しまなみ日和

ゆるゆるとした日常をつづります


テーマ:

※個人的な、大変暗い内容ですので、苦手な方はお控えください。

  書くべきかずいぶん迷いましたが、

  長年このブログを読んでくれていた故人を偲び書くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人が亡くなりました。

 

中学時代から、30年余りの付き合いでした。

特に、この10年ほどの間は、

近くにいる、数少ない独身の友として、

たくさんの楽しい時間を共有してきました。

 

最後に会ったのは今年の1月。

あんかけ堅焼きそばを食べながら、

お互いの近況と、最近みた映画の話や、

星野源のことや、おもしろかった本の話や、

他愛もない話をしたことを覚えています。

 

ずっとこのブログを読んでくれていました。

以前から時々ブログの感想をLINEしてきてくれてたんですが、

2月くらいだったか「10回くらい笑わせてもろた」ときたので、

「ありがとうごわす」のスタンプで返したのが、

彼女との連絡をとった最後。

 

こんなに早く別れが来るとは思いもせず。

 

現実を受け入れられないまま、

お通夜、葬儀告別式を終え、

彼女は静かに旅立ちました。

 

 

訃報を受け、私はアメリカにいる共通の友人と

LINEのやりとりを続けています。

どうして?なんで?という答えの出ない問いを、

ふたりしてぐるぐるとまわっているだけで、

哀しみは癒えることはありませんが、時間とともに、

少しずつ、現実を受け止める力が戻ってきました。

話をすることが一つの救いになったのかもしれません。

つきあってくれてありがとう。

 

私たちのたくさんの思い出と一緒に、いなくなりました。

 

神様はどうして彼女を選んだのか。

どうしてこんなに早く連れて行ったのか。

 

思い出の物がたくさんあります。

それを見るたびにああ、もう彼女はいないのか。

そう思うと、どうしようもない寂しさがこみ上げてきます。

 

なんとか気持ちの整理をつけようと努力をしてきました。

でも、ある人に、

「気持ちの整理なんかつけなくていい。」

と言われ、ずいぶんと、らくになりました。

 

 

お葬式から1日が経ち、

私は決心をしました。

 

彼女の分まで生きよう。


後悔しない生き方をしよう。

 

 

毎日楽しんでいっぱい笑って、

いつか天国で彼女に会ったら、

あれからこーんな楽しいことがあったんよ!

そう胸を張って言える私でいられるように。

 

それとね、やっぱり私は親よりも先に逝くのは

ルール違反やと思う。

だからね、長生きした両親を看取って、

私もいっぱい長生きして、それからそっちに行くから

会えるのはだいぶ先になると思うけどね、

 

また、会おうね。みほちゃん。

 

15年近く前の写真。昔はみんな若かったw

 

2015年夏、アメリカから帰国中の友人と3人で。故人右端。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。