五月も終わりです

テーマ:
信用評価損益
87,107 円
売建
16,051,000 円
買建
0 円
合計
16,051,000 円

現物の三菱重工18000とJR西日本10を寄り付きで売りました。三菱重工は60万、JR西日本は10万ほどの損でした。重工での60万の損は重工に預けたものと考え、近い将来重工から返してもらうつもりでいます。


投資状況
総資産残高
28,906,689 円
うち現金部分
12,364,089 円
うち有価証券等
16,542,600 円


今日で五月も終わりです。四月の終わりで総資産残高が28132000円、信用の含み益が14782円だったので、総資産残高がプラス774689円、信用の含み損益がプラス72325円、足して五月は実質847014円のプラスということになりました。総資産に対して3パー程度の増加、私の地力から考えれば、上出来でしょう。難しい相場展開の中、信用の空売りになかなか利が乗らず、現物の大明と椿本チェインに助けられた感じです。


来月も相場の神様に愛されますように

AD

弱気継続

テーマ:
評価損益
67,589 円
売建
16,051,000 円
買建
0 円
合計
16,051,000 円

今日もいい感じであがりました。もうそろそろ売り時だろうと考えています。空売りの含み益も減ってきてmagamが強がりを言っている、と考える人もいるでしょう。私が勝つか買い方が勝つか楽しみな展開になってきました。


明日から売る準備を始めます。まず、総資産に対して現物の割合が過大なので、三菱重工とJR西日本をきろうと思います。新規の売りは水曜から開始予定です。



投資状況
総資産残高
28,711,089 円
うち現金部分
3,656,089 円
うち有価証券等
25,055,000 円


明日も相場の神様に愛されますように

AD

株と私と仕事と涙

テーマ:

私が働いている会社は某大手電機メーカーにごみ処理を委託されて、まあそれについての仕事をしているわけですが、たまにその日常業務以外の仕事を引き受けたりしています。その仕事というのがろくでもないものばかり。


先日は大手電機メーカー社員の部屋の片付けというもの。その部屋があまりに汚くて、近所からの苦情が直接大手電機メーカーの総務にいき、総務も困って結局うちに回ってきたというもの。私とじいさん二人で二トントラックのヒラボディーを使い、そいつのマンションに行ってきました。チャイムを鳴らすと、どうぞ、と言うので、ドアを開けてみました。




ふむ、新聞紙が60センチの高さでずーと隙間無く部屋の奥までつづいていました。




新聞がたくさんあるという話は聞いていたのですが、予想をちょっと超える量だったので、一瞬にして精神的にへこみました。


仕事ですから仕方ありません。新聞紙をよじ登り、家主のところに行き、この新聞紙を引き取らせていただくことになりました、みたいな挨拶をさせていただきました。その家主というのは年は40ぐらい、ちょっと小太りで、生きてんだか死んでんだかわかんない感じで、私の挨拶にもあーとかなんとか言ってました。個人的に話すことも無いので、早速新聞紙の回収を始めたんですが、使ったパンツだとかシャツだとか手紙だとか小銭だとか、新聞層の間から出てくるわけです。パンツ入りの新聞紙というものは紙屋で引き取ってくれないので、新聞以外のものは燃えるもの燃えないものに分けてゴミ袋に入れさせていただきました。驚いたのはトイレも風呂場も新聞紙でいっぱいだったことです。こいつ風呂はどうしてたんだろう、銭湯にでも行っていたのか?自分の家に風呂があるのに、なんていうことも考えましたが、もちろん私たちの横にいて、私たちの仕事ぶりを見ている本人に、そんなことを聞いたりはしませんでした。


昼を過ぎたあたりで、二トントラックがいっぱいになってしまったので、私はその新聞紙やろうに、すいませんがトラックがいっぱいになってしまい、一度会社に戻りこれをおろした後、またお伺いすることになります、と言ったところ、そいつは、いえこれでけっこうです、あとは自分でやります、と言うではないですか。


天の助け。


絶対自分でやりっこないよ、と思いながら、あ、そうですか、ではこれで失礼します、といって速攻でじいさん二人とそのマンションを後にしてきました。


世の中にはとんでもないやつがいるよなー



(クローバーさんすいません。題名お借りしました)

AD

今日は子供と人形劇

テーマ:

一ヶ月に一回人形劇に行くことになっているらしく、下の子供なんかは「にんぎょおげーきー にんぎょおげーきー」とかいいながら、すでにリュックを背負って私の周りをぐるぐる回り始めています。妻が一年間有効人形劇パスみたいなものを買っているんですね。今日は妻が仕事でその人形劇なるものに私が子供を連れて行くことになりました。


しかし、週6日の肉体労働の後、日曜日に人形劇っていうのはきついですね。いつも日曜日はビール飲んで(ビールといってもドラフトワンしか飲みませんが)昼寝というパターンなんですが。かわいい子供のため。がんばるしかないです。

この相場で誰が買っているか

テーマ:

ほぼ間違いなく公的ですね。公的の特徴としてある日突然買うのをやめる、ある日突然知らんぷりというのがあります。公的の買いを期待して買いから入ると、経験上たいがいにおいて負けます。公的資金運用担当者なんていうのはしょせんサラリーマンなので、買う理由がある間は買いますが、買う理由がなくなると、とたんに買わなくなるのでしょう。こいつらは225一点張りで、もちろん循環物色なんていう概念もありません。こいつらに期待するとろくなことが無いです。


公的サラリーマンの立場になって考えると、月曜は買って来るでしょうね。なぜならニューヨークが上げたから。火曜も買うでしょう、なぜならニューヨークが休みだったから。水曜あたりからしらんぷりではないでしょうか。

評価損益
296,072 円
売建
16,051,000 円
買建
0 円
合計
16,051,000 円

タイトルに、信用マイナス15万 現物プラス13万なんてことを三日続けて書いてみました。なぜこんなことを書いたかというと、空売りなんていうものは現物との差し引きでは、たいして儲かるものではないということが言いたかったのです。何年か株投資をしていると優待狙いとか、利が乗っていて売る気になれないとか、まあさまざまな形で現物株を持っているものです。そして相場が下向きだと思ってもそんな現物はなかなか切れないのです。その中で空売りで利益を出そうと思えば、つい現物以上の空売りを入れたがってしまいます。しかしこの考えが曲者なのです。気がつくと許容範囲を超えるリスクをとっていたりするのです。相場が予想したのとは逆に動いたりして、信用売りをロスカットしなくてはいけなくなった時、損を埋めるための現金が足りなくて現物を売らなくてはいけないなんていう、何やってんだかわかんない状態になってしまいます。


要するに空売りは腹八分目が大切だということが言いたい訳で、相場が悪いときは信用買いを持っているよりはまし的な考えが大切だと思っています。


前置きが長くなりました。今日はハイテクが見事に上げてくれました。すばらしい伸び足でした。それにくらべて銀行、それに連動するぼろ、新興はしょぼいですね。先日古河と日本電気の信用売りを切っているので一発食らうという心配も無く、安心して肉体労働ができました。しかしハイテクもそろそろかと思います。その理由として、NT倍率が下向きの75日を突破していますが、このラインというのは維持するのは非常に難しいところだと思います。もしここでNT倍率が下方向に向くならシナリオは二つあります。


1ハイテクに変わって内需系、新興株が物色され指数は上向きを維持

2ハイテク、内需系、新興もろとも下げ全面安。


普通に考えれば2が妥当な予想だと思います。



投資状況
総資産残高
28,503,089 円
うち現金部分
3,656,089 円
うち有価証券等
24,847,000 円


来週も相場の神様に愛されますように

評価損益
441,558 円
売建
16,051,000 円
買建
0 円
合計
16,051,000 円

日経はいくらか反発していましたが、一部のぼろや新興はまったりとした下げの時間が継続しているみたいです。この相場で買いから入って利益を取るのはちょっと難しいのではないでしょうか。相場は下向きなのに自分の買った銘柄だけは上がると考える人は、よほど幸せな人生を送ってきたのではと思います。


まだ下げ止まったなどという兆候は何も見つけることができません。ハイテク買い、ぼろ、新興売りという流れはもうしばらく継続だと思います。まだ売れる相場です。


投資状況
総資産残高
28,372,089 円
うち現金部分
3,656,089 円
うち有価証券等
24,716,000 円



明日も相場の神様に愛されますように

信用評価損益
336,009 円
売建
16,051,000 円
買建
0 円
合計
16,051,000 円

今日、6701日本電気8000を583円で5801古河電工を461円でそれぞれ買い戻ししました。今日の指数は弱かったですが、最近ハイテク買いの流れがあるわけで、この二つの銘柄を損なしで切れたのはラッキーでした。残りの内需系の銘柄は持続です。

個人がすきそうな銘柄は相変わらず弱いです。日経11000円でこの弱さですから、10500円を割れてきたらどうなるんでしょうか。買い下がっている人も多いと思いますが、現物ならまだしも、信用で買い下がるのは精神的に負担が大きいと思います。


投資状況
総資産残高
28,454,180 円
うち現金部分
3,665,180 円
うち有価証券等
24,789,000 円



明日も相場の神様に愛されますように

含み益に浮上

テーマ:
評価損益
33,519 円
売建
25,333,000 円
買建
0 円
合計
25,333,000 円

よく考えれば、昨日18万の含み損で泣き続けるほどのことはなかったですね。今日は指数以上の感触の下げで、ぼろ株は弱い、という予想は当たりつつあるのではと思いました。あとこれで銀行が崩れれば万全なんですが。


たな さんによると個人投資家はデイトレ派とバリュー派に分かれるらしいですが、私のように空売り主体ってひとは少ないのかなー。ブログに行けば私のような人がたくさんいると思ったんですが。私のようなやり方でもけっこういけるんですよ。今年に入っての信用の確定損益は一応、

利益金額合計
6,283,385 円
損失金額合計
-1,509,141 円
実現損益合計
4,774,244 円

なんですよ。



投資状況
総資産残高
28,693,180 円
うち現金部分
3,657,180 円
うち有価証券等
25,036,000 円


明日も相場の神様に愛されますように

評価損益
-189,719 円
売建
25,333,000 円
買建
0 円
合計
25,333,000 円


どうしても寄り付きで空売りを返済することができませんでした。含み損に転落しています。ハイテクが戻して指数を押し上げたみたいで、ちょっと厳しい展開になってきました。


しかし、ゴールドマンの先物売りを見ると、どうしても買いからは入れないんです。結果、びびりながらも空売りを手放すことができないんです。


確かに、トピックスは25日をうわ抜きました。私には誰かが買いを誘っているように見えるんですよね。それは悪魔の誘惑で買ったとたんにドボン。考えすぎかなー。


近々たぶん損きりになるでしょうが、そのときは笑ってやってください。


投資状況
総資産残高
28,465,980 円
うち現金部分
3,657,180 円
うち有価証券等
24,808,800 円



明日も相場の神様に愛されますように