ずいぶん長い間放置してしまいました。



いろいろあったもので。。。



とりあえず続きです。こちら初めての方は、まず『マッサージのおもひで1』をお読み下さい。




たま父にの車に乗せられ北へ走ること約30分。



隣町の田舎めいた場所に辿り着く。。。



更地に5・6件、同じつくりの小さな平屋の家が肩を寄せ合うように建っている。


その前に車を止めるたま父。



定期的に壁の塗り替えなどしてあるようだが、家の造りからして、築30年は経ってそうだ。



山の麓に小さい同じ造りの家が集まって建ってる風景は、まるで童話の世界のようだなとウキウキするたま。



たまは幼い頃から、ピーターラビットの世界が大好きで、今でも絵本やフィギュアを見て浸る癖がある。



無理やりその世界に結びつけ、しばし空想に浸るたま。うーんいい感じ。。。






車から降りると、たま父は自分の実家に行くときのように、なれた感じでスタスタ歩き、「はり

・灸・あんま ○○」と書かれた看板がつけられている家の引き戸をガラッと開け、「すいませーん!!」とすごい大音量で叫ぶ。


誰も出てこない。。。




「こんにちはー!!いませんかー!?」叫ぶたま父。


たま いくら耳が遠いといっても、そんな奥行きのない家。居ないのでは?


すると隣の家の引き戸がガラッと開き、中からインチキ臭い中華まんのキャラクターのような、ぽってりしたおじさんが出てくる。




たま、素敵なイギリスの森の中から、インチキ中華へ瞬間移動!


その中華おじさんを見るなり、たま父は「ああ!どうもどうも!」と親しい笑顔を向ける。



たま この人がゴッドハンドを持つあんま師か?隣で茶でも飲んでたか?


すると中華おじさんは、あんま屋の看板のある家の中に向かって、「おいさーん、お客さんだよー!!!」とまたしても大音量で叫ぶ。



たま父「あんまのおじいさんは耳が遠いからね、お隣のこのおじさんがいろいろお世話してるんだよ。」

不思議そうにしているたまに小声で説明してくれる。。。


すると、やっと家の中から、細くて小さな体の、大きな眼鏡をかけたおじいさんが、ちょこまかちょこまか(←ここすごく早く読む)と出てくる。



このおじいさん絶対背中にネジついてる・・・そう考えたのも束の間、驚くべき、おじいさんの第一声。






「いやッ!これは!先生!来てくださいましたかッ!」(耳が遠いので、声が信じられないくらいデカイ)



たま(((・Д・≡・Д・)))センセイ??誰?


「いやややッ(たま父、あわててる)どうも。。。今日はこの子を連れて来ました~」



ちょっと困った感じで、でもにこやかに答えるたま父。。。 なんかあんまり聞いてないおじいさん。。。



たま衝撃の事実Σ(゜ω゜) 

そうか、父さんは、たまの知らない間にサラリーマン辞めて先生になってたんだ。。。どうして一言、言ってくれなかったんだろ。もしかして知らなかったのはたまだけ?たま母とたま姉は知ってたのかな?父さん訳アリなんだ。。。


隙を見て、たま父の腕を突付き、ドキドキしながら聞いてみる。




「父さん・・・何の先生?」


たま父「えッ!あぁ うん・・・・・お医者さん・・・」



たま「えっ!!」


たま父「・・・・だと思ってるんだよ、おじいさんは父さんのことを何故か。何度も違うって言ったんだけどね、もう面倒だから、はいはいって言っとくの。」


困った顔で説明しながらも、ちょっと気分よげなたま父。



たま「なぁんだ、びっくりしちゃったよ。。。」


再びおじいさんへの説明に戻るたま父。



たま父「今日は私じゃなくて、この子をお願いします。」

中華おじさん、たま父の言葉をおじいさんの耳元で叫ぶ。。。通訳?


おじいさん「あい!わかりました!」(声デカイ)



たま父「あっこの子は私の娘ね。」

中華おじさんが通訳

おじいさんニッコリ。大きく頷く。「わかっとりますけ、先生。」(声デカイ)そして、(・∀・)にやにや


たま父「首が酷く凝ってるから。あと全身も適当に。痩せてるから力ゆっくり入れてやって。」

中華おじさんが通訳


おじいさんニッコリ。「ええ具合にしときますけ、先生。」(声デカイ)

たま父「じゃあ、40~50分後に迎えに来るから。」 えっ!?


たま父「おじいさんが変なこと言っても適当に相槌打っとけばいいから。」変なことって??

たま父「一人暮らしで耳が遠いせいか、独り言が多くてね、、、こないだ父さん来たとき玄関から呼んでも出てこなくて、台所の小窓が開いてたから、外から覗いたら、、、」覗いたら!?

「モクモクと上がる煙の中で、

『フンガッ~!!!フンガッ~!!!』って、






野菜炒めてた・・・・・」



ブ~~ン。。。走り去るたま父の車



施術室の寝台に横になるたま。


おじいさん、たまの首に触る。。。


「ガッ!!」(奇声)





肩を触る。。。




「ンガッ!!!」


背中、腰、脚、、、、






「フンガアァァ~!!!!!!」


おじいさん

((\\\(◎Д◎;)///))すごく慌ててる。たまの凝りようにパニック起こしたらしい・・・



おじいさん「待っとれよ~待っとれよ~」

(待ってますけど・・・)と思った瞬間、、、







ガッ!!


たま、首を掴まれる

たま ひえッ!!(゚Д゚;)


おじいさん「ここがっ!!」


たま「ここがっ!?」


「にぃ~がぁ~る~!!!」

ドッ!ドドドドドドドド~

ガッ!ガガガガガガ~

おじいさん「心臓・肺臓・肝臓・腎臓・脾臓胃・小腸・大腸・膀胱・胆嚢・三焦、五臓六腑に染ぃ~みぃ~わぁ~たぁ~るぅ~~」



たま ぎゃぼ~~~~~~!!!!☆●%(OДo;))))))





この状態が続いた30分後、突然


ピタッ!!



おじいさんの手の動きが止まる



ネジが切れたか!?

おじいさん「今日はこれくらいにしときますけ。」


ξ(ёДё)ξ ←たま、頭ぐちゃぐちゃ



その時、カタッ!と物音が・・・・



「先生!」おじいさんの顔がパッと輝く


振り向くと、、わずかに開けた引き戸から、恐る恐るといった感じでたま父が覗いてる。。。


たま くっ!!

たま父「終わりました?」

おじいさん「え~具合にしときましたけ。先生!」

たま父「たま、どう?」

たま「え~と。。。」

「え~具合になっとりますけ、先生!!」




帰り、駐車場でたま父が先に車に乗り込み、方向転換していた。たまは外で、見送りに出てきてくれたおじいさんと二人で立っていた。そして方向転換を終えた車に乗り込もうと、ドアに手をかけたその時、おじいさんが言った言葉が今でも忘れられない。。。とっても短い言葉。。。でも今でも心に残っている。。。














また来てくださいね、看護婦さん


≡≡≡\(゜О゜//)))))))))))FAR――――!! 



たま父が医師・・・


たまは看護婦・・・


たま父の説明を聞いたときのおじいさんの言葉
「わかっとりますけ、先生。」(・∀・)にやにや



たまは・・・




たまは・・・・















たま父の愛人看護婦?




≡≡≡\(゜О゜//)))))))))))NO――――!!





帰りの車でのたまの心境をご覧ください(『北の国から』調でお読み下さい)

あ~あ~~あああああ~あ あ~あああああ~~~ んんんん~んんんんん~ん♪

 

父さん・・・芝居も大概にしてください。たまは看護婦になりました・・・・
このことは、たまの帰りを待っている、母さんは知らないわけで・・・

もともと、これはたまの意志でなく、父さんがうった芝居が原因なわけで・・・

母さんの気持ちを考えると、とても話す勇気はなく・・・・
それはただの看護婦じゃないからで・・・・・・・・・・・


んんんんん んんんんん~♪ 
(北の国から2001 完) 

そして私の頑固な『凝り』なんですが、何と、その日の晩には解消されてました。

おそるべし!!!

AD

マッサージのおもひで。。。1

テーマ:

久々の更新です。


皆さん肩は凝りますか?


たまはすごく肩凝りです。


今は専業主婦なので贅沢だから行かないけど、OL時代はよくマッサージに行っていた。


お洒落なフットマッサージの店もたまに行ってましたが、なんせひどい凝り様で、首なんてカチンカチン。


だからベテランの方の多い、いわゆる あんま に行くことが多かった。


最初はいかにもあんま屋といった感じの雰囲気に慣れなかったが、いつも行っているとなかなか楽しいところだった。


あんま師も客も和気藹々としていた。


自分に合ったあんま師さんがわかり始めると指名したり、その人といろんな話をしたり。。。



みなさんもご存知かと思いますが、あんま師さんは目の不自由な方も多い。


でも、お客さんの声や、お客さんの体に触った時の凝り具合などで分かるみたいで、「あっこないだ来て下さった方ですね!」なんて言って貰えて、嬉しかったりした。



私の行っていたところは、あんま室に寝台が8つくらいあった。あんま師さんもたくさんいて、別室で待機していて、受付からお呼びがかかると、あんま室に行ったり、外へ出張へ出たりしていた。


夜の閉店まで仕事するあんま師さん達には、会社が小型バスを用意していて、家まで送ってくれるらしかった。



以前私があんましてもらってるときに、あせった様子で受付の女性が駆け込んできた。


受付女性「あのっ 今女性のお客様が来られて、『若い男の子希望!』っておっしゃられたんですが!(゜Д゜;)」



施術中のあんま師&客一同 大爆笑!



あんま師一同手を動かしながら、、、「な~んじゃっ そりゃ!」(若い男性あんま師なんていない。皆ご高齢。)

女性あんま師A「さて、クイズです。この中で若い男の子に一番近い人は誰でしょう?」


男性あんま師A「わしか!?Σ(゜Д゜)」(推定65歳以上)


男性あんま師B「わしだろ~?(´∇`)」(上に同じく)


男性あんま師C「わしだ!(◇)」(推定70歳以上)



施術中のあんま師&客一同 大爆笑!



夜の小型バスでの送りといい、指名制といい、お客様には至れり尽くせり、「また指名してくださいね。」なんてお客様に名刺を渡したり、そう、あんま屋さんって、ホストクラブとかクラブとよく似てる。



そういえばこんなこともあった。。。


寝台の上に横になって、あんま師さんが来るのを待っていたが、なかなか来ない。


「おかしいな~」と起き上がって入り口の方を見てみると、入り口から2つ目の寝台のカーテンに人が巻き付いてフンガフンガ言ってる。。。


私のあんま師さんだ!全盲の方だ!


たま「大丈夫ですか!? 私はここです!」


あんま師 フンガッフンガッ カーテンにすっぽり覆われている。。。


周りに他のあんま師達がいるのだが、目が不自由な方ばかりだったのか、皆平然と黙々とあんまを続けている。



たま「今そちらに行きますから!」


あんま師「いえ、すぐ行きますけ!そのままそこでお待ちください!」


たま オロオロヽ(;゜ω゜)ノ


あんま師 落ち着いてゆっくりカーテンを引き剥がし、今度は壁に手を這わせ、そろりそろりとやって来る。


たま 祈るような気持ちで見守る。。。


無事たどり着く。。。


あんま師「ふうっ! ご心配おかけしましたの。さぁ始めましょう。」


たま(;ω;)うる~(←じじばばっ子、お年寄り大好き、いつもお年寄りを見ただけで涙がでそうになる人)



先ほどの状況、たまの頭の中では。。。。



じぃ「姫~!!今助けに参りますぞ~!!」崖の上へと登るじぃ。

たま姫、崖の上から見守る。

そこへ現れた悪いやつらがじぃに向かって布を落とす。

じぃ、布に絡まり前が見えない。

たま姫「じぃ、危ない!姫が今そちらに参ります!」

じぃ「姫!危のうございます!今じぃがそちらに参りますのでそこでお待ちくだされ~!」



となっていた・・・(T⊥T)ええ話や~




そんなこんなで、仕事のストレスと疲れをあんまで癒していたのだが、ある休日、どうしようもないくらいの凝りで、頭痛がして気分まで悪い。




たま「う~う~(´Д`;)」


たま父「こりゃマッサージだな!(・ω・)/」


たま「でもいつも行ってる所は、仕事帰りに行く所だから、ここ(自宅)からは遠いんだよね。。。」


たま父「最近父さんが行ってるあんまへ車で連れて行ってあげるよ!すごくいいんだよ、そこ。」


たま「そこって、どんなとこ?」


たま父「おじいさんが自宅で一人でやってるんだよ。そのおじいさん、えらく耳が遠くて、ちょっと変わってるかもしれないけど、気にしなけりゃいいから。」


たま (・ω・)!「そこ行ってみる!」(おじいさんに弱い)



たま父の車に乗せられ、北の山の麓のあんま屋へ・・・


そしてそこで、和気藹々とした あんまライフ を覆す、アンビリーバボー な体験をしてしまうのだった。



続く。。。



AD