1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年05月30日

最強の英単語学習ソフトと効率的な勉強方法

テーマ:注目の記事

人間の記憶力は時間とともに低下する。その低下の具合をグラフするとなだらかな曲線になる。これは忘却曲線と呼ばれている。


そこで、この忘却曲線を元に、効率的な記憶・学習ができる英単語学習ソフトが開発された。
まさに「究極」と言えるだろう。


ソフトの名前は、"Parthenon"。
http://www.eonet.ne.jp/~dooks/Parthenon.html


(詳細な説明は省略)


メルマガ読者は割引価格で購入できる。


60秒で脳を30%活性化!マインドマップ活用術
http://www.mag2.com/m/0000146876.html
より。


なかなかユニークなソフトですね。
記憶力は時間とともに低下することは誰もが知っていることで、疑う余地はないでしょう。


しかし、この現象を勉強に利用している人は少ないのではないでしょうか?つまり、効率よく勉強する方法です。


突然ですが、僕の中学・高校時代の勉強方法を簡単に紹介します。


まず本屋に行って、あらゆる参考書や問題集を比較し研究します。そして、「この本をマスターすればかなり実力がつくだろう」というものを選びます。1冊で不十分そうであれば2冊以上買ってももちろんOKです。


この本の選び方は結構重要です。似たようなものがあれば選択に迷うと思いますが、「どちらが自分に向いているか」を判断するまで徹底的に調べます。選ぶのに1時間以上かかることもよくありました。


購入した本は予定を立てて進めます。問題集の進め方ですが、1日10ページとか、1日に1章ずつ、という感じです。そして、ここからが重要ですが、もし分からないところがあった場合、そのページの端を折っておきます。


最後まで到達すると、次回はページを折ったところだけやるのです。正解すれば折ったものを元に戻します。


そのようにして何度も繰り返すのですが、回を重ねるにつれて同じ問題を解く頻度が上昇してしまうので、頻度を落とします。(残りが少なくなってきたら、また新たな問題集を探し始めます。)


つまり、無理に覚えようとするのではなく、定期的に何度も繰り返すことで自然と身に付けるという方法です。

基本的に僕は記憶力がそんなに良くないし、覚えるのが嫌でしたから、このような「繰り返し作戦」で勉強していました。


「記憶してもすぐに忘れるから」という、ある意味「諦め」が大事ですね。


また、中間試験や期末試験などという短期的なテストはあまり重視せず、最大の目標である大学入試までの期間を計算し、こつこつとやっていました。


これから大学を受験する方や、問題集を進めるときは参考にしてください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月29日

「超」情報整理術

テーマ:

「超」情報整理術

http://tinyurl.com/8addc


石井 威望, 弘兼 憲史, 堀田 力, 田原 総一朗, 諏訪 邦夫、櫻井よしこらの整理術が書かれています。

「さまざまなアイテムを組み合わせ、自分にとって使いやすくしている」のが印象的でした。
手帳やパソコンの活用など、みなさんすごく工夫されています。


「なるほど!」と思ったものも多々ありました。

「仕事が出来る人」は、「整理が上手」というのはもちろんですが、「整理の方法を自分のスタイルに合わせるような工夫が出来る人」だと感じました。


ただ、10年程前の本なので、ちょっと時代遅れの部分もあります。

例えばパソコンのHDDの容量が500MBだとか、部屋に電話線を3本もひいたり、とか。


今はブロードバンドの時代ですから、電話線は1本でOKですし、パソコンのHDDの容量は100GB以上が普通ですからね。


また、ザウルスを使っている人も多いですね。ただ、これも10年前はちょっと使いにくい部分もあったみたいです。今のザウルスはHDDの容量が4GB、ケーブル1本で外付けHDDとして利用できたり、音楽が聴けたり、デジカメで撮った画像を取り込んだり・・・と、単に仕事だけでなく、さまざまな用途に使えます。


「Zaurus SL-C3000」
 http://ezaurus.com/lineup/slc3000/


10年前と比較するとすごく進化していますね。情報整理術も格段に「楽に」「簡単に」「素早く」できるようになったと思います。


問題は「使いこなせるか?」ですね。


これらのアイテムに「使われる」のではなく、「積極的に使う」ことが重要だと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月29日

SEO対策の落とし穴

テーマ:注目の記事

「悪質サイトを2ヶ月以内に下位に落とす」
http://www.hyperposition.com/se3blog/google/serps/20050523120420.html


hxタグ、aタグ、emタグ、strongタグなど、今まで重要とされてきたタグも使い方一つで「順位を下落させる要因」になってしまう。


こういう状況が進んで来ると、今までSEOに頼って稼いでいた人たちは苦しい状況に追い込まれるのではないだろうか?


片手間アフィリエイト1226倍スピードマスター講座 
http://www.mag2.com/m/0000138189.html
より。


これは小手先のテクニックではなく、「内容」が重要になってくるということを意味しています。

Googleのロボットが賢くなる、ということでしょうか?いくらロボットでも「内容」までは理解できないと思うんですが・・・


ただ、SEO対策が全く無駄になっては意味がないでしょう。検索しても欲しい情報が得られなくなる可能性がありますからね。そこらへん、Googleがどのような対策をするか気になりますね。


悪質サイトもそれに応じて対応してくるでしょうね。結局「いたちごっこ」になるような気がします。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月28日

ブログで始める超速起業入門

テーマ:

「ブログで始める超速起業入門」
http://tinyurl.com/d8wcn


詳細なレビューはアマゾンに任せて・・・


著者の中野瑛彦氏は「週末起業ブログ!」
http://1stmarketing.cocolog-nifty.com/shuumatsu/
で有名ですね。


また、監修の藤井孝一氏は「週末起業フォーラム」
http://www.shumatsu.net/
の発起人で、「週末起業」のコンセプトの発案者、名付け親です。


また、藤井氏の書評メールマガジン
「ビジネス選書&サマリー★プロ厳選!30秒で読んだフリ 」
http://www.mag2.com/m/0000022303.html
は絶品です!


さて本書ですが、「オンリーワンのテーマを発見する」ということを中心に、ブログでの活用術が述べられています。


素人が見落としがちな基本事項がしっかりと書かれているので、迷うことはないでしょう。行き詰まったときに読み返すのも効果的です。


近年ブログが大流行していますが、その中でも目立つためにはやはり「オンリーワン」が重要です。常にこのキーワードを頭の隅っこに置いておきましょう。


著者: 中野 瑛彦, 藤井 孝一
タイトル: ブログで始める超速起業入門
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月27日

記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方

テーマ:

http://tinyurl.com/bfcpp

5月22日発行のメールマガジン「60秒で脳を30%活性化!マインドマップ活用術」で紹介されており、ちょっと興味があったので読んでみました。
 http://tinyurl.com/bnn9m (←まぐまぐのバックナンバー)


詳細なレビューは上記バックナンバー、およびアマゾンに任せるとして・・

著者の池谷氏、東大の理科1類(主に工学、理学系)から薬学部に進学していますね。しかも首席で。すごいです!


ちなみに、大学での成績がかなり良くないと薬学部へは行けません。薬学部に進学するのは理科2類(主に農学、生物系、薬学系)の人が多いですが、それでも平均80点以上は取らないと行けないんです。


理科1類から薬学部ってことは、全科目ほぼ満点に近いんじゃないでしょうか。もちろん全て「優」でしょうね。ちなみに僕は「優」「良」「可」が絶妙なバランスで・・・以下略(笑)


こんなに頭がいいので、脳の研究が出来るんでしょうね。(ちょっと納得。)


こういうすごい人がいると、「僕も東大の助手をしていた時があった」なんて、恥ずかしくて言えません。


さて、話は戻って、この本は専門的ではありますが、丁寧に説明されているので分かり易いと思います。「記憶力を高めたい」というより「記憶の仕組みを知りたい」という人にオススメですね。つまり、「理屈はどうでもいいから、記憶力の高め方を教えて欲しい」という人にはちょっとウザったい内容かもしれません。


もちろん記憶力を高める方法も載っています。


「記憶力と強くするしくみ」と「マインドマップ」との関係はあると思います。本書では出てこなかったのですが、いずれマインドマップが科学的にも有効みたいです。実際に医療現場?などで使われているみたいです。


PubMedで"mind map"というキーワードで調べたら、いくつか論文が出てきました。
「PubMed」(医学分野をはじめ、多くの分野の文献データベース)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=PubMed


時間があればこれらの論文を読んで紹介したいと思います。


著者: 池谷 裕二
タイトル: 記憶力を強くする―最新脳科学が語る記憶のしくみと鍛え方
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月25日

目に紫外線を照射したら、カラダが黒くなる?

テーマ:注目の記事
大阪市立大学の井上先生の研究によると、マウスの「耳」だけに紫外線を照射すると、耳が黒くなるが、「目」に紫外線を照射した場合、「体全体」のメラニン量が増加するというデータが得られたらしい。

つまり、ヒトでも目に紫外線を受けたら、カラダも黒くなる可能性があるということだ。

井上教授は、この現象のメカニズムをこう説明している。

『紫外線が目にあたると炎症がおこる。この刺激は、最も敏感な痛覚神経である「三叉神経」を介して、「紫外線が当たった」という信号として脳に伝えられる。その結果、脳からメラニン色素を作らせるホルモンが出て全身を黒くする。』(ロート製薬のHP)

目に塗る日焼け止めはないので、サングラスで保護するしかない。

サングラスにも良し悪しがあって、ものによっては、サングラスをかけたほうが瞳孔が開いて、目に紫外線がいっぱい入ることもある。

目薬に配合される成分で、もっとも効果的な成分は硫酸亜鉛だ。

硫酸亜鉛は、昔から目薬への配合経験がある、収斂薬(しゅうれんやく)。収斂薬というのは、炎症を抑え、ダメージを保護する成分である。

ロート製薬の研究によると、この古くから知られている硫酸亜鉛が、日焼け後の目のダメージにイチバン効果的だったらしい。

しかも、【目に】硫酸亜鉛を使用したあと、皮膚のメラニン産生が抑えられたという結果も出たそうだ。

おもいっきり具体的!薬局の薬(OTC薬)の豆知識
http://www.mag2.com/m/0000141802.html
より。

日焼けなどで体が黒くなる事は自然な防御メカニズムですが、それが目からの刺激でも起こるとは驚きですね。

目はすごく繊細な器官です。ご存知のように、強い紫外線を浴び続けると水晶体が濁り、白内障になる可能性があるので要注意です。

ちなみに、水晶体には核がないため、修復機能を持つタンパク質が作れません。

これは紫外線による影響が積算するということを意味しています。具体的に言えば、紫外線の影響が積もっていくことで、将来白内障になる可能性が高くなるということです。

日ごろからUVカットのサングラスをするように心がけましょう。特に5月は紫外線の量が多いみたいですからね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月25日

「複雑系」とは何か

テーマ:
http://tinyurl.com/dhtdg

単に「複雑系」と言ってもいろいろな分野があるんですね。
数学、物理、生物、自然、経済など。
具体的には例えば天気予報や株の動きなどです。


僕が興味のある「生物」の分野において、「QTL解析」というものがあります。(ちなみに、生物には興味はありますがQTL解析には全く興味がありません!)


QTL解析とは「血統値や体重といった連続的な値によって表される表現型を量的形質は、複数の遺伝的要素(遺伝子座)の組み合わせ効果によって制御されていると考えられており、この量的形質に関わっている遺伝子座群(quantitative trait loci; QTLs)の挙動を解明しようとするもの」と某HPに書かれています。


まさしく複雑系ですね。単に遺伝子の発現だけでは説明できず、さまざまな要因の相互作用を解析する必要があります。


博士論文の発表会でQTL解析を行っている友人の発表を聞きました。やたら数式が出てきて、「それって数学じゃないの?」と思うほど複雑で、内容は全く理解できませんでした。生物が複雑系であることを実感した瞬間でしたね。


「サムシング・グレート」で有名な筑波大学名誉教授の村上和雄氏の著書はたくさんありますが、その中で良く出てくるのが遺伝子のオン/オフの話です。「全ての人間は同じ遺伝子を持っているが、能力、性格といった違いは単にオンになっている(発現している)遺伝子と、オフになっている遺伝子のパターンの違いだけであり、周りの環境や考え方次第でオンにもオフにも出来る」というような内容だったと思います。


言い換えると、自己啓発や自己催眠により、体内のさまざまな酵素やタンパク質の発現量が変化し、その結果として意識改革や体質改善が起こるってことですよね。これもQTL解析の対象になる気がします。


我々は大腸菌に目的の遺伝子を導入したり、それを増やしたりすることが簡単に出来ます。バイオテクノロジーが発達し、遺伝子組換え植物やクローン羊などが作れるようになったのも大腸菌のおかげです。


しかし、大腸菌における遺伝子発現には○○や○○といった因子が関与し・・・などと、そのメカニズムが解明できても、なぜそれらの因子が都合よく働くのか?という疑問に対しては未だ完全には解明されていません。ここにも複雑系が存在するからです。


生物の最も基本となる遺伝子レベルにおいて複雑系が存在するということは、それ以上のものにはさらに複雑な複雑系が存在することになります。生命体はたとえちっぽけな大腸菌であっても「極めて複雑な複雑系」であると言えます。


ちょっと専門的な話になってしまいましたね。
複雑系はいろんなところに存在し、すべて研究対象となる可能性があります。
身の回りにどんな「複雑系」があるか探してみるのも面白いですね。



タイトル: 「複雑系」とは何か
著者: 吉永 良正
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月24日

これから論文を書く若者のために

テーマ:

http://tinyurl.com/8wyd2

詳細なレビューはアマゾンに任せて・・・


簡単に言えば、この本は学術論文では「何を書くべきなのか」を解説しています。

「緒言・結果・考察などの各章で何を書くべきなのかを知らずに、良い論文を書くことはできません。」と書かれているように、論文を書く人にとっては、バイブルとして持っておくべきでしょう。一度読んで納得し、そして実際に書くときにもう一度読む、という使い方が良いでしょう。


僕自身、すでに何本か論文を出しているので、「その通り!」と共感しながら読みました。


さて、話は変わり、少し見方を変えてみましょう。


この本は主に理系向けの本です。書かれていることは論文の書き方、投稿の方法などです。つまり、世界の出来るだけ多くの人に読まれる雑誌に掲載されることを目指し、また、研究内容を「価値のあるもの」「信頼性のあるもの」と認められるように、論理的な論旨展開と、独創性を出すことが要求されます。


いかにも「理系」というイメージで難しそうに思えるかもしれませんね。しかしこういう考え方はいろいろなところで応用できると思うので是非身に付けておきたいものです。


身近な例としてはアフィリエイトです。
自分のサイトに来てもらったお客さんに
・(この商品は)信頼性があるか?科学的なデータはあるのか?
・わかり易い商品説明か?複雑な説明で読者を混乱させていないか?
・他にも似た商品があると思うが、この商品はどこが良いのか?
など。つまり
・買う価値があるのか?
と思っている読者に対してアナタが「是非買って欲しい」と思うのなら、論理的な論旨展開でページを構成しないといけないということです。


こんな本からこんな「気づき」が得られるとは思ってもいませんでした。
文系の方が読むとどんな「気づき」が得られるのでしょうか?是非読んでみて欲しいですね。


著者: 酒井 聡樹
タイトル: これから論文を書く若者のために
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月23日

満員電車は牢獄と同じ

テーマ:注目の記事

昔、通勤経路では、混雑のあまり呼吸困難や貧血で倒れる人、肋骨を折る人が日常的にいたらしい。そんな状況に比べれば、牢屋の中で過ごす方が、よほど快適なのではないか?


しかも、毎日片道1時間、往復2時間通勤だから週休2日で年間528時間、これを40年勤務続けると21120時間。これは880日に相当するから、年数に直すと合計約2.4年。つまり、毎日こうして通勤すると、定年退職までにこの状況下に約2年半も置かれることになる。


言い換えれば、服役期間2.4年の囚人だ。


会社を辞めずに起業する!by週末起業フォーラム
http://www.mag2.com/m/0000109073.html

より。


改めて数字で示されると確かに時間的にも体力的にも囚人と同じですね。

改善策はいろいろあります。


オススメは早朝出勤です。その理由は

・イスに座れる

・読書が出来る

・出勤後、自分の時間がとれる(早いので電話がかかってこない、静か、など)

・早く出社した分、早く退社することで、家族との時間が作れる

その他、健康面でもいろいろメリットはあります。

まさしく「早起きは三文の得」ですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年05月23日

「脳内革命」の功罪

テーマ:

数年前に大流行したベストセラー「脳内革命」。流行が好きではなかったので今ごろになって読みました。


同時に買った2冊のうち1冊が続編の
脳内革命〈2〉―この実践方法が脳と体を生き生きさせる
http://tinyurl.com/9e9lj

そしてもう1冊が
『脳内革命』の本当の読み方―ニューエイジ・ムーブメントとは何か!?
http://tinyurl.com/8z3pz


これら3冊のうち、「『脳内革命』の本当の読み方」を最初に読むか、それとも最後に読むか悩みましたが、結局2冊目に読みました。


さて、ベストセラーになったこの「脳内革命」ですが、賛否両論あるみたいですね。
もちろん、悪いことは書いていないんですが、ちょっとした落とし穴があるというのをいくつかの本で指摘しています。その中の一つが2冊目に読んだ「『脳内革命』の本当の読み方」です。


では、ちょっと具体的に解説しましょう。


「脳内革命」「脳内革命2」で著者の春山茂雄氏が紹介している食事、運動の方法は非常に良く、読む価値があります。ただ、唯一の問題はそれらに加え、瞑想の項目にワナが潜んでいる、ということです。


「瞑想」(イメージトレーニングや自己催眠の類)は健康面から見てもすごく有効であることは間違いありません。しかし、「脳内革命」ではさらにオカルト的な思想(ニューエイジ的思想)が含まれているということです。

分かりやすく言えば、一般人を某宗教に入れさせるような流れが出来ているのです。
一般人なら気づかないでしょうけど、分かる人には分かります。


また、春山氏は船井幸雄氏とも深い関係にあり、思想的にもビジネスにおいても共通する部分があり、深く関連しています。


船井氏はビジネス関係や自己啓発関係で多くの著書があり有名ですね。僕はまだ読んだことがありません。


「『脳内革命』の本当の読み方」の最後で、次のように書かれています。
「注意が必要なのは、そうした中間色の強い経営やビジネスや自己啓発ものを表向きに用いながら、ニューエイジ哲学やその精神的流れの法へいつの間にか人々の思いをむけさせようとする罠が、仕掛けられていると言うことなのである。」


この本ではその罠に関して、徹底的に述べられています。つまり、ややもするとオウム真理教のような思想に引き込まれる危険性があるということです。まぁ、「脳内革命」ではそこまでではないのですが、そのような思想を読者に植え付けるような行為をしているということ自体に問題があります。


他にもいろいろな「いちゃもん」が付けられている「脳内革命」ですが、とりあえず上記の点さえ抑えておけば結構良い本だと思います。


これまで「脳内革命」と「脳内革命2」しか読まなかった方には「『脳内革命』の本当の読み方」も読みましょう。アナタは春山氏や船井氏の信者になっていませんか?


「瞑想や催眠ってなんだか怖い」と感じる方にはこちらをオススメします。
「自己催眠トレーニング」
http://tinyurl.com/b2nlf
他にも良いのがあると思いますが。とりあえずオカルト的、神秘的な事は一切否定し、科学的に述べられている点が良いですね。「気功」との関連も否定しています。


ちなみに、僕は信じる/信じないは別として、オカルト的なもの、超常現象には興味があります。現代の科学では証明できないものが存在することも知っています。特に人間の右脳には秘められた能力があることは間違いないでしょう。ただ、その能力の引き出し方に良からぬ思想や宗教が絡むのは嫌ですね。


しかし、たとえ右脳の能力が科学的に解明されたとしてもそれを使えないと意味が無いでしょう。科学的な解明を待ったり、いちゃもんを付けて否定する時間があったら、その引き出し方を勉強したほうが有益じゃないのか?と考えるのです。


能力を開花した人の報告はたくさんありますし、宝くじほど確率が低いわけじゃなさそうですしね。
ある意味「夢」を持つことはポジティブな考え方であり、能力が発揮される予感がします。期待しても損はないでしょう。


このような考えの人は多くいるでしょうね。しかし、そういう人をターゲットにしたビジネスには要注意です。しっかりとした考えを持たないと大変なことになる、ということを今回「『脳内革命』の本当の読み方」で知りました。


ある意味、衝撃を受けましたね。ベストセラーの本が、必ずしも良い本とは限らないということです。大事なのは「言外の意味をくみとる」「裏を読む」ことです。


「脳内革命」シリーズが悪いとは言いませんが、ちゃんとしたフィルターを通して読むべきです。そうすれば「脳内革命」は非常に読む価値がある、すばらしい本だと思います。


同時に購入したベストセラー本:
「快癒力」
http://tinyurl.com/b7gkz
にも非常にすばらしいことが書かれています。著者は病院の院長を務める篠原佳年氏。


ただ、問題点は「脳内革命」と同じ出版社であり、帯に「船井幸雄氏、注目の書!!」と書かれていたことです。


内容は「脳内革命」と似ており、ある意味、革命的な内容ですが、フィルターを通して読むと裏が良く見えます。フィルターに引っかかったものは全て無視し、通ったものを実践すればいいだけの話ですよね。


この本も、ちゃんとしたフィルターを持っている人にとっては読む価値のある本だと思います。サプリメント、健康グッズ、健康に関する情報が溢れる現在、人間の健康の本質と病気との関係について、「こういう考えもアリだな」と客観的に読める人にオススメです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。