2013-08-01 00:00:03

★ Steinar Raknes (スタイナー・ラクネス) from ノルウェー

テーマ:アーティスト
ノルウェーで最先端を行くジャズ・ベーシストの一人であり作曲家。大胆で爆発するような演奏スタイルから、しばしば伝説的ベーシストのチャールズ・ミンガスと比較される。ジャズ・トリオのUrban Connectionでの演奏、チック・コリア、マイケル・ブレッカー、スティーヴ・グロスマンやペール・ヨハンソンとのコラボレーションでも知られる。2001年にノルウェー科学技術大学で音楽修士号をとった後、The Core 、The Ola Kvernberg Trio、Kirsti Huke Quartet、SKAIDIなど多くのバンドやユニットで活躍し、最近では自らのバンドSteinar Raknes Quartet を率いる他、一人で歌いベースを弾くソロ公演に力を入れ、大変高い評価を得ている。


ノルウェー オスロ在住


公式サイト: http://www.steinarraknes.com/


斑尾国際音楽村出演履歴
第4回 (SKIDIとして→キャンセル)

第9回 (ソロとして)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-01 00:00:02

★ Inga Juuso (インガ・ユーソ) from ノルウェー

テーマ:アーティスト

Inga Juuso (インガ・ユーソ)



オーロラが最もよく見られるという、ノルウェー北部のトロムソ地方で活動するヨイクの第一人者。

飾ることのない直接的な存在感と、魂に届くような深く響く声によって知られ、世界中から呼び声がかかる。

現在、フルタイムのヨイク歌手として活躍しているが、経験を積んだ女優でもある。

「ヨイクは極北の山岳地方でのみ歌われるものではない」とインガは考え、他の音楽ジャンルと実験的にかかわることにより、サーメの音楽(ヨイク)を進化させることに取り組んでいる。


※ ヨイク:スカンジナビア半島北極圏の先住民族サーメ人の伝統音楽で、基本的には無伴奏の即興歌。サーメ人は、森羅万象に宿る様々な精霊を信仰しており、ヨイクは、精霊や自然界と交信を取るために歌われてきた。



斑尾国際音楽村 斑尾国際音楽村


SKAIDI というユニットで、2010年1月初来日


ノルウェー トロムソ在住

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-12-01 00:00:01

★ SKAIDI (スカイディ) from ノルウェー

テーマ:アーティスト

SKAIDI  (スカイディ) from ノルウェー


北欧少数民族サーメ歌手とダブルベース・プレイヤーの異色デュオ


斑尾国際音楽村



Steinar Raknes (スタイナー・ラクネス) ジャズ・ベーシスト ノルウェー オスロ在住

Inga Juuso (インガ・ユーソ) ヨイク歌手 ノルウェー トロムソ在住


SKAIDI (スカイディ) はジャズ・ベーシストの Steinar Raknes (スタイナー・ラクネス)とヨイク(北欧少数民族サーメの歌唱)歌手 Inga Juuso (インガ・ユーソ)のデュオ。


過去10年にわたり、様々な形態でコラボレーションしてきたスタイナーとインガだが、このユニットでは、ダブル・ベースのみという最小限の楽器の上に、極めて民族的な歌唱法を自在に展開することにより、「どこにもない音楽を創造」することに成功した。どこか荒削りだが、人間性の真っ只中に焦点を当てるような、デジタル時代に警鐘を与える音楽だ。ヨイクの伝統とジャズを踏まえながらも、それらを超えた新たな音楽表現がここにある。


ヨイク:スカンジナビア半島北極圏の先住民族サーメ人の伝統音楽で、基本的には無伴奏の即興歌。サーメ人は、森羅万象に宿る様々な精霊を信仰しており、ヨイクは、精霊や自然界と交信を取るために歌われてきた。

 

【公式サイト】 http://www.skaidi.org  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-10-01 10:38:56

★パウリーナ・レルヒェ (フィンランド)

テーマ:アーティスト

http://pds.exblog.jp/pds/1/200711/19/06/e0081206_13315042.jpg

写真 前沢春美


民族音楽や伝統的な風俗が色濃く残るフィンランド東部のカレリア地方出身。ワールド・ミュージックのフィールドで世界中のファンを魅了する「ヴァルティナ」の初期メンバーとして活躍した後、ソロまたは他のバンドメンバーとして、幅広い音楽活動を展開。オリジナリティーあふれる音楽は世界中で高く評価されている。


1995年に交換留学生として東京藝術大学にて琴と日本の音楽を学び、2002年にフィンランドの音楽アカデミーの最高峰である シベリウス音楽院で修士号を取得。

日本では、愛知万博、東京・大阪・京都などで公演。親日家で、日本のファンも多い。
今回は妹のハンナマリとのデュオ 「Mimmit (ミミット)」 という、最新ユニットで来日する。

フィンランドにて Mimmit をモデルにしたTVアニメ番組制作が決定。
パウリーナは、主題歌も提供し、子供向けアルバムも制作中。

Mimmitとしては斑尾が日本初公演となる。




■ ソロアルバム

Malanja (2007年)
Katrilli (2002年)
 
■ コメント

大沢知之 (Office Ohsawa代表)
 
耳に心地よく届くパウリーナの音楽は、カレリア地方のフォークミュージックの伝統に基盤を置きながらも淡々と歌い上げる調子 のものではありません。現代の世界中のあらゆる音楽の要素を含みつつユニークさは全く失わず、一度聴けば耳に焼きつく素晴らしいフレーズを繰り出し、一切の陳腐な表現からは自由だという、現代では極めて難しいポジションに位置しています。
この類い稀なアーティストの生の姿を是非ご自分の耳と目でお確かめ下さい。
 
ピーター・バラカン

言葉が分からなくても、その独特のメロディは一度耳にすれば二度と忘れることはないでしょう。フォークに根差したいくつかのスタイルの集合体という印象で ~略~ 素朴でありながらかなり洗練された作りの面白いアルバムです。 (アルバム「Malanja」へのコメント)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-01 00:00:03

★フゥアン・カルロス・ロペス・バルデス (キューバ)

テーマ:アーティスト
フゥアン・カルロス・ロペス・バルデス パーカッション

 

1975年キューバ・ハバナ生まれ。初等教育から公式に音楽教育を受ける。国立芸術学校在学中には多数のキューバトップミュージシャンに師事。卒業後、政府より正式なミュージシャン及びインストラクターの認定を受ける。1995年デビューと同時に初来日し、1998年より日本に拠点を移す。様々なラテン音楽グループに参加し、ボデギータなど都内を中心にライブ活動を行う。1999年には東京にて日本初のティンバレス・コンガ・ボンゴなどのキューバリズムのクラスを開講。その後も、日本の伝統芸能、奄美太鼓やスペインのフラメンコ、カホン等とのコラボレーション公演に参加。また、TUBU「夏だね」のリメイク版や、TV:世界まるみえテレビや ぷっすまにミュージシャンとして参加。染地小学校(東京都)にてキューバのリズム&ダンス講座を行い賞賛を受ける。現在も様々なラテン音楽のイベント等で活躍中。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-01 00:00:02

★ルイス・カルロス・セベリッチ (ボリビア)

テーマ:アーティスト

ルイス・カルロス・セベリッチ ヴォーカル・ギター

 

1953年、ボリビア・バージェグランデ生まれ。69年、ロス・ライカスを結成。アルゼンチンを拠点に活動。爆発的人気を呼び、LP9枚をリリース、うち3枚を日本ビクターから発売。79年、アルゼンチンタンゴの巨匠、オズバド・プグリエーセ楽団と共演。ツアー活動で日本を縦断。ロスアンジェルス、ニューヨークなどアメリカ各地でも公演し、この年、ゴールドディスク賞を受賞。83年ロス・ライカスから独立。活動の場を日本に移し、日本初のフォルクローレグループ「カンタティ」を結成。日本でのフォルクローレ演奏家の誕生に大きな影響を与える。その後、現在のロス・トレス・アミーゴスのりーダーとして演奏活動を開始。数々の名曲を作詞、作曲、演奏。CD4枚をりりース。日本全国でのコンサート、ライブの他、学校コンサート等で本物のフォルクローレを紹介している。スペイン語講座にもたびたび出演。ソロとしてもTV、ラジオ、CMに数多く出演。歌唱においてもサッカーキりンカップ、日本代表対ボりビア代表の試合で、6万5千人を前に祖国の国歌を独唱したのをはじめ、コスタりカ、ホンジュラスとの親善試合においても両国の国歌を独唱した。2007年3月には、第一回斑尾国際音楽村プロジェクトライブ に出演。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-01-01 00:00:01

★リッキー・ロドリゲス (ペルー)

テーマ:アーティスト

リッキー・ロドリゲス   ケーナ・チャランゴ・サンポーニャ


斑尾国際音楽村


ペルー、アレキーパ生まれ。79年に2人の弟と共にグループを結成し、音楽活動を開始。81年に1枚目のアルバムを制作。以後数々の音楽祭で賞を受賞。ペルー全国及び南米諸国で公演し成功をおさめた後、86年に来日。ルイス・カルロス・セベリッチと出会い、88年までデュオで活動する。その後ロス・トレス・アミーゴスでの演奏活動を開始。NHKの大河ドラマ「信長」に出演し、俳優田中健と共に劇中でケーナを披露。04年ペルーの組曲「ミサ・アンディーナ」を弟達とレコーディングし、05年同CDの発表演奏会をフランス全国で行う。現在、NHK文化センターでケーナの教室を受け持ち、多くの生徒にケーナを指導。作曲の他、楽器制作にも才能を示し、ロス・トレス・アミーゴスが使用するケーナ、サンポーニャ、チャランゴは全て彼の作品。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。