先日、出張というか、研修のようなものへ行ったころ。


それはいいのですが、そうなるといつも問題が生じる。


それは、、、レポート。。。


出張や研修に行ったら、その報告のため、会社にレポートを提出するのですが、ころはレポートが大の苦手。


レポートが苦手な方はたくさんいらっしゃると思うのですが、ころはまた特別なのである。


毎度のことながら、出張から帰ってきてレポートに取り掛かったころが、深夜まで、うんうん唸っている。


どうしたのかと、起き出してみると、レポート用紙は真っ白。


たま「書けないの?」


ころ「うーん。。。」


研修で使った資料が横に置いてあったので、見てみると、書く材料はたくさんあるように見える。


たま「ここに資料あるじゃん。この中から適当に抜粋して自分の意見書いたら?」


ころ「そうだね!」


1時間後・・・


ころ「たま~書けたから、ちょっと読んでみてくれない?」


読んでみる。。。


『今回の研修で、僕は中堅社員としての自覚がないことに気づかされました。

これからは顧客の対応や自分自身の資格の取得に積極的に取り組みたいと思いました。

このような研修も、自分で進んで参加を希望していくようにならなければならないと思いました。

今回の研修に参加させていただき、ありがとうございました。』


たま「・・・・・・・・・・」


ころ「どう?(自信ありげ)」


たま「ころ・・・研修で何を勉強してきたの?」


ころ「・・・・・・・・・・だめ?」


たま「いじわる言うわけじゃないんだけど・・・この内容なら、研修行ってない人でも書けるよね・・・」


Σ(゜ω゜;) ころ、衝撃の事実に固まる・・・


たま、資料を広げ、「資料のここを抜粋してさぁ、こんなふうに書いてみたら?あっここにもいいこと書いてあるじゃん。これについても書いてみたら?私だったらこう書くな。」と、ころの参考になればと、頭で適当に組み立てた文章を口にしてみる。


たま「どうかな?」


ころ「たまはすごいね~どうしてそんなにつらつらと言葉が出てくるの?」感心しているころ。


その言葉に調子に乗ったたまは次々意見を言う。


それを自分の言葉で書こうとするころ。だが、いざ書こうとすると、やはり書けない。


ころ「なんか腹立ってきた。。。」


たまΣ(゜ω゜;)やばっ


たま「まぁね ころの意見を書くのがいちばんだよね。邪魔してごめんね。もう寝るね。おやすみ~」


退散するたま。


そう、ころは書きたくても書けない・・・日本語をあまり知らない・・・


ころは日本人・・・けれどいつも日本語に苦しむ、日本語難民・・・


「僕は理数系の人間だから。」


ころはいつも言う。しかし果たしてほんとにそうなのだろうか?


ころと結婚して以来、ころの数々の質問に答えてきたたま。


テレビを見ながら、新聞を読みながら、いつも首を傾げてはたまに聞いてくる。


「一期一会ってなに?」


「煩悩ってなに」?


「ケータリング(日本語じゃないかもしれないが)ってなに?」


「スウィーツってなに?」


「相殺ってなに?」


「断腸の思いってなに?」


「敏腕ってなに?」


「折り目正しくってなに?」


「豪州ってなんだろう?」


まだまだ数え挙げればきりがない。。。



時代物のドラマなんて見ると最悪である。



以前2人で『大奥』を見てたのだが、首を傾げてるころ。。。そして呟く。。。




ころ「わからない・・・」


たま「えっ なにがどこが?」


ころは毎週見てたわけではなかったので、内容が理解しにくいところがあるのかと思い、説明してあげようと思ったたま。


しかし・・・




ころ「みんな、なにを言ってるのかが、わからない・・・」


現代語もわからないころに、時代物は難しすぎたようである。。。


そうそう、研修で、自己分析テストというものをしたらしく、その結果表を持って帰っていたので、見せてもらったのだが、これには爆笑してしまった。


結果は、模範的行動力、コミュニケーション力、協調性、発展的思考力、論理的発言力、を五角形グラフにしたもので、全てに長けてる人は、綺麗な五角形になるのだが、ころは鋭くとんがったり、引っ込んだりした極端な形になっていた。


評価10段階で、ころは、模範的行動力7、コミュニケーション力10、協調性10、発展的思考力0、論理的発言力0、となっていた。


当たり過ぎててうける~(≧∇≦) でも0ってすごいよね。。。


ころは、この結果にはさすがに落ち込んでいたので、


「いいじゃないの、ころ。ころは仕事熱心で上司にも可愛がられてるし、お客様受けもいいし、職場の人みんなと仲がいいし、言うことないよ。発展的思考とか論理的発言とかに優れた人って、結構理屈っぽくて煙たがられるよ~」


と、慰めておきました。


ころは「そうだね♪」とすぐに立ち直ってました。


ころは体育会系の人間で、スポーツをしたり、見たりするのはとにかく好きなんだけど、新聞は読むけど本は一切読まない。まぁ、ころの性格はそんなところからきているのでしょう。とにかく人からはものすごく好かれます。


自己分析テストで模範的行動力というのがありましたが、ころはこれには確かに優れています。


2カ月くらい前、ころが会社の人たちと飲みに出掛けて、なんの連絡もせず、朝6時過ぎに帰ってきたので、玄関の扉にチェーンかけて、30分ほど締め出しました。


しばらくドアをガチャガチャやってたのに、静かになったので、「あきらめて、すぐ近くのコンビ二へ立ち読みでもしに行ったのかな」と思いながら、ころの携帯に電話してみると、、、なんと、ころは、


マンションのトランクルーム(物置部屋)の中に膝を抱えて入っており、たまは怒りも忘れて爆笑してしまいました。


以前、ころ父が冗談で、

「ころ、もし、たまちゃんにマンションから締め出されたりしたら、ここ(トランクルーム)に入るんだぞ。」ところに言っておりましたが、ころも「わかったよ!父さん!」と真面目に答えておりましたが、まさか本当に入るとは、、、、、


模範的行動力に優れていると言ってやってよいのではないでしょうか?






















AD

コメント(1)