2015-06-15 19:03:17

■ジミー・バーンズ、菊田俊介 ~ブルース伝説、再臨!~

テーマ:斑尾音楽村プロジェクトライブ


第10回斑尾国際音楽村ライブ

7月19日。2015年200日目。
ブルース伝説、再臨!

シカゴから斑尾へ。

    


菊田俊介、ジミー・バーンズ



【日時】 2015年7月19日(日) 
18:00 開場 18:30開演

【場所】 長野県飯山市 斑尾高原
            まだらお高原そらの家 (斑尾高原ホテルレストラン白樺)
【料金】 3,500円 (当日:4,000円)

■ チケットの販売
      チケットは、斑尾高原ホテルフロントにて、7月6日以降、お渡し(販売)致します。

      席数は、100席前後になります。
      早期に、満員になる可能性がありますので、早めのご予約を、お勧めいたします。
      
      予約: ticket@madarao-music.net 宛てに
      お名前、郵便番号、ご住所、お電話番号、イベント名、枚数をご連絡下さい。

■ イベント内容に関するお問い合わせ
      info@madarao-music.net
            080-3344-5882 (留守番電話になっている場合がありますので、メッセージを残して下さい。) 

■ 出演

斑尾国際音楽村

ジミー・バーンズ  (Jimmy Burnsギター、ボーカル

1943年生まれ。ブルース発祥の地ミシシッピー出身の数少ないオリジナルブルースマン。どす黒いボーカルと、迫力のギターで、聴衆を圧倒する。数々のアワードに輝く、名実ともに、シカゴのトップブルースギタリスト。シカゴから、3度目の来日。


【バイオグラフィー】

1943
年ミシシッピー州ダブリン生まれ。シンガーだった父の影響で幼少からブルースやゴスペル音楽に親しみ、ライトニン・ホプキンスから大きな影響を受け独学でギターを学ぶ。兄はデトロイト・ブルース界の重鎮エディ・バーンズ(Eddie Burns) 12歳の時に家族と共にシカゴに移住。1960年代にUSA、ミント、 エリカなどのレーベルから” I really love you”など何枚のシングルを発表。同時期にジェフ・ベックやヤードバーズともステージを共にしている。1990年代に頭角を現し、デルマーク・レコードの社長ボブ・ケスターに認められて、1996年にデビュー・アルバム「Leaving Here Walking」を発表 。インディペンデント・レコード配信協会(NAIRD)の年間最優秀ブルースアルバム賞を受賞。1999年「Night Time Again」、2003年「Back to the Delta」、2007年「Live at B.L.U.E.S.」などコンスタントにアルバムを出し続け、この間ブルース界のグラミー賞と言われるブルース・ミュージック賞にも二度ノミネートされている。ブルース発祥の地でもある南部ミシシッピー出身のブルースマンが少なくなった現在では、貴重なオリジナル・ブルースマンの一人である。

WEB site :            http://www.jimmyburnsband.com/bio.htm
FACEBOOK page:  https://www.facebook.com/jimmyburnsband



斑尾国際音楽村

菊田俊介  (Shun Kikuta) ギター、ボーカル

世界のブルースシーンで活躍する日本人ブルースマンといえ ば彼の  名前が一番に挙げられるだろう。
20年以上ものシカ ゴ在住時代に  は、ココ・テイラーバンドのレギュラーメンバー として活躍。B.B.キング  や、バディー・ガイなどのブルースレ  ジェンドとの共演も多数。



【バイオグラフィー】

1986年、ボストンのバークリー音楽大学に留学。卒業と同時にシカゴに移住。ブルースの女王「ココ・テイラー」バンドのレギュラーメンバーとして、ぜかいかっこや「JWウィリアムス」のバンドメンバーとして活動。バディー・ガイ、オーティス・ラッシュ、ボ・ディドリー、ジュニア・ウェルズ、オーティス・クレイ、ジェイムス・コットン、アーマ・トーマスなど、多数のレジェンド達と共演。日本のミュージシャンとの交流も深く、近藤房之介、シーナ&鮎川誠、山本恭司、野村義男、根本要(スターダストレビュー)など多数と共演。

全米放映された”AnEvening with B.B.King”では、B.B.キングと共演。「もし僕が自伝映画を作る時には、君に若いBBキングを演じてほしいな」と言われた話は有名。マーティン・スコセッシ監督総指揮の映画”The Blues”に出演。ケネディー・センター・オナーズではジョージ・ブッシュ大統領の前でプレーし、司会のクリント・イーストウッドから『ブルースの将軍』の愛称を与えられる。グラミー賞にノミネートされたココ・テイラーの”Old School”に参加。

シカゴ音楽賞をJWウィリアムスのバンドで受賞。2011年から、アジアにブルースを広めるべく、台湾に拠点を移し、ジャパン・ブルース・フェスティバル、ジャカルタ・ブルース・フェスティバル、台湾ブルース・バッシュ、北京ブルース・フェスティバルなど、アジア各地のメジャーなフェスティバルやクラブに出演。

2011年に、第6回斑尾国際音楽村ライブに、デミトリア・テーラーと共に出演。今回が二度目の斑尾公演となる。栃木県宇都宮市出身。 

【ディスコグラフィー】


Best of Shuns Blues』、『Legend of Rockers/Power In My Arms』(共にキングレコード)、『Heart and Soul(M&I)、『Rising Shun』(Yotsuba Records)など9枚のCDを発表した他、『シカゴ・ブルース』、『ブルースギター・ジャムセッション』(共にリットー・ミュージック)、『菊田俊介式ブルースギター!感情にグッとくるコール&レスポンスの流儀』(アルファノート)など教則シリーズも6作品発表。 

WEB site :             http://www.shunkikuta.com
FACEBOOK page:  https://www.facebook.com/shunkikuta.music
BLOG:                  http://ameblo.jp/shunkikuta/


■ アクセス

北陸新幹線が開通し、東京・関東方面、北陸方面からのアクセスが大変便利になりました。

鉄道・バス: 北陸新幹線にて飯山駅下車(東京から、1時間40分。金沢から、1時間15分。長野から、10分。)+路線バスにて30分
自動車:   上信越道「豊田飯山IC」より約25分

■ 宿泊

斑尾高原ホテル本館(1泊朝食付)+ライブチケット=12,000 円のパッケージあります。 
お問合せ ⇒ 斑尾高原ホテル 0269-64-3311 担当:平岡

ペンションご希望の場合は、斑尾高原観光協会にお問合せ下さい 0269-64-3222



【主催】    
斑尾国際音楽村 



***********
  関連イベント
***********

菊田俊介講演会 トーク&ミニライブ 「生き方の流儀 ~これから人生を始める君へ~

 【日時】 7/19(日)11:00-12:30 (開場 10:30)
 【講師】 菊田俊介
 【料金】 ¥500 高校生以下は無料
 【会場】 大聖寺 (長野県飯山市飯山神明町3177) 
 【申込】 予約不要。当日・会場にて、先着順に受け付け。
      満席のためご入場いただけない場合があります



‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

シカゴ

アメリカ合衆国イリノイ州、ミシガン湖の南西に位置する。人口は約270万人で、ニューヨーク、ロサンゼルスに次いで全米第3位。経済・金融の拠点で、五大湖工業地帯の中心。都市の経済規模(GDP)は、東京、ニューヨーク、ロサンゼルスに次いで第4位。人種的な構成は白人41.97%、アフリカン・アメリカン36.77%、アジア4.35%。オバマ大統領の地元でもある。世界3大オーケストラの一つシカゴ交響楽団があり、アフリカ系アメリカ人らが築き上げた音楽文化ブルースやジャズのメッカとしても名高い。ジャズの分野では、1920年代にはルイ・アームストロング等多くのミュージシャンが、活動の拠点をニューオーリンズからシカゴに移した。

シカゴ・ブルース

ブルースは、米国深南部のミシシッピーのデルタ地帯で、黒人霊歌やフィールドハラー(労働歌)などから発生したと言われている。第2次世界大戦前後から、シカゴへのアフリカ系アメリカ人の大移動がおこったが、その流れの中で、南部から多くのブルースミュージシャンがシカゴに移住。アコースティックギターの弾き語りで演奏されたデルタ・ブルースに、エレキギターを持ち込み、バンドスタイルに発展させ、シカゴ・ブルースというスタイルが誕生した。ローリング・ストーンズ、エリック・クラプトンなど白人のロックミュージシャンにも、圧倒的な影響を与えたと言われる。シカゴでは、毎年6月に米国最大のブルースの祭典「シカゴ・ブルース・フェスティバル」が開催されている。代表的なアーティストは、マディ・ウォーターズ、ココ・テイラー 、オーティス・ラッシュ、バディ・ガイ など。


斑尾高原リゾート

長野県の北端、新潟県との県境にまたがる斑尾山の北東側の山麓に広がるオールシーズンリゾート。標高約1000mの高原には、100軒もの個性あふれるホテルやペンション、ショップが点在する。冬は毎年3~4mという豊富な積雪量に恵まれるスキー場として、夏は平均気温22℃の避暑地として、また近年はグリーンシーズンにさまざまなアウトドアスポーツや自然体験、トレッキングなどを楽しむ人たちで賑わう。山麓に広がる森、そしてところどころに点在する湿原や湖沼は、多くの野生動物や山野草の宝庫で、四季折々に目を楽しませてくれる。

斑尾高原国際音楽村

音楽に溢れる地域作りと音楽・文化を通した国際交流を目的として、2006年にスタート。「世界が斑尾にやってくる」シリーズの斑尾高原で開催する主催ライブは、今回が10回目となる。これまで、ペルー、ボリビア、キューバ、フィンランド、ノルウェー、インド、シカゴ、アルゼンチン、ハワイの民族音楽アーティストを招聘。山と緑に囲まれた高原で、リラックスして聴くライブは、斑尾ならではのものだ。



この日は3連休のど真ん中。ぜひ、泊りがけで斑尾高原へ。

泊りがけなら、お酒も飲めるし、早めの夏休みも楽しめますよね!

おすすめするポイントは、

● 斑尾山へのトレッキング

斑尾山は標高1382メートル。全長80キロの信越トレイルの起点。そして、唱歌「ふるさと」の「かの山」は、斑尾山なんですよ。白樺やブナの森の中を抜けると、妙高山、志賀、黒姫山、戸隠、北アルプス、野尻湖、日本海を見晴らせる大パノラマが楽しめます。いろいろ、ルートはありますが、ホテルやペンションのある斑尾高原は標高1000メートルのところですので、斑尾高原からであれば、初心者の方でも楽に登れます。

● 斑尾高原温泉

斑尾の温泉は、稀有な高アルカリ温泉。ツルツル美肌になります。

● 夕陽百選に選ばれた夕陽と星空

会場の「そらの家」は足元までのガラス窓。あえて、カーテンはひきません。オープニングと同時に、ダイナミックな夕暮が始まり、フィナーレは満天の星。斑尾ならではの演出です。幕間や、ライブ後は、テラスで、星を眺めながらのビールは、いかがですか?

● 冷房なしの生活

標高1000メートルの斑尾高原の夏の平均気温は22度。熱帯夜とは無縁です。冷房をつける必要はありません。というか、冷房機ないんですよ、斑尾高原には。

● 個性的な宿

斑尾高原には、個性的なホテル・ペンションが百軒ほどあります。リゾートホテル、キッチンつきのコンドミニアム、ログコテージ、お料理自慢のペンション、お酒を取り揃えたペンション、音楽好きのオーナーがいるペンション。必ず、お好みの宿がみつかるはずです。
ライブの後は、天の川のシャワーの中を歩いて宿に帰り、冷房なしでぐっすり。野鳥の囀りで目覚めたら、希望湖湖畔のお散歩はいかが?一周一時間くらいです。気持ちいいですよ!その後の採れたて野菜の朝ご飯の美味しいこと!

● アウトドアスポーツ

斑尾では、ほとんどのアウトドアスポーツが楽しめます。

● グルメ

蕎麦部落や林間レストランでのランチ、お薦めです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。