言葉って難しい

テーマ:
独りごと多い?ブログネタ:独りごと多い? 参加中
私は多い
年取った人間の定めなのか、
はたまた、若い頃から自覚のなかっただけなのか、
私はものすごく独り言が多い
家ではもちろん、職場でも無自覚で独り言ばかり言っている

家では今は1人のことが多いから当たり前なのだが、
職場で独り言って、よく考えれば悲しい
周りの人が会話をしてくれないことの証明だからだ



実は今、現実のプライベートでめちゃめちゃ落ち込んでいる
リアルの親しい人に、そのことを話せる人は一人もいない
(信用している人がいないのではなく、信用してる人には知られたくない秘密だからだ)
味方だと勝手に思い込んでいた人も、実は私を蔑んで見下していたと知ってしまった
表立って私を嫌っていた他の人と、その人も全く同じ人種だったのだ
そんなことは知りたくはなかった


そんなこんなで前回のブログを書いた
吐き出す場所が他に何処にもなかったから

それでも具体的に書けないのがもどかしい
なにより身バレが怖いから
友達が、ネットに書くことには上手にフェイクを入れるといいよ、とアドバイスしてくれた
リアルでは嘘や小細工や駆け引きが大嫌いな私だけど、
ネットでは、伝えたいニュアンスだけ正確であればよく、それに付随する尾ひれや枝葉は、本当の自分を特定させない為のフェイクで許されるのだそうだ
ふーん、なるほど



…しかし前回のブログ、
感情に任せて12分ほどで勢いよく打ち込んで、
よくよく推敲もせずアップしたからか、
私の意図と全く異なる観点で私の記事に怒り心頭の方がいて非常にびっくりした

現実で人に誤解されたショックをネットで愚痴りたかっただけなのに、
そのネットでも伝えたい内容を誤解されて、
なんかめちゃめちゃ私を下げるようなブログを書かれていた
それは誤解ではないかと私はその方にコメントしましたが、
その方は謝るつもりは全くないそうです

私にとっては、
その方の私に対する「思いもよらない私下げの文面」こそ、
私にとってはとても大きな裏切りに感じたのですが、
その方は、「私は人を裏切らないし、嫌な思いもさせない」そうです
私はとても嫌な思いをしたのですが…


自分のことは見えないけど、他人に投影すると間接的に自分が見えるものなのですね


私も今まで私が嫌な思いをして裏切られたと感じたように、
私もたくさんの人々に嫌な思いをさせ、裏切られたと思わせてきたのでしょうね

だから私は、誰も裏切らず、嫌な思いもさせずに生きることは、
人と関わる限り不可能なのだと悟りました


それでも、必ず相手に悪意のある騙す騙されたと違って、
裏切った裏切られたは受け取り手側の問題だから、
悪いのは相手ではなく、過剰な期待をした受け手側の方だと思う
これは自分がどちら側にいても同じこと

言葉って難しいね…
以上、すべて私の独り言でした

独りごと多い?
  • 多い
  • 少ない

気になる投票結果は!?

AD
ゾッとしたことブログネタ:ゾッとしたこと 参加中
最近ゾッとしたことは、
信じていた人たちに裏切られたことかな?

歳が歳だから、
もちろんこんなことは初めてではないけど、
何度くらっても慣れることはないね

そもそも、相手の悪感情を最初から感じさせられる人からは、
どんな酷い仕打ちを受けてもさほど傷付くことはない
想定内だから、受け身が出来ているからだ

つまり、誰かの仕打ちに大きく傷付くのは、
その相手を信じていた時に起こる
攻撃されると夢にも思ってなかったから、
受け身を全くしてなかったから、
ダメージをもろにくらう

かと言って、相手を恨むのは筋違いだ
悪いのは、信用した自分自身

今までの経験による裏切りやすい人の傾向は、
人当たりが良く、特に外見に大きな欠点もなく、
一見明るくて誰にでも優しく、
敵を作らない八方美人タイプが多い

いわゆる、みんなに「いい人」と言われる人気者である

それに比べて、一見とっつきが悪く、
性格が悪そうな人は、
仲良くなると逆にすごいいい人だったりすることもある

まやかしの優しさに騙される私が悪いのだ

もっと用心深く生きなければいけない


AD
仕事(勉強)、恋愛、友達、将来、どの悩みが大きい?ブログネタ:仕事(勉強)、恋愛、友達、将来、どの悩みが大きい? 参加中
お久しぶり、約2ヶ月ぶりです
読んでくださる方がいたら嬉しいです


相変わらず、私を悩ませるものは恋愛だけです


勉強、仕事、将来って全部繋がっていて、
ある程度の運と出会いも大切ではあるものの、
結局は自分の努力次第の部分が大きい 
将来の夢の為に必要なスキルを鍛えることと資金準備の為に、仕事を頑張ることは当然のこと
そしてそういう仕事をする為には勉強しなければならない

この際注意すべきことは、将来の仕事の為にしている勉強に楽しさを見出せない、辛い苦行でしかないなら、その目標は変更した方がいい

仕事にすると、大好きだったものでさえ多少イヤになるのに、
勉強の時点で嫌いなものを仕事にしても楽しめるはずはない
社会で辛くても頑張り続けられるのは、根底はそれが好きという気持ちがあるからだ

話がズレたが、だから私は仕事や将来では悩まない
自分自身の行動でいくらでも変えられるものだから


友達も、欲しければ自分で行動を起こせばいい
一人じゃなくてもいいのだから、
いくらでも必要なだけ作ればいい

世の中には友達が多いことが凄いことだと思っている人もいるようだが、
それは友達1人を「1」とカウントして、
その絶対数の多さを財産として誇示する必要のある人だけだ

顔見知りくらいは多い方がいいけど、
友達は別に少なくても構わない
友達かそうでないかの私の基準は、
その人と一緒にいる時間を暇潰しに使うか、
その人と一緒にいる時間を作る為にわざわざ暇を作れるか、
その違いである

忙しい日々でも、その人と会う為なら何としても時間を作りたい、
そう思える人だけが友達でいい
一緒にいる時間を浪費と感じるような人は友達でなくて構わない


友達も恋愛も、自分一人の努力ではなく、
相性とコミュニケーション能力の問題であることには変わりないが、
用途に合わせ使い分けたり、
多数作ることで代替性がある友達と異なり、
恋愛パートナーは通常一人ではある

もちろん、道徳的観念を無視すれば、
恋愛パートナーだって友達のように用途に合わせて使い分けたって構わないだろう

しかし、それを器用に出来る人間は、恋愛で悩んだりしない
私を悩ませる恋愛相手は、いつだって一人だ
常識も道徳も法律も関係なく、
自ら望んでたった一人の人に自分の意志で心縛られたいと願ってしまう

こんなに厄介なことがあるだろうか?

一人に心縛られなければ、
その人の不満は他の人で解消すればいい
その人に去られたら他の人で補えばいい

恋は代替がきかない
そして、自分ではない相手とするものだから、
どんなに努力しても報われる保証はない
他人の心はわからないのだから、未来の予測もたたない
一人一人違うから、マニュアルもない

冷静な判断も理性もなにもかも狂わせる
暴走する自分を自制しきれない時もある


世の中にはこの能力だけは天性の才能を持った人もいる
私のような世界一の大バカ野郎に是非とも教えていただきたいものである
AD

朝と夜、どっちが眠い?

テーマ:
朝と夜、どっちが眠い?ブログネタ:朝と夜、どっちが眠い? 参加中
私は
少し前まで、宵っ張りだった私
しかし最近、夜眠くて仕方ない
てっぺん回ると、自然とおネムになってしまうのだ

そもそも、朝家を8時に出て、
夜家に帰るのは早くて10時半、
12時を回る時もある

夜が大好きな私だから、
帰ったらやりたいことはいっぱいある
撮り溜めておいたテレビ番組の録画も見たいし、
家事もたまっている

それなのに、もう夜食を食べたら寝てしまうのだ!
ひどい時には、夜食をレンジでチンしてる間に寝てしまう
寝る支度をする前に、ベッドではない場所で寝てしまうので、疲れも取れないどころか、体が痛かったり

その代わり、昔に比べて朝はさほど辛くなくなった
しかし、出掛ける前に余計な事に夢中になってしまうので、
結局、朝が弱くて寝坊三昧だった頃より、
遅刻の危機と闘う毎日である

朝と夜、どっちが眠い?

気になる投票結果は!?

「夜遊び」といえば? ブログネタ:「夜遊び」といえば? 参加中
さて、このブログのおかげで、
リアルでカウンセラーさんにも言えない本当の悩みも言えたし、
おぼろげながら、それに対する解決策もわかりかけてきた

今私がすべきことは、
とにかく友達を作ること!
恋愛関係を目的とした駆け引きなどをしない、
本当に純然と会話を楽しみ、
お互いの人格を尊重できるような仲間を作ること!

安心して楽しめる飲み友達が欲しい
一晩飲み明かして、
ベロベロに酔っ払っても、
男女の関係にはならないような、
そんな男友達が欲しい

私はどうしても、男に対する偏見が消せない
男は、そういう関係になってもいい女性以外には優しくしないと私は思っている
性的対象外の女性には絶対優しくしない、
つまり、性的対象内の女性しか友達にさえしないと私は思っている

でも、そんな男性ばかりではないと信じてみたい
世の中には、自分のタイプじゃない女性にも友人として接することの出来る男性もいると信じたい

もし、私に肉体的見返りを求めずに、
仲間として扱ってくれる男性が存在したら、
私の心の病気はきっと治る

もう病んだ行為に囚われずに、
人を信じて毎日を過ごすことができる

今のところまだそんな飲み友達は出来ていませんが…(´・ω・`)
そんな健全な「夜遊び」を送れる日を夢見て、日々声掛けを続けている