カウンセリングルーム マグノリア

ホームページ:magnolia-counseling.net
メール:matsumura@magnolia-counseling.net
電話:048-229-0135


テーマ:

 

クライアントさんには、今の悩みの原因も解り、方向性も決まり元気になってくると、「私、本当はこんな感じの服が着たいんです。」や、今までメイクをしていなかった人は「本当はメイクをしたいのですが。」と言う方がいらっしゃいます。 これはとても良いことです。

 

しかし、そこであることが理由でためらってしまうことがあるのです。

 

それは、メイクをするようになったり、今までとは違うイメージの服を着たら「(周囲の)人から何か言われそうで・・・。」と、ためらってしまうのです。

 

そんなの気にしなきゃいいと思う方もいるかも知れませんが、これが理由でためらってしまう人も、実際に嫌な事を言われたという方も多いのです。

 

少しメイクをしたり、パンツやデニムばかりだった方がスカートを履いただけでも、何かを少しでも変えたら、

「なに?どうしたの?」 「なに張り切ってるの?」 「今日なんか頑張ってるけど、どうしたの?」などと言う人がいるのです。

 

今までやっていなかった事を始めたらドキドキするものです。そこでこんなことを言われたら、恥ずかしくも嫌な気持ちになってしまい、やる気も失せてしまうでしょう。

 

このような「意地悪なことを言う人」は、その人が自分の本当に好きなことが出来ていないからなのです。  金銭的な問題でではないですよ。自分こそが人からどう思われるかを気にして出来ないのです。

なので人にも自分と同じようにいて欲しい為、『素敵だな、いいな』と思えば思うほど、それをやめさせたくて足を引っ張るのです。

 

このような理由で自分のなりたいイメージになりにくいという人は、メイクやファッションを変え、意地悪を言いそうな人に初めて会うときに『何か言われたらどうしよう』と怯えるのではなく、『絶対に何か言われるだろう』と構えてしまったほうが良いでしょう。

 

そして実際に意地悪なことを言われたら、素直に(フリでも)「前からこうしたかったから思い切ってやってみたんだけど変かな?駄目?」というように、意地悪には一切気付いていないフリをして聞いてみるのです。すると一変して「そんなことないよ、可愛い!」と褒めてくることが多いのです。

 

これは、意地悪をしようとしている人の中には無自覚だとしても『やましい気持ち』も必ずあります。意地悪しようとしたのに、素直にアドバイスを乞う(頼られる)ようなことを言われたら意表を突かれるでしょう。そこで初めて、羨ましさから意地悪しようとしていた自分に気付き、恥ずかしくなり、素直に褒めることができたり優しくなったりするのです。

 

この「足を引っ張る周囲の人」とは、同じ職場の人であったり家族だったりもしますが、一番多く聞くのは「友人」です。

 

自分が良くなる方(自分の好きな方)へ変化していこうとすると、友人から嫌がられる、意地悪をされる、足を引っ張られるだろうと分かっていながら、それが「友達」というのもおかしいようなのですが、

 友人とは、最初は考え方や好みが似ていたから仲良くなり付き合っていたのだとしても、自分に疑問を持ち、このままじゃ嫌だと思い自分が変わると、今までの友人達とは合わなくなり、自然と付き合う人達が変わっていったということは良くあることです。

 

 しかし同じようなケースでも、友人から意地悪を言われながらも自分の好きなことをやり続けていたら、友人も素直に「私もこういうの着たいな」と言うようになり、それから他の友人にも同じような変化があり、以前よりも自分も友人達もみんなが仲良く楽しくなったとの報告も受けることもあります。

 

友達は、嫌な事があった時に慰めてはくれるけど、良くなる時に足を引っ張るなんて人よりも、やはり喜びこそを共有できる関係がいいですよね。

 

 magnolia-counseling.net

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、明け方の4時頃

なぜか急に目が覚めた私は、これまた何故か長女の部屋へ向かいました。

 
電気が点いていたのでドアを開けると、
 
「もうやだ、助けて、」
 
長女が声も体も震わせながら、今にも泣きそうな顔をして部屋の隅に立っていました。
 
何事かと思い、部屋の中を見てみるとラグの上に鳥の羽が散らばっていて、テーブルの下を見るとヒヨドリのヒナが死んでいました。
 
『 昨日の子、』 
 
そう思いながらも、長女から事情を聞くと、
 
寝ていたら 猫がベランダの窓の外を見て騒いでいたので何かと思い窓を開けると、猫がすごい勢いでベランダに出て何かを咥えて部屋に戻ってきた。
 
長女は目が悪いのでそれをネズミかと思い、倒れそうになりながらも 猫を引き離そうとしたけど、猫はとても興奮していて引き離せなかったそうです。
 
すると、微かに一度だけ「ピー」と聞こえたので、恐々近寄って見てみると鳥だったので、慌てて猫を蹴りどけたものの、鳥が動いている気配はないし、怖くてそのまま震えながら立ち尽くしていたそうです。
 
それからどのくらい時間が経っていたのか、ヒナを抱き上げると体はもう冷たく硬直し、お腹には ついばまれたような丸くて深い大きな傷がありました。
 
猫をかばう訳ではありませんが、猫の噛み跡ではないし、ベランダで物音はしていなかったそうなので、たぶんカラスに襲われ瀕死の状態だったのをウチの猫がとどめをさしてしまったのでしょう。
 
 
なぜ私が「昨日の子」だと思ったのかというと、 
その前日、私は20:00ごろ帰宅しました。
 
玄関の前で鍵を開けようとした時、近くで鳥の鳴き声がしました。
「ヒヨドリ?」
ただ鳴いているのてはなく、悲鳴をあげるように酷く鳴いているので、マンション内を鳴き声がする方に向かい、階段を上がったり下りたりしながら探し回りました。
しかし 声の方向はあちこち変わり、そのうち声が急に遠くなったので、どこかへ飛んで行ったのか、カラスに連れて行かれたのかと思っていました。
 
あの時、カラスに咥えられたままだったのかも知れません。それから何処かに落ちたのか、落とされたのか。
 
その何処かが長女の部屋のベランダだったのでした。 
 
その時直ぐに気が付いていたらと思い、
長女に「なんで直ぐにママを呼ばなかったのよ」と言ってしまったのですが、長女は突然のことで驚き、どうしてよいのか分からなくなっていたそうです。
 
確かに、長女が体をガタガタ震わせている姿なんて初めて見たので、よほど怖かったのでしょう。
 
ヒナの死骸を持ったまま二人で立ちつくしていると、廊下で鳥の鳴き声がします。
 
(うちのマンション廊下は宙に浮いた作りになっていて、玄関の前には廊下に繋がるポーチがあり、廊下側にある部屋(長女の部屋)にも、廊下からは人が侵入出来ないベランダがあるのです。)
 
玄関をあけてみると、ヒヨドリがキョロキョロしながら長女の部屋のベランダの手すりにつかまって鳴いています。
 
何度かお隣のベランダにも行くのですが、また直ぐにうちのベランダに戻り、長女の部屋に向かって泣き続けているので親鳥だと思いました。
 
ヒナを探しているのならヒナが死んだたことを親鳥に知らせなきゃと思い、ヒナの死骸をポーチの壁の上に乗せてみたのですが親鳥は気がつきません。
目でみて探しているのではなく、鳴いてヒナを必死に呼んでいるようでした。
 
ヒナを置く場所を変えてみても、親鳥は全然気がつかずピーピー泣きっぱなし。
 
そうしているうちにカラスが飛んできたので、カラスにヒナの死骸を持って行かれたらと思い、ヒナを部屋に戻しました。
 
親鳥はまだ玄関とベランダを行き来しながら鳴いています。 
 
私はヒナを抱えながら、このままではどうしようもないので、ヒナをキッチンペーパーの上に乗せ、お米を何粒かと一緒にくるみ、マンションの隅っこの植え込みに埋めにいくことにしました。
 
5時。ひと気のない早朝に、
「なんでヒナを探していた私の家に、カラスが運んだのか親鳥が運んだのか分かんないけど、なんでそのヒナが落ちていたのかなぁ」なんてことを考えながら穴を掘り、「ごめんね。」と謝りながらヒナを埋めました。
 
家に戻ってもまだ親鳥が鳴いているので、調べてもどうしようもないのですが、スマホで「ヒヨドリ 親子」と検索してみると、出てきた検索結果の中に『親鳥のヒナに対する愛情がとても深いですね。』という一行を見つけてしまい…やるせない気持ちになり、どこのページも開けられないまま、そのまま暗くなっていました。

すると「あーもー、Sの部屋が事故物件になったじゃん!」 と、長女が猫に文句を言っている声が聞こえてきました。その声で 長女はやっと落ち着いたんだなぁと思ったら何だかクスっと笑えてしまい、そしたら急に眠くなりました。
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
もうとっくにですが、梅雨入りしましたね~

梅雨に入った日でしょうか
雨にも負けずバーベキューに行ってきました。

いや、私だけ雨と寒さに負けてしまい、テントの中でストーブにあたりガタガタ震えているだけで全く役に立ちませんでした。
{B99712DA-0DEC-49E5-BFBC-951C410F7E76}
(テントの中)

友人のスキー仲間とアウトドア仲間と大人数で行ったのですが
皆んなずっとアウトドア用品の話で盛り上がっていて、
アウトドアが好きなのか、道具が好きなのかって感じでしたが、きっと両方なんでしょうね。

人が自分の好きなモノの話をしている時って良い顔しているので、意味は分からなくても、見て聞いているだけで楽しかったです。


好きなものと言えば
アラーキーこと荒木経惟さんがフランスでの個展で発表した作品の写真展が六本木で開催されているとのことで、
{C41E27B3-720C-4535-8BFF-A0BEB9EA0947}
行ってみると、なんと入場無料でした。


当たり前のようですが、この写真展は荒木さんの好きなモノ、

東京の街
オモチャ・人形
タコ・トカゲ・カメ
荒木さんの生涯のモデルKaoRIさん
少女とも女とも言えない、その中間の顔した女の子
ただ綺麗な雲と空

そんな好きなモノばかり集めたような写真展でした。

入場無料とは思えないくらいの作品量。
とても見応えあって面白かったのでおススメです♪ 
(一枚を写すのでなければ撮影もOK)

6月29日迄
{40B7E1FB-B81A-4E53-8A65-DD0250FA2F06}

そして私の好きなものは、
やはりアウトドアは向かなくて
でも海も自然も好きで、
それよりも行くまでの道が好きで、
都心のごちゃごちゃとビルも好きで。

結局、何が何処がでもなく、ただ景色を眺めるのが好きなんだと分かった2016の梅雨でした!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

前記事に、パートナーを求めながら、ただ待つだけで行動出来ない人には、

「確実に良いことがあるという保証がないと動きたくない」

という理由が隠れている人が多いと書きました。

 

これは、単純な理由のようで、なかなか意識できないことなのです。

 

パートナーが見つからない、片思いしている相手がいるわけでもない、

 

でもパートナーを見つけたいというのなら、明白なのは


「 今、周囲にいる異性以外の、会ったことのない異性に会わなくてはならない 」

 

ということです。


ただ待っていても、

「道端ですれ違った人と目と目が合って、そこから恋が始まった」なんてことはありません。

 

誰かから「これをすれば確実に良いことがあります」と言われても、

すごく期待することはあっても100%信じられる人はいないでしょう。 

 

「保証」は誰からももらえないし存在しないのです。

 

なので自分から動き出すしか方法はなく、

「ダメ元」というとなんだかヤケを起こしているイメージがありますが、

恋愛以外でも何かを求めるときは全ては「ダメ元」でしかないのです。

 

「行動を起こしても、いい人に会えないかも知れない」は大前提で、

でも、「もしかして会えるかも知れない」と思いながら動くことを繰り返す。

 

ここ↑を読んで、「そんなの嫌だ~」と思ってしまったのなら、それが

「確実に良いことがあるという保証がないと動きたくない」

ということなのですよ。

 

前記事の最後に、

『「出会いを求めているが動けない」と言う方も、先ずは「抵抗」がなんだったのかを知ることにより、その人それぞれの「外」についての明確な場所も決まっていきます。』と書きましたが、

 

抵抗が分かった後には、「自分の目的は何か」をしっかり意識することも重要で

それから、その人それぞれに合った明確な場所について話し合い決めていきます。

 

確実だと言えることは、「動き出さなければ何も起こらないまま」ということだけなのです。

 

  magnolia-counseling.net

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

出会いを求める人が、誰かに相談をすると言われる言葉に

 

― もっと外にでること ―

 

と言われたと、 よく聞きます。

 

占い師さんからは「もっと外に出ること」 友達からも「もっと外に出なきゃ!」

 

意味は分かりますが「外」と言っても広いし曖昧だよなぁと思うのですが、

 

ご本人も

「自分でも外に出なきゃって分かってるんですけどね。」と仰います。

 

しかし、「その外とは、どういう意味か、どんな場所か考えたことありますか?」と伺うと、

 

「もっと人と会えということだと思いますが、具体的にはどうしていいのか分からないです。」

 

 

これは、「外」がどこなのか分からないのもありますが、それよりも

「出会いを‟求めている”人」 と 「出会いを‟待っている”人」は、似ているようで違います。

 

「出会いを‟求めている”人」は「外」がどこだか分からなくても動いています。

 

しかし「出会いを‟待っている”人」は、出会いを求めている気持ちがあるのも本当なのですが、

「求めに行くこと」に無意識に「抵抗」も入っている場合が多く、「動けない」のではなく、「動かない」のです。

 

それでは「外」がどこなのか「分からない」のではなく、考えもしないでしょう。

 

無自覚な「抵抗」の中身は人によって様々で、

結婚願望もありながら「結婚にはとても抵抗があった」方もいますし、

 

終わった恋を忘れられず、他に目を向けなければ、なんとなくその人(フラれてしまった相手)が戻ってくると思い込んでいた人もいます。 

 

多いのは、『 確実に良いことが起こるという「保証」がなければ動きたくない 』という抵抗です。

(これについては次に書きます)

 

 

「出会いを求めているが動けない」と言う方も、先ずは「抵抗」がなんだったのかを知ることにより、

その人それぞれの「外」についての明確な場所も決まっていきます。

 

 

 magnolia-counseling.net

いいね!した人  |  リブログ(0)