佐橘マドカのヨーロッパ音楽紀行

フランス在住ヴァイオリン弾き。
クラシック音楽のこと、ヨーロッパのこと、愛息子、愛猫、グルメや旅のこと…心に響いたことをつぶやいていきます。どうぞよろしくお願いいたします!

ご訪問、ありがとうございます♡

フランス、スイス、そして日本を行き来する佐橘マドカの音楽日記です。
ヴァイオリンのこと、愛猫のこと、美味しいもののこと、旅のこと、
日々の出逢いや発見を少しずつお届けしています。

■Orchestre des Pays de Savoie
http://www.orchestrepayssavoie.com
2nd vl首席奏者として在籍中

■Duo Lyrique HP
http://lyriquemusique.com/
ピアニスト白川多紀さんとのデュオ

■Lemanic Modern Ensemble
http://lemanic-modern-ensemble.net
フランス、スイスを拠点とする現代音楽アンサンブル

■ジュピターカルテットジャパン
 ドキュメンタリー放送
「カルテットという名の青春」
~太郎、マドカ、麻理子、大と歩いた1371日~
http://www.bs-asahi.co.jp/quartet/
制作:テレビマンユニオン
ギャラクシー賞、ATP賞ドキュメンタリー部門優秀賞受賞

テーマ:

「研修」という言葉。

音楽の世界ではあまり使わないかもしれません。

フランスに来て以来、音楽界においても頻繁に耳にするこの「研修/講座」という単語。
プロの世界に入ってからも、勉強を続けられるよう雇用主や各団体がサポートをしてくれるシステムがあるのです。

フランスには国内のオーケストラをまとめるAssociation Française des Orchestreという団体があります。
オーケストラにまつわる研修、勉強会を開いており、今回のテーマは「首席奏者の役割と争点」。このところ体調がふるわずだったですが、パリにひとっ飛び、参加できてよかった!実り多き一日となりました。


[オーケストラとは社会の縮図]と言いますがまさにその通りで、定年に近いメンバー、子供が生まれたばかりのメンバー、一人一人が人生の違うステージにいて、音楽でつながっているのがオーケストラです。

立場の異なる人が集まるからこそ、小さなことから大きなことまで、音楽のみでなく人間関係の問題も勃発します。
仲間がバラバラになってしまわないよう、音楽はもちろん、人をまとめていくのがセクションのリーダーの務めです。


今回の研修。
クラシック音楽、フランスのオーケストラ、首席、という共通点をもった人が国内各地から集まり、とてもアットホームな雰囲気でした。

グループに分かれてディスカッションを行い、ボードで発表。



{C181F729-9687-4CFE-A0DA-659865C2C636}

{D2B1E855-BDA3-4633-816E-44D4DA12770C}


「結局、自分のパートのソロを弾いてるときが一番楽だよね」、というトゥールーズのヴィオラ首席の言葉にみんな笑いながらうんうん、と頷きます。


音楽院で音楽は勉強できても、マネージメントの勉強はまだまだ進んでいない。それでも、ある日厳しい入団試験に通りオーケストラの現場に踏み入ります。
最近は社会全体の風潮なのか、世代間のギャップも大きくなりつつあります。それぞれ、状況は違えど壁に当たる経験をしていることが浮かび上がりました。


常に冷静であること、自分に厳しくあること、周りのことに気を配りつつも自分の信念を貫く強さを持つこと。
理想の上司、ではないけれど、理想のリーダー像を話し合いました。

悩みもありますが、それは一人じゃないと知り、それぞれの経験や理念、理想を分かち合うことができてとても豊かな一日でした。


駆け足のパリでしたが、帰り道にクリスマスツリーを発見


{A46BDC38-4A29-44C0-97E7-93D9F80860C7}


ほわっと癒されます


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。