間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

間取り図で博士号をとった間取りドクターサヤが間取り図をネタに日々考えたことをアップします。

家探し、マイホーム計画中の方必読!
間取りに関するお悩みはお気軽にご相談ください。

不動産・建築関係のお仕事されている方も是非参考にして下さい。


テーマ:

☆このブログがはじめてという方はこちらからお読み下さい☆

■このブログの目次


今日は子供が出来た、もうすぐ産まれるということで緊急にお引っ越しを考えているカップルのための間取りです。


初めてのお子様という設定です。


間取りは2LDK、50~60㎡の賃貸物件です。


ポイントは子供のためのスペースと寝室です。


●スタンダードな間取り


間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

角部屋なのが高ポイントですが、採光は一面だけでも大丈夫です。


よくあるLDK横の和室。


ベビースペースとしては良いですね。お料理するときに見えないので、LDK側か窓際に移動してもらう必要がありそうですが。


子供が小さいうちはこの和室が寝室になりそうですね。


遅く帰ってくるお父さんだけは玄関横の個室で!

お風呂やトイレが廊下にあるので物音があまり和室まで聞こえなくて良いと思います。



●川の字で眠れる7.5帖


間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

洋室が7.5帖あるのはこの規模の間取りだと少ないのですが、

ある人の説によれば親子川の字で眠るには7.5帖の部屋がちょうど良いとのこと。


確かに、6帖でも大丈夫ですが、モノを置いたりすると、すぐに狭い感じになりますね。


キッチンが独立型で子供が見えるか心配ですが、横のLDのスペースをベビースペースにしてはいかがでしょうか。


LDではカフェテーブルてちょっとした食事をとれる程度にしておき、洋室の方にテレビやPCなど機械系を置いて大人のくつろぎスペースにすれば、赤ちゃんがひとりで動くようになっても安全です。


●子供と別に眠れる間取り
間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

洋室が続いて配置されているのがポイント。


寝室を子供用と大人用に分けつつも、必要に応じてつなげて使ったりもできます。大人がLDKにいる間のベビースペースとしても活躍しますね。


そして、これだけ引き戸が多いと、来客が多い時期に便利です。


赤ちゃんが生まれたての頃はお祝いにとお客様が多くなると思いますので、広く使える間取りは重宝すると思います。



3つほど、こうのとりさんがすでに来た幸運なカップルのための間取りを選んでみましたが、

「こういう方が使いやすい」など子育て経験者の方のご意見があればコメント下さいね。


【関連記事はこちら↓】

子供の遊びスペース注意点  小さなお子様がいるご家族へ 

子供部屋と夫婦の寝室の微妙な関係   子供とのコミュニケーションアップ

◆子供の成長と間取り          子供が大きくなったときのことを考えておこう


?いい家にするためにはどうすればいいのかな

?マイホーム選び、まずは何をすればいいの

?間取りの打ち合わせ、悩んでしまって決められない


*間取り相談・住まいカウンセリングでお手伝いさせて頂きます。

*お気軽にお問い合わせください。→お問い合わせフォーム



HP→間取り相談・住まいカウンセリングのことならCASA SAYA  



ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキング  

人気ブログランキングへ  

にほんブログ村  

にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ  

住まいるブログランキング
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト
 



AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード