コンピューターウイルスを使って流出させた情報の削除を持ち掛け、金をだまし取った詐欺事件で、逮捕された埼玉県志木市のネット広告会社「ロマンシング」役員の男(20)(事件当時19歳)が警視庁の調べに対し、「ウイルスをアダルトゲームに仕込めば、だましやすいと思った」などと供述していることが分かった。

 逮捕された東京都北区、会社員岡顕三容疑者(27)も、大筋で容疑を認めているという。同庁の発表によると、2人は2008年頃、インターネットを通じて知り合い、岡容疑者が昨年11月上旬にウイルスを作成していた。

「仮想空間」マルチ商法 特商法違反容疑で一斉捜索 埼玉県警 (産経新聞)
石原知事「あのまま鈴木さんが知事だったら…」(産経新聞)
教材販売社長ら詐欺容疑で逮捕=2億円詐取か―「仕事に必要」と虚偽説明・愛知県警(時事通信)
<日米外相会談>「北朝鮮に圧力」連携…同盟重視で一致(毎日新聞)
<長妻厚労相>子ども手当「満額」に異論噴出で押し黙る(毎日新聞)
AD