学生の頃まんだらけでゲットしました〜。
当時は90年代魔女っ子おもちゃはそこまで値上がりしてなくて、
当時価格位で買えました。
すごく嬉しかったので、その日と翌日の事はよく覚えてます。



特に呪文は無いんですよね。
この香水を振りかけられた人は、
楽しい事を考えたり純粋な気持ちになると、
タケコプターのお花版の様な物が身体にくっついて、
空を飛べるのです。




箱左側。
これはマリーベルタンバリンを使用する時のワンシーンですかね。



箱右側。
マリーベルの玩具はこれと食玩タンバリンしか持ってないのですが、
この香水びんの外箱がめっちゃ凝ってるんですよ。
この絵は食玩タンバリンの真ん中にも使われていますね。




箱上部。
おもちゃの紹介文が前面と違うのです。




そして底もカラーという!
普通は白とかで何も書いてないっすよ。
そしてパッケージのデザインがマジで私好みです。



箱上。
お店によっては引っ掛けて売ってたのでしょうか?
箱がかなり分厚いのであまり引っ掛けられないと思うのですが……。
ウインク普段着マリーベル可愛いですね。



箱裏側。
お子様はほぼ見ないであろう箱裏にもお花を散りばめるバンダイの本気……!



本体です。
下の台は取り外し可能です。
中の香り玉が懐かしいですね。
匂いは飛んでいましたが、シャラシャラ音がして可愛いです。
黄色い部分はゴム製。
結構しっかり押さないと動作しません。
マリーベルのロゴ?も揺れる仕様となってます。




後ろ側。
あまり見えませんが、土台にもちゃんと小花柄の模様があって可愛いのですよ。




マリーベルコンパクトと一緒に。
マリーベルの玩具って、こうしてみると
「幼女の可愛らしさ」
を詰め込んだピンクって感じですね。

可動テスト動画も近々撮る予定で〜す。



AD
べるばーどさんからの誕生日プレゼントの、
ママは小学4年生のごきげんフルートです。




縦長撮るの難しい(;´Д`)


本編ではみらいちゃんが泣いた際にしか演奏できず、
本編使用回数がわずか2話という、
ママ4ファンには伝説のアイテムです。
しかし「赤ちゃんがリラックスできる」という効果なんでしょうけど、
胎内音のリラックス効果や、
このフルートの唯一の演奏曲であるブラームスの子守唄のリラックス効果も科学的に実証的されているので、
サンライズさんすごいなぁ。
サイバーフォーミュラといい、預言者ですわ。




箱裏ー。
みらいちゃんの絵が可愛いですね。

ギミックは、ブラームスの子守唄ワンフレーズが流れたり、
電子音でピアノ感覚で和音で音遊びができるようになっています。




箱脇。
シンプルなデザインがよろしい。




吊るせるように穴が空いてますが、
これ吊るして売っているお店はあったのでしょうか…?






本体です。
ママ4のデザインはピンクと白がホント可愛いですね。
どことなーく育児を連想させてくれます。




後ろ側。
仕様なのか分かりませんが、
スイッチを入れるとブラームスの子守唄がワンフレーズ流れます。



このお星様を押すとブラームスの子守唄が流れ、
ハートのボタンを押すとドレミが弾けます。
吹けるんじゃなくて弾けます。
箱にもそう書いてあります。
ボタンはゴム製でお子様の細くてか弱い指でも疲れません。



そして何と言ってもママ4おもちゃの真価はこのロゴマーク!
このロゴマークが好きで好きでたまりません(*´ω`*)
シンプルかつ分かりやすいデザインで大好きです。
コンパクト、フルート、おせわバッグ、みらいちゃんのブローチに、
このロゴが共通して入ってるのが素敵でなのです。


ママは小学4年生のメインおもちゃは、
残すところコンパクトのみ!
手に入るといいな…!
AD

やっと見つけた

テーマ:
密かに香水愛好者のふぇるむです。
とは言っても人によって香りの好みはありますし、
パニック障害経験上、匂いって人によっては武器になり兼ねないことを体感済みですので、
寝室の寝具類にしか使用しません。
寝る時のアロマ代わりですね。

ところで皆さん、
「脳は匂いに逆らえない」
というトリビアをご存知ですか?
記憶を司る脳の「海馬」(遊戯王じゃなくてね)、
この海馬が人間の証明五感の、「嗅覚」と隣接しているんです。
ある匂いを嗅ぐ事によってある思い出や感情が蘇る
これを
「プルースト現象」と呼ぶのだそうです。
例えば、ブランドの大多数が好きな香りでも、
その香りを身に着けている人に嫌な目にあったため、
その人がいなくても、その香りを嗅ぐと嫌な思い出が出てきてつらいとか、
そうこともあり得る訳です。
脳と香りの関係は切っても切れない縁なのです。

本題はここからです。
2018年1月2日、
ハウスオブローゼさんにて出逢ったのです…。
20数年間探していた香りに。

ハウスオブローゼさんに怒られるかもしれませんが、
ハウスオブローゼさんは、
ローズの香りのシリーズを出しているんですよ。
その香りが
おばあちゃんの匂いなんです。
私にとっては。

まだ家族が幸せだった頃、
しょっちゅう母方実家に帰省していました。
父が仕事が忙しくて、半ば母方実家に住んでいたようなものでした。
そこは本当に本当に楽しくて安心できて、
神経過敏な私が夜泣きしない、
本当にリラックスできる場所でした。
母が妹を産む時、当然里帰り出産として母方実家に帰りました。
母が身重な時期に私をお世話してくれたのは祖母でした。
母の身重と私のおむつはずしの時期が重なり、
おむつはずしをしてくれたのも祖母でした。
母が(出産の為)いないのは寂しかろうと、
祖母は毎晩私と一緒に寝てくれました。
その時枕元にあったポプリが、
上記したハウスオブローゼさんの香水と同じ香りだったんです。

西日の差す祖父母の寝室は、
孫達の遊び場でもありました。
テレビもあるのでアニメも見放題(いいのか!?)。
沢山遊びました。
沢山はしゃぎました。
沢山眠りました。
沢山安心しました。

でも、妹が1歳になった時に私は母方実家から遠い所へ引っ越す事に。
私はそこから(私なりの)暗いツライ時代に突入しました。
そして引っ越しとほぼ同時に跡取りの叔父が結婚し、お嫁さんが母方実家にやって来ました。
お嫁さんと私は反りが合わず、程なく赤ちゃんが生まれたので、
なかなか母方実家に行けなくなってしまいました。
ポプリも、もうどこにも売っていないと祖母に言われました。

私はポプリや香水など、匂いのする物であのポプリと同じものをずっと探していました。
香水屋さんでは
「ローズの香水ありますか」
としか言ったことありません。
(でも後々他の香りの香水も好きになったけど)


でも今回やっと見つけました。
涙が出ました。
きっと大丈夫。
今年は少し大変になるかもしれない。
でも、あの「安心した匂い」と同じ物が手元にある。
だから、きっと大丈夫だと思います!
あの頃の天真爛漫で好奇心旺盛な私にまた戻っても良い時期が来たのだと思います。

そんなハウスオブローゼさんの香水の写真がこちら


祖母の部屋で「安心した匂い」の中で見ていた、
今も大好きなアニメ、『ムカムカパラダイス』のおもちゃと供に撮影してみました。
お値段は3000円という、とってもリーズナブルな価格です。


今夜はムカムカパラダイスやマリーベル等の、
当時「安心した匂い」の中で見ていたアニメの曲を聞きながら、
「安心した匂い」の中で眠ろうと思います。


お察しの通りおばあちゃん子です。
おかげさまで祖母はまだ健在です。
確か今頃は正月旅行も兼ねて祖父とお伊勢参りに行っているはずです。
AD
新年明けましておめでとうございます
昨年は大変お世話になりました
今年もどうぞ宜しくお願いします

新年から邪気を払う意味を込めて、
なんかそういうアイテムっぽい感じの
キララセレクション魔法のタクトを貼っておきます
皆様が良い一年を過ごせます様に


集英社さんの女児アニメは一時、かなり正方形に近い形のアニメをコマ割りして漫画にした感じの絵本は出してたんですよね。
おそらく皆様方がご想像するであろう、
分厚い紙の絵本ではなく。
でも、サイズは違えど分厚い紙の絵本あったらしいです。



当時はセーラームーンSが一世を風靡していた頃で、
セーラームーンSのこういうお出かけの際に持ち歩ける絵本も存在は確認されています。
出版社は違いますがね(講談社が手放すわけがない)。


童心に返って読みましょう。


こういう文字遊び?
は面白いですね。
赤ずきんチャチャは多彩なキャラが魅力のひとつでして、
この絵本は買ういった形で各キャラを紹介しております。



かと……リーヤです。
さり気なくアイテムの腕輪が描かれてますね。




いっつもお利口しいねちゃん。
紳士…?
エリザベスが言っているので皮肉にしか聞こえません。
温泉回でチャチャたちの裸(キラキラオーラで詳しくは見えない)を、
お前さん想像してたよね?

って、またアイテム(指輪)映ってますね。
これにはタカラさんもニッコリ。




三人娘です。
キャラが多いのとページ数の制限があるので、
流石にこの娘たちはまとめられちゃいますか…。
でもお鈴ちゃんとマリン&やっこちゃんの扱いに大差無いのが花丸です。
「かたおもいなの」
だそうですが、
お鈴ちゃんは実質両思いですよ?



ふぇるむは今も昔もお鈴ちゃん大好きなので……。


桃ん賀忍者お鈴、行きますぅ〜!

桃ん賀(ももんが)忍者が正しい名称なのですが、
お子様向けに分かりやすい名前にさり気なく変換。
漢字の「鈴」も平仮名になってますね。
でも「しいねさん」じゃなくて「しいねちゃん」ですぅ…。
アニメ版ではあまり見ない、しかしある回でさり気なくすごい効果を見せる桃頭巾を被っているのも◎。
あ〜、かわええ(*´ω`*)



本当はもう少しページがありますが、
流石に全部載せるのはアウトだと思いますので、この辺で。
今後はテレビ絵本も少し集めたいですね。
いや、既に数冊入手しましたが。
こういう絵本は大人になってから読むと、
新たな発見も出来て楽しいです。
七割型ツッコミしちゃう悲しい大人になりましたが…。