Sumo

テーマ:
ミニチュア風に撮ってるようで、実際にミニチュア。

$神泉で働くマジシャンのblog-sumo
AD

【Open-Iセミナー2011「坂本貴史/Web製作者の為のIAワークショップ」】に行ってきました。

ちょうど『IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術』 を購入しようと思っていた矢先に

このイベントがあるということ社内の掲示板で知るという、なんというベストタイミング。


 IA(Infomation Architecture)とは何かというと、wikipediaから丸パクリすると
---------------------------------------
情報アーキテクチャ(Information Architecture)は、知識やデータの組織化を意味し、「情報を

わかりやすく伝え」「受け手が情報を探しやすくする」ための表現技術である。 ウェブデザイン

の発展に伴い、従来のグラフィックデザイン(平面デザイン)に加え、編集・ビジュアルコミュニ

ケーション・テクノロジーを融合したデザインが要求されるようになった。情報アーキテクチャは

これらの要素技術を組み合わせた、わかりやすさのためのデザインである。

---------------------------------------

ということ。


自分の仕事を振り返ってみると、IAを意識しないと成立しない業務やプロジェクトに常に携わっ

てきたわけで、それは例えばECナビで商品データの構築やコンテンツページをプランニング

する時もそうだし、他社と提携して新規でサイトを作りましょうとか、また、ちょうど今携わって

るadingoのFluctのプランニング周りなどもそうだったりする。
ただ何かしらIAについて考えるべき時に、過去の成功事例や経験から身についた知識、そし

て慣習的な方法論も多かったり(極端な言い方で例えると「これって何でここにあるの?」

「前からそうだったから」みたいな)で、今一度自分自身考え直してみたいと考えていたところ

である、と。。。


ワークショップは既に銀座や大阪でも開催されているとのことで、著者の坂本貴史氏【ネット

イヤーグループ(株)】による講義と、実際に例題として配られたプリントに回答してゆくという

形式。また、回答のプロセスについて隣の席の人とペアワークで解いたり、自分の回答例を

プレゼンしたりという内容で、実際に手を動かすことで理解を深めようという構成の3時間。


本書、IA THINKINGでは、


1.IAというスキル
2.情報分類とメニューの最適化
3.サイトストラクチャの理解
4.ナビゲーションパターンと用法
5.ユーザー行動と画面設計
6.ワイヤーフレームの設計
7.ケーススタディ
Appendix


という構成となっているが、今回はこの中から特に3つ
を中心に取り上げて講義がされていた。


3.サイトストラクチャの理解
4.ナビゲーションパターンと用法
5.ユーザー行動と画面設計



今回のワークショップを通じて、また本書を読んでみて改めて思ったのは、
実業務に当てはめて考えたり、頭と手を使う作業を通じて初めて理解できるということ。
これはマネジメントの本を何冊読んでもマネジメントスキルが身につくわけではないのと同

じで、ある意味、実業務を日々触れている人だからこそ、読むべき本。
そして、それはデザイナーやシステム開発といった制作サイドに限らず、コンテンツに携わ

る全てのスタッフに言えると感じる。


ワークショップで使用されたスライドは著者、坂本貴史氏のブログでも
閲覧できるとのことです。

bookslope blog




神泉で働くマジシャンのblog-ia_thinking




IAシンキング Web制作者・担当者のためのIA思考術/坂本 貴史
AD

テルマエ・ロマエ

テーマ:

以前会社のT君から借りたのに、ちゃんと読まないまま返してしまった『テルマエ・ロマエ』。今更妙に気になって結局自分で1~3巻購入してしまった。。。ちなみに読み終わった漫画は大抵会社の本棚に勝手に寄付しているので、読みたい人はどぞー。


テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)/ヤマザキマリ


テルマエ・ロマエ II (ビームコミックス)/ヤマザキマリ


テルマエ・ロマエ III (ビームコミックス)/ヤマザキマリ
AD

Vivienne WestwoodやMARC JACOBS、PAUL&JOEなどの国内外のアタッシェ・ドゥ・プレス

業務を手掛け、また、日本でアタッシェ・ドゥ・プレスの人材育成の学長などもされている

伊藤美恵さんの著書。

少し前にNHKのプロフェッショナルの流儀でこの方を特集されており、日本にこんな方がいる

のかと軽い衝撃を受けたのだが、何に衝撃を受けたかというと、業績はもちろん、現在66歳と

いう年齢であるにも関わらず、全くそのような年齢の方には見えなかったこと。


最初は、見た目的な若さなのだろうかなどといった興味から番組を見ていたが、
番組が進む中で、手がけている領域がファッションであることや、また、アタッシェ・ドゥ・プレス

という、常に人やメディアとのコミュニケーションを扱うプロフェッショナルだからこその、

「鍛え上げられた若さ」なのだろうと感じるに至った。

番組では昨年12月に渋谷にオープンしたForever21の店舗オープンイベントにて、
商品を着せた本物のモデルを、ショーウィンドウにマネキン的にディスプレイさせるという彼女

のユニークなPR戦略などを紹介していたが、改めて彼女自身に興味を持ち、著書を読んで

みることに。


以下、印象的だったワードをメモ。


・『アタッシェ・ドゥ・プレス』とはフランス語で直訳すると『報道担当官』。プレス=メディアや

 ジャーナリストを担当する人という意味であり、メディアやジャーナリストと接しながら企業や

 ブランド、特定の商品やサービスの情報をメディアを通して消費者に伝え、販売促進や

 ブランド・イメージ向上に結び付けてゆく仕事。


・あらゆる企業の社員が自社ブランドの「代表」であり、アタッシェ・ドゥプレスである、という

 自覚が必要。


・ブランディングというのは、その企業なりブランドなり、はたまた人なりが本来持っている

 (客観的に見て)優れた要素、題材をいかに組み立てていくかということ。


・真のグローバルとは全世界的に、同時に同じ情報と戦略をもってコミュニケートすること、

 が重要。 


・お客様のほうを向いたPRの精神をクライアントの現場に伝授するには、徹底的な

 コミュニケーションが必要。そのブランドの魅力をまず見つけてあげ、そのうえで市場との

 ミスマッチを指摘し、商品の見せ方をコーチする、といった作業を何度も繰り返し、現場の

 方たちのハートをつかみ、その会社のPR部門にPRのスキルを『遺産』として伝える。


・アタッシェ・ドゥ・プレスの仕事に必要とされる条件
  1.企業やブランドという送り手側の意識に完全に同調できるということ。
  2.ユーザーである消費者の目を失わず、その視点で対象となるブランドを見据えること。
  3.この送り手と受け手という相反する両極端な立場を、常に自分の中に同居させておくこと


・『プロ魂』を持って企業やブランドの”共犯者”となり、同時に、純粋な『ミーハー心』を抱いた

 消費者であり続けること。


・日本のファッション業界のアタッシェ・ドゥプレスはあまりにファッションメディアが多様化し、

 各ブランドとメディアの関係が強固になった為に自分自身でマーケティングしたりPR手法を編み出

 したりする機会がどんどん減ってしまった。また、雑誌も内容が画一的になりつつある。


・実際に行うべき仕事の中身は、すべて「コミュニケーション」。経営者やデザイナー、開発者の経営

 方針や商品にこめた思いを、彼らと徹底的に「コミュニケーション」とることで、理解する。すなわち

 彼らの”共犯者”となる。また、販売現場の人間や実際の消費者とも「コミュニケーション」をとり、

 彼らの”代表”として市場のニーズや傾向を伝え、経営判断や商品設計に生かしてもらう。


・経営者やデザイナーといった「プロ」はややもすると、ひとりで何でも決めてしまう””独裁者”に

 なってしまうおそれがある。その判断が時代とずれていたり、市場とずれていたりしても配下の

 スタッフが否定することが困難で、また否定したとしても用意に耳を傾けない。”孤独なプロ”

 である経営者やデザイナーの「耳」となり、市場=消費者の声、すなわち”ミーハーの本音”を

 きっちり伝え、彼えらを”ハダカの王様”にしないというのがアタッシェ・ドゥ・プレスの大事な仕事。


・”共犯者”の関係を築いて初めて、いざというときに苦言を述べることができる。


・テクニックではなく人間性でメディアや人を魅了する。


自分が携わっている業界とは全く異なる世界の方ではあるが、コミュニケーションを扱うという点で

はどのビジネスにおいても通じるポイントが多い。




神泉で働くマジシャンのblog-a















情熱がなければ伝わらない!アタッシェ・ドゥ・プレスという仕事