1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年02月26日(木)

時花の詩

テーマ:ブログ


白く渇いた 広大な砂漠の
無数の砂粒のひとつにしかすぎない者を

この世に唯一のかけがえない薔薇として
あなたのまなざしは 抱く 


まだ無いものを見る その目は

内に在る種子を愛でて すべての必要を注ぎ 
時の花が 今日もひとつ
あなたのまなざしを慕って 開く




PHOTO  山本てつや
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015年02月20日(金)

みだれ髪へ

テーマ:ブログ


夕映えの思色を鎮めて 

やがて薄暮に暮れゆく胸に 

残る 静かなまなざしの満ち足りた哀 


ながいながい 時が流れて 
今も 月白の海を渡る小さな舟は

たどり着く悦びよりも その海を漕ぐことの喜びを知る 




PHOTO  山本てつや


流れ星
今宵の私は、「みだれ髪」など読んでおります。

ー やわ肌のあつき血汐にふれも見で さびしからずや道を説く君 ー
「燃える肌を抱くこともなく 人生を語り続けて寂しくないの? 」
俵万智さん訳

さっそく21歳の恋する与謝野晶子さんのご質問にお応えしてみました。(笑)
いかがでしたでしょうか?

スノウ

2015年02月16日(月)

宵待ち草

テーマ:ブログ


日がな一日 頬杖ついて
待つでもなく 
それでもきっと待っているのは 
青い青い月夜です


    青の青さに震えながら
    人知れず咲く 宵待ち草の

    淡く消えそうなカナリア色の
    夜露に濡れて 時は過ぎゆく 



今宵は月も出ぬさうな



PHOTO  山本てつや


2015年02月12日(木)

樹下に想う

テーマ:ブログ

生きるのが どうにも辛いときは
今とここだけを生きることです

過去だとか 未来だとか 幸不幸だとか
失っただとか 得ただとか 勝ち負けだとか

そんな二義的なことに振り回され

疲れ果ててしまわないことです 


自分と誰かを比べて ほくそ笑んだり妬んだり
そんなことは みんな一切止めてしまうことです


飢餓と満腹のあいだを行ったり来たりするだけ

今とここが行方不明になって あなたの命が泣いています


PHOTO  山本てつや



2015年02月09日(月)

春の隣

テーマ:ブログ


余寒に滲む 薄鈍の空に 

わずかな光集めて詠うは 梅花の淡紅 

柔らに仄香る 花蜜を慕いて

オリーヴ色の小さき鳥 宙を舞えば
胸に秘めたる蕾の 微かな初音聞こゆ



PHOTO  HIDE

2015年02月06日(金)

二月の空

テーマ:ブログ

どこからか来た 透けるような青が 

きのうの霙に凍えていた梅花を融かして 

春を呼んでいる


二月の空が見降ろす 今ここには

答えのない問いの答えを求める魂が

あなたを呼んでいる



PHOTO  山本てつや 

2015年02月03日(火)

命の伝言

テーマ:ブログ

静まって 目をとじるなら
もっと見えてくる 本当の気持ち
目をそらされないために
目をつぶって

あのひとの命が残した伝言を想えば

見えなかったものが見えてくる 


静まって 耳をとじるなら
もっと聞えてくる 本当の気持ち

愛したいと云っている
愛されたいと云っている

愛しあいたいと云っている 


あのひとの気持ち 

わたしの気持ち
あなたの気持ち

みんなの気持ち

本当の気持ち



PHOTO HIDE

2015年01月29日(木)

月下の祈り

テーマ:ブログ


蒼く薫る月あかりが 凍った空を貫いて
あなたを祈っている 


白い行間に貼りついた哀しみが 夜の底を漂って
あなたを祈っている


夜明けまで祈りましょう  その舟が戻るまで 

眠れぬ夜を幾つも越えて 幼な子を生んだ人の心で 


夜明けまで祈りましょう  静けさの内にある声を求めて   

遠くどこかで瞬く命は きっと今この時も愛を謳っている 



PHOTO 山本てつや

2015年01月26日(月)

花滴 

テーマ:ブログ


その涙が映しているのは 
処刑者の残忍さだけではない 

為政者の愚かさだけでもない


その涙が問うているのは

底辺にある痛みへの無関心と無感覚だけではない
憎しみの連鎖を生む世界のシステムだけでもない


そして その涙に含まれる塩は

死を生む利益によって 肥え太ろうと目論む者たちへの
警告と憐れみだけでもない


花さえも泣いて 今




PHOTO  HIDE

2015年01月23日(金)

無力

テーマ:ブログ


本当に痛いときには 声がでない 

私が痛い痛いと騒いでいるのは

それほど痛くない証拠だ 
本当に痛いとき 私は声を失う 

声だけではなく 怒りも憎しみも失う 
何が起こっているのかさえ分からない

ただ うずくまって痛みに耐えるだけ 

ただ それだけ



PHOTO HIDE




1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>