まえぽん帝国

社会人アーティスト“まえぽん”の
華麗にて波乱なる日々のドラマでございます〜!

NEWライブ情報NEW


おんぷルンルンきらきら!!おんぷルンルンきらきら!!おんぷルンルンきらきら!!おんぷルンルン
まえぽんの
まじかる•じゅーくぼっくすVol.3

きらきら!!そうよ私はさそり座の女
きらきら!!


おんぷルンルンきらきら!!おんぷルンルンきらきら!!おんぷルンルンきらきら!!おんぷルンルン


2015年10月31日(土)

北千住/マジカルファンタジー

東京都足立区千住旭町35-18 書店ビルⅡ2階

★北千住駅東口•学園通り商店街★


翼ニコちゃん翼

18:00オープン

18;30スタート



こちらはあくまでも目安です。
詳細は未だ未定ですので
決定しましたらご案内致します


ライブ終了~22:00迄 交流タイムの予定です

ミュージックチャージ:1500円+飲食代




翼きらきら!!ニコちゃんきらきら!!翼


マジカル•ファンタジー初のワンマン直後に

「次はいつだ
!」と熱いお問い合わせを頂いておりました。

本当に有り難うございます♪

今回はなんと、まえぽんのバースデーライブ♪

前回好評を博した
「阿久悠トリビュート」をしのぐ勢いで
まえぽん独自の切り口ですんばらしい昭和の名曲をたっぷりとお届けします!



乞うご期待!


お問い合わせはこちらへ!

テーマ:
今週末から年末にかけて
うれしいこと毎週歌わせていただきます。

トップバッターは27日の日曜日
義父がお世話になった葛飾区のケアセンターを皮切りに、ぬくもりの家・竹の塚さんのスリーデイズと
女子大学さんへ講義のお手伝い
港区の子供達とのクリスマスコンサート
クリスマスイブには東伊デイサービスさんでの歌謡ショー
本ちゃんのクリスマスにはLiveacousticmagicalfantasyにてライブが決まりました。※改めてキッチリ告知させて頂きます!
今年の歌い納めは
首を長〜くして待っていてくださっているデイサービスゆりの木さんで〝紅白歌合戦的〟に!
バラエティーに富んだステージになりそうです。

{EA83AE0F-044D-4CDA-88BB-6C0B35F0FA69}

{6B35CCFB-7464-478C-962F-919FDDFF80BF}

トップバッターのお花茶屋ロイヤルケアセンターさんは盛大な〝介護の日〟イベントでした。
1時間たっぷり歌わせて頂きました。

歌が始まるとご利用者様の表情がみるみる変わって行くのが分かりました。
歌の力って凄いなといつも思うのです。

今回初めて披露した歌がいくつかありました。
なんとか間に合いました💦
最後の方は、ご利用者様の他にスタッフさんや
イベントに参加されている一般のお客様も聞いていて下さったので思い切って
「アジアの海賊」の掛け声を一緒にやりましょうとお願いしたところ、皆さんとても盛り上げてくださり、なんとゆるキャラさんも一緒に踊ってくれました。
動画が無いのが残念なくらいです(*´∀`)♪

無事にお勤めを果たす事が出来てホッとしました。
お土産に模擬店のポップコーンや食品サンプル
お菓子などたくさん頂いて帰りました。
交通費まで頂き恐縮しています。

義父の荷物がまだ残っていたとお聞きして
帰りに3階へご挨拶を兼ねて取りに行きました。
義父が亡くなるまでお世話になった看護師さんに心から感謝の気持ちを伝えることができました。
「いいえこちらこそ
たくさん勉強させていただきましたし
思い出もたくさんいただきました」と
仰るそのご様子にただただ頭が下がるのでした。

後で主人が話してくれたのですが
各フロア毎に歌いに来てもらいたいと
嬉しいお言葉をいただけたようです。
義父がお世話になったことで生まれたご縁を
こうして次につなげることができること
このつながりを大切にしたいと思いました。

ずっと心の中で後悔していましたが
義父は最後まで父らしく
家族が出来なかった分
皆さんにサポートして頂いて
ありのままの姿で暮らす事が出来たのだと…
ようやく自分の気持ちに折り合いが付きました。

お父さんの思い出の場所から
私はツアーのスタートを切りました。
きっと、見ていて下さいね。

★今回のセットリスト★

リンゴの唄
北国の春
ラブユー東京
さらば涙と言おう
りんごのひとりごと
千の風になって
逢いたくて逢いたくて
砂山
みんながみんな英雄
さくらの唄
まつり
川の流れのように
アジアの海賊








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いつからだろう
大声で泣けなくなったのは

いつからだろう
周りを気にするようになったのは

体裁を気にして

人からどう見られているのかを気にして

歩きづらいなと思っているくせに

いつからだろう

いつからだろう…

自分の中のパワーを信じることと

虚勢を張って大きく見せようとする事は違う

前者は可能性に満ちているけれど
後者は行き詰まるだけ

社会的な立場や

身長の高さですら

すっぽんぽんになったら何の役にも立たないのに

そんなことを気にして
一喜一憂する事に
何の魅力も感じない。

すっぽんぽんの自分が
胸を張ってやり遂げることが
たとえどんなことでも
地味な活動であっても
誰も見ていなくても
美しいのだと信じたい



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自分がすっきり動けていないなと思う時
軌道を外れそうなとき
私は決まって自分にこう言います

ちゃんとしなさい

年齢を重ねると
叱ってくれる人がいなくなります。
でも
それは、叱られないでいいほど自分が成長しているわけではなく
まだまだ叱られなければならない自分を
周囲の人が黙って見ているだけなのです。

これはとても惨めなことです。

何も言われないと
私はこれでいいんだ
そんなふうに思うことがあります。
でも
それは大きな勘違いです。

10代ならたしなめて
20代ならちょっとどうよと思い
30代なら呆れ
40代なら黙り込み
50を過ぎたら哀れに思う
ここまで来るまでに何とかならなかったのか
モノの言い方、気遣いのできない
自分勝手さを大きく育ててしまったツケが
近々老後にに回ってきます。

ちゃんとしなさい

自分に対する厳しさを
人に求めたりはしないのですが
放任主義だと言いながら、暴走する大人を止めない周囲にイラっとくるのは事実です。

だからせめて
自分にだけは厳しくありたい。
私には子供がいないけれど
私の周囲の子供たちだけは
不良品の大人になってもらいたくないから。

大人が背筋を伸ばし
勇気を出し
生きてゆく姿を見たら
きっといつか
何かが変わる。

100のきれいな言葉より
自分を必要以上に大きく見せることより
強くなるしかありません。
心を磨くのです。

ちゃんとしなさい


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんと 久々の更新です。

停滞ではないのですが
少し立ち止まって居ました。

お誕生日にたくさんの🎉おめでとう🍾を
頂いて居たのに…ほとんどお返し出来ぬまま
色々なことを考え込んでいました。
本当に本当にごめんなさい。

でも、そろそろリミットです。
歩き出さなくちゃ

今月の最終週から年末にかけて
ボランティアのオファーをびっしり頂いているので、毎週何処かで歌わせて頂くような形です。
講義のお手伝いにも伺います。
子供達のクリスマスにも
歌謡ショーにも伺います。
覚えなければならない歌もたくさん有ります。
次回のラジオのネタもほぼ決まりました。

立ち止まって考えた事
気がついた事
手放した事
みんなみんな次への薪にして
燃焼させて行こう。

それから、年内
もう一度くらいワンマンライブをやりたいけれど
あんまり押し迫ったら皆さんお忙しいかしら。

実は
今密かに温めているライブのプランは
今までとは少し違うのです。
それはアカペラライブ
すんごくディープなライブになるかと思います、

無伴奏を逆手にとって
ある意味で会場の皆さんと作り出すライブ
基本的に私一人が準備すれば良いので
用意ができたら開けるのですが
ここは思案のしどころです。
できれば今年の集大成として年内に行いたいのですが、ご意見ご希望がありましたらコメント頂けると嬉しいです。

表題の件ですが
ここ暫く他のアーティストさんのライブを拝見する機会があり、新鮮なショックを受けました。
とても特徴のある
メッセージのハッキリしたライブでした。
好き嫌いや好みが分かれる所ですが
私なりに手にした事がいくつかあります。
機会を見つけてライプには足を運びたいと思います。

アーティストさんのカラーなのか
持ち味なのか分かりませんが
主張や個性の強い人ほど
自分の世界に相手を連れ込もうとする様に感じました。
私はどちらかと言うと連れ込まれるより
自分から入って行きたい方なので
連れ込まれると強引さを感じて少し引いてしまうのです。
手拍子したくなったらしてくれたら良いし
踊りたかったら(私のライブでは、あまり無いですが)状況の許す限り踊ってもらって構わないのです。
あとは、自分の世界に閉じこもって出て来てくれないアーティストさんとか。
好みならそれも良いのかもしれませんが…
そんなあんたが良い!と言ってくれる様なファンを増やすことですね。きっと。

今温めているアカペラライブは
どちらかと言うとディープな企画です。
でも可能ならそんなライブを続けて行きたいと考えています。
ライプに来なきゃしない話もします。
万民受けしない歌も歌うかもしれません。
それでも良い
好きだと思ってくれる人にこそ
私のライブに来て頂きたいのです。

何時も明るく前を向いている私ではない
笑ったり怒ったり泣いたり叫んだり
いろんな面が見られるかもしれません。
あ、ライブでは叫びませんよ
あくまでも一面です。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
9月11日でした。

音楽を通して知り合ったアトムさんからお声をかけていただき、アトムさんが勤務する三ノ輪の高齢者施設で催され敬老会のお手伝いに行かせて頂きました。

ご長寿をお祝いする贈り物や
メッセージが紹介され、お元気なご長寿が紹介され、和やかな雰囲気で
いよいよ佳境に入った所で私たちの登場です。

私は、出番の1時間前に会場入りし
セッティングと
アトムさんからセットリスト受け取り
本当に簡単な打ち合わせと手合わせ

アトムさんと言う人の凄いところは
私を単なるゲストで終わらせない所
一緒に替え歌を歌ったり
アトムさんのオリジナル曲で、フォークソングのようなとても叙情的な歌があるのですが
そのフレーズの〝良い所〟に来たときに
風鈴を〝チリリン!〟とやってほしいと依頼されたり(^◇^)
究極のむちゃぶりは
「幸せなら手をたたこう」を歌うときに
「まえぽんさんなら幸せならどうします?」
散々思案したところ
〝幸せなら笑いましょう〟という結論を叩き出し
〝ワーッハッハツハー!〟
とやってみたら会場がとても湧きました

アトムさんという人の底力を
改めて知った1日でした。

後でスタッフの方が話されていたのですが
通常はご家族が敬老会に参加されるのは少ないそうで、今年はご家族がたくさん見えて嬉しいねと。
帰りしなに「楽しかったわ ありがとう」
と、何にもの方から声をかけて頂きました。

アトムさんと会うのも久しぶりでしたので
音楽ボランティアの難しさや楽しさ
改善点や問題点など、意見交換をする時間もありました。

本当に価値のある時間でした。
ありがとうございました。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日
義父の納骨をしてきました。

台風の接近で
お天気をとても気にしていたのですが
そこはやっぱりお義父さん晴れ晴れ晴れ

満足に送ってあげられなかった義父を思い
先日焼香に来てくださった親戚の方々を
義父と義母の眠る墓地公園にご案内したく
頑張ってマイクロバスを手配しました。

ご案内状を書くのも、
バスを手配するのも、何もかもが初めての事で
戸惑う事ばかりでした。

ただ
お葬式の時のような後悔だけは繰り返したくない
これは私のエゴかもしれませんが
両親の眠る場所を親戚に見てもらいたいと言う
主人の願いを叶えるために必死でした。

弟夫婦は
とうとう
来ませんでした。

でも
気遣って下さる叔父様方に暖かさに守られて
終始和やかな法要と納骨
会食となりました。

予定していたよりも
30分早い法要に間に合うことが出来、事務手続き等を済ませ礼拝堂の中へ。

ここへきてようやく
義父を送れるんだと言う実感が湧いてきました。

短い間の娘でしたが
お義父さんをこうしてお連れ出来た事
親戚に送ってもらえる事
安堵と感謝に気持ちにようやくなれました。

墓地公園の方が来て
納骨のために墓石の前を開けて下さいました。
暗いそこの奥から
7回忌を迎えた義母の白い骨壷が見えました。

「拭いても良いですか?」
と、母が係の方に聞いてくれました。
「どうぞ」と、目の前に現れた義母の骨壷を
母が持参したタオルで拭いてくれました。

「お義母さん はじめまして」

とっさにそんな言葉が出て
手を合わせていました。

明るくて朗らかで
曲がった事の大嫌いな
姉御肌だったと言うお母さん
お会いしたかったです。
一緒にご飯を食べたり
時にはハメを外したり
笑ったり
叱られたり
励ましあって障害を乗り越えたり
あなたの側に居たかったです。

お母さん
今日、お父さんをお連れしました。
どうぞ
積もる話もあるでしょう。
最後まで朗らかで
優しかったお義父さんを讃えてあげてください。

家族に見守られ
やっと2つの骨壷が並び
お墓に収められました。

寂しいと言う気持ちは
少しだけ薄れて
ホッとした思いに変わりました。

墓地公園内のレストラン七会(ななかい)で
お膳を囲みながら
お父さんの事
お母さんの事
思い出話がたっぷりできました。

氷の器に盛られたお造り

{743C1D58-50D8-4F5B-9AFC-8ECB3D5DE37E}
まるで花飾りの様に見事な
飾り切りの野菜たちが
涼しげな酢の物となって出てきたり

美味しいお膳を囲みながら
時間を忘れて談笑しました。

お義父さん ありがとう

雲の切れ間から光がさしました。

今度来る頃には
お母さんの名前の横に
お義父さんの名前が墓石に刻まれているでしょう。
お義父さんが好きだった家紋
丸にモッコの御紋が墓石の前に刻まれます。

お義父さん
待っててくださいね。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
瞼を閉じると残像がオーロラのように浮かぶ。
綺麗なものでは決してない。
それはまるで
昔のブラウン管TVのように、スイッチを落としても暫くのあいだぼーっと浮かんでいる。
物心ついてから
手術を受けて見えるようになってから
疲れて眠りにつくまで〝それ〟に、悩まされる。
灯りの消えた寝室の中で目を開けると、テーブルタップの小さな明かりが速度を上げて回り出す。
これも私の目の病気が見せる事。
瞼を閉じるとまたあの残像がやってくる。
眠れない夜は、そんな事の繰り返し…
誰もわからない。
誰も知らない
私だけが見えること。

昨年、主治医の石井先生が急逝されてから
私の中でも変わってきたことがある。
私の目のことを知っている先生がとうとういなくなってしまいました。
手術をしてくださったK教授も退職され、ずっと通っていたS医大の先生でさえ、わかってはくださらない。

現在のS大の先生は、半年後、1年後のサイクルで診察を入れようとする。
目のコンディションが安定している時はそれでいいかもしれない。
連続装用のプレズオーレンズを使っている者としては、とても不安が残る。
そのうちにその先生は、年に1度の検査だけを予約するようになった。

角膜に傷がついたり
目にばい菌が入ったり
まつげが内側を向いていたり
花粉症に悩まされたり
結膜炎になったり
これまでにも色々なトラブルを起こしてきたのに

それまでは石井先生が居てくださったので
少しでも変だなと思った時には助けてもらえましたが、もうそれもかないません。

自分の目は
自分で守らなければ

私は一念発起して、病院を探すことにした。

ネットで調べて、今の職場から比較的近い根津にあるN医大系のクリニック見つけた。
夜もやっているし、日曜もやっているので便利だと思った。
2度ほど足を運び、診て頂けると言ってい頂いたので、近所に通えるクリニックがあるとS医大の先生に話すと、あっさり紹介状を書かれてしまった。
私としては、医療情報を開示してもらうだけで大学病院と縁を切るつもりはなかった。
この病気とは死ぬまで付き合わなければいけないことをよく分かっていたから。
そのことをこの先生はわかってくれない。

ところが
その後になって、根津のクリニックではコンタクトレンズのケアまでばやってもらえないことがわかり、私の病院探しいきなり暗礁に乗り上げてしまった。
そのことを知ったのも、別の日にこちらから電話を入れたからであって「ちょうどこちらからもお電話を入れようとしていたところです」と
見え透いた嘘をつかれた。
半月以上も放置していてそれはないだろう。
誠意のかけらも感じなかった。
それでも紹介状を受け取っているので直談判するつもりで電話をかけた。
「院長先生でないとわからない」と言うので
「では院長先生がいらっしゃる日に伺います」と言うと
「月曜日と木曜日はいます」と言うから
その日に休みを取っては見たものの
嫌な予感がして行く前に電話をしてみたら
「院長先生今日はいらっしゃいません」
こんな堂々巡りをしているほど暇ではない。
こんなクリニックに私の眼は任せられない。

かといって当てなどない。

一般の人は
おしゃれの為にコンタクトレンズを入れたりする
ワンデイ、ツーウイーク
自分で出し入れをしてケアするのが当然だと言う考え方が眼科の中にもあったりする。
白内障の手術をして、眼内レンズを入れることができない眼を持っている人間にとって
ましてやそれが人の3分の1ぐらいしかない目の病気で、熟練した人でさえ入れるのが難しいレンズなのに、眼科を渡り歩いてそのことを理解してくれる人はまずいない。

私の使っているレンズは
これがなければ暮らしていけないレンズだ。
できることなら異物なと眼には入れたくない。
このレンズが何時まで使えるのか不安もある。
発売元のT社が、それまで行っていた自社消毒を止めて、このレンズの生産ラインを縮小したことを知った時、私はT社に電話をかけた。

「このレンズだけは
   絶対に製造を止めないで下さい」

早く病院を探さなくては
一ヶ月後、コンタクトレンズの交換ができる場所を見つけなくては
今このコンディションが安定している時に
何とかしなくては

気持ちは焦るばかりだった。

ふと我に帰ったとき、
ある人の事が頭をよぎった
現在のボス
自分が病院に勤務していることに気がついた。
職場の病院でなくても、この方に相談したら何か突破口が開けるかもしれない。

ボスは私の話を親身になって聞いてくださった。
この方に話して本当によかったと思った。
職場からすぐそばにあるクリニックを教えてくださった。
さらに「もし対応が悪かったら
僕に気兼ねしないで、行かなくても良いからね」
とまで気遣ってくださった。

早速そのクリニックに電話を入れたところ
院長先生が終日いる日を教えてくださった。

伺った日、待合室は患者でごった返していた。
受付の方も看護師さんも
とても感じの良い方たちだった。
検眼の方もとても親切で、待つ事を覚悟していたけれど思っていたよりはうんと早く診察になった。
ボスが紹介してくれた院長先生にお話しすることができた。
レンズの上から診察
今の自分の目のコンディションと、これまでのことをできるだけ手短にお話ししたつもりだったけれど、やはりコンタクトレンズの件がネックになった。すると
先が見えないと思ったのか
「これ以上話をしても仕方がない」と言われてしまった。
私は我に帰り言葉を飲み込んでしまった。
やっぱり、ここもダメだ。

先生だって人間だ。
色んな考え方の人がいる。
それは当たり前の事だと思う。

でも、院長先生は1つだけ課題をくれた。

「亀有のアリオにアイシティがある
   大島先生の所なら…」

アイシティとはコンタクトレンズの店だ。
その近くにある病院なら対応してくれるかもしれない。
もうここまでくると賭けのようなもので、私が駅の反対側のアリオに向かった。

アリオの2階でコンタクトレンズ屋を探す。
教えて頂いたアイシティの隣に「大島眼科」の看板を見つけた。

よしっ、まずはレンズだ。
アイシティで私の使っているレンズを扱っていれば道が開けるかもしれない。
お店のお姉さんに尋ねると、同じメーカーの同じ商品であるようだけど、やけに値段が安いのが気にかかった。しかもこの店はレンズを売るだけで装着はしてくれない。
いきなり頓挫
待て待て、まだ隣があるじゃないか
ここまで来たんだ、いっちょ乗り込むぞ。
クリニックはやはりいっぱいで、石井先生のクリニックみたいに患者が表の椅子で待っていた。
人気があるみたいだ。

受付で要検と事情を話すと素早く対応してくださり、院長先生が診察中で口頭ではなんとも言えないから待ってほしいと言われた。
問診票に今までの事を書き、失礼とは思ったけれど根津のクリニックから奪還した紹介状を資料になればと添えさせて頂いた。
検眼をしてくださった方がとても丁寧で、コンタクトレンズの扱いにも慣れていらっしゃった。
視力の検査だけではなく、眼圧を測ってくれたり眼の写真を撮ってデータを集めてくれた。
何より、裸眼の状態のコンディションを真っ先に確認してくれた事が嬉しかった。
「今日は初めてなので瞳を開く検査をしてもいいですか」と聞かれ、すぐさま承諾した。
丁度薬が効いてきた頃名前を呼ばれた。

院長先生の検査はとても丁寧だった。
すごくまぶしくて涙が出そうになったけれど
今まで色々なところを渡り歩いたことを思えば何でもなかった。後は縁があるかだ。

「そうねぇ
  問題は何処でコンタクトレンズを手に入れるかだね」
先生は私の眼の高さまで降りて来て下さっていた。
「レンズなら、今まで通っていた大学病院に入っているメガネ屋さんから買えます」
「じや、それを持っておいでよ」
話はシンプルだった
「レンズのケアに使うものも、ウチので間に合うならそれを使うと良いよ」
消耗品の事まで気にかけて下さった。
飛び上がりたいくらい嬉しかった。

「でも年に1度は大学病院で検査を受けた方がいいね」
と、アドバイスをいただいた。
今までお世話になっていた眼鏡屋さんともコンタクトレンズについての情報交換ができるので引き続き関われる事は嬉しい限りだ。
またS医大に足を運ばなければならないけれど、私の足取りは軽かった。

クリニックを出たとき、最初に行ったクリニックから留守電が入っていた事に気がついた。
折り返すと看護師さんが出て
「先ほどは折角お出で下さったのに、失礼な対応をしてしまって申し訳ありません」と言われた。それほど失礼な事をされたとは思わなかったけれど、少しがっかりしたのは事実だったね
だけどそこは大人の対応で
きけばそこのクリニックの斜め前にメガネ屋さんがあって、そこからコンタクトレンズを取り寄せられると分かったそうだ。
その事を調べてくれただけでも良しとしよう。
「機会がありましたら伺わせていただきます」と丁重にお礼を言って電話を切った。

ちょっと曲がった見方をすれば、
ボスの紹介だった事を思い出してくれたのかも知れないけれど…
コンタクトレンズを外して丁寧に診て下さった先生に私の眼を託したいと思います。











いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いよいよです!

高齢者施設の夏のイベントと、ライブイベント
それぞれのリハーサルが交互にやってきます。
ややこしいので2つに分けました。

夏祭りは明日
南越谷の高齢者施設にて
歌と踊りのコラボ
80分ほどのステージ
〝なちゅまちゅり〟は28日
北千住magicalfantasyにて
今回5回目を数えるワンマンライブイベント
まえぽんのまじかる・じゅーくぼっくすvol.5
theなちゅまちゅり
日曜午後の楽しい夏祭り!
音楽ボランティアをやるためいろいろと音源を物色していたら面白いものをいくつか見つけました。
今回も、素敵なサプライズあります!

暑さにはめっぽう弱い私ですが
この日ばかりは夏全開でサービスさせていただきます!

まだまだ仕込み中!
じたばたと楽しくときにはテンパりつつ
生みの苦しみと育ての楽しみを交互に味わっております

明日は
母達と久々の共演なので楽しみです。
また一緒に回れる施設が増えるとうれしいです。
madamヨシコさんも
南京玉すだれ披露初舞台
ガンバレ ヨシコさん!
ファイトだ ヨシコさん!
私とボランティアを回るために、1から弟子入りして南京玉すだれを習得されたそうです。
その行動力、その実行力
本当に頭が下がります。
そんなヨシコさん影からサポートさせて頂きます!

さて
こちらは〝なちゅまちゅり〟
素敵なグッズが届きました
{B5492740-7E29-41A5-B0A1-B37DB95A20B8}
なんと
光るうちわです。

夏っぽい!

本来の用途としては使いづらいですが
光物としては優れもの。
ただし皆さんこれ
駅のホームでは絶対に振らないでください。
サインと間違えて
電車を止めてしまう原因になるからです。
どうかそれ以外のところで
楽しく使っていただければ幸いです。

今日もたくさんやることがあります。
とりあえずお洗濯
区民事務所に行って住民票その他を取ってくる
お父ちゃんの夕飯の支度
明日のリハーサル

こんな時ふと思います。
もう1人私が欲しい!
土台無理な話ですね〜〜

おっと
告知です。


まえぽんの
まじかる・じゅーくぼっくすvol.5
the・なちゅまちゅり

8月28日(日)
13時オープン
14時スタート

ミュージックチャージ
1500円+ご飲食代お願いします

怪しい特典
浴衣、甚平、アロハなど夏っぽい格好でお越しの方には“ささやかに”イイ事があります!
※海水パンツはご遠慮下さい

ご来場お待ちしております






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日、親戚が御焼香に来てくれました。
きちんとした葬儀を行えていたなら、このようなことにはならなかったのでしょう。
でも
お寿司をつまみながら父を偲び、現在私たちの様子もお話をすることができ、つかの間でしたが価値のある時間となりました。
この先どんな事があっても、この付き合いだけは続けていこうと決めました。
{96F43569-8F58-43E9-9B4B-DF4BCAED3B6A}
主人の提案で
来月の四十九日の法要と納骨に、茨城のひたち平和墓地公園へ親戚と共に行こうと言うことになりました。
いろいろと悔いの残った義父の葬儀でしたが、これからは前を向いて、同じ間違いをしないように親戚の皆さんに支えていただきながら進んでいこうと思います。
そして、誰かが困っている時は1番良い形でサポートできるように気配りできる私たちでありたいと。

明日は出勤
そして夜は、8月20日に南越谷の高齢者住宅行われる夏祭り🍉 1時間半のステージのためのリハーサルです。

お義父さんは、旅立つ時期まで私たちに負担をかけないように考えてくれていたようです。
最後の最後まで心配をかけました。

私たちが、私たちらしく
どんなことがあっても挫けず
道を切り開いて行くことがきっと
幸せにつながる…
そう信じてがんばります。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。