ブログにご訪問ありがとうございます!

「心がつながる♪まどか音楽教室」講師の大野まどかです。


{09D3ED04-D051-4336-86B4-055C913F41CE}

発表会まで、あと一週間になりました。

この一週間は風邪に気をつけて過ごしたいですね。

さて、最近楽器店、自宅でレッスンしていて気付いた事があります。

1   使わない記憶は忘れる

当たり前と言えば当たり前なのですが、一度覚えても、使わずにいると、頭から記憶が消えてしまいます。

例えば、一昨日の朝ごはん、何を食べたとか…。

あんなに勉強した、大学受験生の時の世界史。私にしては珍しく、1日6時間は勉強していたんです。(昭和音大の給費生入試、今は分からないですが、当時はピアノ実技試験は勿論あり、学科は一科目受験で、私は過去問を見て、1番勝算がある世界史を受験しました。実際、読みは当たり、世界史で短大の給費生として、入学出来ました。3年次編入をして、卒業しました。)

使わない今は、悲しい事に全く、覚えていません。てへぺろ


学生時代のフランス語(第2外国語)きれいさっぱり、忘れました。(私、フランス語の成績、良い方だったはずなんですけど。)

どうでも良い記憶(命にかかわらない記憶)は、忘れますね。

音読みも、やらないと脳は「消して良い記憶」と認識するのではないかと思います。

音符カード、せっかく読めるようになっても、やらないと戻ります。特に幼児は、すぐ忘れます。
本当です。

私、幼児の時に譜面を最初から読めたのですが、それは毎週、新しい曲に取り組んでいたからではないかなと思います。譜読みをせざるを得なかったので、読み方を忘れる事はありませんでした。

なので、発表会前だから…と家で全く音符カード、新曲の譜読みをやらないと

楽譜の読み方、きれいさっぱり忘れますよ〜!えーん



あと、発表会やコンクールに生徒さんを出す度に痛感しますが

2  基礎練習をしっかりやる生徒さんと、そうでない生徒さんは、仕上がりに差がすごく出ます。

基礎練習を家でやらない生徒さんは、指がころぶ、くっつく、小さな音しか出ないのです。

だから、いくら頑張っても音に表情が出ません。強弱とか、当然変わりません。

発表会が終わったら、ピアノは第一優先ではない生徒さんも、バーナムピアノテクニックなどの教本を追加します!

先生の愛だと思って、覚悟して下さいね〜!!!おねがい



3  先生は魔法使いではない!

当たり前ですが、私が練習しても、生徒さんは上手になりません。

上手になりたいなら、家で練習するしかありません。

私は練習しない生徒さんにも、練習する生徒さんにも変わらず愛情があります。

練習しない(できない)生徒さんは、レッスンに来てはダメと言っているのではないです。むしろ、練習が出来ない生徒さんほど、毎週通うべきだと思っています。

しかし、練習する生徒さんと、しない生徒さんに同じ質のレッスンを提供する事は出来ません。

音の間違い、リズムの間違いを直すのが精一杯の生徒さんに、美しい音色を教えるのは無理なのです。

ピアノは、習えばうまくなるのではないのです。


練習する習慣をつけさせるのは「保護者の役目」と私は考えています。

そんなに難しい事ではありません。

まずは、時間を決めて、お子様と一緒にピアノのイスに5分座りましょう。

一方的に「練習しときなさいよ〜!」はダメです。ダウン

「練習しないと弾けるようにはならない」と子どもに言い聞かせて、理解させて下さい。

この事をどうか、保護者の皆さま、ご理解下さいませ。





教室紹介動画




パート1はこちらです。






{3706D17A-3B13-4EA3-BA2A-8E757801C665}


ひまわり黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫からだ黒猫あたま猫しっぽ猫からだ猫からだ猫あたま犬しっぽ犬からだ犬からだ犬あたまひまわり
 

レッスン予約はこちらの予約システムからもして頂けます。

クービック予約システムから予約する

LINE@友達登録して下さった方にはお得なクーポン情報などを発信しております。
登録だけなら、こちらから誰が登録したかは分かりませんので、是非お気軽にご登録下さいね♫

友だち追加

AD