Magnolia

マグノリア


テーマ:
年末年始の母は忙しい。
 
今回はそうならないよう、
早くから片付けやお正月の準備をしました。
 
っても普段通り洗濯や掃除はありますが、
今日はお天気で気持ち良かった!
 
大晦日〜お正月って毎年天気が良いような気がする。
 
 
昨夜、姉と電話をしていて
何故か海老蔵さんと妻の麻央さんの話題に。
 
2人とも芸能人の話をするなんて珍しいのですが、
アメブロを利用している方なら分かりますよね。
 
そう、アメブロを開くと海老蔵さんや麻央さんの
ブログの宣伝が大きく載っているのです。
 
毎回ではありませんがあれだけ出てると
なんとなく開く事も多くなりました。
 
姉もアメブロを利用しています。
 
「だから私達、海老蔵の(身内の会話じゃ呼び捨てよね)
話題なんてしてるんだね」と2人で笑いながら
 
私:「私なんてめっちゃ影響受けてるよ」
 
姉:「え、何の?」
 
私:「海老蔵のお母さんが本を出したの知ってる?
あれ買っちゃった」
 
姉:「ああ、宣伝していたね。すごく綺麗なお母さんよね」
 
{37D8542C-6CF7-482C-B040-BE6972F2216C}
海老蔵さんのお母さんのレシピ本。

ブログに載っていたご飯が変に凝ったものでなく、
シンプルで美味しそうだったので、
画像を見て真似して作ったりしていましたが、
10月に本が発売されたので直ぐに購入しました。
 
それからうちの食卓はやたらと小鉢料理が増え、 

家族から夕食のメニューを聞かれた時には

「成田屋!」とか「海老蔵と同じご飯!」と答えてます。

 
でも実はレシピにだけ惹かれて購入したのではなく、
この本の帯に書かれているコピーが
{32591B39-DFDF-4626-A946-15506F51285D}
 
私がお話できるのは、毎日毎晩、
家族と一緒に食べたごはんのこと!!!
 
!!!はついてませんが、
こんな風に聞こえてしまうような。
 
お母さん業にプライドを感じる
なんともまぁ堂々とした台詞です。
 
このコピーに惹かれたのもあります。
 
私なんて疲れている時には
 
『みんな自分の事が終わり家に帰ったら休めるのに、
なんで私だけ帰ってからも仕事が沢山あるのよー!』
 
と思うことしばしば。
 
そんな自分をダメとは思わないけど。
 
どうせやらなきゃいけないことならね、
なるべく気持ち良くやりたいし。
 
そんな時にこの帯を見ると元気をもらえるのです。
 
 
そんなで今回の年末は
この凛々しい海老蔵の母になりきって
(勝手なイメージでだけど)
テキパキ動けたので今年の年末やお正月は
いつもよりゆっくりできそうです。
来年も良い年になりそうだ。
 
単純て幸せ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「雑記」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

小学生の時、クラスの女の子達は皆ジャニーズに夢中でした。

クリアファイルに雑誌の切り抜きや、
生写真を入れたりするのが大流行り。

私は好きなアイドルがいなかったので、アイドルの話題には入ることが出来ませんでした。


私がアイドルの話をしないからでしょう、
ある日友達に聞かれました。

「りえちゃんは芸能人で誰が好きなの?」

アイドルじゃなくてもいいの ⁈
それならと私は答えました。


「 ねず…じんぱち 」


みんな一斉に、

「誰それー? 知らなーい。」

恥ずかしくて顔が熱くなり、

『言わなきゃ良かった言わなきゃ良かった』

後悔しました。


子供ながらに大人の色気を感じ、初めて好きになった芸能人なのですが…
同級生には通じなかった!

懐かしい思い出。

69歳とは早いですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
年末ですね!
うちは大断捨離大会しました〜

元々そんなに物が多い家ではなかったのですが、
みんなで
「この家、何キロも軽くなったよね〜!」
ってなくらい捨てました。

私は絵をかなり処分しました。
上から他の絵を描いてもいいんだけど、
なんだかそれもしたくないような絵達を
キャンバスの裏からカッターでくり抜き、
絵を見ないようにクルクルと丸めゴミ箱へ。 
木枠も新しいキャンバスを張ることもせず処分。

キャンバスはかさばるし本当にスッキリ。
これでまた新たな絵が描ける。

いつでもやれると思いながらやらなかった事も
「年末」という言葉に押され出来てしまった。
不要なものを処分すると部屋は勿論、心が軽くなる。
これで来年も気持ちよくスタートできそう。

来年1月から新しい事も始まるし。
11月から絵画教室も始まったし。(教える方のね)

絵画教室は「アトリエGARA」といいます。
2009年に友人と始めました。
屋号「GARA」は、
私が 、ダリにインスピレーションを与え続けた妻
「GALA」に憧れ 、Lを私の名前のRにしたものです。
{3C320020-17AA-43EC-8918-68B5C64D6012}


数年ぶりにGARAに戻って
掲示板のGARAの文字を見てみていたら…  
もう少し可愛らしい子供ウケする
ネーミングにしておけば良かったなと(笑) 
でも、懐かしく嬉しかった。

懐かしい場所と、新しい場所でのスタート。
かなりドキドキしますが楽しみです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

【たまに絵画講師】

このカテゴリでブログを書くのは2014年ぶり。

 
幼稚園で絵を教えるのは
2014年度で辞めていました。
 
もう2年も経ったのですね〜
 
幼稚園で絵を教えることは
楽しく やり甲斐のある仕事でしたが、
生徒さんも増え、造形の下準備など、
カウンセリングとの両立が
難しくなり辞めたのです。
 
今月に入って、
絵画教室のことを思い出し
「ああ、絵の仕事楽しかったなぁ」

と家族に話していて

「毎週じゃなくて、
せめて月にニ回だったなら
続けられたんだけどなぁ」

なんて勝手なことも言っていました。
 
それから二、三日目後
幼稚園から電話があり、

「来年度からまた講師をお願いできませんか?」

とお話をいただきました。
 
私の勝手な都合で辞めたのに
また声をかけていただき有難いのですが、
直ぐに返事は出来ず、
少し考えさせてくださいと伝え
考えた末、また辞めることになっても
迷惑がかかると思いお断りしました。
 
 
お断りした次の日
都内で絵画教室を営んでいる友人から
電話がありました。
 
「小学生のクラスの生徒が増えてきたので、
月に二回なんだけど手伝ってもらえないかな?」
 
月二回!?
二つ返事でOKしました。
 
絵画教室を懐かしみ、都合の良いことを
呟いてたら願いが叶ってしまった!

これも縁なのかな。
 
 
 
そして昨日、初めて授業に参加しました。
 
小学生に指導するのは初めてです。
 
小学生はしっかりしてますね。
なんといっても絵の具が飛び散らない!
飛び散るのも楽しかったですが(笑)
 
指導中、一年生の女の子が
手を止めてニコニコしながら
じーっと私を見つめてるので
「んー?」と聞くと
 
体をくねくねさせながら
「先生、前から居るみたーい」
 
「先生は図々しいからかね〜」
と答えたら
 
「ちがくてぇ 前から知ってるみたーい」
 
嬉しいわぁ。。
{CA3EEC14-E2B0-44EB-A894-C434869A1D65}
 
楽しい時間でした。
 
この日は学校のイベントと重なり
少人数でしたが、通常は15名だそう。
 
幼稚園児と違いスモックに名前がないので
早く名前覚えなきゃ。
 
 

友人とは、私が20代の頃に絵が縁で知り合い、
もう四半世紀の付き合いになります。
 
しばらく会ってなかったのですが
思い出し、声をかけてもらい本当に有り難い。
 
友人は
「忙しい時は休んでいいからね」
と言ってくれるし、
講師がひとりではないというだけで安心です。
 
 
 
新しい素敵なご縁も
{FF1CFDE2-8284-4892-AECF-A8D3345C4DF1}

この子は5年生のMちゃん。

友人は学習塾も営んでいて、

その塾に通っている生徒さんです。


土日限定でネイルを塗りイヤリングもしている

とってもお洒落な女の子。

(髪型かぶってます笑)

 

友人が絵画教室が忙しい!とボヤいていたら

絵を描くことが好きなのもあり

お手伝いを買って出てくれて、

今回で3回目のお手伝いだそうです。

 

よくお手伝いもしてくれるし、

お手伝いが終わると生徒と一緒に絵も描きます。

 

最初は恥ずかしそうに

「り…え、ちゃん」

(って呼んでいいの?)といった感じでしたが

 

恥ずかしそうにしながらも、

私の手をつかみ

「可愛いネイル」

「可愛いブレスレット」

とか、

「りえちゃんって外国の人みたい」

なんて可愛いことを言ってくれます。

 

「Mちゃんこそお洒落で外国の子供みたいだわ」

って言ったら

「いやいや、ぜんぜんっ!」

って大人みたいに謙遜されました(笑)

 

「りちゃんはどこで洋服買ってるの?」

「シャンプーは何を使ってるの?」

 

Mちゃんのママよりずっと年上の私ですが、

妹のような可愛いMちゃんと会えるのも

これから楽しみです♡ 

 

 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
image
「 月に問う 」 P8 キャンバス 油彩

 

 
空を見上げたからなのか?
何か思い悩むならなのか?
月を見ると自然と何かを問いかけているような気がします。
 
それを友人に話したら
「人は 思うことがあるとき 空を見上げる」
と言われました。
 
小学生も中学年の頃、
月は夜にしか出ないものだと思っていた私は、
真昼に月が出ていることに初めて気がついた日
宇宙で何かが起きたのかと思い、怯えたおバカさん。
 
自分の子供の頃を思うと
物事を複雑に捉え、いつも何かに思い悩んでいたような、
ちょっと可哀想な子だと思っていたけれど
 
この友人の言葉から、空を見上げることもない
呑気な子供だったんだなと知ったっけ。
 
 
月は、その姿を変えたり隠したりするけれど、
本当はいつもまん丸い。
 
自分や人の気持ちも、見え方が変わると
不安になったり安心したり。
でもそれでひとつのまん丸なのだ。
 
 
「そこから月は見える?」
「お月様見て、綺麗だよ」
 
言うのも言われるのも嬉しい言葉。

月が好き。
 
いいね!した人  |  リブログ(0)