hibi

五角形の折り方を説明しています


テーマ:

一般的に五角形はコンパスと定規で作成しますが、日本の折り紙文化はそれらを使わずとも作ることが出来ます。


さて、今回は(きっと興味の無い方がほとんどだと思いますが・・・)五角形を簡単に作りたいという方が、検索してこちらに辿り着いたときの為に、画像つきで解説します♪


①まず、正方形の紙をご用意下さい。ちなみに、写真は「縁紅」です。



②三角に折ります。



③上の角から垂直に線を引き、上から四分の一の長さのところを折ります。

(この時点で説明が難しくなってきました・・・図形が苦手なので。)



④四分の一の長さを折りましたか?

次は、四分の一の長さの線の左の接点と

先ほど、垂直に降ろした線の下の接点をつなぎます。(写真の点線を④の点線とします)


⑤その点線部分を谷折にします。



⑥見えづらいかもしれませんが、

 ④と同じように、四分の一で折った右側の接点と、下の点をつないで折り返します。

 (写真の点線部分を⑥の点線とします)


⑦折ったところです。



⑧では、⑥の点線に習って、残りの部分も谷折にしてみましょう。



⑨折ったら、④の点線に沿って折り返しましょう。



⑩こんなにコンパクトになりました。いよいよ最後です。

左の辺に垂直になるようにして、鋏をいれます。


⑪はい、五角形が出来上がりました。

写真は折り目があって、歪に見えますが、割と正確に出来ます。


折り紙って幾何学ですね~♪

AD
いいね!した人

[PR]気になるキーワード