今日も疲れた

テーマ:
評価損益
-6,776 円
保証金維持率
406.65 %
売建
0 円
買建
8,027,000 円
合計
8,027,000 円

ハイテクはそう悪くないような感じだか。


まあ、指数が上がってくれなくてはどうしようもないんだが。


ガソリン暫定税率の一般財源化というのは、いいことだな。国交省から財務省に金が移れば、金融庁も気持ちに余裕ができて、銀行に対する融資規制を多少緩めてくれるかもしれない。


何とかしてくれないと、みんな干上がっちゃうよな。


投資状況
総資産残高
39,109,528 円
うち現金部分
7,559,728 円
うち有価証券等
31,549,800 円


明日も相場の神様に愛されますように

AD

メモ

テーマ:
株価= 一株当りキャッシュフロー

国債利回り+リスクプレミアム - 成長率

一昨日国債の利回りについて考えたのは、国債利回りも株価を決定する要因だから。

AD

それもいいだろう

テーマ:
評価損益
107,446 円
保証金維持率
563.93 %
売建
0 円
買建
5,906,500 円
合計
5,906,500 円

日銀総裁の話はどうなったのだろうか。


金融庁の指導で、銀行が融資をかなり絞っているだろうことは明白。たとえばアーバンの株価を見ると、2005年末が一番天井、2007年中ごろが二番天井。2007年中頃以前のどこかで、金融庁は景気を冷ますということを決定したんだろう。


普通の国なら、公定歩合を上げて景気を調整するんだろうけど、日本の場合、不透明なやり方をするよな。国債の金利が上がると、国債の借金の金利が払えなくなってしまうから、ということなんだろうけど、きわどいことをやってるなと思う。


アメリカが金融を緩和しても、金融庁は銀行への指導の手綱を緩めていないらしい。新興不動産はさがりっばなし、手綱を緩めることのさきがけのようなニュースも聞かない。日本の財政は悪化していて、劣悪な選択肢しか残っていないということなんだろう。景気がよくなって金利が上がっても困る、景気が悪くなって銀行がつぶれても困る、ということで、裁量行政みたいなことをやっているのだから、気分の悪くなるような綱渡りだ。


日銀はいらない。日銀総裁なんていうのは誰でもいい。金融庁が独立して景気を管理しているんだからな。


今から思えば、グレーゾーン金利撤廃、サラ金規制が、最初だったような。高金利に苦しむ庶民を助ける、なんていう建前だったけど、そんなわけはないよな、とは思ってた。金融引き締めの小手調べだったんだな。



投資状況
総資産残高
39,905,076 円
うち現金部分
7,539,176 円
うち有価証券等
32,365,900 円


明日も相場の神様に愛されますように

AD

負けても負けてもアドバンテスト

テーマ:
評価損益
49,824 円
保証金維持率
329.86 %
売建
0 円
買建
9,951,000 円
合計
9,951,000 円

うちの小学5年の兄ちゃんが、「ロボット教室に通いたい」というので、今日50万出金。

建設的なことに私の資金を使ってくれるのなら、出金もやむなし。今日の50万は一年後の60万(の予定)だから、できるだけ出金はしたくないが、まあ、いいだろう。


昨日と今日、信用で1000万買って、とりあえずはこれくらいでいいだろう。内需は買う気になれない。ハイテク、ハイテク。


投資状況
総資産残高
39,179,576 円
うち現金部分
7,418,176 円
うち有価証券等
31,761,400 円


明日も相場の神様に愛されますように

底の形を整えてきた銘柄もある

テーマ:
評価損益
88,406 円
保証金維持率
565.02 %
売建
0 円
買建
5,906,500 円
合計
5,906,500 円

ハイテクを新規買い。


買うのも、1月安値より3月安値のほうが高い銘柄を選びたい。


日経平均は権利落ちを埋められなかったが、私の持ち株は権利落ちを埋めてくれた。ちょっと気分がいい。


投資状況
総資産残高
39,980,776 円
うち現金部分
7,918,176 円
うち有価証券等
32,062,600 円


明日も相場の神様に愛されますように

優待ゲットだぜ

テーマ:

信用建玉なし


昨日買ったシャープとエルピーダは売埋。20万ほどの利食い。


するすると騰がるから、なかなか買うチャンスはないが、押したら買いたいというスタンスは継続。弱気もまだ残っているだろうから、大きく押す場面もあるだろう。


あまり信用で配当の権利は取りたくないよな。空売りで配当を払うのがいや、というのは気分的な問題だけど、信用買いで配当をもらうのは明らかに損だもん。明日は配当分だけ安く始まるし、配当分が入るのは3ヵ月後だし、その配当分からは税金が引かれてるしで、いいとこなし。

それは現物も同じなんだけど、現物はある程度長期だから、たまたま権利確定日をまたぎました、ということはあるだろう。でも信用は短期なんだから、あえて権利を取る必要はない、というか権利は要らない。


毎月配分型ファンドがばかばかしいのと同じ。


でも優待は楽しみだったりするんだよな。


投資状況
総資産残高
39,905,986 円
うち現金部分
7,921,786 円
うち有価証券等
31,984,200 円


明日も相場の神様に愛されますように



配当払うのはいや

テーマ:
評価損益
15,859 円
保証金維持率
811.79 %
売建
0 円
買建
3,975,000 円
合計
3,975,000 円

アメリカも高いし、鉄でも売ってやろうかと思うんだけど、今日売っちゃうと配当を払わなくてはいけないからなー。


おとなしくしてよう。


配当をもらうのはいいけど、払うのは気分的にいや。



投資状況
総資産残高
38,848,786 円
うち現金部分
7,724,786 円
うち有価証券等
31,124,000 円


今日も相場の神様に愛されますように

脊髄に冷や汗

テーマ:

株はものすごい下がり方をするけど、株をやらない人はけっこうニコニコ普通に生活してるんだよね。

まあ、そういうものだろう。

2002年末の中低位株大暴落の時も、世界は平和だった。脊髄に冷や汗をかいているのは私だけかと思うほど。

でも、この世界が何年か続いたからといって、これから何十年もこのまま続くと簡単に考えてしまうのはどうだろうか。私なんか団塊ジュニアの世代だから、私の周りの友達は、けっこうマンションなんか買ったりしている。3500万の物件を25年ローン。こういうのはかなりのハイリスク。長期金利が25年今のままならいいけど。で、25年のリスクをとって残るものが、築25年のマンションでは、ローリターンだよな。


この世界の面白いところは、「変化する」というところなんだから、「変化しない」なんていうのに金を張るのはどうなんだろう。それも変化しないという確信があるわけでもなく。

「生まれてきたから生きてます」というのでは、悪くはないとは思うけど、ささやかすぎるとは思う。

よくなってきた

テーマ:

信用建て玉なし


よくなってきたな。押し目を買いたい。


商品が下げている、というのが心強い。だから買うといっても、鉄、非鉄、商社、海運、という所は買えない。資源株がしょぼいと仮定すれば、内需系、建設、銀行、不動産、中低位、という所が、ジャンジャン騰がるということは考えにくいよなー。騰がったとしても、想定内のリバウンド程度だろう。

残るはハイテクということになるが、信用枠でのハイテクというのは苦手なんだよな。


まあ、現物でハイテクをびっちり持っているし、そう信用で無理することもないか。


投資状況
総資産残高
38,940,386 円
うち現金部分
7,728,986 円
うち有価証券等
31,211,400 円


来週も相場の神様に愛されますように

救われた

テーマ:
評価損益
212,571 円
保証金維持率
575.00 %
売建
0 円
買建
4,938,000 円
合計
4,938,000 円

私の信用の買いは、救われた。


80万利食いして、評価損益が20万のプラスだというのだから、逃げ切ったと考えていいだろう。


でも、今日の上げ方を見ても、よろしくはないな。残った8306と6301は金曜の寄り付きで切ることにする。


投資状況
総資産残高
37,639,242 円
うち現金部分
7,444,742 円
うち有価証券等
30,194,500 円


明後日も相場の神様に愛されますように