間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

間取り図で博士号をとった間取りドクターサヤが間取り図をネタに日々考えたことをアップします。

家探し、マイホーム計画中の方必読!
間取りに関するお悩みはお気軽にご相談ください。

不動産・建築関係のお仕事されている方も是非参考にして下さい。

今日はちょっと贅沢な4LDKマンションの間取りをみてみます。


当ブログはなるべく多くの方の役に立つようにあまり奇抜なデザインのものや豪華な物件については普段触れていませんが、たまにはどんなものかと覗いてみました。


しかし、選んだものは全て中古(築10年以内)ということで、広くても立地によっては3000万円前後のものもありましたから、全く夢のような物件というわけではありません。


また、100~120㎡のマンションにしては広い物件ですが、戸建てと比較すると特別広いというわけでもないので、家族が多く子供がある程度大きい時期に住み替えるのには意外といいのではないかと思いました。

(とはいえ広い物件ですから、売る際に苦労するかもしれません…)


それでは間取りをみてみましょう。

せっかくなので4部屋とも採光がある物件にしました。



●部屋がお行儀よく並んでいる


間取りドクターサヤのアラウンド間取り図


どうやら一階の物件のようですが、部屋が見事に整列しています。陽当たりにいい方向に部屋を配置したらこうなったという感じでしょうか。5帖くらいの洋室2部屋が子供用、7帖くらいの方が夫婦の寝室になりそうです。


収納などは豊富ですが、特別変わったところはなく普通のワイドスパンの間取りを広くしたような感じですね。

とにかく部屋数と収納が欲しいという家族にお勧めです。


●玄関が広い+奥にプライベートスペース


間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

玄関がかなり広いです。収納もたっぷり。

間取りがちょっと変わっています。個室はリビングからアクセスするタイプですが、ドアがLDKからもろ見えるのではなく、やんわりとスペースが区切られています。


廊下に個室があるタイプでは家族が顔を合わせにくそうだけど、4部屋分もLDKにドアがあるのはちょっと…、というところをうまく処理してあると思います。


玄関が広いのと、入ってすぐリビングなので来客が多い家族にもおすすめです。



●専用エレベーター+長い廊下
間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

上の間取りとは逆に長い廊下が特徴です。専用エレベータのまわりをぐるっと回って2回曲がります。

初めてきたお客様は迷ってしまいそうです…。


最上階だと思いますが、ルーフバルコニーがあっちにもこっちにもあります。

おかげで水回りの風通しがとても良さそうです。


キッチンも広くとってあっていいですね。


水回り&プライバシー重視な家族におすすめです。


●隠し部屋がある+広い水回り
間取りドクターサヤのアラウンド間取り図

こちらも廊下が長いのですが、折れたところに扉がついているため4部屋のうち2部屋は隠し部屋(?)になっています。

あまり部屋数を見せびらかしたくない人にはいいかも?

鍵をかけて他の家族が入れないようにする?

自宅オフィスとしてドアに会社名でも書いておく?


色々想像してしまいますが、個人的には4部屋もいらなくなったら壁をとれたらとってしまうと広い部屋になっていいと思います。


キッチンがコの字型で広いです。

さらに脱衣所の洗面器は2つもあります。


洗面所のとり合いが絶えないお洒落な家族におすすめです。



●ふりわけタイプ+区切られたLDK


間取りドクターサヤのアラウンド間取り図


玄関は全体の真ん中にあり、間取り図の上がプライベートエリア、下が共有エリアになってます。

廊下が短めでスペースが無駄になりにくいタイプです。


個室のうち2つが和室なので、お布団で寝たいお父さん・お母さんにはいいのでは。


区切られたLDKをどう考えるかだと思いますが、スペースはそれぞれきっちりとられているので家具のレイアウトはしやすいのではと思います。


また陽当たりの良さそうな場所に8帖と広めの和室が床の間つきで配置されています。


和室好きな傾向にある家族、区切られたLDKの方が使いやすいという家族におすすめです。




5つの間取りをみてみましたが、4LDKとなると戸数自体が少なかったり、最上階にあることが多く、割と個性豊かな間取りが多かったです。


しかし、今日は紹介しませんでしたが、4つの部屋全てに採光をとるのは難しいので、実質的には採光のない部屋が1~2室あるものも多かったです。


4LDKで100㎡以上となるとどんな贅沢物件かと思いましたが、部屋や収納をとっていくと結構それなりに空間は埋まってしまうものですね。上でも述べたように中古だと場所によってはかなりお手頃価格のものもありましたので、お子さんが大きくなってきたご家族は戸建てもいいですが、こんなマンションも検討してみてはいかがでしょうか?




ブログランキングに参加しています。



人気ブログランキング


人気ブログランキングへ



にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ


住まいるブログランキング
住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト







AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード