1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006年06月23日

ブラジル戦、完敗

テーマ:ニュース

ブラジル戦が終わりました。


まぁ、結果だけ見ると、やはりという感想しかない。


試合内容は、一言で言い切ることが出来る。


完敗。


けれども、前半の玉田のゴールで、一時の夢を見せてもらっただけでも、ありがたいというべきかなぁ。


ということで、川渕辞めろ などの戦後処理が、すでに始まっている。


で、やはり一番の注目は、ジーコの後任だ。

すでに各社、いろいろ書いている。

 

ポストジーコ、独仏路線だ…日本惨敗で早くも浮上

ポスト・ジーコにオシム氏有力

日本代表次期監督、デシャン氏が第1候補…交渉“大詰め”


まぁ、現実的なところを考えると、やはりオシム監督かなぁ~という気はする。

日本サッカー協会的には、一番はベンゲルになってもらいたいんだろう。前から、再三、ラブコールを送っているので。

けど、実質的には無理でしょう。


ということで、ここはジェフ千葉のファンのみなさんには、犠牲になっていただくとして、ぜひ、オシムに代表監督になってもらいたい。

(佐和は未だにジェフ千葉という名前に違和感があるんですけど……)


で、オシムといえば、組織的に走るサッカーという印象がある。


ということで、次の代表のキーマンは、「FC東京の今野」ではないだろうか?

もちろん、松井大輔やジェフ千葉の阿部や浦和の闘莉王、平山などにも、期待する。


ということで、いまは無事で日本代表が家路に着くことを望むばかりだ。


さて、無事に帰れるかな?

    

「脱出作戦」成田で検討


(あと気になるのは、野球。西武の松坂が今日、登板なのに、W杯のブラジル戦を見ると、宣言していた。下手なプレーをしたら、マスコミやファンから叩かれそう)





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月22日

何かが起こるかもしれない、ブラジル戦を前に その②

テーマ:ニュース


前回 からの続きです。


そんな彼やスクール水着になる平原綾香を超える公約をしている人がいます。


その名は、


ピエール瀧。


ということでさっそく、彼の公約を見てみましょう。



( ゚д゚)

 


(つд⊂)ゴシゴシ

 


(;゚д゚)

 


(つд⊂)ゴシゴシ


  _, ._

( ゚ д゚) …?!



  _, ._

´ д⊂ ゴシゴシ



  _, ._

(;゚ Д゚) !!





その公約はコレ。








なっ、なんと

彼は

日本VSブラジルを会場で見ているので、

日本が勝ったら、その瞬間、

で、

ピッチに飛び出します!

と宣言しているではありませんか!!!!!!!



スゲーよ、

スゲーよ。


この人、犯罪を予告しているよ。


ということは、話し合っただけで、裁かれる、あの法律に触れるんじゃない?


TFMとピエール瀧って、

共謀罪でつかまるんじゃない?


まぁ、テロ阻止のため、ドイツには共謀罪に類する法律があると思いますけど、その詳しい内容はわからないんで、なんともコメントのしようがないんだけど。



ということで、日本が勝ったときのことを考えてみよう。

日本が勝って、ピエール瀧が裸でピッチに出る。

そのときの放送局は、

あのNHK

です。


ちょっと、そこの奥さん、仮にも天下の公共放送、みんなのNHKが殿方の裸を放送したざますよ。もう、どうしましょう。それがNHKのやることかしら?


という会話が、

翌日のゴミ出し後の近所の方とのおしゃべりで聞かれるんですよ。


もうね、

これは、

まさしく

チン事件!!!!!!!!!!!

ですよ。


ということで、佐和は日本がブラジルに勝つことを信じて待ってます。



      ┌─┐  ┌─┐

      │●│  │●│

      └─┤  └─┤

      _   ∩   _  ∩ チン事件!

    ( ゚∀゚)  ( ゚∀゚)彡  チン事件!

 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡

 |●|   |●|

 └─┘   └─┘




ちなみに、佐和は

研究室の友人に、

日本のよいところを出せば、

30%くらいの確率で勝てるかもしれないと言いました。


友人の答えは、



日本の良いところ?


華麗にシュートを外すところ?

それとも、

負けっぷり?

でした。



日本がブラジルに勝てるとは

とても思えなくなりました。








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年06月22日

何かが起こるかもしれない、ブラジル戦を前に その①

テーマ:ニュース

今回は記事が長くなったので、二回に分けます。


いろいろな面で楽しみなブラジル戦が迫ってきましたね。



ブラジル戦を前に、佐和はまず謝っておかなければならないことがあるんです。


数日前に、ネタにしたんですが、TOKYO FMで「日本がブラジルに勝ったら○○します」という企画をやっていたんです。


これ。

  

TOKYO FM SPECIAL WEEKTOKYO FM



そのときの記事についたある人の

「平原綾香がスクール水着で歌うという公約以外、面白くない」

というコメントに同意していたんです。


実はコレ、嘘。

やはりこれはそんなことはない!!!!!!!

と声を大にして訂正しておかなければならない。

まぁ、何でそんな嘘を書いたかというと、今日、書くネタだからです。


ということで、ごめんなさい。

(__)



本日の記事は、

TOKYO FM SPECIAL WEEKTOKYO FM

の公約についてです。



では、どこから見ていこうかなぁ。


まずは、やはり日本代表のキャプテンである、

ツネ様こと

宮本恒靖選手の宣言を見てみましょう。





( ゚д゚) じーっ

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

(;゚д゚)

 

(つд⊂)ゴシゴシ


  _, ._

( ゚ д゚) …?!


これ。



引用すると……









日本代表キャプテン・宮本恒靖 からの宣言

ドイツで履いたスパイクブラジル戦の感想文

つけてプレゼント!



・゚・(Д`)・゚・

うわーん。

涙で、画面が見れないよぉ~。


ご存知のように、彼はイエローカードが累積2枚となり、ブラジル戦には出場できません

それなのに、ドイツで履いたスパイクブラジル戦の感想文を書いてプレゼントだなんて……。

日本の勝利を願って、力の限り応援していた、と書くんですか?


泣けるよ。ハッキリ言って泣けるよ。


・゚・(Д`)・゚・


しかも、宮本選手が表紙を飾ったマンガ雑誌が数週間前にあったんです。

(確かマガジンだったと思う)


そこには宮本恒靖物語として、

彼のマンガで載っていたんです。


そのマンガのラストは、

ブラジル戦で

ロナウジーニョを

華麗に抑えている

宮本選手のプレー。


そんな未来予想図で終わっているんです。


出場できないのに。出場できないのに。出場できないのに。出場できないのに。出場できないのに。出場できないのに。出場できないのに。出場できないのに。出場できないのに。そんな未来はこないのに。そんな未来はこないのに。そんな未来はこないのに。そんな未来はこないのに。そんな未来はこないのに。そんな未来はこないのに。そんな未来はこないのに。


・゚・(Д`)・゚・


ということで、宮本選手は切なさ大爆発の公約をしております。


ところが、そんな彼やスクール水着になる平原綾香を超える公約をしている人がいます。


その名は……


次回に続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月21日

ジーコの身を削った鼓舞

テーマ:ニュース

時期が時期だからか、それともただ単に更新しているからなのかはわからないが、どうやら、サッカーネタの更新はある程度このブログを見にくる人が増えるらしい。


ということで、今日は、アルトゥール・アントゥネス・コインブラについて書こうと思っている佐和である。


ちなみに、このアルトゥール・アントゥネス・コインブラは、偉大な選手である。アルトゥール・アントゥネス・コインブラの祖国では国民的な英雄である。何しろこの前のコンフェデレーションズカップで得点王に輝いた某選手がサインを欲しがって、某選手とは違う国の出身である、他のチームの選手にお願いしたエピソードもある。そんなアルトゥール(以下略)W杯はおそらく最後になるだろう。

何故なら、現在の彼のあまりにマズイ戦術をW杯で披露してしまったからだ。


まぁ、名前が長いんで、愛称でいうと、ジーコっていうだけどね。



そんなジーコは、まだ少しでも可能性がある限り、あきらめないという意味の発言をしているらしい。諦めないのは結構なことだ。きっとこの発言を受けて、大喜びする日本人も多いだろう。

(F組から勝ち上がった国の決勝トーナメントの試合を放送するTBSとか)


アジアカップの直前だったと記憶しているが、ジーコの解任騒動があった。あまりに不甲斐ない試合が続いたからだ。そのときのジーコのストレスは物凄かったのだろう。

素人でもストレスの凄さが一目でわかった。


なにしろ髪の毛がどんどん薄くなっていったからだ。

それこそ、熱帯雨林の伐採による砂漠化も真っ青なほどの生え際の後退振りだった。


そんな彼を見ていると、やっぱり偉大な選手は監督には向かないだなぁ~と考えてしまう。例えば、その品性はともかく、抜群の手腕を発揮する監督に、ジョゼ・モウリーニョがいる。彼はプロでのサッカー経験はない。それなのに、監督としてUEFAチャンピオンズリーグ制覇まで成し遂げている。UEFAチャンピオンズリーグ制覇が現在、監督をつとめているチェルシーならば、佐和のような素人なら優勝することが難しくないと思ってしまうが、そのときは、FCポルトを率いての優勝だから、凄い。サッカーが好きでなければ、FCポルトがどこの国のクラブチームか、日本人でわかる人は少ないのではないか?

(ちなみに、FCポルトはポルトガルにあるYO)


偉大なプレーヤーが必ずしも、偉大な指導者にはならない。

この傾向はサッカーに限ったことではないと思う。例えば、受験の参考書には、執筆者が高校で成績が悪かった、といった話がよく載っている。この理由はそういう美談があったほうが参考書は売れるからというのもあるだろう。しかし、成績が悪い人間だからこそ、何が分からないのか、自分のどこがダメなのかという分析する力がつき、効率的に勉強を行えるためによい参考書を書くことができるのだと思う。



つまり、ジーコは、サッカー選手としては天才であった。

しかし、その技術は才能がない選手に比べれば、すぐに身についたはずだ。おそらく、自分のプレーを深く分析することもなかっただろう。


ジーコが監督になった後、しばしばシュート練習が行われている。これはジーコ自身が、天才だったために、何故、選手があれほどシュートを外すのか、わからないからではないだろうか。自分がそのことに悩まなかったからこそ、選手がどうしてゴールできないのかわからないからではないだろうか。


また、ジーコは、試合後のインタビューで、よく「最後まで諦めなかった」という感情論のような試合の分析をしていることを考えると、試合を分析する力が他の監督に比べて乏しい気がする。そんな佐和の考えもそれほど遠からずといったところではないだろうか?

(ちなみに、ジーコは努力をしていないとは言っていないよ。それと、今回は戦略や戦術といったことを意図的にぼかして書いているから、そこら辺はツッコミを入れないでね)


だから、

そんなジーコが指揮を執る日本代表は、きっとブラジル戦も負けるだろうと昨日まで、佐和は思っていた。


しかし、今日の報道を見て、もしかしたら、日本はブラジルに勝つかもしれないと思うようになった。



複数の新聞が報道しているので、おそらく本当なんだろう。

ジーコが言った言葉に佐和は思わず、我が目を疑った。









( ゚д゚)

 

(つд⊂)ゴシゴシ

 

(;゚д゚)

 

(つд⊂)ゴシゴシ


  _, ._

( ゚ д゚) …?!


  _, ._

´ д⊂ ゴシゴシ


  _, ._

(;゚ Д゚) !!









「髪の毛1本分でも可能性があるならばあきらめない」




アジアカップ直前、

不甲斐ない試合が続いて、

ストレスで頭髪を後退させた、

あのジーコのお言葉です。


ジーコがあのジーコが、

わざわざ体を張ったギャグで、

チームを鼓舞したのです。


マジで日本がブラジルに勝てるような気がしてきた。


ということで、


      ┌─┐

      │

      └─┤ _ハ  

        ('(゚∀゚∩   日本!

        O,_ 〈 

         `ヽ_)            

           ┌─┐

         

        _ハ ├─┘ 

       ゚∀゚)')     ニッポン!

        〉  ,_O 

      ._/´


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年06月20日

2006年W杯 日本対ブラジル戦を前に

テーマ:ニュース

2006年のW杯、その日本の最終戦であると考えられるブラジル戦が迫っている。


不思議なことに、ブラジル戦に関するマスコミ報道を見ていると、妙な高揚感あるいは期待感が感じられる。本来ならば、この絶望的な状況を受けて、重苦しい気分が支配しているべきではないだろうか?

それとも、勝ち点を計算することができないほど、日本の教育レベルは下がったのだろうか?


もちろん営利企業であるマスコミ的にはギリギリでも崖っぷちでも決勝トーナメントへ進出する可能性があれば、盛り上げるだろう。某酒造メーカーをはじめとしたスポンサーのために、必死に盛り上げるだろう。

サッカーを見たことも応援したこともない(と考えられる)タレントやアイドルを無理に動員して盛り上げをはかるのは、テレビの常套手段を使うだろう。ところが、そういった無理に盛り上げている様子が見られない(日常放送している番組の無理な盛り上げ方と比べて、という意味ですよ。テレビは日常的に、やらせなども含めて、こういうことやっているんで、それに比べればという意味ですよ)

多くの新聞などもある種の期待感を含んだ報道をしている。


何故だろう?


そんなことを考えていると、この盛り上がり方と似た状況が最近、あったことに気がついた。


それは2006年 W杯の代表メンバーの発表である。


このときも、発表前からマスコミは妙な盛り上がり方をした。

佐和はそんなマスコミの報道を見ながら、「ジーコの行動を見ていれば代表メンバーは、ほとんど確定しているのに、なんでこんなに騒いでいるのだろう」と思ったものだ。


ご存知のように、ジーコは代表メンバーを、代表への貢献度、実績で選んでいたと言われる。そのため、多くの日本国民が代表のメンバーを予想できた。

(久保の不選出と巻の選出は例外。松井大輔の不選出と玉田の選出は意味わからん)


そんな日本代表メンバーの選出だが、そのときの盛り上がり方とほとんど一緒なのだ。


では、何故こうまで盛り上がるのか?



その盛り上がりの背景には、ジーコが懸命な判断をするかどうかという考えがある気がする。



代表のメンバー発表のときは、ジーコが代表での実績にこだわって、調子のいい選手を選出するのか、それともしないのか、というのが盛り上がりの原因だった。そのため、当時、ほとんどメンバーは決定していると思われていたにもかかわらず、巻と佐藤寿人がマスコミに登場した。



今回は、ジーコが代表での実績にこだわって、調子のよい選手を試合に出すのか、出さないのかというのが原因ではないだろうか?


マスコミ報道を見ていると、ジーコは欠場予定の宮本の変わりに、坪井を入れるとしか発言していない(ように見える)のに、

サントス、柳沢に変えて、

中田浩二、大黒あるいは巻を入れる

ことがすでに決定事項のように報道されている。


まぁ、結局、どうなるのかわからないが、

佐和はオーストラリア戦終了後には

4年後の松井大輔を中心としたW杯に思いを馳せているので、日本の勝敗はどうでもいい。


とりあえず、ブラジルがどんなサッカーをしてくれるのか楽しみだ。

95%くらい、ブラジルが勝つのを楽しみにしてサッカーを見る予定だ。

主力はでないという報道だが、それでも凄いメンバーである。




ちなみに、日本の勝利を願う、

残りの5%の理由は


これ。











本当に

日本がブラジルに勝ったら

平原綾香は

スクール水着

になって、

歌を歌うのだろうか?



記事を書いて、UPした後に、こんな記事が出ていたね。

ジーコFW替える! 高原、玉田のツートップ有力

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。