2006年07月28日

ジャッジ 手嶌葵[テルーの唄]

テーマ:音楽

BOUNCE企画、菊地成孔氏のチアー&ジャッジにトラックバックしました。くわしいルールはここ 。簡単に説明すると、テーマ楽曲に対する菊地さんの好意的な批評と批判的な日批評のどちらが優れているのか判断し、投票するというものです。



で、佐和は両者の批評を読んでみて、

「ジャッジ」

つまり、批判的な批評の方が優れていると思ったんです。


手嶌葵の「テルーの唄」をはじめて聴いたのは、FMラジオだったんです。ラジオって、23曲かけた後に、まとめて曲名と歌手を言ったりするんで、佐和は全然、予備知識もなく聞いたわけです。


そのとき思ったのは、「Cocco」みたいだなぁ、というものでした。 詩と曲が島唄というか民謡(主に沖縄)というか、そういったものをバックボーンとした新しい歌手がデビューしたのかなぁ、くらいに思ったんです。

なので、まぁ、この人は普通にデビューしても、売れなくても固定した安定したファンが付くくらいの歌手にはなったかもしれないと思います。


けれども、これって、ジブリが全面的にバックアップしているんですよね。これって、

安田成美さん以来ですね。

(今回のVOは、ジブリ初プロデュースの大型新人ってところ)


そりゃ、売れますよ。

だから、ジャッジの意見である、

>ここ最近のジブリ作品の主題歌の、平均的な売れ方そのままなのよ。少なくともセールス的には変わってないんだ。これって、代替わりして変わった。という事にならないんじゃないの?この曲だけは単体シングルとしてアニメを観ない人にもアピールしてどかーんと売れた。とかいうのであれば、多くの消費者に訴求する音楽単体の力があると認めるけど。ジブリって、〈千と千尋の神隠し〉がアメリカで興行的に惨敗しようと、全く影響なく、むしろ国内ではセールス延ばしてるわけですよ。

に全面的に賛成な訳です。


それにジブリが全面的にバックアップすれば、どんな曲だって売れますよ。



それこそ、

両親を殺害する様を歌った曲だろうと、

1秒間に10回レイプ発言をする曲だろうと、

売れますよ。

(売れないか?)



あっ、上の文の元ネタのマンガは、

史上初のデスメタルギャグマンがである、

これね


若杉 公徳
デトロイト・メタル・シティ 1 (1)



母の日にはカーネーション(手紙つき)を贈るほどの23歳の好青年が主人公。ポップでオシャレな音楽をやりたいのに、やっている音楽は両親を殺したとかレイプとか叫んでいるデスメタル。その日々の苦悩を描いたギャグマンガです。





そんなわけで、

話を戻すと、この曲って、結局、

菊池さんの言うように、

>ジブリ帝国の住人として、それまでの主題歌と同じ様に、何の疑問もなく売れて、そこで止まってしまう予感が払拭出来ない

というふうにしか思えないんですよね。

だから、

今回はジャッジに1票。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。