テルマエ・ロマエ

テーマ:

以前会社のT君から借りたのに、ちゃんと読まないまま返してしまった『テルマエ・ロマエ』。今更妙に気になって結局自分で1~3巻購入してしまった。。。ちなみに読み終わった漫画は大抵会社の本棚に勝手に寄付しているので、読みたい人はどぞー。


テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)/ヤマザキマリ


テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)/ヤマザキマリ


テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)/ヤマザキマリ
AD

Vivienne WestwoodやMARC JACOBS、PAUL&JOEなどの国内外のアタッシェ・ドゥ・プレス

業務を手掛け、また、日本でアタッシェ・ドゥ・プレスの人材育成の学長などもされている

伊藤美恵さんの著書。

少し前にNHKのプロフェッショナルの流儀でこの方を特集されており、日本にこんな方がいる

のかと軽い衝撃を受けたのだが、何に衝撃を受けたかというと、業績はもちろん、現在66歳と

いう年齢であるにも関わらず、全くそのような年齢の方には見えなかったこと。


最初は、見た目的な若さなのだろうかなどといった興味から番組を見ていたが、
番組が進む中で、手がけている領域がファッションであることや、また、アタッシェ・ドゥ・プレス

という、常に人やメディアとのコミュニケーションを扱うプロフェッショナルだからこその、

「鍛え上げられた若さ」なのだろうと感じるに至った。

番組では昨年12月に渋谷にオープンしたForever21の店舗オープンイベントにて、
商品を着せた本物のモデルを、ショーウィンドウにマネキン的にディスプレイさせるという彼女

のユニークなPR戦略などを紹介していたが、改めて彼女自身に興味を持ち、著書を読んで

みることに。


以下、印象的だったワードをメモ。


・『アタッシェ・ドゥ・プレス』とはフランス語で直訳すると『報道担当官』。プレス=メディアや

 ジャーナリストを担当する人という意味であり、メディアやジャーナリストと接しながら企業や

 ブランド、特定の商品やサービスの情報をメディアを通して消費者に伝え、販売促進や

 ブランド・イメージ向上に結び付けてゆく仕事。


・あらゆる企業の社員が自社ブランドの「代表」であり、アタッシェ・ドゥプレスである、という

 自覚が必要。


・ブランディングというのは、その企業なりブランドなり、はたまた人なりが本来持っている

 (客観的に見て)優れた要素、題材をいかに組み立てていくかということ。


・真のグローバルとは全世界的に、同時に同じ情報と戦略をもってコミュニケートすること、

 が重要。 


・お客様のほうを向いたPRの精神をクライアントの現場に伝授するには、徹底的な

 コミュニケーションが必要。そのブランドの魅力をまず見つけてあげ、そのうえで市場との

 ミスマッチを指摘し、商品の見せ方をコーチする、といった作業を何度も繰り返し、現場の

 方たちのハートをつかみ、その会社のPR部門にPRのスキルを『遺産』として伝える。


・アタッシェ・ドゥ・プレスの仕事に必要とされる条件
  1.企業やブランドという送り手側の意識に完全に同調できるということ。
  2.ユーザーである消費者の目を失わず、その視点で対象となるブランドを見据えること。
  3.この送り手と受け手という相反する両極端な立場を、常に自分の中に同居させておくこと


・『プロ魂』を持って企業やブランドの”共犯者”となり、同時に、純粋な『ミーハー心』を抱いた

 消費者であり続けること。


・日本のファッション業界のアタッシェ・ドゥプレスはあまりにファッションメディアが多様化し、

 各ブランドとメディアの関係が強固になった為に自分自身でマーケティングしたりPR手法を編み出

 したりする機会がどんどん減ってしまった。また、雑誌も内容が画一的になりつつある。


・実際に行うべき仕事の中身は、すべて「コミュニケーション」。経営者やデザイナー、開発者の経営

 方針や商品にこめた思いを、彼らと徹底的に「コミュニケーション」とることで、理解する。すなわち

 彼らの”共犯者”となる。また、販売現場の人間や実際の消費者とも「コミュニケーション」をとり、

 彼らの”代表”として市場のニーズや傾向を伝え、経営判断や商品設計に生かしてもらう。


・経営者やデザイナーといった「プロ」はややもすると、ひとりで何でも決めてしまう””独裁者”に

 なってしまうおそれがある。その判断が時代とずれていたり、市場とずれていたりしても配下の

 スタッフが否定することが困難で、また否定したとしても用意に耳を傾けない。”孤独なプロ”

 である経営者やデザイナーの「耳」となり、市場=消費者の声、すなわち”ミーハーの本音”を

 きっちり伝え、彼えらを”ハダカの王様”にしないというのがアタッシェ・ドゥ・プレスの大事な仕事。


・”共犯者”の関係を築いて初めて、いざというときに苦言を述べることができる。


・テクニックではなく人間性でメディアや人を魅了する。


自分が携わっている業界とは全く異なる世界の方ではあるが、コミュニケーションを扱うという点で

はどのビジネスにおいても通じるポイントが多い。




神泉で働くマジシャンのblog-a















情熱がなければ伝わらない!アタッシェ・ドゥ・プレスという仕事


AD

つながる技術

テーマ:

これも正月に読んだ本。正月なので本当にゆるーい感じに読める本しか手に取ってないのが分かる。


「つながる技術」といってもビジネス書のようなバリバリの自己啓発的な内容ではなく、

「きっかけはいろんなところに転がっているものです」という感じの小山薫堂さんのエッセー的な内容。

著者である小山薫堂さんについてファンというわけでもないのだが、雑誌の記事などで見かけるとなんとなく読んでしまうことが多い。読んでいて嫌な気持ちになることなく、少しワクワクさせる、そういうエピソードが書かれていることが多いイメージで、その雰囲気こそが彼のブランドなのかもしれない。

もちろん、「カノッサの屈辱」「東京ワンダーホテル」「ニューデザインパラダイス」「トリセツ」「料理の鉄人」など、子供の頃から自分の琴線に「面白い!」と触れた数々の番組の放送作家であった点というのも影響していると思う。

つながる技術―幸運な偶然を必然にするには?/小山 薫堂

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)/小山 薫堂
AD

特に期待して読んだわけではないけれど、まぁまぁ、そうでしょうそうでしょう、と頷ける内容。

なるほどな、と思ったのは、この一節。


『熱い想いをもったメンバーが集まり、プロジェクトが進んでいくなかで、別のボトルネックも現れます。それは、固定観念です。「できない」という固定観念もありますが、とくに固定観念のなかでも、プロジェクトの犠牲になりやすいのは、実は”成功体験”をもっている人ではないかと私は考えています。過去のやり方で成功しいているからこそ、そのやり方をしていれば大丈夫だと思ってしまう。その中が変化しているときでも、なかなか自分たちの世界から飛び出そうとしないのです。』


 
1の力を10倍にする アライアンス仕事術/平野敦士カール

他人のアイデアや成果を自分の手柄にし、絶対的な忠誠を強いる独裁者、と評される一方で、彼と仕事をしたいという人が後を立たないのはなぜなのか。熱狂的なファンが多いのはなぜなのか。創業した会社を自らが呼び込んだ人間によって30歳にして追い出され、11年後再び戻って来れた背景には何があったのか。その理由が彼のエピソードを元にチラリチラリと垣間見える内容。


そんなことより、iphone欲しー。

スティーブ・ジョブズ神の交渉力

佐藤可士和の超整理術

テーマ:

アートディレクターやクリエイティブディレクターである彼がなぜ整理術の本なの???と思いつつも、最近雑誌で取り上げられる機会の多い彼のオフィスや、彼のデザインから感じるスクエアなイメージを想像するとなんとなく納得。「空間」「情報」「思考」について実例をあげながら、どのようなプロセスで整理するのかを解説、特別難しい事が書いてあるわけでもないので読みやすく、内容も至極当前のことばかりが書いてあるのだが、うっかり忘れてしまいそうなこういうポイントを改めて振り返るには良い機会かも。



佐藤可士和の超整理術/佐藤 可士和
¥1,575
Amazon.co.jp


kashiwasato.com

デトロイト・メタル・シティ

テーマ:

以前、会社の人に何気なく薦められて読んだ漫画の2巻と3巻が書店にあったので購入してしまう。カヒミカリィが好きなちょっとひ弱キャラの主人公「根岸 崇一」が、実はカリスマデスメタルバンド『デトロイト・メタル・シティ(DMC)』のボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」であるというお話。本人の目指す音楽は「オシャレポップ」系であるが世間に全く受け入れられず、逆に自分の最も理解できないジャンルでその才能を開花させてしまうというギャグ漫画だが、くだらなさ過ぎてgood。



若杉 公徳
デトロイト・メタル・シティ 2 (2)

若杉 公徳
デトロイト・メタル・シティ 3 (3)

Web Campaign

テーマ:

29manさん ことビーコン・コミュニケーションズの渡辺英輝さん他、Web広告の最先端で活躍されている4名がその実例を挙げながらWebキャンペーンの仕掛けについて解説。その中からメモ。



「アイデアのチェックポイント」

 

1.  課題の解決になっているか

2.  技術に負けていないか

3.  ひとことで説明できるか

4.  化学変化を試しているか

5.  コミュニケーションをつくれているか

6.  ツッコミを入れたくなるか

7.  課題の本質を見つめつづけているか(ふたたび)

8.  インターネットに閉じこもっていないか

9.  自分にしかできないものか

10. ユーモアがあるか

11. 「もてなし」の精神が入っているか

13. で、おもしろいか?



「DRIPメソッド」

 

1.Deep    一歩踏み込んだ深い関係

2.Interactive    対話から成り立つ関係

3.Participation   参加して実感

4.Repeat       誰かに紹介したくなること

 

 

渡辺 英輝, 阿部 晶人, 螺澤 裕次郎, 伊藤 直樹
Webキャンペーンのしかけ方。 広告のプロたちがつくる“つぎのネット広告”

義理と人情

テーマ:

基本的に本を読むのは好きだが、言葉の力というか、書き方次第で「もっともらしく」見せることができてしまうのが文章の怖さでもあり、故にエッセーや自伝的なものはあまり好まない。もっと言うと、文章のうまい人程「この人の実態はどうなんだろう?」と思ってしまうことが多い。


とはいいつつも、思わず読んでしまったのが、この本。その辛口な発言や言動、数々の番組司会をこなすイメージから、ずっとテレビの世界で活躍していた人という印象を受けがちだが、実は放送の世界から10年近くも離れていた時期があり、そこで彼が味わった挫折やテレビに対する思いについての記述が興味深い。


みの もんた
義理と人情―僕はなぜ働くのか