東日本大震災復興支援活動


「笑顔ニコニコを届けるプロジェクト」




6月21日22日の2日間、被災地へ行ってまいりました。




2日目は大塩の「いずみの郷」。


前日は6時間の運転車&ショー演劇&後片付けあせるで、ちょっとお疲れモードでしたが


笑顔ニコニコを届けてきましたよビックリマーク






今まで、ショーの後に、皆様から頂いている


Tシャツ・ノートへのメッセージも書いていただきました。メモ








後で、皆様から頂いたメッセージを見るのがとても嬉しいアップ


支援活動を続ける源の一つですね音譜








ショーが終わってから、復興支援団体「プラス・ネオ」の皆さんと


野蒜駅や東名の冠水地域を見て回りました。


野蒜駅は仙石線の駅で、いまだに電車が通っていない場所です。


いまだに、電車が通っていない場所もあるんですよ。。。


以前は

未設定


信号は倒れ




1338050513144.jpg


駅の中には入れません。


隣にあったコンビニは崩壊してました。





道路標識は倒れて・・・。標識って大きいんだなーと、思いました。


これが、上から落ちてきたらと思うと、ぞっとします。。。







現在は、復興が進み



駅内部はきれいになり、コンビニができていました。









でも、電車がまだとおっていません。



現在、この地区の駅は、高台に移す予定で、準備をしています。




そして、東名の冠水地域


初めて、訪れた時には衝撃で言葉にできなかった場所です。


昨年2013年に来た時にも、まだ、水は抜けてませんでした。




こちらは2011年の時の写真です。

未設定




2012年の写真。







そして、今回














堤防を直して、海水はほぼ抜けてました。


目に見えて復興が進んでいます。





復興が進むという事は、どんどん崩壊した建物などが壊されていくことになります。


この写真は、海に近かった鳴瀬二中です。


窓には壊される直前までSOSの文字が掲げられていました。


初めて訪れた時は、二中の卒業生の方から案内をされ中へ・・・。


海側の校舎には2階フロアーの1メートル60センチ位まで、海水がきた跡がありました・・・。


ちなみに2階建てです。。。




この、鳴瀬二中も取り壊されていました。




街並み、風景がどんどん変わってきてます。


建物などは、これからどんどん新しくなって、震災の事を忘れてしまうかもしれません。




ですが、人間の心の中には、まだまだ、震災の爪痕が残っています。




今後、心の支援、そして、コミュニティーの支援はますます必要になってくると思われます。




マジシャン・カズは今後も可能な限り


「笑顔を届けるプロジェクト」


心の支援


コミュニティー支援を続けていきたいと思っています。






AD