、

AB型の女性は、裏表の激しいタイプと、変人タイプに分けられると思います。

妹は前者、私としーにゃんは後者です。

というか、しーにゃんもAB型の天秤座だった。

仲良くしようぜー。ぅえい!

あと、AB型は二重人格というより、多重人格です。

「ふぇるむっていまいち掴めない」

と言われることがありますが、

何せ私自身が自分の性格を把握しきれておりません。

 

AD
お正月って事で、
去年べるばーどさんから頂いた
サプライズプレゼントのひとつのポチ袋を。

ポチ袋と言えば、
本名がキラキラネームじゃないけど漢字が特殊なこと、
今こそ浸透したけど当時は珍しい名前で、
ポチ袋の名前をよく間違われていたとが印象深いです。
(風子は珍しいから、風香と間違われるような)
新年早々、自分の名前を身内に間違われるという、
あの複雑な気持ち。
自分の名前好きですが、
自分がもし子供を産んだら、
間違われない名前と決めております。


新年早々後ろ向きな思い出話になってしまいましたが、
こちらがポチ袋になります。




大きさ違うように見えますが、
撮影場所の高低差から来る目の錯覚的な何かです。





まずは魔法のエンジェルスイートミント。
魔女っ子おもちゃコレクター界隈では、
話は有名じゃないけど、
おもちゃのレア度と値段の上がりっぷりが有名な作品ですね。
そもそもエンジェルってなんだ。
ミントは魔法の国のお姫様だぞ。
魔法のアイドルパステルユーミが、
全くアイドルじゃなかったのと同じぐらい謎。
隣にいる子は人間界の親友ポジションのナッツです。
なぜか公式じゃない服を着ています。




後ろはミントのお供ワッフル。
ペンギンのような魔法動物です。
商標にミントのマークが入っているあたり、
葦プロの気合の入れっぷりが伺えます。





お次はアイドル天使ようこそようこ。
スイートミントと同じ制作会社で、同じ年に放映されていました。
またもや天使(エンジェル)ですね。
よっきゅんの後にいるのは、
(勝手にようこを敵視している)ライバルほっきょんこと星花京子。
中の人は去年お星様になってしまったのでなんだかしんみり。
ほっきょんのキャラソンである「憂鬱ボーイフレンド」は中の人のお声も相まって、とてもカワイイので、機会がありましたら是非。
ようこよりも(大きなお友達に)人気があったらしい、
ようこの親友ポジションのサキさんはお留守のようです。





後ろはこんな感じ。
陽炎のエチュードを歌う時によくこの衣装を着ていましたね。
1番好きなステージ衣装かも。
歌も名曲ですよ。
……え?バーコードが邪魔でよっきゅんの脚が見えませんか?
じゃあ、取り出した版を。







はい!




たくさんあるので、
従姉の娘と、友人の娘、それから従妹に実際に使おうと思います。


因みに、ポチ袋の「ポチ」は、
これっぽっちの「ぽっち」が由来だそうです。
「ほんの少しだけど」
という意味が始まりのようです。
AD
昨年は個人的にホント色々ありましたので、
今年はそれらで得た事を糧として、
人間的に成長していきたいなとお待っております。

「酉年」と言うことで、
鳥モチーフの魔女っ子おもちゃ、
赤ずきんチャチャの
プリンセスメダリオン
ウイングクリス
バードシールド
を撮影してみました。





皆様の今年が、より一層豊かなものになりますように。
AD

11月に京都に行ってきた

テーマ:
えー、11月に母方祖父母と京都に行ってきました。
その時の旅行記みたいなのを年内に!
と思ったらもう大晦日。
ざっくりですが、書きます!


福島から東京まで新幹線なのですが、
その新幹線に乗る前に祖父母が
「立ち食いそばを食べよう」
と言い出しまして。
朝から立ち食いそば食べてきました。
多分人生初の立ち食いそばでした。


新幹線に乗り、東京駅で乗り換え。
その間にお菓子食え攻撃を受けまくりました。
駅弁購入。
新幹線大好きっ子ふぇるむは、
N700系が1番新幹線らしいデザインだと思ってるので、
その新幹線に乗れることにひとりでときめいてました。




駅弁はこれでした。
半熟玉子好きです。
あと駅弁の後に、祖父母が家から持ってきた
コンビニのサンドイッチを食べさせられました。
生暖かくて美味しかったです。


かなーーーーり移動して奈良の神社へ。
京都から鈍行で10駅は行ったかな!
お尻がとっても痛くなりました(´;ω;`)
来年は酉年ってことで?
鶏さんが居ました。




商店街でたこ焼きを購入。



すっごく美味しかったです。
あとはドルックスのナイトクリームを2個ほど。


翌日はやっとこ京都旅行!
がしかし!
雨女ふぇるむと、
雨男じーちゃんに、
晴れ女ばーちゃんは負けた。
まさかのザーザー振り。
しかもタクシー借り切って1日京都を移動したので、
タクシーの運転手さんも各観光地同行で、
女子校に7年間居たふぇるむは、
タクシー運転手さんが男性(中年)ッテだけで、
全く喋れず。
しかも乗り物酔いするので事前に飲んだ酔い止めと悪天候が重なり、
タクシーでひたすら寝てたし、
ヨダレも垂らした。
雨で窓の外見ても分けわからんちんだったし。




京都といえばお寺巡りと言う事で、
お寺をいくつか。
しかし、雨、運転手さん同行で緊張、スマホの充電がやばいの三拍子が重なり、
あまり写真取れず。
何しに行ったんだろう状態。






金閣寺。
お団子売ってたのですが、
雨と運転手さんに気兼ねして食べられず……。





お寺のお庭。
七五三シーズンだったので、
そこかしこにお着物を着た子どもたちがいてぷりちーでした。

観光地写真終了!!
いやほんと、タイミングが悪かったです。
恥を偲んで言いますが、
生理前の怠さも重なってました。
あとホント、運転手さんに気兼ねしてしまって……。
殆ど言葉も発せずでした。
でも、良い方でしたよ。
お仕事とは言え、まる一日我々に付き合って下さり、
傘や入場券の手配や、各地で傘をビニール袋に入れてくださるなど、
とても助かりました。
でも気兼ねして喋れませんでした。
お昼は湯豆腐の定食でとても美味しかったのですが、
写メ取れず……。
お昼も運転手さんがご一緒だったのです。


ここからは帰りの新幹線の写メたちになります。
(スマホは持ち運びできる充電器で充電させてました)





すっしー!
帰りのお夕飯の駅弁でした。
手まり寿司。
如何にも京都ですね。
ペットボトルはカルピスです。
セーラームーンのルナのカバーに入ってます。





疲れたので持ってきた本を読みつつ糖分補給。
大正時代について書かれている本です。
森永ミルクキャラメルとカルピスは、
大正時代からのロングセラーでして、
偶然カルピスとキャラメル持っていたので、
そのページを開いて、パシャリ。





これは自分用のお土産のペンギン手ぬぐいと、
上記したドルックスのナイトクリームです。
ペンギン好きで、このカラーリングはホント嬉しかったですね。
あと、レトロなお店で買うドルックスに自己満足。
(どうでもいいのですが、ふぇるむはレトログッズ収集にあたって、
如何に手早く商店街で目当ての物を買うのか
に対してかなり手慣れてます。
歴然の戦士です。
これらはの購入にかかった時間はおよそ3分)

しかもドルックスを入れた紙袋までもが



ペーンギーン!!
嬉しくってレジで思わず。
「ペンギンさんだぁ!」
と言っちゃったのはここだけの話。





東北新幹線に乗り換えて、かなり一息つきました。
ので祖父母が事前に持ってきたおつまみセットで宴会。
しみじみと味わいました。


やばい。
歴史的建造物よりも、
食べ物の写メが多いですね。
建物の名前も書いてないし。



ま、いっか!



旅行はレトログッズ探しと食べ物に特化したいと改めて思った、
そんな旅でした。
ふぇるむは私立の女子校に高校大学と通っていました。
理由は中学時代にいじめられて、食事もままならないほどの慢性的な胃炎になり、
受験に耐えられないと判断されたから。
(ここも詳しく話せば色々あって、
父は私立大反対で、一浪させてでも公立に入れるとか最初言ってました)

さて、父は目先のお金が大好きな人間です。
私立は金がかかる(でも地元ではかなりリーズナブルなお値段)と大激怒。
高校生活に必要な制服やカバン、靴を買うのにも、
「これが○○円か。金がかかる」
とかぬかしてました。
更には教育ローン。
妹の進学と被った年はお借りしたんですよ。
「大体○万円なら学費を払える」
という計算の倍を借りました。
理由は、お金が手元に来るから。
それを返すことは考えられなかったようです。
あとついでに単身赴任。
父は単身赴任を数回経験していますが、
毎週末帰ってきて、
母に、子供のいる前で毎回一万円無心していました。
理由は「生活費」。
勿論、それ以外にちゃんと生活費は考慮されていました。
父のお望み通りの額が。
それに加えてひと月だと4万円。

父の愚痴が長くなりましたね。
すみません。
そんな父を見て私は、
「私立でお金がかかって申し訳ない」
と事あるごとに過呼吸になる程罪悪感を感じました。
なので、自分なりに高校時代は、
色々と工夫してました。
それをちょっと書きたいなーと。
前提として、私の学校は大学生もバイトは禁止でした。
だから、バイトして〜という選択肢はありませんでした。

・月のお小遣いは1000円。
・漫画はブックオフ。月に2冊が限度(ま、レトロ好きなんであんま気にしてませんが)
・ゲームソフトは中古で買うもの。
・水筒を学校に持っていく。
ジュースは買わない。お金がないから。
帰り用の水分は、給水機のお水を入れる。(角度とスイッチの力加減にコツがある)
・コートは学校指定で数万円だが購入は任意の為、買わない。
東北だけど、3年間冬場コート無。
(今心臓悪いのこれも一因だったりして?)
・ファーストフード店のシェークが夏は100なるので、
週に一回買うのが最高の贅沢。
・メントス1個(1本?)を1日一粒。
これで甘みがほしいのをカバー。
・携帯は古いゼロ円機種。
あの頃(2006〜2008年ぐらい)流行った着うたはもってのほか。
着メロは父の前で1ヶ月分契約して(100円)、その場で解約した曲を3年間使い続ける。
・待受もお金がかかるので、部屋のぬいぐるみを写メして待受に。
・友達と出かける際は母から3000円貰い、残りは返す。
・服はしまむらなどで母が買うものを3年間着回しコーデ
・学校の靴は擦り切れて中に砂や小石が入って痛いのが我慢できなくなったら買ってもらう。

あんま大したことないですなw
ちなみに大学時代は月のお小遣いは5000円でした。
天国でした。
学校でジュースと、アイスが買えるんだもん。

たまに会う母方の祖母が見かねて服やお小遣い数千円をこっそり支給してくれたのが大きかったです。


基本的にお年玉を駆使してコレクションを増やしていきました。
因みに毎年のお年玉は総額して2万ぐらいでしたね。
因みにこちらの田舎は親戚がご近所さんというお家が多く、
お年玉の総額が10万円いく子は結構いましたね。
どうでもいいですが。

なんかふと思い出したので書いてみました。
大人になってからの持論は、
「イベント日はリミッターを半分ぐらい解除しろ」
です。
イベントは楽しもう。
あと、「目先の金より未来の総額」。