「パラPTはパラしか面白くないらしい」というブログ

ドラゴンクエスト10でパラディンをメイン職で頑張ってます!
レベル上げは辛いし、装備にはお金かかるし日々大変です。

皆を守って~
安全なPTにして~
スリルがないから面白くないよ~
とみんなに言われる

そんなパラディンに僕はなりたい!


テーマ:
みなさんこんばんは!

猛暑の契り如何お過ごしでしょうか?

7月末にLv75まで上限が伸びたバージョン1.5ですが
前期・中期・後期と3段階に分かれている為
少々遊ぶコンテンツが不足気味の様な気がします。

強ボスですが、パラディンで参加する限り
以前の様に負けが込む事も無くなり、
逆にあっさり勝ってしまう事も増えてきました。

※自分の腕が上がったのか?
それとも
レベルや装備が良くなって物理的に負けなくなったのか?

本来ならドラゴンガイアがその役目
(ハラハラドキドキさせてくれる)なのですが
コイン代がなかなか出せないので困った事態になってます。

という事で

暫くパラディンから手を離れて
他の職に手を入れてみようと思います。

━─━─━─━─━─ やりたい事━─━─━─━─━─
スキル・武器
①ブーメランを極めたい!・・・既にスキルは100なので良いブメ欲しい
②バトマスをスパイクセットで重バトにする・・・現在くろがねセット

レベル上げ
①バトルマスターを70台に~
②賢者を65ぐらいまで~
③魔法戦士も65ぐらいまで~

上記職業のレベルを上げると
盾(パラ・戦士)
アタッカー(バトマス)
バッファー(魔戦)
ヒーラー(賢者)
と4つの役割全てに対応出来る様になります。
他の役割を勉強する事でパラディンでプレイする際に
動き方など勉強になると思うからです。


金策
①聖騎士セットよりいい新装備がいつか出た時用にお金貯めたい!
②セカンド・サードキャラの防具とツボ職人レベルを上げたい
※現在防具31・ツボ34・道具31 メインの武器31は上げる気無し

こうやって書き出してみたら結構残ってます^^;

ver2.0になったら新しい職業で【まものつかい】が実装されるし、
銀オーブと新しい強ボスも出てくるので
まだまだ先面白そうな事が待っているのですが

いったんパラディンには休暇をあげようと思います
(チームクエは別でパラで参加します)

そして、発表です!

8月27日に正式発売になる
ファイナルファンタジー14に自分も参加しようと思います。
ソフトはAmazonで予約しました。
PS3版をプレイするので
WiiUのゲームパッドでDQ10をやりながら
TV画面でFF14をする予定です。

9月に入ったら仕事(本業の)が忙しくなるから
FF14のパーティープレイは小時間では出来なさそうなので
FF14を本格的に遊ぶのは土日とかぐらいになりそうですが。。。
平日は夜遅く帰った日にDQ10 で日課という感じで
使い分けられたらと考えてます。

こうやってアメブロでパラディンでの強ボス攻略ブログを
立ち上げて自ら書き出す事でパラの役割・動き方など
理解できたというメリットもあり、
かつ、
上手くいかなかったと時とかにみなさんのアドバイス・コメントを
頂戴できたのも非常に嬉しかったです。
単純に過去を振り返るという楽しみもあります。

なので、新しくプレイするFF14も
まだ遊んで無いにも関わらず
先にブログ立ち上げちゃいました。

DQ10やってる方でFF14に興味ある方いれば
ときどき覗いてあげてください。

といってもまだまだDQ10辞めるつもりありませんから!

『FF14初心者がナイトになるまでの道』
リンク先→http://mafty14.blog.fc2.com/
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
※今回はこんなノリでブログを書いてみましたw


まずは有権者に訴えたいことは!

ターンエンドを理解しよう
という事なのであります。


壁以外の他の役割の人にとっては知っても知らなくても
どっとでもいいような事ですが、
パラディンや戦士などで相撲をする人には必ず理解してほしい内容です。

前回、壁役にとって知っておいてほしい事柄を2つ掲載してますが
今回のターンエンドを含めて

パラディンが知っておくべき
新・3大「パラディンが知らないといけないテクニック」

として認定したいと思います(笑)

新・3大「パラディンが知らないといけないテクニック」とは

①位置取り(ターゲット判断)について
http://ameblo.jp/mafty3/entry-11565122196.html
②重さ(相撲)について
http://ameblo.jp/mafty3/entry-11569597025.html
③ターンエンドについて(今回)



●○●○ターンエンド攻撃とは●○●○

そもそも、ターンエンドとは
敵モンスターの攻撃(ターン)が何も出来ないまま終了(エンド)
ということから名づけられた言葉だと思います(推測)

そして、ターンエンド攻撃とは、
壁や相撲行為などにより何も出来なかった敵モンスターが
八つ当たりみたいに相撲役のプレイヤーに対して行う攻撃です。

パラディンが何故相撲をしてこのターンエンドを狙っていくのか?
というと・・・

①後衛(魔法使い・僧侶)より自分が受けた方がダメージが抑えられる
②通常の攻撃の3倍近くの攻撃間隔の為、攻撃回数自体減らせる
ターンエンド攻撃が通常より致命的な攻撃が出ない

ではいったいターンエンド攻撃はどういうのが来るの?と思われた方
良かったらこちらのサイトでご確認お願いします。

ドラクエ10強ボス攻略ブログのターンエンドについて
http://ameblo.jp/elea560/entry-11575796485.html


下記ブログに何秒ごと(何歩ごと)に来るのか?どんな攻撃が来るのか?
が表になって掲載されてます。

ちなみに、キャットリベリオ強だと
通常攻撃の他に
【抜刀さみだれ斬り】・・・100前後のダメ×5回連続=500のダメ
【抜刀太刀風】・・・200前後のダメ+ふっとばし
といった痛い攻撃があるのですが、
ターンエンド攻撃では【抜刀さみだれ斬り】は来ないです。

【抜刀太刀風】はくらっても即死にならないですし
比較的キャンセルショットで対応しやすい技でもあります。

よって相撲する事によってPTは安定しやすくなると言えます。

これだけ書いてしまうと、
相撲って便利だな!とりあえず押しときゃ問題ないんだろ!

って話になってしまいますが

だったらわざわざテクニックとして紹介しないヾ(。`Д´。)ノ

実は、ただ闇雲に押し続けていると
ターンエンド毎の攻撃+さらにもう一発の攻撃の
合計2回攻撃をもらってしまいます。


どうやったら1回のみのターンエンド攻撃に抑えられるか?というと

相撲している間に

【一回攻撃をくらったら、押すのを中断して止まる】

それだけなのであります!

さらには、一発のダメージ自体がきつい場合は
強ボスごとのターンエンドの時間を計算して
【やいばのぼうぎょ】【だいぼうぎょ】を入れて
パラディンが受けるダメージ自体を減らします。

※以前プスゴンでターンエンドを理解した後
戦った際のブログを貼っておきます。
ご参考にして頂ければ・・・・
http://ameblo.jp/mafty3/entry-11571596810.html


また、ターンエンドの攻撃間隔の感覚を
覚えてしまえば
いわゆる【ランドインパクトハメ】
有効的に使えますヾ(@°▽°@)ノ

※ランドインパクトハメとは
ランドインパクトにダメ+ノックバックさせる効果があり
敵モンスターが怒り状態の場合にノックバックになると、
ターンエンドの時間経過がリセットされるので
タイミング良く当てていると半永久的に攻撃されないという
ハメ技なのである!

以上の事から、

相撲をするメリットは

敵モンスターの攻撃手段・回数・ダメを減らせる事が出来る

逆にデメリットは
ターンエンドの仕組みを知らないと2回攻撃になりパラのHPが持たない

といった事が挙げられます。

長々とターンエンド攻撃について書きましたが、
簡単にまとめると
相撲している最中に攻撃が来たら押すのを中断して止まる

それだけ覚えてもらって相撲で押すのを
オートではなく、
なるべくスティックを前に押して相撲してた方が安心という事です。

以上をもって、
パラディンが知っておくべき
新・3大「パラディンが知らないといけないテクニック」の
内の一つ、ターンエンドについての発表とさせて頂きます。

ご清聴ありがとうございました。

 

━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━─
身の程知らずですが、
人気ブログランキングに登録してしまいました。
帰り際にポチッと押してくれると嬉しいです(*^_^*)

いつもありがとうございます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
キャンセルショット撃つのに精一杯で写真撮る暇なんて
全くないです(ノ_・。)
みやぶるなんでもってのほか。。。



今更ですがやっと行きました!

災厄の王
ドラクエ10のブログなのに。。。
パラディンのボス攻略ブログなのに。。。
googleとかでパラディンで調べたい事の上位にくるであろう
災厄の王(エスターク)の事を記事にしていなかったなんて。。。


やっと、今回エスタークに行った事により
この間のドラゴンガイアの攻略も含めたら全部のボス攻略となりました!

強ボスの完全征服完了です!!

こんな嬉しいことはない。わかってくれるよね?ララァ
 

攻略といっても

みんな四方八方に広がってるから
同じ方向に長時間
相撲出来るわけでは無いので
基本的に【キャンセルショット】の選択が重要です。
実はこの土日に2回勝ったのですが
自分がパラディンでもう一人戦士を入れて壁役×2人態勢で挑んでました。

ただ、僧侶がその2回とも2人づつしかいなかったので
結果的にキラキラポーンをもらう暇無く(回復で精一杯)
魔蝕をもらう前にキャンセルするというのが
勝負に勝つ絶対条件みたいな壁役には
胃がキリキリしそうな戦いでした(;^_^A

途中、攻撃手段が変化しますので
その段階でキャンセルショットをするべきか?or放っておくか?
自分なりの考えを記しておきます。

◆◇◆◇ 災厄の王(エスターク)の行動パターン◆◇◆◇
 ※普通の打撃は除く

序盤(HP100%~75%)
魔旋斬・・・縦方向の範囲技なので、キャンセル!

中盤(HP75%~50%)
魔旋斬・・・縦方向の範囲技なので、キャンセル!
ジゴスパーク・・・あたったら痺れがくるのでキャンセル!
インドラの矢・・・誰か死んじゃうので手が空いてたらキャンセル!
凍てつく波動
ドルマドン
激しい雄叫び

終盤(HP25%~0%)
魔蝕・・・最優先でキャンセル!
武器を振り下ろす・・・動作が判りやすいので、逃げかキャンセル
ジゴスパーク・・・あたったら痺れがくるのでキャンセル!
インドラの矢・・・魔蝕の方が嫌なので自分に来ない限り無視
凍てつく波動
メラゾストーム
激しい雄叫び

とにかく魔蝕をキャンセルです!

でも、キャンセルショットは90%ぐらいの成功率です
(戦士の体当たりは70%ぐらい)
しかも、
技のキャンセルであって技の無効では無い!
エスタークの立場で言うと、魔蝕がキャンセルされたら再度魔蝕を
決定するか否かはエスターク次第!

しかも、ドワーフは背が小さいので
スキル発動のコメントの文字が見え辛い(ノω・、)
人間で対応したら多少は判断しやすいのかも。。。

【総括】
今回、僧侶は2人しかいないという縛りプレイだったのですが、
その替わり武闘家が2人いた事で
早く攻略できたのは幸いだと思います。
でも僧侶は3人いた方がいいかな!?
キラポン役がいた方が楽です。

相撲については、エスタークに関しては諦めた方が無難です。
パラと戦士と前衛がいたら互角以上の相撲が出来るのですが
魔旋斬で3人ともダメージ食らうのはいい戦法とは思えないです。

ただし、
普段、パラで強ボス行ったりしていてターンエンドの事を
ちゃんと理解できてる相撲メンバーなら
2回連続攻撃も来なくなるので
安定して倒せる様になるのかも知れません。

※モンスターを押している状態が続くと
とりあえず身近な相手(≒壁役)を殴りに来ます
その際に、押し続けていると【さらに】攻撃が来ます(≒2回攻撃)
↓ターンエンドについて↓
http://ameblo.jp/mafty3/entry-11596128549.html
それを回避するには普段からパラで相撲している人じゃないと
難しい内容だと思います。

しかも、2人での壁ならあうんの呼吸も求める必要がある。
逆に重さが足りず押されている状態ならターンエンド攻撃もないので
気にしないでOKです。

なお、
パラを育ててる人なら恐らく戦士も育ててるはずですが
その時のメンバー構成で
パラディンでのキャンセルショットの成功率90%を取るか?
戦士の体当たりは70%だけど、やいば砕きの攻撃ダウンを取るのか?
で選んでいくのがお奨めです。

ちなみに自分がキャンセルショットの他に
必殺技のパラディンガード目的で
パラディンを選択しました!

つまり、パラディンと戦士でタッグ組んだら
大丈夫という事です(*⌒∇⌒*)


1日目のメンバー
 
2日目のメンバー
 

2回目挑む際にびっくりした事・・・

壁役の相棒のらんさんが
1日目・・・プラチナ装備と斧スキル
2日目・・・聖騎士装備で片手剣スキル
に装備とスキルを新調してくれました!
  
このまま戦士のプロフェッショナルになってくれれば嬉しいな(*^▽^*) 


 
━─━─━─━─━─ ━─━─━─━─━─
身の程知らずですが、
人気ブログランキングに登録してしまいました。
帰り際にポチッと押してくれると嬉しいです(*^_^*)
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。