21日夕方にかけて西日本や北日本、東日本で暴風や高波、落雷や竜巻などの激しい突風のおそれがあるとして気象庁は21日、警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、日本海の低気圧が急速に発達しながら北東に進んでおり、風が非常に強く、海では大しけとなるところがある見込み。予想される最大風速は北日本、東日本で海上27メートル、陸上25メートル。西日本で海上23メートル、陸上18メートル。波の高さは、高い所で5~6メートルと予想される。

 また低気圧や前線通過時、1時間に30から40ミリの激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風のおそれがあるとして注意を呼び掛けている。

【関連記事】
史上最速タイ、高知で桜開花 
【週末に想う】違和感なかった大津波警報
【「リスク」を読む】災害リスクへの早急な取り組みを 岡村美奈
異例の謝罪に賛否…気象庁“過大予測”どう評価?
津波予測の「謝罪」で国交相と防災担当相に見解の相違
20年後、日本はありますか?

10年度予算、24日成立=民・自が採決で合意(時事通信)
分量間違え製造、大洋薬品高山工場を業務停止へ(読売新聞)
<おとり捜査>北海道に50万円支払い命令(毎日新聞)
核持ち込み、あり得た=東郷氏(時事通信)
老人ホームで刺され3人重軽傷=入所69歳男を逮捕-福岡(時事通信)
AD