奇術の日

テーマ:

そういえば、12月3日は奇術の日。

 

 

今日は何の日12月3日 より

 

>奇術の日 

>日本奇術協会が1990(平成2)年に制定。

>奇術(手品)につきもののかけ声「ワン(1)ツー(2)スリー(3)」より。

 

ちなみに、3月21日は、催眠術の日なのだそう。

 

>催眠術をかける時のかけ声「3、2、1」から。

 

そう言われると確かに、催眠術は、逆からカウントするなぁ。


AD

ショッピング検索が面白い

テーマ:
ショッピング検索が面白い-japan.internet.com

> Froogle 」は節約するという意味の「 frugal 」
>と「 Google 」を組み合わせた名称であり、
>「 Smart shopping through Google 」の意である、
>とされている。
AD

ビル・ゲイツ 大英勲章授与

テーマ:
ゲイツ氏に英女王から大英勲章授与-ITmedia-

>米Microsoftのビル・ゲイツ会長が3月2日、英
>バッキンガム宮殿で開かれた式典で、英国女王
>エリザベス2世からから大英勲章を受け取った。
AD

マネキン・ロボ

テーマ:
スーパーモデルの動きをするマネキン・ロボが登場--日本SGIなど開発


>日本SGIと、ロボットのデザインを行うフラワー
>ロボティクスは2月28日、共同で開発したマネキ
>ン型ロボット「Palette(パレット)」を製品化
>すると発表した。年内に事業計画を策定し、ア
>パレル業界を主なターゲットとして販売する。

スーパーアフィリエイター

テーマ:
「私はこうして月30万円を稼いだ」--スーパーアフィリエイターの実態-CNET Japan-

> kabo氏が運営するサイトは、主婦などの女性
>をターゲットとする「ぷっち・も~る」

凄い。「はじめまして」や「サイトマップ」まできちんと設けられており、それでいてシンプルにまとまっている。blogなんかもあったりして、主婦が作っているとは思えない。


> 同サイト運営にあたってkabo氏が気をつけてい
>ることは、「訪問者を迷子にさせないナビゲーショ
>ンにすること」「できるだけ商品情報を的確に伝
>えるよう、わかりやすい画像を使うこと」「ひと
>つの商品でも複数のショップを探し、値段、送料、
>対応などを検討した上で掲載すること」などだ。
>「商品の写真を単に並べるだけでは意味がない」
>というkabo氏は、1ページにつき1商品、1ページ1
>テーマなど、ターゲットを絞り、自分の言葉で商
>品を説明しているという。また、リンク先のショッ
>プも常にチェックし、リンク切れはないか、売り
>切れ商品がないかなどを確認して無駄なページを
>残さないようにすることはもちろん、実際に物品
>を購入するのはリンク先となるため、リンク先の
>ナビゲーションや評判の善し悪しも確認し、物品
>購入率の向上に努めているという。


天晴。個人的に要注目サイトに認定。
アマゾンが、ブログサイト「43 Things」に投資

アマゾンの新たな展開ということで、ビジネス的にも興味深いニュースではあるが個人的には、投資先の「43 Things」にも興味を持った。

>43 Thingsでは、まずユーザーが実現したいことを最大
>43項目までリストアップする。その後、ユーザーはコメ
>ントを書き込んだり、実現した項目にチェック印を付け
>たりしていく。他のメンバーのリストを見ることも可能だ。
>現在7300人以上がリストを作成しており、誰でも閲覧が可
>能。項目は、漠然としたもの(例:きちんとする)から具
>体的なもの(例:キルケゴールの著作をたくさん読む)に
>至るまで多岐に渡る。


「お金を貯める」とか、「ダイエットする」といった目標の進捗を記録するためにブログを書いている人は多いが、それを逆手にとったというか、先にいくつかのカテゴリを与えてしまう、そして同じ目的の人同士をSNS的に繋げていくというのは面白い。日本でも「Seesaa ブログ」がダイエット履歴の管理機能を持っているらしいが、こういった、自己実現支援ツール的なサービスはどんどん出てくるかもしれない。携帯でも利用できたら便利かも。


一言で言うと「一つのブログで夢は必ずかなう」って感じか(笑)。


追記:
最初に記載した「ビジネス的にも興味深いニュース」という部分ですが、自分がイメージした事と近い内容を記載しているブログがあったのでそちらを引用。

>ソーシャルネットワーキングサービス(SNS:参考→)的
>な要素に「共通の目標」という強いコミュニティ意識を
>関連付けた同サービスの中でアマゾンの商品(本やDVDな
>ど)が取り上げられれば、それが大きな影響力を持つこと
>は容易に想像できます。また(論理に飛躍はありますが)
>アマゾンのアフィリエートを導入している個人ブログをア
>マゾンが束ねることにより、影響力のある個人ブログが検
>索結果に名を連ねる、などということもあるかもしれません。
(引用元:adlogさん)