診察中の女児の上半身を盗撮したとして、広島中央署は15日、強制わいせつの容疑で、広島市民病院内科副部長の男性医師(40)=広島県迷惑防止条例違反容疑で起訴=を再逮捕した。同署によると、医師は「正当な診療行為であり、わいせつな行為ではない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は、医師は昨年7月、広島市外の別の病院で、診察中の当時小6で12歳だった女児の上半身をデジタルカメラで撮影したとしている。

 医師は今年5月23日、広島市中区の有料駐車場で、専門学校生の女性のスカート内をカメラで撮影したとして県迷惑防止条例違反の容疑で現行犯逮捕されていた。

 同署によると、事件後、医師の自宅から押収したパソコンのハードディスクの中から、盗撮とみられるデータが100件以上見つかっており、その中に女児の動画があった。診療室の机の上にカメラを固定して撮影したとみられ、当時診療室には看護師もいたという。

【関連記事】
高校の学園祭でも盗撮 ビデオ約650本押収 容疑の男追送検
盗撮容疑で大学准教授逮捕
スカート盗撮行為、大阪市職員を逮捕
教え子にH 「妹ほしかった」高校教諭逮捕
こちらiPodで盗撮容疑、デンソー社員を逮捕
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

大麦の新たな使い道開拓 冷たい大麦ラーメンが登場 栃木 (産経新聞)
銀座ロレックス盗、無職男2人を逮捕(読売新聞)
<地域主権改革>戦略大綱、決定先送りへ(毎日新聞)
<雑記帳>落書きカメの捕獲失敗 山梨県職員ら(毎日新聞)
<固定資産税>16年も課税対象面積100倍で計算 (毎日新聞)
AD