1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年09月29日(月)

美しいもの Ⅰ

テーマ:ブログ

美しいものたちよ

ただそのままのあなたが そこに在る
それだけで 私の世界は蘇り輝きだす

触れたがる指を 静かに閉じて
ただ あなたの美しさを浴びる
壊さないように 汚さないように


私が欲しいのは あなたではなく
きっと あなたの内にある美だ
人はいつも 其れを間違えてしまうから

もう決して間違わないために
祈るようにして あなたを見つめた
午後



PHOTO HIDE

最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014年09月19日(金)

青へ Ⅱ

テーマ:

群青に抱かれて

緋に染まる 最後の光の静けさ


微かに揺れる 夕凪の海面を金色に照らしながら
彼女は 深い青の向こうへと帰ってゆく


満ち足りることを知った愛が死ぬ時

最期には祈りだけが残るだろう


聖別された時間と色彩の波間から

遥かな青への鼓動が聴こえる



PHOTO 山本てつや


2014年09月18日(木)

青へ Ⅰ

テーマ:

遥かな青を追って
雲が 風の速さで流れてゆく


何処か遠くで零れる砂が漏らす
ブルーな囁き声に 耳をふさいで


何を聴くか 何を見るか
思考する前に選びとっているものがある


わたしのすべての選択が
あなたへの愛に依拠していますように


遥かな青を追って

時の速さを越えてゆく鼓動 青へ


PHOTO  山本てつや

2014年09月12日(金)

コスモス Ⅱ  コ―ダ25に思う

テーマ:

過ぎゆく時間を止めようとして

膨らみはじめた胸の疼痛を隠した
「遠いところからやってくる 小さな鼓動」 に発熱しながら


あの少女は 其処にとどまる勇気を持っていただろうか
すべてを 過ぎ去らせないための

すべてを 流してしまわないための


秋の日 コスモスの群生する土手に座り込んで
いつまでも風に吹かれていた あの子は
今も 其処にいるのだろうか



PHOTO 山本てつや


2014年09月05日(金)

コスモス Ⅰ

テーマ:


夢のなかを ゆっくりと泳ぐように
戯れに 幻想をあてもなく彷徨えば

仄浮かぶ 
白露を宿すコスモスの

其の哀れなほど細い茎に流れる水音 聞ゆ


耳をそばだて 内なる水音に向かえば
秋水が
ただあなたを恋うて流れる



PHOTO  山本てつや

2014年09月03日(水)

Happy birthday to you

テーマ:


美しいものは
ただ美しいというだけで 痛みを癒すものだから
私は あなたにとって美しいものでありたい


Happy birthday to you
今日の空に 大きくYESと謳うよ
あなたがいる世界に YESと謳うよ



PHOTO HIDE



2014年09月02日(火)

夏の終わり

テーマ:

夏の終わりを見送るように
朝露は草木に宿りはじめ
名残りを惜しむ蝉たちが
歌い納めの時を計る

あなたの姿は 未だ遠く
異国の秋を想う仕草で
頬杖をつく 私の耳元には
急ぎ足な 九月の挨拶が届く


終わりへと続く旅の途中
移ろいゆく美しいものたちの影を重ねて
恋しさに見た夢に 揺れながら手を振れば
一陣の色なき風に 時が止まる



PHOTO HIDE



2014年08月28日(木)

ミンダナオ Ⅳ

テーマ:ブログ


PHOTO HIDE


ブーケ1 結婚式 ブーケ1

フラワーガールとブライドメイドたちが、白いドレスにシルバーリボンのお揃いの衣装で結婚式の入場を待っています。
 

ミンダナオの結婚式のドレスコードにはテーマカラーが指定されておりまして・・・聖堂にご参列の皆様も白&シルバーのドレス・ネクタイ着用というスタイルです。まるで映画のワンシーンのような美しさでした。

・・・・・と、他人事のようにリポートしておりますが。(笑)
これは私のひとり息子の挙式が始まる直前の写真です。


暫らく前のコメント欄でご報告させていただきましたように、
例の哲学的な息子(笑)が、国連インターン中に出会ったミンダナオ出身の素敵な女性との5年間遠距離恋愛をめでたく結実させました。

ミサの説教の中で、司祭様は二人のラブストーリーを『東ティモールにおいて神の為された奇蹟』と語られ、今ここへの道程を導いてくださった主の御愛を深く思わされるメッセージをいただきました。感謝です。


10年前には想像もしなかった展開が、私をもここに導いて・・・
人生は面白いものだとつくづく思います。

益々、これからが楽しみになって参りました!


      すべてを益としてくださる神様に期待しつつ。 スノウ

2014年08月27日(水)

ミンダナオ Ⅲ

テーマ:ブログ


水辺には 命が飛来する

きっと どこの国でも

命が水を求めるように
心が求めているものがある 


きっと だれの胸にも

















PHOTO HIDE

2014年08月26日(火)

ミンダナオ Ⅱ

テーマ:ブログ


この島は
生きていると感じる 命があると感じる
おおらかに許しあって ごちゃ混ぜになりながら


私の島は
何故 そう生きられないのだろう

同じように 死と生に満ちているのに




PHOTO HIDE

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>