カウンセリングルーム マグノリア

ホームページ:magnolia-counseling.net
メール:matsumura@magnolia-counseling.net
電話:048-229-0135


テーマ:

カウンセリングを受けようかと迷う方には、

 

「自分で散々考えても解決できなかった事を、人に話したところでどうにもならない」

 

と思っている方もいらっしゃるかと思います。

 

 

またこれは先日クライアントさんが言っていたことですが

 

「(自分の悩みに対しての)今まで色々な本を沢山読んだんですがね、(解決しなかったし)」

 

これは勿論私もですが、何か悩みがあり自分で散々考えたとしても、

頭の中だけでは、ぼんやりと思い浮かべているだけで、明確に何をどうしたいかまで至っていないことが多いのです。それでは解決策にも届くことはありません。

 

また 本を読んでも、人とは無意識に自分に都合の良い部分だけしか頭に入れていないことも多く、

それはつまり、今までの「自分だけの考え」に何もプラスされていないということです。

 

カウンセリングとは、カウンセラーがただお話を聞いているだけではありませんが、

 人、それも利害関係のない人間と対話することにより、頭の中にあったものを「外」に出します。


言葉にする=頭の中から外に出す

カウンセラーに説明する=並べる・整理


これだけでも自分の状態や考えをしっかりと意識でき、自分はどうしたいのか等も客観的に見つめ整理することができるのです。

 

例えば、「彼にふられて辛い」という人は、「辛い」のは自分でも分かるでしょうが、

「何がどう辛いのか? どうだったら良いのか?」と質問されたら、答えは人によって異なります。

 

この普段から出来ていると思っている気持ちの整理と確認とは、「自分のこと」なので「出来ている」「分かってる」と思うからこそ難しいのですが、これがとても大切なのです。

 

と、

これを私がカウンセリング中に言っていないのに、先日症例をお願いしたクライアントさん【 誰も悪者がいない中で 】からご報告のメールをいただいたのですが、ご自身が整理と確認が大切だと感じられたようでメールの中に書いてありました。

 

他にも、「結果」を気にするよりも自分が行動したことにより得たものについても書いてあり、

素晴らしいご報告でしたのでご紹介させていただきます。

 

※お見せ出来ない内容をたくさん削除しているので読みにくいかも知れません。

 

 

 

>松村先生へ

 

>こんにちは。○○のAです。

>先日は楽しいセッションをありがとうございました。やはり直接お会いできてよかったです。

 

 

(いつも真剣で、笑わせるつもりは全くないのですが、大笑いされて「楽しかったです!」とよく言われます。)

 

 

>その後のことはご報告しますね!と約束しましたので、お知らせいたします。

 

>(ここでAさんがある行動を起こしました。)精一杯でしたが、そこには「私が******した。」という事実が生まれました。

 

>なににせよ、ずっとモヤモヤしていた一歩を勇気をもって踏み出すことができたのは、松村先生とお話しできたことが最後の後押しとなったことに間違いはありません。

 

>その後の先生のブログも読ませていただいて、改めてとても勉強になりました。

 

>中でも、「人の気持ちを失うことの怖さ」が無かったぶん。というのが印象的でした。

振り返ってみると本当にその通りです。

>そしてただ一つ、子供の頃にあったことを思い出しました。

 

(学生の頃にあった出来事を思い出し、その内容が書いてありました。)

 

>もうそのようなことはしたくない。と思って周りにいる人に対して、よくもわるくも全部気持ちを言ってしまったり、そうなる前にもう自分から距離を置こうという行動をしてしまったりするもかもしれないな。

なんてことも思いました。

 

(カウンセリングでも、催眠療法では特に、受けて自分の気持ちを明確に知った後には、どんどんと今の自分を悩ませていたもの、動きにくくさせていた出来事を思い出すようになります。)

 

>もしかしたら、その頃から「人の気持ちを失うこと」にはじめて触れてそれを今まで引きずってきたのかもしれません。

>とても悲しかったのだと思います。

 

>本当に誰も悪者がいない中だったからだと思います。

 

>先生とお話しできて、とてもヒントになったり整理できたり再確認することの大切さを学びました。

>本当にお会いできてよかったです。

 

>またきっとお顔を見にゆきます。

>とりいそぎ、ご報告まで。

 

>(ご報告ですので、もちろん返信などは不要です。)

 

>A

 

Aさん、ありがとうございました。

 


 

気持ちの整理と確認は、自分の思う事をなんでも良いので紙に書き出しても効果があります。

 

しかし、これさえも無意識に「こんなこと思っちゃいけない」「こんなこと思ってしまう自分は嫌だ」との気持ちから書けないこともあります。

 

そのようなときは、カウンセリングをご利用くださいね。

 

 

  magnolia-counseling.net

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
夏が、終わりましたね〜
 
{A57DCA6B-6F58-487C-BE49-D490B54F778B}

(金魚モチーフと金魚イベントだらけの日本橋で)

 
 
私は夏生まれ。 この夏またひとつ歳を取りました。
 
それがもうこの歳までくると、嬉しいも嬉しくないもなく、
嬉しいことといえば「幾つになっても」と思えることがある時でしょうか。
 


7月に歯科医院で歯茎の歯周ポケットの検査をしてもらいました。(深いほど良くない)

歯茎には殆ど針が入らずオール最高の0.5㎜。

「(この年齢にして?)ありえないほど歯茎の状態が良い!」と先生に驚かれました。

幾つになっても「肉」が変わらない。 これ、かなり嬉しかったです(笑)

 

 
また、7月には大好きな友人2人が福岡から泊まりで遊びに来てくれました。
image
(友人・國松氏と絵理子さん)
 
深夜までお酒を飲みながらお喋りし、翌日に中央区にある築地本願寺に行きました。
 
そこでは3人とも自然とバラバラになったり一緒になったりしながら、なんと4時間近く寺で遊んでいました。
{BF953C30-170E-4E3B-96B8-D50AB51251D8} 
築地本願寺
(古代インド様式をモチーフとしたこの建物は、伊東忠太さんによる設計。当時の宗教施設としては大理石彫刻がふんだんに用いられ、そのスタイルは現在においても斬新かつ荘厳。)

 

 

 

これも、幾つになっても夢中になって遊べるのは嬉しい。

同じように夢中になれる友がいるのも幸せです。

 
{17FAEBFC-83FF-43BC-B8A9-73836175A398}image

着ているワンピースは、國松氏と絵理子さん(U,N,O,)がデザインし、誕生日にプレゼントしてくれたもの。

とてもお気に入り。プレゼントされた次の日に着て一緒に出掛けられて嬉しかった。

(U,N,O,サイト http://uniqueneworiginal.wixsite.com/unoweb )

image

前日も U,N,O, のかんざしをつけてました♪

 

 

 

そして今年の夏は、いつにも増して絵を描きました。
 
子供たちも大きくなり夏休みでもバイトや遊びばかりで昼食の心配をしなくていいなど、気持ちに余裕ができたからかな。
 
幾つになってもずっと好きなことがあるのは辛い時もあるんだけど、嬉しいことの方が多い。
 
描くのは油絵ばかりだったのを、油絵の具では表現できないと思うものがあり、
この夏は新しい絵の具(アキーラ)に馴染もうと奮闘していたのですが、なかなか馴染めませんでした。
 
苛々するし疲れるし、でも絵は描きたいしで、油絵の具を使いたくてたまらなくなりましたが、
ここで油絵の具に戻ってはいけない!と堪え
 
気分転換に、これまた苦手で挫折したパステルで半ばヤケクソで描いたり、
油性ペンで好きなものを色々描いていたら、
「私はパステルは扱えない」、絵を描く時には「細かい作業が苦手・嫌い・出来ない」と思っていたのに、
 
今やってみるとそうでもなく楽しくて楽しくて。
 
 
{42EEC214-F1F1-4B6D-B6CD-B2732034B0AA}

パステルで。(所沢あたりの夜になる前)

 

以下はペンで。

{E6C6A725-6A51-40A0-B2D1-0402A184D4E8}
【 安心 】 楽しかった時に描きました。
 
 
 
{C387CA7D-220B-4261-AFC1-7AE55A4200B2}

【 失望 】 ずどんと落ち込んだ時に。こんな時もある。

 

 

{16BA44E6-BC94-4A31-8C13-719EC1F03DE0}

【 退屈 】  退屈そうにしてる次女を見ながら。

 

{9A2B2D1D-CD8D-4F11-B89C-449B101E1EF2}

【 hair 】   髪の毛を細かく描くのが楽しかった。
 

 

使い慣れていない画材で苦戦したことで、
今まで油絵の具を使っている時にも筆使いがかなり雑だったことにも気がつきました。
 
油絵では表現出来ないと思っていたものも、ただの技術不足と無知なだけでした。
 
その点を踏まえ、やっと油絵の具に戻ることができ、今は少し大きめの油絵をのびのびと、でも丁寧に描いています。
 
これも、幾つになっても学びたいことがあり、
こうだと思い込んでいた自分とは違う新しい自分を知れたのは嬉しいことでした。
 
 
そんなこんなで今年の夏は終わりました。
 
 
あ、あともうひとつ。
 
さっきのパステルで描いた絵は、埼玉県の飯能市にある野良猫の保護施設から猫をもらいに行く途中の景色です。
 
8月の中旬に猫が一匹増えたのです。(次女が嫁ぐ時に持っていくという条件で飼うことに)
 
 
まだ赤ちゃん猫なんでね~、
家にいる間はずっと後追いされるし、細い歯でカミカミされて痛いし、
料理してれば体によじ登ってくるし、筆や鉛筆を動かしていればじゃれてきてしつこいし・・・本当にうざいのです。
 
この夏には「子供達も猫達も楽になってきたのに幾つまでこんなことしてなきゃならないんだ!」も思いました。
 
 
でもね、
 
 
 
image
 
この顔を見ると許せてしまうのです。
 
 
 
秋。
この子が生まれて初めて見るであろう、鈴虫を見せてあげよっと。
 
 
instagram :ri-riririririe
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

お子さんの問題でご相談に訪れた方の中には、

「こうなってしまったのは、私がこう育ててしまったからで、」

と、ご自分ばかり責める方がいます。

 

先日、お子さんの悩みで訪れた女性もそうでした。

 

お話を伺っているとご自身と子供のやりとりだけで、ご主人の話が全く出てきません。

 

そこで「ご主人はどう思っているのですか?」とお聞きすると、

 

「主人は何も言いません」

 

子供の事を相談しても 「ふーん」や「ママ(妻)が甘やかしてきたからでしょ。」

「どうしたらいいのかな?」と聞くと「どうすればいいんだろうね。」か「わかんない。」

という答えしか返ってこないそうです。

 

そこからご主人との関係について伺うと、

 

「仕事も忙しい人だし、あまり疲れさせてはいけないし」

と、ご主人を労わる気持ちもあるのですが、

 

「主人に相談しても、主人は何も考えていないから」とも言いました。

 

「それで不満はないですか?」 と伺うと、ご主人と仲が悪いわけではないのですが、

 

「死ぬ前にはきっと主人を恨んで死ぬと思う。

自分のことも、もっとこうしておけば良かったのにと思うことがいっぱいあると思う。」

と。

 

疲れているご主人をこれ以上疲れさせないようにと思っていたのに、

そのうち 

「主人に話しても無駄」 「聞いてくれない」と思うようになり、益々 夫には相談しないようになる。

するとご主人ももっと無関心になっていきます。

 

そして子供になにかあったら、両者ともに「妻の責任」と考えてしまう。

 

これは、よくあることなのです。

(奥さんのケースで書いてますが、逆で旦那さんの場合もあります)

 

奥さんが「子供のことを考える役割」を1人でこなしていると、旦那さんの「考える力」を奪っていってしまうことがあります。

 

夫婦だけの問題のようですが、

子供に手をやいたり世話をする事だけでなく、「子供のことを考える者」がこのように夫婦の片方だけで、片方は任せきりになってしまうと、子供も同じように「考えている方」にばかり頼るようになることがあります。

そうなると、子供が自分の気持ちをぶつけるのも「考えている方」。衝突するのも片方とばかりになりになり、そうしてまた「考えている方」は責任を感じ、問題を一人で抱え込むという悪循環が起こるのです。

 

この方の場合も、

お子さんの今の問題を含め、「ご主人の意見も聞いた」「二人で考えて決めた」のだということを、

ご主人も、自分も意識できようになる為に、ご主人との会話から変えていくことにしました。

 

 こうなってしまう原因は、「本人(妻)の自己評価が低い」「何かをすることにより他者から自分を認めて欲しいから」と言われること多く、確かにそれも要因としてあることもありますが、「パートナーへの気遣い」から始まることもあるのです。

 

 

相手のことも、自分のことも、「どちらか片方だけが疲れてる。大変」だと思うのではなく、

「お互い大変なこともある、それを助け合うのがパートナー」だと、お互いに自然に思えたらいいですよね。

 

何にせよ、相手を思う気持ちもありながら「きっと恨みながら死ぬ」なんて、パートナーの為にも自分の為にも避けて欲しいものです。

 

  magnolia-counseling.net

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ものすごく親を嫌っているのでもなく、親のことは好き。でも、「親なんて嫌い」「親はうるさい、理解がない!」なんてことを一度くらいは思ったり、親の愚痴の一つや二つがあるというのは ある意味普通のことです。

 

しかしそれが一度もない。

50代でも60代でも「(父か母、どちらかだけでも)親を嫌だと思ったこともない、嫌な面も一つもない」という方もいます。

 

親が好き。親子の仲が良い。それはとても良いことです。当然ですが虐待されていたなんてよりは はるかに良いです。

しかし物事には何事にもメリットとデメリットがあり、『好きな人とは話せない』 『他人とのコミュニケーションが苦手』『自分で大きな物事を決められない』 『パートナーと向き合えない』という方の中には、「親を嫌だと思ったことが一度もない」方が多いのです。

 

 

これは本日いらっしゃったクライアントさんが申し込みフォームの「ご相談内容の欄」に記入されたものです。 ※ご本人の承諾を得ています。


嫉妬感や思い込みのようなものをコントロールできないでいる。普段はよくてもそのような感情が出ると自分でも嫌になる。より近い距離感の人に出やすいので仲良くなってくると不安になり自然に距離をとろうとする癖があるように思う。 改善したい。


この内容は人としてとても自然なことです。

 

とても自然だと思うことが改めて書かれているので、症例に使わせて下さいとお願いしました。

 

どうでもいい人にはなんとも思わない感情が好きな人には出てくる、好きな人にはその人を失う不安や、嫌われたら嫌だという怖さが出てくることは誰にでもあります。

 

そして、本当に『ネガティブな思い込みが強い方』は「思い込みかも?」と自分の考えを疑うことも、相手に確かめようとすることもなく、即、「断定」しているので「思い込みがある」との自覚は全くありません。

 

お話を伺っていると、やはりこの方は特に嫉妬深くも、思い込みが強いこともありませんでした。 

友人からも求められ、好かれていたことも、現状を口に出すことにより思い出されました。

 

しかし、あることが重なり「自分はこんな性格だ」と思い込んでしまっていたようでした。

 

原因のひとつに、「好き」という表現にしたら軽く思えて言いたくないほど「大きな喜び」と、だからこその「苦悩」があった人との別れ。 

 

そして、最近お父様が亡くなりました。

 

「親が大好き、喧嘩もしたことがない」というほど親と仲が良い方には、親と離れて暮らしてはいても 世間という海の中で心にはいつも沈む事のない大きな船に包まれているような「安心」があります。

 

無くならない確信のある愛情をベースに、自分の力をのびのびと発揮し、どこか怖い知らずでいられ、友人との関係も、ある程度の恋愛でも、いつも「余裕」を持つことができています。それは「人(他人)の気持ちを失うことに怖さがない」ともいえます。

 

しかし、恋愛でその余裕も効かないくらい好きになってしまった人に出会ってしまった時や、親が年老いてきたり、亡くなった時に、今まで気にしていなかったことが急に不安になってしまうことがあります。

 

また、好きな人にはある程度付き合うと親のように信頼してしまい、言葉無しでのコミュニケーションが出来ている、「伝えなくても解ってくれているだろう」と思ってしまう傾向があります。

 

でも、他人では親と同じような反応ではない反応がある事は当然あるので、そうなると相手から好かれていたとしても不安になることが多くなり、「慣れていない感情」の怖さから、急に素直に話すことも出来なくなってしまうのです。

 

好きな異性でなくても、どの友人からも自分がどう思われているか不安でたまらなくなる人もいますが、このような方は、今まで「人の気持ちを失うことの怖さ」がなかった分、その恐怖はとても大きいのです。

 

この方も、この彼が初めて付き合った人ではないけれど、今まで付き合った人は今思えば楽だっただけだそうで、この彼とはまた付き合いたいのか分からないくらい「彼が怖い」というよりも「自分の気持ちの波」に「怖さ」があるそうです。

 

そんな思いが残る中、お父様が亡くなりました。

悲しいことですが、お父様の死やこの恋愛が今まで気が付かなかった色々なことに気付くきっかけにもなりました。

 

(先に書いた、「パートナーと向き合えない」そして「親が好き、嫌いな面はひとつもない」という方には、親が亡くなったことをきっかけに、パートナーと向き合わざるを得ない状態になったケースが多いです。これについてはまた別に書きます。)

 

気持ちに余裕があり、友達からいつも求められていたので自分からはあまり誘ったりすることがなかったことや、

彼に対しても、彼は素直に気持ちを表現してくれていたのに、自分からはほとんど気持ちを伝えたことがなかったと、それ(伝えること)に慣れていないということにも気が付きました。

 

それらを認め「このままでは嫌な事」の改善の為、何から始めるかも、方向性も決まりました。

 

 

誤解されそうですが、このような方々は決して親が甘やかして育てたからではなく、ただ親子の仲が良かったというだけで誰も悪い人はいないのです。

 

何事にもメリットとデメリットがありますが、この方の文章の最後にはしっかりと「改善したい。」とあります。 メリットばかりだと思っていたことにデメリットもあった。 それを、幾つからだとしても「自分でどうにかしたいと思い、実際に行動する力」が養えるよう成長したいうことは素晴らしいことなのです。

 

***********************************************************************

余談ですが、この方はなんと伊豆諸島から埼玉県のここマグノリアまでカウンセリングの為に来てくださいました。

近所の方でも遠くの方でも関係なくいつも懸命にカウンセリングさせていただいてますが、遠くから来て下さり「来てよかったです!」と仰っていただけ有難く嬉しかったです。

ブログを読んで此処を選んでくださったそうで、もっとブログ書かなきゃなぁと思い、本日早速書きました。

本当に励みになります。有難うございました。

 

 magnolia-counseling.net

 

いいね!した人  |  リブログ(0)